直方体の体積の計算方法

直方体の体積は、幅、長さ、高さが分かれば、簡単に計算することができます。この記事を参考に、直方体の体積の求め方を学習しましょう。

ステップ編集

  1. 1
    直方体の長さを調べる 長さは、直方体の上面または底面の長辺の長さです。[1]
    • 例:長さ = 5 cm
  2. 2
    直方体の幅を調べる 幅は、直方体の上面または底面の短辺の長さです。[2]
    • 例:幅 = 4 cm
  3. 3
    直方体の高さを調べる 高さは、直方体の鉛直方向の長さです。長方形が鉛直方向に伸びで立体を形成することを想像してみましょう。直方体の高さは長方形が鉛直方向に伸びた長さに相当します。[3]
    • 例:高さ = 3 cm
  4. 4
    長さ、幅、高さをかける 長さ、幅、高さをどの順番でかけても、同じ結果を得られます。直方体の体積を計算する式は次の通りです:体積 = 長さ×高さ×幅。[4]
    • 例:体積 = 5×4×3 = 60
  5. 5
    3次元の単位で解答する ここでは体積を計算しているため、3次元空間を取り扱っていることになります。計算で求めた値に3次元の単位をつけて解答しましょう。フィート、インチ、センチメートルなど、どのような単位で計算したとしても、3次元の単位をつけて解答しなければなりません。[5]
    • この例では、cmの単位で計算し、計算された値が60であるため、60 cm3と解答しましょう。
    Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む32人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 数学

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement