目の下のクマをすぐに消す方法

共同執筆者 Laura Martin

目の下がよく腫れぼったくくすんでクマができる場合、原因となる問題を解決してクマを完全に消し去るには長期的な治療が必要な可能性があります。しかし一時的であれば、数時間や数日の短時間で、目の下のクマを減らしたり、消したり、隠したりできる方法がいくつかありますので心配はいりません。この記事で紹介する方法は原因となっている問題を解決するものではありませんが、急いでクマを消す必要がある場合には役に立つかもしれません。

4の方法1:
冷却して即効で緩和する

  1. 1
    冷湿布をしましょう。きれいな柔らかいフェイスタオルを冷たい水で濡らし、余分な水分を絞りましょう。タオルを目の下や周りに、クマ全体を覆うようにして、優しく押し当てましょう。5分ほど続けましょう。[1]
    • 目の下に液体が溜まらず流れるように、座って冷やしましょう。
    • 冷湿布などによる冷却は、目の下のくすみや腫れの原因となっている血管を収縮させる事で効果を発揮します。[2]
  2. 2
    目に冷たいスプーンを押し当てましょう。[3]氷水を入れた冷えたグラスにステンレス製のスプーンを4本入れ、2分から4分冷やしましょう。1本取り出し、目の下のくすんで腫れた部分に気をつけて乗せ、軽く押し当てましょう。スプーンが人肌に温まるまで、当てておきます。[4]
    • 使ったスプーンを氷水に戻し、新しいスプーンを取り出しましょう。これを反対側の目の下のクマにも繰り返しましょう。
    • 温まったスプーンを冷たいスプーンと交換しながら、それぞれ5分から15分ほど、クマが軽減するまで必要なだけ続けましょう。
  3. 3
    きゅうりで目を覆いましょう。[5]冷蔵庫で冷やしたきゅうりを1.5cmほどの厚さに2枚切り、目を閉じて、クマの部分を覆うように気をつけながら、両目の上に乗せましょう。体を起こした姿勢で頭を少し後ろに倒し、25分ほどリラックスしましょう。[6]
    • きゅうりは水を多く含んでいるため、冷たく、保湿効果があり、目の腫れを緩和するのに非常に効果があります。きゅうりにはケルセチンというヒスタミンを抑える抗酸化物質も含まれており、アレルギーが原因で生じた目の下のクマを緩和する可能性があります。
  4. 4
    冷やしたティーバッグを使いましょう。ティーバッグを2つ冷水に入れ、冷蔵庫で15分ほど更に冷やしましょう。準備ができたら、目を閉じて、クマを覆うようにティーバッグを乗せましょう。頭を少し起こして横になり、25分から30分続けましょう。[7]
    • それから冷水で目や顔を洗い、皮膚を軽く叩いて乾かしましょう。
    • 胡椒やシナモンのような強いスパイスを含むティーバッグは避けましょう。目がヒリヒリする可能性があります。カモミールティーや緑茶は自然治癒の性質があるため、理想的です。カフェインの入った紅茶にも血流を妨げ、腫れを緩和する効果があります。
    広告

4の方法2:
根本的な問題をすぐに解決する

  1. 1
    抗ヒスタミン薬を摂取しましょう。アレルギーは目の下のクマの原因の1つです。他にもアレルギー症状があるようでしたら、市販の抗ヒスタミン薬の内服も検討する価値があります。[8]
    • 同様に、風邪や鼻炎でも目の下にクマができる事があります。これらの症状に対する市販薬もクマを緩和する可能性があります。[9]
  2. 2
    鼻うがいをしましょう。副鼻腔の症状が原因で、抗ヒスタミン薬では十分にクマを消せない場合、目の下のクマを作っている余分な液体をネティ・ポットを使って洗い流しましょう。[10]
    • 250mlのぬるま湯に、小さじ1/4(0.6 ml)の粒の細かい塩(非ヨウ素添加塩)を溶かしましょう。
    • これをきれいなネティ・ポットに入れましょう。頭を横に傾けて、片方の鼻の穴にネティ・ポットから塩水を半分流し入れましょう。額を下に倒し、もう片方の鼻の穴から塩水が出るようにしましょう。
    • 同様に、反対の鼻の穴から残りの半分の塩水を入れて、徹底的に鼻腔を洗浄しましょう。
    • 生理食塩水の鼻スプレーを使って鼻腔を洗浄する事もできます。
  3. 3
    アイクリームを塗りましょう。目のクマを改善する目的で作られたアイクリームがいくつもあります。すぐに緩和するために、即効性をうたっている商品を探しましょう。
    • レチノールのアイクリームは人気の商品の1つです。[11]このクリームはコラーゲンの生成を促すため、長い目で見れば効果があるのですが、即効性はあまり期待できません。[12]
    • 即効性を期待するなら、カフェイン入りのアイクリームの方が良いでしょう。カフェインは炎症やくすみの原因となる血管を収縮させます。[13]
    • 他には、抗炎症作用のあるアルニカを含むアイクリームでも良いでしょう。[14]
  4. 4
    十分に水分補給をしましょう。1日に250mlのグラスで8杯の水を飲む事が推奨されています。十分に飲むように心がけましょう。目の下のクマは水の滞留が原因でも生じますが、実は脱水も体に水が溜まる原因になります。[15]
    • 同様に、目の下のクマに悩まされている際には、脱水を増悪させるような食べ物や飲み物を避ける事も心がけましょう。塩分の多い食べ物やアルコール、カフェインなどです。[16]
    広告

4の方法3:
一晩でクマを消す

  1. 1
    メイクを落としましょう。寝る前に、その日にしたメイクを完全に洗い流しましょう。アイメイクは寝ている間に目に涙がたまる原因となり、その結果、起きた時に目の腫れが増悪します。[17]
    • できれば、寝る前にメイク落としを使って肌からしっかりと化粧品を取り去りましょう。メイク落としは化粧品の粒子に絡みつき、浮き上がらせるように特別に作られているため、普通の石鹸と水よりも効果的です。
    • しかし、メイク落としを持っていない場合は通常の洗顔料や水だけ洗顔でも構いません。全てのアイメイクが完全になくなるまでしっかりと洗う事だけ気をつけましょう。
  2. 2
    頭を高くして寝ましょう。枕を2つ重ねて寝ましょう。マットレスの頭側を立てかけて高くしてもよいですし、ベッドの頭側全体を高くしてもよいです。とにかく、頭を体よりも高くしておきましょう。[18]
    • 頭を高くしておく事で、余分な血液や粘液、その他の液体が顔から流れ出ていき、目の下に溜まってクマになることを防ぎます。
  3. 3
    仰向けに寝ましょう。うつ伏せや横向きで寝ている場合は、仰向け寝に変えましょう。目を上に向けておくと、重力により余分な液体は目から離れる方向に引っ張られ、目に集まるのを防ぐ事ができます。[19]
    • 夜寝ている間にうつ伏せや横向きになってしまいそうな場合は、体の脇に枕を置いて寝返りしにくくしてみましょう。
  4. 4
    睡眠を十分にとりましょう。睡眠不足は目の下にクマができる原因の1つとしてよく知られています。翌朝目覚ましが鳴るまでに7時間から8時間寝られるように、あらかじめ計算して就寝時間を決めましょう。[20]
    • 睡眠不足は体から「ストレスホルモン」であるコルチゾールが分泌され、肌のコラーゲンが分解される原因となります。これにより、目の下の皮膚が弱くなり、クマができやすくなってしまいます。[21]
    広告

4の方法4:
化粧品を使ってクマを隠す

  1. 1
    アイクリームを塗りましょう。メイクをする前に、クマの上にアイクリームを乗せましょう。数分おき、乾かしてからメイクを続けましょう。[22]
    • 保湿力の高いアイクリームを選びましょう。レチノールやカフェインを含むものであれば、さらに効果があります。
    • ものもらいになりやすい場合は、アイクリームは避けましょう。
    • どのような種類であっても、アイクリームには肌の潤いを保ち、化粧品がよれる原因となる小じわを埋める効果があります。[23]
  2. 2
    コンシーラーでクマの部分を覆いましょう。お肌の色に合ったコンシーラーを、目の下のクマの上に薄くつけましょう。チップやブラシを使って軽く叩くように乗せ、こすりつけないようにしましょう。こすりつけてしまうと、さらに炎症を起こしてしまう可能性があります。[24]
    • コツとしては、クリーミーな質感で軽いタッチのコンシーラーを選びましょう。重いコンシーラーは目の下のシワに入り込み、肌のダメージを目立たせてしまいます。[25]
    • コンシーラーを付ける時に指を使うのはやめましょう。付けすぎてしまう可能性が高くなります。小さくて平らなブラシが最適です。[26]
  3. 3
    注意深くブロンザーを乗せましょう。省略可能ですが、頬にブロンザーを乗せると目の下のクマが目立ちにくくなります。頬にブロンザーを乗せ、通常のパウダーブラシで目のすぐ下の部分に向かってぼかしましょう。[27]
    • ブロンザーによるコントラストの効果で、目の下に直接塗らなくてもクマが目立ちにくくなります。ラメ入りのブロンザーは逆にクマを目立たせてしまうので避けましょう。
  4. 4
    下まぶたに明るい色のアイライナーをひきましょう。白やクリーム色、明るい肌色を選び、下まぶたの内側に塗りましょう。これにより、目が明るくぱっちりして見え、クマが目立ちにくくなります。
  5. 5
    最後にパウダーでカバーしましょう。毛先の広がった大きめのブラシで、目の下や頬に明るい色のルースパウダーを軽く乗せましょう。[28]
    • パウダーはメイクを定着させ、ファンデーションが目の周りの皮膚の小ジワに溜まって筋になる事態を予防します。[29]
    広告

ポイント

  • 頻繁に日焼け止めを塗ったり、サングラスをかけたりして、目のまわりの炎症やくすみを防ぎましょう。
広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はLaura Martinが共著しています。 ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
カテゴリ: 健康
  1. http://www.webmd.com/beauty/eyes/ss/slideshow-banish-the-bags-under-your-eyes
  2. http://www.webmd.com/beauty/eyes/ss/slideshow-banish-the-bags-under-your-eyes
  3. http://www.allure.com/skin-care/anti-aging-skin/2013/biggest-retinol-cream-myths#slide=2
  4. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/skincare-face/treating-dark-circles-under-eyes/page2
  5. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/skincare-face/treating-dark-circles-under-eyes/page2
  6. http://timesofindia.indiatimes.com/life-style/beauty/10-tips-to-get-rid-of-under-eye-puffiness/articleshow/17925739.cms
  7. http://www.webmd.com/beauty/eyes/ss/slideshow-banish-the-bags-under-your-eyes
  8. http://www.webmd.com/beauty/eyes/ss/slideshow-banish-the-bags-under-your-eyes
  9. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/basics/lifestyle-home-remedies/con-20034185
  10. http://www.webmd.com/beauty/eyes/ss/slideshow-banish-the-bags-under-your-eyes
  11. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/bags-under-eyes/basics/lifestyle-home-remedies/con-20034185
  12. http://www.webmd.com/sleep-disorders/excessive-sleepiness-10/10-results-sleep-loss?page=2
  13. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/skincare-face/treating-dark-circles-under-eyes/page2
  14. http://www.elle.com/beauty/makeup-skin-care/tips/g8094/how-to-conceal-treat-undereye-bags-beauty/?slide=1
  15. http://www.webmd.com/beauty/eyes/ss/slideshow-banish-the-bags-under-your-eyes
  16. http://www.elle.com/beauty/makeup-skin-care/tips/g8094/how-to-conceal-treat-undereye-bags-beauty/?slide=2
  17. http://www.elle.com/beauty/makeup-skin-care/tips/g8094/how-to-conceal-treat-undereye-bags-beauty/?slide=4
  18. http://www.elle.com/beauty/makeup-skin-care/tips/g8094/how-to-conceal-treat-undereye-bags-beauty/?slide=4
  19. http://www.elle.com/beauty/makeup-skin-care/tips/g8094/how-to-conceal-treat-undereye-bags-beauty/?slide=6
  20. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/skincare-face/treating-dark-circles-under-eyes/page2

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告