禿げた部分の髪を早く伸ばす方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

抜け毛はストレスがたまるトラブルですが、しょうがないと諦めている人も多いのではないでしようか。抜け毛に最も大きな影響を及ぼすのは遺伝だといわれています。しかし、抜け毛の原因の中には、自分で対処できるものもあります。正しいサプリメントの摂取、民間療法の実践、または食事や生活習慣の改善を行えば、育毛を促進できる可能性があります。抜け毛に悩んでいる、あるいは何をやっても改善が見られない人は、医療機関に相談してみると良いでしょう。医師ならあなたの抜け毛の原因を特定し、その状態に合わせた治療が提案できるかもしれません。

5の方法1:
サプリメントを服用する

  1. 1
    毎日マルチビタミンを服用する 日常的にビタミンやミネラルをバランスよく摂取することで、育毛を促進する効果が期待できます。毎日マルチビタミンを服用すれば、必要なあらゆるビタミンやミネラルが摂取できるため、食生活が偏りがちな人にとって効果的な抜け毛予防となります。
    • ビタミンおよびミネラルの含有量が1日の食事摂取基準量以下のビタミン剤を選びましよう。含有量はラベルで確認できます。
    • ビオチンを配合したサプリメントを選ぶようにしましよう。一部の研究では、ビオチンに育毛を助ける働きがあることが分かっています。
  2. 2
    ビタミンCを積極的に摂る サプリメントでのビタミンC摂取でも、育毛に効果が期待できます。1日2回、500mg〜1000mgのビタミンCを摂取するようにしましょう。ビタミンCの摂取量を増やすには、柑橘類、ピーマン、マスクメロンなどのビタミンCが豊富な食材を積極的に食べても良いでしょう。
  3. 3
    オメガ3のサプリメ ン トを取り入れる オメガ3を日常的に摂取することで、育毛促進の効果が期待できるといわれています。1日1錠〜2錠を目安に服用します。他に薬を服用している人は、服用前に主治医に相談しましょう。オメガ3は抗凝固薬など、特定の薬と併用すると副作用が出る場合があります。
  4. 4
    ビタミンB群を配合したサプリメントを飲む ストレスは抜け毛の原因となることがあります。 ビタミンB群を摂取するとストレスが抑えられ、ひいては育毛の促進につながる可能性があります。ビタミンB群のサプリメントは1日1錠服用します。必ず使用説明書をよく読み、それに従って服用するようにしましょう。
  5. 5
    L-リジンのサプリメントを試してみる L-リジンは日常的に摂取すると、育毛を促すことが一部の研究で明らかになっています。[1] 育毛を促すには、毎日500〜1000mgのL-リジンの摂取を目指しましょう。
    • L-リジンをカルシウムのサプリメントと併用したり、カルシウムを多く含む食品と一緒に摂取したりするのは避けましょう。血液中のカルシウムが過剰になる原因となります。
    広告

5の方法2:
他のケア方法を試してみる

  1. 1
    精油を使って頭皮をマッサージする 「自然」といわれる他の多くの治療法とは違い、特定の精油を使った頭皮マッサージは、育毛促進の効果があることが立証されています。ティーツリーオイルが入ったシャンプーなど、精油を配合したシャンプーを探してみても良いでしょう。
    • 精油を使った頭皮マッサージの方法:タイム、ローズ、ラベンダー、そしてシダーウッドの精油数滴を、大さじ1のホホバオイルまたはグレープシードオイルに加えて、よく混ぜ合わせます。
    • 次に、混ぜ合わせたオイルを頭皮につけ、マッサージします。
    • そのまま10〜15分放置したら、お湯で洗い流します。
    • これを1日1回行います。
  2. 2
    コーヒーを頭皮に擦りつける ある研究によると、カフェイン入りのシャンプーを使って2分間放置すると、育毛を促す効果があることが判明しました。[2]冷めたコーヒーを頭皮にかけて2分置けば、同じような結果が得られる可能性もあります。
    • コーヒーを淹れて、室温になるまで冷ましたら、頭皮にかけます。髪を絞って余分なコーヒーをとったら、頭にタオルを巻いてシャワーキャップをかぶります。
    • 2分間放置し、お湯で髪についたコーヒーを洗い流します。
    • これを毎日行います。
  3. 3
    鍼治療を受ける 鍼治療も育毛の促進に効果を発揮する可能性があります。鍼治療は中国医学の一種で、ツボに鍼を刺すことで気の流れを促す治療法です。
    • 抜け毛に悩む患者への施術経験がある、資格を持った鍼師を探しましょう。
    広告

