男性モデルのようにポーズを決める方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

写真撮影や特別なイベントの場で最高の見栄えを目指したいのであれば、男性モデルのようにポーズを決めて自信や強さを醸し出しましょう。体全体の姿勢、手の使い方、そして表情がポーズを決める上で最も重要な点となります。姿勢を真っすぐにして胸を張りましょう。歩き姿や壁にもたれかかる姿がポーズとして一般的です。男性の場合は手もポーズに組み込みましょう。さらに、表情を用いてポーズに深みを加えましょう。

パート1(全3パート):体でポーズをとる

  1. 1
    肩を真っすぐにして胸を張る できる限り自分の体を広く大きく見せることが男性モデルの鉄則です。肩が傾いてカメラと反対の方を向いていると、体が細く見えてしまいます。肩の力を抜きつつ、前を向きましょう。[1]
    • 2.5~5センチほど体を前に傾けると、肩がカメラに近づくので、見た目が良くなります。
    • 横からの写真を撮ったり、あえて肩を傾けたポーズで撮影をすることもありますが、ほとんどの場合において真っすぐに胸を張って見せるのが最善でしょう。
  2. 2
    体幹を締める 腹部が気になる人は腹筋を少し締め、しまい込みましょう。不自然に見えないよう注意しながら、できる限り平らな状態にしましょう。こうすることでウェストが細くなり、逆に胸を大きく見せます。また、姿勢を真っすぐにする効果もあり体幹が引き伸ばされます。[2]
  3. 3
    歩き方を改善する 歩いている姿は男性モデルのポーズの中でも、かなり一般的なものです。体を真っすぐにして頭を高く掲げて歩く練習をしましょう。このように歩くには、まず、片方のかかとを地面から2.5センチの高さに上げて脚を前に伸ばします。後ろにある脚は母指球に体重が乗っている状態にしましょう。片方の腕を軽く前に伸ばし、反対の腕は少し後ろの位置にあるようにしましょう。[3]
    • 通常の歩き方よりも少し歩幅を大きくするのがコツです。こうすることで、歩幅が小さい人の場合は特に、ポーズが強調されます。
  4. 4
    壁に寄りかかる 様々な方法で壁に寄りかかることができます。例えば、背中から寄りかかったり、片方の肩で寄りかかる方法を試してみましょう。背中から寄りかかる場合は、片膝を曲げて、壁に足をつけてみましょう。片方の肩から寄りかかる場合は、壁に近いほうの足を反対の足の上から交差させて構えましょう。[4]
    • 背中から寄りかかる場合、片脚を高く上げる必要はありませんが、両脚を真っすぐに揃えて立つのも好ましくありません。片脚を少し曲げて前に出し、もう一方の脚はその少し後ろに添えましょう。
    • 寄りかかっている時は、背筋をほぼ真っすぐにした状態を維持しましょう。体が著しく傾いてしまうほど離れた位置に脚を置く必要はありません。
    広告

パート2(全3パート):手のポーズを決める

  1. 1
    手をポケットに入れる これは自信と落ち着きを示す最も古典的ともいえるポーズです。主に2通りの方法があります。1つ目は、手の全体をポケットに入れる方法、2つ目は手の半分ほどをポケットにいれて親指をポケットの外に出す方法です。外に出した親指をベルトホールに引っかけるというアレンジも可能です。[5]
    • さらに、片手のみをポケットに入れてもよいでしょう。この場合、空いた方の手で髪をかきあげる仕草などをしてみましょう。
  2. 2
    手を顔に添える くつろいだ雰囲気や考え込んでいる仕草を見せる場合は、手を顔に添えましょう。この場合も複数の方法があります。例えば、人差し指と親指を顎に添えたり、指を丸めた状態で顎の下からあててもよいでしょう。[6]
    • 何通りもの見せ方で工夫することができます。異なる手の位置を複数試して、自分が伝えようとしている印象を醸し出す最も効果的な方法を見つけましょう。
  3. 3
    手を使ってネクタイを直す スーツとネクタイで正装している場合は、片手をネクタイに添えるポーズをとると大人びてで洗練された印象を与えます。この時、親指と人差し指が、それぞれネクタイの結び目の両側に位置するように手を添えましょう。本当にネクタイを直す必要はありません。手を添えるだけで動かしているように見えるでしょう。[7]
    • さらに、空いている方の手をネクタイの中央の辺りに添えても良いでしょう。実際にネクタイを直している時はこのように見えます。ただし、このポーズは元々の片手のポーズからは明確に異なります。
  4. 4
    腕を組む 真剣な姿や威厳のある姿を見せる必要がある場合は、普段通りに腕を組んでみましょう。この時、左右の手を腕の下に差し込むのではなく、反対の腕の上から添えるとモデルのポーズになります。両手が見えている方が見た目の印象も良くなります。[8]
    • あるいは、一方の腕を垂らしたままにして、もう一方の腕のみを組む時と同じように構えて、手を肘に添えてもよいでしょう。こうすることで胴体の一部を隠しつつ、両腕を組んでいる時とは異なる雰囲気が醸し出されます。
    広告

パート3(全3パート):表情を作る

  1. 1
    少し横目で見ながら目を細める 目を大きく開くのは男性モデルにはあまり見られないポーズです。上まぶたを少し引き上げて、わずかに横目で視線を向けるようにしましょう。こうすることで、考え込んでいる様子や思慮深い印象が醸し出されます。また、恐れや焦りではなく自信や落ち着きの溢れた印象を与えるでしょう。[9]
  2. 2
    顎を前に伸ばし下に引く 顎の緊張が緩んでいると、下顎の皮膚を余分に見せてしまいます。頭を前方向に押し出して首を伸ばしましょう。鼻孔が見えてしまうほど顎を上に傾ける必要はありません。むしろ通常よりも1割ほど角度を下に向けてみましょう。こうすることで二重顎を隠し、首も部分的に見えなくなります。[10]
    • 顎を前に押し出しても、思っていたようなポーズにならない場合は、耳を前に押し出すような状態を頭に描きましょう。こうすることで、頭全体が正しい方向に動きます。
  3. 3
    少し歯を見せて笑顔を作る 男性モデルの「勝負スマイル」には少し歯を見せることが欠かせません。口を大きく開けて笑顔を作る必要はありませんが、逆に口をきつく結んでいるのも好ましくありません。歯を見せる程度に少し口を開けば十分でしょう。[11]
  4. 4
    カメラの向こう側に視線を合わせる 撮影で、カメラを真っすぐに見るよう指示がある場合を除き、カメラの向こうに視線の視線を合わせましょう。さらに、カメラのすぐ右、左、あるいは下に方向を定めましょう。
    • こうすることで、深く考え込んでいるようなポーズを決めることができます。また、カメラを真っすぐ見つめているよりも自然な印象に仕上がるでしょう。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告