紛失したiPhoneを探す方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、失くしてしまったiPhoneを探す方法に加えて、紛失したiPhoneを発見しやすくするためにできることを紹介します。

6の方法1:
[iPhoneを探す]を利用する

  1. 1
    別の端末で[iPhoneを探す]を開く 他のiOS端末で[iPhoneを探す]のアプリを開くか、ブラウザでiCloudを開きましょう。
  2. 2
    Apple IDでサインインする 紛失したiPhoneで利用していたApple IDとパスワードでサインインしましょう。
    • 他人の端末で[iPhoneを探す]アプリを利用する場合は、アプリ画面右上隅の[サインアウト]をタップしてから、自分のApple IDでサインインする必要があるかもしれません。
  3. 3
    自分のiPhoneをタップする マップの下の端末一覧に自分のiPhoneが表示されるはずです。これをタップすると、自分のiPhoneのある場所がマップ上に表示されます。
    • iPhoneの電源が切れている場合や、バッテリーが空になっている場合は、最後に確認されたiPhoneの場所が表示されます。
  4. 4
    アクションをタップする [アクション]は画面一番下の中央にあります。
  5. 5
    サウンドを再生をタップする [サウンドを再生]は画面左下隅にあります。これをタップすると、iPhoneから音が出るため、iPhoneが近くにある場合の発見に役立ちます。
  6. 6
    紛失モードをタップする [紛失モード]は画面一番下の中央にあります。誰かに発見される可能性のある場所でiPhoneを失くした場合や、iPhoneが盗難されたと考えられる場合は、このオプションを選択しましょう。
    • iPhoneのロックを解除するためのパスコードを入力します。パスコードには、個人番号、誕生日、運転免許証の番号などの自分と関連のある番号を設定しないようにしましょう。
    • 画面に表示されるメッセージと連絡先の電話番号を送信します。
    • iPhoneがオンラインの場合は、直ちにロックされて、パスコードを入力しなければリセットすることができなくなります。また、iPhoneの現在位置および移動した場合の位置を確認することができます。
    • iPhoneがオフラインの場合は、電源が入った瞬間にロックされます。メールで通知を受け取り、iPhoneの場所を追跡できるようになります。
    • 消去したデータを復元する必要が生じる場合に備えて、iCloudやiTunesに定期的にiPhoneをバックアップしておきましょう。
    広告

6の方法2:
Googleマップのタイムラインを利用する

  1. 1
    Googleマップのタイムラインのページを表示する ブラウザで「https://www.google.com/maps/timeline 」を開きます。Googleマップのタイムラインは、iPhoneから収集された全ての位置データを表示するため、iPhoneの場所を追跡することができます。
    • この方法は、iPhoneで位置情報サービスとロケーション履歴を有効にしている場合にのみ行うことができます。これらの機能を有効にしていない場合は、この記事で紹介する別の方法を使ってiPhoneを探しましょう。
  2. 2
    Googleマップのタイムライン画面左上隅にある[今日]をクリックする iPhoneの一番最近のタイムラインが左側のサイドバーに表示されます。
  3. 3
    タイムラインの一番下にスクロールして、記録されたiPhoneの最後の位置を確認する
  4. 4
    タイムラインの位置データを確認して、iPhoneが移動しているのか定位置に留まっているのかを検証する これによって、iPhoneを置き忘れて紛失しただけなのか、あるいはiPhoneが移動しているのかを判断するのに役立ちます。
  5. 5
    画面に表示されるマップを使ってiPhoneを探す Googleマップは、GPS技術を活用してiPhoneのおよその位置を特定します。[1]
    広告

6の方法3:
Apple Watchを利用する

  1. 1
    Apple Watchを自分のiPhoneと同じネットワークに接続する Apple WatchとiPhoneは、Bluetooth経由で接続されるか、同じWi-Fiネットワークに接続されなければなりません。
  2. 2
    Apple Watchの文字盤を上にスワイプする グランスメニューが表示されます。
  3. 3
    [呼び出し]ボタンをタップする [呼び出し]ボタンは、[機内モード]、[おやすみモード]、[サイレントモード]ボタンが並ぶ下にあります。iPhoneがサイレントモードの場合でも、このボタンをタップすると、iPhoneからポーンという音が鳴るため、端末の発見に役立ちます。
  4. 4
    必要に応じて、[呼び出し]ボタンを繰り返しタップして周辺にあるiPhoneを探す
    • 夜間や暗い場所でiPhoneを探している場合は、[呼び出し]ボタンを長押しして、iPhoneのLEDライトを点滅させましょう。これによって、iPhoneを探しやすくなります。[2]
    広告

6の方法4:
GPS追跡アプリを利用する

  1. 1
    予めiPhoneにインストールしておいたGPSアプリの公式サイトに行く インターネットブラウザを開き、GPSアプリの公式サイトに行きましょう。
  2. 2
    ウェブベースのプラットフォームにログインする アプリをiPhoneにインストールした際に作成したログイン情報を使って、ログインしましょう。
  3. 3
    画面の指示にしたがって、GPS追跡アプリでiPhoneの場所を追跡して特定する ほとんどのGPS追跡アプリは、行動履歴、送信したテキストメッセージ、電話の発信などを含むiPhoneの使用に関する詳細な情報を提供します。
  4. 4
    アプリの開発者に連絡してサポートを受ける アプリの開発者に連絡して、アプリを使ってiPhoneを探すためのサポートを依頼しましょう。サードパーティー製のGPS追跡アプリのサポートを行っているのは開発者のみです。Appleはサポートを行っていません。
    広告

6の方法5:
他の方法を試す

  1. 1
    自分のiPhoneに電話してみる 固定電話や友だちの電話を使って、紛失したiPhoneに電話してみましょう。iPhoneが近くにある場合は、着信音が聞こえてくるかもしれません。
    • 電話をしながら、部屋から部屋へと移動してみましょう。
    • 別の電話を使用することができないけれども、パソコンを利用することはできる場合は、ICantFindMyPhone.com (※英語)を利用してみましょう。このサイトに自分の電話番号を入力すると、サイトが代わりにその番号に電話をかけてくれます。
    • 手が届きづらい場所なども確認するようにしましょう。
  2. 2
    ソーシャルメディアを活用する Twitter、Facebook、Snapchatなど、利用しているソーシャルメディアで友だちに自分がiPhoneを失くしたことを知らせましょう。
  3. 3
    地元の警察署などに問い合わせる iPhoneを紛失した場所の近くにある警察署や遺失物保管所などに問い合わせると発見できるかもしれません。
    • iPhoneが盗難されたと確信している場合は、警察に盗難届を出すこともできます。
    • iPhoneのIMEI/MEID番号が手元にある場合は、警察で紛失・盗難届を出す際に、その番号も伝えましょう。これらの番号を伝えておくことで、何者かに自分のiPhoneを売られてしまった場合に、それを追跡するのに役立ちます。
  4. 4
    Missing Phonesのオンラインデータベースを利用してみる Missing Phonesのウェブサイトでは、自分の端末のIMEIを入力して端末を探すことができます。 MissingPhones.orgのウェブサイト(※英語)を確認してみましょう。
  5. 5
    iPhoneが盗難された場合は、念のため契約している携帯電話会社に連絡する iPhoneが盗難されたと確信している場合や、二度とiPhoneを発見することができないと思われる場合は、なるべく早く契約している携帯電話会社に連絡しましょう。[3]
    • 近いうちにiPhoneが発見された場合に備えて、携帯電話会社によっては、利用中のサービスを一定期間停止することができます。
    • iPhoneが盗難されたと考えている場合は、発生する費用について協議しましょう。
    広告

6の方法6:
[iPhoneを探す]をオンにする

  1. 1
    [設定]を開く [設定]は、ギア(⚙️)のマークが描かれたグレーのアプリで、通常ホーム画面にあります。
  2. 2
    自分のApple IDをタップする Apple IDは、メニューの一番上にある項目欄です。自分の名前と写真を追加した場合は、ここに表示されます。
    • まだサインインしていない場合は、[iPhoneにサインイン]をタップしてApple IDとパスワードを入力し、[サインイン]をタップしましょう。
    • 古いバージョンのiOSを使用している場合は、設定画面にApple IDの項目欄がないかもしれません。
  3. 3
    iCloudをタップする [iCloud]はメニューの2番目の項目欄にあります。
  4. 4
    下にスクロールして、iPhoneを探すをタップする [iPhoneを探す]は、メニュー内の[ICLOUDを使用しているAPP]の項目欄の一番下付近にあります。
  5. 5
    [iPhoneを探す]をオンに切り替える [iPhoneを探す]は、オンに切り替わると緑色になります。[iPhoneを探す]の機能によって、他の端末を使って自分のiPhoneの位置を探すことができるようになります。
  6. 6
    [最後の位置情報を送信]をオンに切り替える [最後の位置情報を送信]をオンにすることで、iPhoneは、バッテリーがほとんどない状態のときに、電源が切れる直前に位置情報をAppleに送信するようになります。
    広告

ポイント

  • iPhoneが機内モードの場合は、[iPhoneを探す]の機能ではiPhoneを探すことはできません。
広告

注意事項

  • iPhoneが盗まれたと確信して、それをまさに追跡している場合は、自分で取り返そうとせずに、警察に通報しましょう。自分で取り返そうとすると、危険に巻き込まれる可能性があります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告