5の方法3:
食生活を変える

  1. 1
    果物や野菜を積極的に食べる 健康な体づくりをサポートするため、そして育毛の促進を目指すなら、抗酸化物質を豊富に含む果物や野菜を摂るようにしましょう。以下に、ぜひ取り入れたい果物や野菜を紹介します。
    • さくらんぼ
    • ブルーベリー
    • トマト
    • かぼちゃ
    • ピーマン
  2. 2
    毎日たっぷりの水を飲む こまめな水分補給は心身の健康に大切だといわれており、抜け毛にも効く可能性があります。1日にコップ6〜8杯の水を飲み、しっかりと水分補給をしましょう。
    • よく運動をしたり汗をかいたりする人は、脱水を防ぐため多めに水を飲みましょう。
  3. 3
    良質なたんぱく質を積極的に摂る 赤身の肉は他のたんぱく源に比べてコレステロールや飽和脂肪が高いため、摂り過ぎないよう注意しましょう。代わりに、皮なしの鶏肉、魚、豆腐、豆類などの脂肪分の少ないたんぱく質を選んで食べるようにし、体(そして頭皮)に必要なたんぱく質をしっかりと摂取します。
  4. 4
    アレルギーの恐れのある食品を避ける アレルゲンは体の様々な箇所に影響を与える可能性があり、髪の成長を阻害することすらあります。食物アレルギーがある人は、その食べ物が含まれる食品を食べないよう注意しましょう。特定の食品に対するアレルギーが疑われる場合は、病院でアレルギー検査について相談してみると良いでしょう。自分がアレルギーを持つ食材が分かれば、抜け毛の原因となり得る食品を避けやすくなります。一般的なのは、以下の食物アレルギーです。
    • 乳製品
    • 小麦
    • トウモロコシ
    • 大豆
    • 食品添加物
    • 防腐剤
  5. 5
    加工食品やトランス脂肪を多く含む食品の摂取を控える 不健康な食生活をやめ、健康的な食生活を送ることで、抜け毛の抑制に効果が期待できます。毎日の食事で、以下の食品を避けるようにしてみましょう。
    • フライドポテトや揚げ物類
    • レトルト食品、クラッカー、クッキー、ポテトチップス
    • 白砂糖、小麦、パン、パスタ、米などの精製食品
    • マーガリン
    広告

5の方法4:
生活習慣を変える

  1. 1
    たっぷり睡眠をとる 毎日の睡眠時間が抜け毛の原因になったり、髪の成長を妨げている可能性もあります。毎日7〜9時間は睡眠時間を確保しましょう。不眠に悩んでいる人は、病院で相談してみると良いでしょう。
  2. 2
    ストレスとうまく付き合う ストレスが抜け毛の原因となる人もいます。ストレスが多い人は、健康的なストレス解消法を見つけましょう。以下に、効果的なストレス解消法をいくつか紹介します。
  3. 3
    積極的に運動をする 定期的な運動は健康に大切で、抜け毛予防にも効果が期待できます。週5日、1日30分を目標に運動を行うと良いでしょう。
    • 30分の運動がきついという人は、1日2回または3回に分けて、短時間の運動を行いましょう。例えば、1日15分間の運動を2回、または10分間の運動を3回行います。
  4. 4
    禁煙する 喫煙は男性の抜け毛の増加と関連があるといわれています。[3] タバコを吸う人は、禁煙をする良い機会です。禁煙をサポートする薬や、近くで受けられる禁煙プログラムについて、病院で詳しく聞いてみると良いでしょう。
  5. 5
    アルコールを控える 飲酒も男性の抜け毛との関連が指摘されています。[4] 男性の場合は1日2杯以下、女性の場合は1日1杯以下に飲酒量を減らすようにしましょう。
    • 飲酒を減らすのが難しい場合は、病院で相談しましょう。アルコールの飲み過ぎは抜け毛だけではなく、高血圧、特定の種類のガン、鬱など、重篤な心身の疾病に繋がる可能性があります。[5]
    広告

5の方法5:
病院で治療を受ける

  1. 1
    病院に行く 食生活や生活習慣の改善、その他の方法で改善が見られない場合は、病院に行きましょう。病院を受診すれば、深刻な病気がないかどうかも確認することができます。[6]
    • 難病にかかっている可能性は低いとはいえ、抜け毛は深刻な病気のサインでもあるため、病院で検査の相談をしておくと安心です。
    • 抜け毛の原因が分かっていても、それがストレスになっている場合は、医師に話を聞いてもらうのも効果的です。医師に自分の状態を詳しく伝えることで、最適な治療法が選びやすくなります。
  2. 2
    ミノキシジルを使ってみる ミノキシジル(ロゲインとして知られ、現在は処方箋無しで、あらゆる場所で購入できる)は男女兼用の外用ローションです。毛がない部分よりも薄毛に効果があるとされており、効果を持続させるには使い続ける必要があります。[7]
    • ミノキシジルによる育毛の成功率は35%程度です。
    • ミノキシジルは性別にかかわりなく使用できます。
  3. 3
    フィナステリドの服用を検討してみる フィナステリド(プロペシアとして知られる)は、男性型脱毛症の主な原因ともいわれる、テストステロンのDHTへの変換を防ぐ処方箋薬です。フィナステリドは特に薄毛に効果を発揮する薬で、育毛効果を持続させるには、継続的な服用が必要です。[8]
    • フィナステリドによる育毛の成功率は66%ですが、使用できるのは男性のみです。
    • フィナステリドは先天異常の原因となる場合があるため、妊婦や妊娠する可能性のある女性は、絶対にこの薬を服用したり、触ったりしてはいけません。
  4. 4
    植毛を検討する 薬はもちろん、手術による治療技術も進んできています。植毛や皮膚移植も1つの選択肢でしょう。これは、後頭部(まだ毛が生えている部分)の皮膚を少し切り取り、脱毛箇所に移植する処置です。[9] 興味がある人は病院で相談してみましょう。
  5. 5
    レーザー治療について調べてみる 低出力レーザーによる治療には早期の効果が期待できます。[10] この治療には髪を太くしたり、抜け毛で悩む人の症状を緩和する効果があることが分かっています。自分の症状に効果があるかどうか、医師に相談してみると良いでしょう。
  6. 6
    治療を受けながらウィッグや付け毛を使う なかには薄毛のせいで人目が気になったり、自信を失くしてしまう人もいます。そのため、薄毛の治療を受けながらウィッグや付け毛の使用を検討しても良いでしょう。一部の民間の保険では、ウィッグの購入代金をカバーするものもありますが、これはガン治療による脱毛に限られます。したがって基本的には、ウィッグや付け毛の購入代金は自費となります。[11]
    広告

注意事項

  • 新しくサプリメントを飲み始めたり、食生活を大きく変えるときは必ず医師に相談しましょう。
広告

このwikiHow記事について

家庭医(かかりつけ医)
この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。2007年にテンプル大学医学部かにて医学博士号を取得し、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。
カテゴリ: 髪とネイル

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告