絵具で紫色を作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

絵具を混ぜて紫色を作るのは、不可能も同然であるように思われます。赤と青を足せば紫色ができると誰もが教わりますが、実際に絵具を混ぜてみると、残念なことにくすんだ紫色になったり暗いえび茶色になったりしてしまいます。絵具を混ぜて完璧な紫色やバイオレットを作るためのトリックを学びましょう。

3の方法1:
マゼンタと青またはシアンで紫色を作る

  1. 1
    マゼンタを入手する 赤と青の絵具を混ぜて好みの明るい紫色ができない理由は、赤の絵具が緑と青の両方の光を吸収するためです。加えて青の絵具が赤と緑の光を吸収すること、また人間の目は色を赤、緑、青の3色でとらえること(この3色が「光の三原色」と呼ばれる理由です)から、残った微小の赤と青の光が目を通して脳で認識されます。これが、目が知覚する色の組み合わせとなり、光が吸収されてほとんど黒である色が、いわゆる紫色に見えます。一方でマゼンタの絵具は、緑の光のみを吸収するため、青と赤の光がたくさん目に届きます。少量の青の絵具(緑と赤の光を吸収します)またはシアンの絵具(赤の光のみを吸収します)と混ぜれば、脳は青を感知する神経から強い信号を受け取り、赤を感知する神経から少し弱い信号を受け取ります。その結果、脳は明るい紫色として認識します。
    • マゼンタは、グラフィックデザイナーやプリンターによって使われている、色の三原色(減法混合)の1色です。残りの2色は黄色とシアンです。色素にPB(青)やPW(白)が含まれておらず、PR122またはPV19が使用されている絵具を探しましょう。
    • 工作カラーやポスターカラーを購入する際は、自宅のプリンターインクのマゼンタと比較することができます。色のサンプルを印刷して、買い物に持参しましょう。
    • マゼンタは原色であるため、他の色を混ぜて作ることはできません。マゼンタと黄色は、それぞれの分量を変えて混ぜると、あらゆる種類の赤や橙色(オレンジ)になります。同様に、マゼンタとシアンでは、あらゆる種類の青や紫色になります。
  2. 2
    マゼンタの絵具を明るい青またはターコイズブルーと混ぜる くすんでいるか、もしくは緑がかっていなければ、どの種類のシアンや青でも結構です。初めはほんの少量の青を使い、好みの色合いになるまで段々と追加していきましょう。
    Advertisement

3の方法2:
赤と青で紫色を作る

  1. 1
    使用する絵具が純粋な赤と青であることを確認する 赤と青の絵具を混ぜても思い通りの紫色になるとは限らない理由として、どの絵具も単色ではなく、別の色がたくさん混ざった色であることが挙げられます。赤い絵具のチューブは橙色や黄色も含んでいる可能性があり、青い絵具のチューブは赤と黄色の色素を含んでいる可能性があります。純粋ではない赤と青を混ぜた場合は、茶色がかり、紫から離れた色になってしまいます。
    • 黄色または橙色を材料に含まない赤の絵具を使用します。これらの色が青と混ざると、茶色になります。
    • 黄色や緑を一切含まない青の絵具を使用します。
    • 絵具が純粋な色かどうかを判断できない場合は、テストしてみます。パレットに少量絞り出して白の絵具と混ぜ、何色になるかを見てみます。白の絵具は絵具の色素の本質を引き出す役割を果たします。赤は白と混ざるとピンクになるべきです。ピーチではありません。青は白と混ざると海緑色ではなく空色になるべきです。
  2. 2
    純粋な青と赤を混ぜる 同量の赤と青の絵具をパレットに出して筆を使って混ぜ、鮮やかな紫色を作ります。
    • バイオレットに近い紫色を作りたければ、青の絵具を追加します。
    • 温かみのあるピンクに近い紫色にしたければ、赤の絵具を追加します。
    Advertisement

3の方法3:
紫色の絵具をカスタマイズする

  1. 1
    白の絵具を加える 赤と青、マゼンタとシアンのいずれの組み合わせで紫の絵具を作ったとしても、さらに白を追加すれば淡く明るくなります。まずはほんの少量を追加し、理想の色合いになるまで徐々に足していきます。紫色の絵具と同量の白を加えると、パステルカラーになります。
  2. 2
    黒の絵具を加える 紫色に黒を加えると、濃く暗い色になります。黒の絵具を使う際は、元の色に戻すことが困難です。暗くなり過ぎないように、一度に少しずつ加えます。
  3. 3
    黒と白の両方を加える 灰色がかったラベンダー色になります。加える黒と白の分量によって、好みの明るさに調整しましょう。
  4. 4
    マゼンタを加えればピンクに近い紫色になり、青またはシアンを加えればバイオレットに近い紫色になります。
    Advertisement

ポイント

  • 混ぜてしまった絵具に対して、色を足すことはできても、減らすことはできません。理想の色を作るために、追加する絵具の量に注意しましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement