目の腫れを治す方法

朝起きたときに目が腫れていることはありませんか?眠そうに見えてしまうことや風邪でも引いているかのように見られるのにうんざりしている方にもできることはたくさんあります。このまま読み進めて、目の腫れを簡単に治す方法や長期的な取り組み、完全に治す解決策を学びましょう。

3の方法1:
目の腫れの簡単な治し方
編集

  1. 1
    何杯も水を飲む 目の腫れは目の周りの塩分濃度が上昇し、水分を目の周りに溜め込むことが原因で起きやすくなります。塩分の多い夕食をとった日や寝る前に泣いた日の翌朝に目の腫れに気付いたことがあるかもしれません。水分を多く摂ると塩分濃度が下がり、目の周りの腫れが引きます。
    • カフェインやアルコールのような体から水分を奪う物質の摂取は避けましょう。
  2. 2
    目に冷たいものを当てる 目の腫れは目の周りの組織に水分が溜まった状態です。そのため、他の部分の腫れと同様に、冷湿布のように冷たいものを当てると腫れが引きます。冷やしたキュウリの輪切りは目に当てるのに最適な形をしていて、キュウリに含まれるアスコルビン酸が目の腫れを一時的に緩和します。仰向けに横になり、閉じた目の上にキュウリの輪切りを置いて15分ほど、あるいはキュウリが体温で温かくなるまでそのまま待ちましょう。[1]
    • 手元にキュウリがない場合はティーバッグを濡らして冷凍庫で15分ほど冷やします。それから仰向けに寝て冷やしたティーバッグを15分間目の上に載せます。冷却効果に加え、紅茶に含まれるカフェインには血流の抑制作用があるため、腫れを緩和できます。
    • 上記の方法より汚れない方法として、金属スプーン2本を冷蔵庫に入れて冷やし、そのスプーンを使って目を冷やすのもよいでしょう。
  3. 3
    収れん作用のあるものを使う 収れん作用のあるクリームやローションには目の周りの皮膚を引き締めて、目の腫れを抑える効果があります。まず、化粧用コットンに収れん化粧水をたっぷりと含ませます。横になって目を閉じた姿勢で、化粧水を含ませたコットンを目の上に載せます。10分ほどそのままにして、化粧水を肌に浸み込ませます。コットンを外して、顔を洗います。
    • 薄切りにしたイチゴにも肌を引き締めて滑らかにする効果があると言われています。
  4. 4
    目の腫れにジャガイモを使う ジャガイモには天然の収れん作用があるそうです。[2]
    • 生のジャガイモの皮をむき、半分に切ります。片方ずつを10分ほど目の上に載せておきます。ジャガイモが目を冷やして、腫れを緩和します。
    • すりおろしたジャガイモでも試してみましょう。[3] 生のジャガイモをすりおろして、15分間目の上に載せます。15分経ったら、洗い流します。
  5. 5
    体を動かす 運動で血液循環がよくなり、体内の水分が移動し始めるため、水分が一箇所に留まることがなくなります。時間がある時にランニングやヨガや散歩をしましょう。
  6. 6
    痔疾薬を塗る 痔疾用の軟膏には血管の収縮作用があるため、腫れを緩和できます。腫れがひどい日には、この軟膏を薬指に少量取って目の周囲に優しく塗りましょう。[4]
    Advertisement

3の方法2:
長期的対策
編集

  1. 1
    十分な睡眠をとる 目の腫れが一日中続くのは、単に睡眠不足のせいか、睡眠の質が悪いせいかもしれません。目の下にできる腫れは睡眠不足の一般的な症状です。7-8時間の睡眠を心がけましょう。
  2. 2
    睡眠中に頭を高くする 起床時に目が腫れていることがよくあります。その原因は、何時間も横になった姿勢で眠っていた後に急に立ち上がると、目の下に溜まっていた水分が引力で下方向に引っ張られるからとも考えられます。これを軽減するためには、睡眠中に枕を二つ重ねて使い、起床時に目の下に溜まった水分が急激に引っ張られることがないようにするという手があります。[5]
    • いつもうつ伏せの姿勢で寝ている人は、仰向けで寝てみましょう。うつ伏せで寝ると目に水分が溜まり、目が腫れやすくなります。
    • 横向きの姿勢で寝ると、片方の目だけが腫れやすいことに気付くかもしれません。毎回向きを変えて寝るか、仰向けで寝るようにしましょう。
  3. 3
    顔のお手入れを慎重に行う 目の周りの皮膚はとても繊細で、気をつけないと化粧品などの薬品の影響でたるんだりダメージを受けることがあります。目の周りの皮膚がたるんで水分を溜め込まないようにするためには、いつものお肌のお手入れを優しいものに変えましょう。
    • 強い薬品を含む洗顔料を使わないようにします。肌に優しいマイルドな洗顔料に変えましょう。
    • アイメイクを落とす時に強くこすらないように気をつけましょう。アイメイク専用の化粧落としなら、こすらなくても簡単に落ちます。
    • 洗顔時にタオルで目をゴシゴシこすらないようにしましょう。お湯で軽く顔を洗い、タオルでそっと拭きます。
    • まぶたと目の周りに保湿剤を塗りましょう。
  4. 4
    アレルギーを治療する 目の腫れはアレルギーが原因で起きることもあります。アレルギーは顔を腫らし、水分を溜め込みます。よく効く薬でアレルギーを治療すると、目の腫れに大きな違いが出ることに気づくかもしれません。
    • 市販の薬を購入するか、かかりつけの医師にアレルギーの薬を処方してもらいましょう。
    • 家の中からハウスダストやペットの毛、その他のアレルギー源を取り除きましょう。エアコンのフィルターを取り替えて、シーツや枕カバーは頻繁に洗濯しましょう。
  5. 5
    健康的な食生活に変える 塩分の多い食事をしていませんか?これは塩分が目の周りに水分を溜めるため、目が腫れる大きな原因になります。体内に塩分がたくさん残ったまま就寝することが多いと、溜まった水分の重みで目の周りの皮膚が伸びて時間の経過とともに次第に垂れ下がるようになります。そうならないように、以下の習慣を始めましょう。
    • 調理時に塩分を控える:まずはいつもの量の半分に減らし、可能ならばそこからさらに減らしていきましょう。
    • 外食の回数を減らす:飲食店で出された料理の塩分を減らすことはできません。飲食店の料理は必要以上に塩分が多いのが普通です。
    • スナック菓子や塩味のナッツ、プレッツェル、カップスープ、揚げ物などは塩分の多い食品です。
    • バナナやレーズンのような食品にはむくみを解消する効果があります。[6]
    • キャベツやクランベリージュースを摂取しましょう。キャベツとクランベリージュースには利尿作用があるため、体内の余分な水分を体外に排出します。[6]どんなに利用作用があってもカフェイン飲料に手を出すのはやめましょう。カフェインは睡眠を妨げ、目が余計に腫れてしまいます。
  6. 6
    アルコールを控える アルコールは顔のむくみの原因になり、同時に脱水症状を引き起こします。1回に1-2杯程度を週に1-2回に留めましょう。これ以上の量を飲むと、後々目の周りがたるむ原因になります。
  7. 7
    目の腫れの原因が病気でないことを確かめる 目の腫れは病気の症状かもしれません。病気を治療すれば目の腫れが治ることもあります。目の腫れの原因になるものには以下の症状があります。
    • 妊娠
    • 月経周期に伴うホルモン分泌の変化
    • 皮膚炎(敏感肌の場合、刺激物に反応して目が腫れることがあります)
    • アレルギー[7]
    • 単核球症 (目の腫れは炎症の初期症状であることも)
    • 医薬品(副作用による目の腫れやむくみ)
    • 深刻な疾患
  8. 8
    ストレスを軽減する ストレスホルモンであるコルチゾールが大量に分泌されると、目の腫れなどといった数々の健康障害を引き起こします。ヨガや呼吸エクササイズ、瞑想などを試しましょう。これらはどれもストレスの緩和に役立ち、全身の血流促進にも効果があると言われています。[8]
    Advertisement

3の方法3:
恒久的対策
編集

  1. 1
    自分を受け入れる 医師に相談してもどうにもならなかったら、目の腫れは容姿の問題なのかもしれません。加齢による場合や、理由もなく目が腫れることもあります。そうした場合は、目の色やカールした髪などの年齢をあまり感じさせない目以外の顔の部分や生き方に注目を集める方法を学びましょう。
  2. 2
    眼瞼形成術を受ける この最後の手段では、手術により目の周りの脂肪を取り除き、その後に皮膚にレーザー処置を施します。その結果、皮膚が引き締まり、完全に眼の腫れがなくなります。この手術には通常数十万円から数百万円の施術費が必要で、完治には数週間かかります。[9]
    Advertisement

ポイント編集

  • 就寝前と起床後にたくさん水を飲みましょう。
  • 目の周りをマッサージして、水分の循環を促しましょう。
  • スプーンを冷凍庫で冷やしてから目に当てましょう。
  • 就寝前にスマートフォンやタブレット端末をずっと使っていると、目が疲れて、翌朝には目が腫れているでしょう。黄色いトーンのパソコン用メガネにはこの作用を軽減する効果があります。長期的な対策としては、就寝前の電子機器の使用は控えましょう。
  • ティッシュを水で濡らして冷凍庫に入れます。20分後に取り出して目の下に当てましょう。
  • 清潔なハンドタオルを水に濡らして目の上に20分ほど置きます。目に強く押し当てないように気をつけましょう。
  • 目の腫れを抑える簡単な方法をご紹介します。この方法ではコップ1杯のお湯に小さじ半分の塩を加えてよく混ぜます。お湯は熱すぎないものを使います。化粧用コットンをこの温かい生理食塩水に浸して、瞼の上に数分間置きます。最低でも30分間これを繰り返してしばらくすると、目の腫れが引きます。

注意事項編集

  • 氷やあまりにも冷たい水を目の周りの皮膚に2秒以上直接当ててはいけません。
  • 初めての化粧品や天然療法は慎重に使いましょう。目の腫れが余計にひどくなったり、他の症状が表れた場合は、すぐに使用をやめてかかりつけの医師の診断を仰ぎましょう。深刻な症状は皮膚科医に診てもらいましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