綿生地についた乾いた赤ワインのシミを落とす方法

乾いていない赤ワインのシミを落とすのは、シミが消えるまで沸騰したお湯をかけるだけであるため、比較的簡単です。乾いた赤ワインのシミを落とすのは必ずしも簡単ではありませんが、家庭でできる対処方法はいくつかあります。

3の方法1:
過酸化水素と食器用洗剤を利用する
編集

  1. 1
    過酸化水素と食器用液体洗剤を同じ割合で混ぜる 過酸化水素と食器用液体洗剤のいずれかひとつだけではシミ抜きにあまり効果はありませんが、これらを混ぜると乾いた赤ワインのシミを落とすのに広く用いられているシミ抜き剤が出来上がります。[1] 食器用洗剤は、漂白剤を含んでおらず非アルカリ性のものを準備しましょう。ただし、綿生地の色が白である場合は、漂白剤を含んでいる洗剤を使用しても構いません。漂白剤はシミを除去するのに役立つかもしれませんが、生地が色落ちしてしまう可能性があります。[2]
    • もう少し強力なシミ抜き剤を作りたい場合は、食器用洗剤と過酸化水素を1:2の割合で混ぜましょう。
  2. 2
    シミ抜き剤をシミに擦り込む はじめに、食器用洗剤と過酸化水素を混ぜて作ったシミ抜き剤をシミの上に少量垂らします。指を使ってシミ抜き剤をシミに揉み込みます。シミの外側から中心に向かって揉み込み、シミが広がらないようにしましょう。
    • シミ抜き剤を塗布する前に、生地の内側にタオルを挟んで、シミが反対側に移らないようにしましょう。こうすることで、タオルがシミを吸収してくれます。
    • 指でシミを揉み落とすことをしたくない場合や、生地がとても繊細な場合は、シミを吸い取って落とすとよいでしょう。シミ抜き剤を清潔なタオルに取り、シミを優しく叩きます。
  3. 3
    シミ抜き剤を生地につけて30分間放置する シミ抜き剤がシミ全体にしっかりと行き渡っていることを確認しましょう。最低30分間放置してから、シミ抜き剤を洗い落とします。
  4. 4
    お湯で生地をすすぐ お湯を注いだボウルに綿生地を浸します。生地全体がしっかりと浸かっていることを確認しましょう。蛇口からお湯を流してシミの部分に当て、シミをすすぎ落としてみましょう。
  5. 5
    シミを熱湯に浸ける 生地を熱湯に移して1時間浸けておきましょう。これを実践するには、洗濯機の浸け置き洗いのコースを利用するのが最適です。
    • 生地には食器用洗剤と過酸化水素を混ぜて作ったシミ抜き剤がまだ付着しているため、洗濯用洗剤を入れてはいけません。
  6. 6
    生地を冷水ですすぐ 生地を熱湯に1時間浸けたら、冷水ですすぎます。洗濯用洗剤を使わないようにしましょう。手ですすぎたくない場合は、洗濯機を冷水に設定してすすいでも構いません。
  7. 7
    干して乾かす 綿生地は高温にさらされると縮んでしまうため、特に生地が100%綿の場合は、乾燥機を使用しないようにしましょう。赤ワインのシミが残っている場合は、ここまでの手順を繰り返しましょう。
    Advertisement

3の方法2:
レモンと塩を利用する
編集

  1. 1
    綿生地を冷水に浸す このステップでは、シミが落ちやすくなるように、生地を濡らします。生地全体がしっかりと濡れたら、それ以上時間を取る必要はありません。
  2. 2
    余分な水分を絞る 綿生地を濡らす必要がありますが、水が滴るほど濡らす必要はないため、余分な水分を絞ります。生地が伸びたり破れたりしないように注意しましょう。
  3. 3
    シミにレモン汁をかける 直接レモンを絞るか、ボトル入りのレモン汁を購入して利用しましょう。レモン汁をシミ全体に行き渡らせて、酸がワインのシミに作用するようにします。
  4. 4
    シミを食塩で擦る レモン汁を生地に浸透させながら、シミの部分に塩を振りかけます。指を使って塩とレモン汁をシミに擦り込みます。さらに効果を高めるには、シミの前側および後ろ側から塩を擦り込みましょう。[3]
    • 普通の食卓塩を利用しても、他の塩を利用しても構いません。また、目の粗い砂や粗い粒状の物質を使ってシミを擦ってもよいでしょう。
  5. 5
    生地をすすいで絞る 蛇口の水で生地を裏側からすすぎます。水気を絞り、特にシミの部分を意識しながら揉み出しましょう。生地が伸びたり破れたりしないように注意しながら、シミをしっかりと擦ります。シミがほぼなくなったら、生地を清潔なタオルで包んで余分な水分を吸い取りましょう。
    • 必ず生地の裏側からすすいで、シミが生地の中を通らないように洗い流しましょう
  6. 6
    再びレモン汁をかける 再びシミの部分に直接レモン汁をたっぷりとかけます。綿生地を天日干しします。乾いたときに生地が伸びないように、なるべく平干しにしましょう。レモン汁の酸と太陽の紫外線は、衣類を傷めない自然の漂白剤として作用します。
    Advertisement

3の方法3:
その他の液体を利用する
編集

  1. 1
    白ワインを生地に擦り込んでみる 生地が白い場合は、白ワインを擦り込むことができます。白ワインの臭いは生地を手洗いするだけで落とせます。[4]
  2. 2
    クリームターターと水を利用する 同量のクリームターター(酒石英)と水を混ぜてペースト状にします。他のシミ抜き方法と同様に、ペーストを生地に擦り込みます。これによって、生地が湿って徐々にシミが消えていきます。
  3. 3
    溶剤と固形せっけんを利用する はじめに、生地を水に浸して、シミの部分が柔らかい質感を維持できるようにします。次に、灯油などの任意の溶剤をシミの部分にかけて、浸透させます。続いて、一般的な固形せっけんでシミを落とします。シミがなくなるまで、固形せっけんでシミを擦りましょう。
    • 洗剤は強い化学成分を含んでおり、直接塗布すると生地を傷めてしまう場合があります。溶剤を使うことで、シミ抜きの際に生地が傷みにくくなります。
  4. 4
    市販の衣類用洗剤を利用する 綿生地が白い場合は、漂白剤を使用できます。それ以外の場合は、生地を傷めない洗剤を探しましょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • ワインのシミはなるべく早く落とすようにしましょう。シミは長く放置されて乾くと、落ちにくくなります。[5]
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 衣服

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement