男性に告白する方法

みなさんには、好きな男性がいるのですか?おめでとうございます。まずは、自分の気持ちを認めるというステップはクリアしています。しかし、実際にその気持ちを相手に伝えるのは、更に難しいことです。この記事では、好きな男性を口説き、相手と仲良くなり、自分の気持ちを告白するまでのステップを紹介します。勇気を持ちましょう!

パート1(全3パート):男性に気持ちを伝える

  1. 1
    相手から好かれているかを確かめてみましょう。相手から好意を寄せられていれば、自信を持って前に進みましょう!失うものは何もありません!たとえ相手からの好意がなくても、落ち込まないようにしましょう。男性の気持ちを変えるチャンスはまだあります。もちろん、相手に恋人がいる場合は、少なくとも当分の間は相手との交際を諦める必要があります。しかし、たとえ恋愛感情を抱かれていなくても、相手と仲良くなり、相手を口説く余地はあります。男性にアプローチする前に相手のことをよく知る方法を以下に紹介します。
    • 周囲の人に相手のことを聞いてみましょう。自分が奥手な場合は、仲の良い友達に頼んで、自分が相手から好かれているかを確認してもらうか、または相手が何かしらのヒントを示していないかを探ってもらいましょう。相手が自分に好意を寄せているという確信が持てれば、更に積極的に相手にアプローチする勇気が湧くはずです。
    • 相手が示すヒントを見落とさないようにしましょう。男性は、無理をしてでも好きな相手と一緒にいられるように努める傾向があります。(これはすべてのケースに当てはまることではありませんが、多くの場合で分かりやすいヒントになります。)そのような男性は、何かしらの口実を作って好きな相手の隣に座ったり、好きな相手が出席する行事に参加したりします。また、好きな相手の友達と仲良くしようとする男性さえいます。男性の行動をチェックしましょう!
    • 男性からの視線を感じた時には、相手の目を見て、数秒間アイコンタクトを保ってみましょう。相手が見つめ続けてきた場合は、相手からの好意があるはずです。目を逸らされた場合は、相手はあなたのことが好きで、照れてしまった可能性があります。しかし、人が他者とアイコンタクトを取る時にはさまざまな理由が考えられるので、油断しないようにしましょう。歯にほうれん草が挟まっているのかもしれません!
  2. 2
    相手と簡単な会話を始めてみましょう。男性に告白するには、まずは普段から相手と会話をするような関係を築く必要があります。つまり、相手とは友達であり、互いのことは少しだけ知っていて、これから親交を深めようとしている段階にあるのが理想的です。相手と会話をするようになれば、相手のことを深く知るチャンスにもなります。会話を通して得た新しい情報によって、相手に告白したい気持ちが左右されるかもしれません。以下に友好的な会話の始め方を紹介します。
    • 相手を褒める話題で会話を始めてみましょう。上手く会話を切り出すには、相手を良い気分にさせる話題を選ぶのが一つの手です。例えば、以下のような発言で話しかけてみましょう。
      • 「先週の金曜日に出場していたアメフトの試合、最高だったよ。友達と一緒にスタンドで観てたんだ。アメフトを始めてからどれくらい経つの?」
      • 「英語のテストでは、いつもクラスで一位を取っているよね。どの先生の心も読めてしまうの?それとも、英語担当の○○先生の心だけは見抜けるの?」
      • 「素敵な髪型だね。最近、髪切った?」
  3. 3
    共通の話題について話してみましょう。上手く会話を切り出すには、将来的に二人で一緒にできることについて話すのも妙案です。(必ずしも両者の共通の趣味について話す必要はありません。たとえ今ははまっていないことであっても、一緒にできるようになれば、男性側もいずれは楽しんでくれるかもしれません。)そのような話題を選べば、両者が心地良く話せるでしょう。
    • 以下に会話の始め方の例をあげます。
      • 「ねえ、数学の宿題が何だったか分かるかな?教室に手帳を置いてきちゃって、範囲を覚えていないんだよね。」
      • 「君のお兄さんって○○高校に通ってる?私のお姉ちゃんが君のお兄さんと同じ授業を取っているかもしれないって言っていたんだ。」
      • 「シュウィンの自転車を持っているよね?乗り心地はどう?今年のクリスマスに親に買ってもらおうと思っているんだ。」
    • 相手とは少なくとも仲良く話せる間柄でない限り、相手に好きだと伝えるのは禁物です。これは、当たり前のことかもしれませんが、特筆すべき点です。あまり親しくない相手に突然告白すれば、相手は驚き、怖がってしまうかもしれません。少なくとも、今後の二人の友情や恋愛関係に何かしらの影響をきたすはずです。
  4. 4
    相手を口説いてみましょう! 一般的に、男性は女性から口説かれていることに気付きにくいものです。この考えにはある程度の事実に基づく根拠があります。インターネットには、「自分は女性に口説かれているのか?」という男性の疑問に答えるような情報がたくさん出回っているのです。だからと言って、相手を今以上に口説く必要はありません。ただ、たとえ相手から好意を寄せられていたとしても、口説き返されない可能性があるということは念頭に置いておきましょう。
    • 相手の話を聞く時に、自分の指に髪をくるくると巻きつけてみましょう。これは自然なしぐさであり、ほとんどの人が気にならないはずです。しかし、相手がそのことに言及してきた場合は、相手が自分の言動に意識を向けている証拠です。髪を指に巻くしぐさは、男性を口説く際に使える簡単なテクニックです。
    • 男性におねだりをしてみましょう。これは可愛らしい行為ですが、裏目に出る可能性もあります。男性が自分やあなたの友達の前であなたの頼み事を聞くことに恥ずかしさを感じ、おねだりを却下するかもしれません。頼み事はシンプルなものにとどめましょう。
      • 移動教室の際に、自分の鞄を持ってもらえるかを頼んでみましょう。「とても重くて、誰か力のある人に手伝って欲しい」という気持ちを伝えます。
      • 実際はあまり手伝いを必要としていない場合でも、一緒に宿題をすることを頼んでみましょう。これは相手と仲良くなる良い口実になる上に、相手がどの程度寛容かを知るための指標にもなります。
      • 大切なのは、依存心の強い性格だと思われないことです。引越しの手伝いのように大がかりなことを頼んではいけません!
    • 相手に笑顔を見せ、アイコンタクトを取り、相手が話しかけやすい存在でいましょう。自分の魅力的な面を余すところなく見せるのです。最高の笑顔と魅惑的な目を向けて、相手が近くにいる時にはそばに行きましょう。すぐに男性から気付かれるようになるはずです!
  5. 5
    思い切ってスキンシップを取りましょう。相手に興味があるという意思表示をするために、触れても無害で、自分の気持ちを示唆できる体の部位に触れます。以下のことを試してみましょう。
    • 相手の肩に触れたり、寄りかかったりしてみましょう。退屈なふりをして、相手の肩に頭をもたれてみます。もしくは、単純に相手の肩の上に手を置いてみましょう。男性がこちらを見てきたら、じっと目を見つめ返します。
    • 相手がからかってきた時には、軽く肩を「叩いて」みましょう。女性は、男性が冗談っぽくからかってきた際にこのしぐさをする傾向があります。怒っているふりをしたり、笑いながら肩を叩いてみましょう。
    • 相手に触れる口実を作りましょう。例えば、相手の手がとても大きい場合は、相手の手を取り、「わあ、すごく大きな手だね。私の手よりこんなにも大きいよ!」と言いながら自分の手を合わせてみます。
  6. 6
    気持ちを打ち明ける心構えができた際には、いくつかの選択肢の中から告白方法を選びましょう。勇気のある人は、単刀直入に気持ちを伝えましょう。友達がいない場所に行き、十分に時間が確保できる時に告白します。自信に満ちた表情を見せましょう(できれば、実際に自信を持ちましょう)。普段通りに会話を始め、会話が少し止まったタイミングで告白します。
  7. 7
    相手の返事が心配な場合は、まずは単純にデートに誘ってみましょう。これは、自分の気持ちをあからさまにせずに、今後恋愛に発展する可能性だけを相手に感じさせる便利な方法です。デートに誘うというのは、ただ単に相手に自分と一緒に出掛けたいかを尋ねているだけのことです。相手があなたの口説きやあなたとの会話に良い反応を示していれば、断る理由がないはずです!以下の例のように、相手をデートに誘ってみましょう。
    • 「あのね、土曜日に友達と映画を観に行く約束をしていたんだけど、ドタキャンされちゃった。一緒に観に行かない?」
    • 「○○通りのお化け屋敷にずっと行ってみたいと思っているんだけど、行く勇気のある人が見つからないんだ。君は興味ある?」
    • 「私、毎年両親と一緒に地元の祭りに行くのが恒例になってるの。理由は聞かないでね、話すと長くなるんだ。それで、一緒に連れて行きたい学校の友達がいないかを親に聞かれたの。一緒に行かない?」
  8. 8
    直接伝えることに抵抗を感じる場合は、手紙で伝えましょう。自分で手紙をこっそりと置くか、あるいは信頼できる友達に頼みましょう。
    • 「好きです」と書いたかわいいメモを相手のロッカーに貼るのも一つの手です。
    • 紙に「好きです」と書く時には、必ず宛名も書き、差出人は書かないようにしましょう。数人の友達にそのメモを回してもらい、「たまたま」好きな男性の手元に行くようにします。相手がメモを見て、期待するように周りを見渡し始めた場合は、自分が書いたというヒントを与えるのも、何も伝えずに相手をドキドキさせるのもあなたの自由です。
  9. 9
    相手からの返事が何であれ、自分に自信を持ち続けましょう。返事が「イエス」の場合、ありのままの自分を好いてもらえたこと、そして自分が純粋に好かれやすい性格であることに自信を持ちましょう。相手の返事に疑問を抱くのは禁物です。相手から「僕も好きだよ」と言われた時に「本当に?」と疑ってしまうと、墓穴を掘る可能性があります。自信を持ちましょう。あなたは充分に魅力的です。
    • 相手からの好意がない場合は、「そっか、分かったよ。気にしないで」などのフランクな言葉で会話を終わらせます。そして、前に進みましょう!振られたからといって、相手から最低の人間だと思われているわけではありません。相手の決断には様々な思いが込められていたかもしれません。「彼」の趣味に当てはまらなかっただけであって、世の中にはあなたと交際したいと感じる男性がたくさんいるということは必ず覚えておきましょう!
  10. 10
    特に果敢に攻めたい人は、まず「やばい!(男性の名前)超かっこいい!」という文面のメールを好きな相手に送ります。次に、別のメールで、「本当にごめんね!さっきのメールは(友達の名前)に送るつもりだったの」と伝えましょう。相手も好意を寄せていれば、相手から告白してくるはずです。
    広告

パート2(全3パート):心の準備をする

  1. 1
    好きな相手に対する気持ちを整理しましょう。恋愛感情とは複雑なものです!最低でも数日間かけて自分の気持ちを整理し、この記事内のアドバイスも参考にしましょう。あまりにも早く行動し過ぎると、時間の経過と共に相手に対する気持ちが変化する恐れがあります。
    • 「私はあの男性に本当に恋をしているの?それとも一時的に夢中になっているだけ?」や「相手のどこが好きなの?」「相手とどうなりたいの?」などの質問を自分に投げかけます。これらの質問に答えられなければ、次の一歩を踏み出す前にもっと相手をよく知りましょう。
    • 自分が本当に恋をしているかは自分にしか分かりません。しかし、冒険してみたい気分の場合は、恋愛に関するオンラインテストを受けて、自分の好きなように結果を解釈してみるのも一案です。
  2. 2
    頭の中で相手との恋愛関係を「妄想」するのは止めましょう。どれだけイケメンであっても、相手も人間です!好きな人について話す時には、相手も自分と同じくらい緊張するはずです。また、まだ明らかになっていなくても、相手にも欠点がたくさんあるはずです。まだ始まってもいない恋愛関係について、のめり込み過ぎないように気を付けましょう!
    • 好きな相手のことを完璧な美少年アドニスのようだとしか思えない場合は、どんなに些細な点であっても、ちょっと笑える間抜けな要素を見つけ、覚えておきましょう!相手の頭に小さいハゲがありませんか?相手がおかしなイントネーションで発音する単語はありませんか?誰にでも欠点があるというのを念頭に置いておけば、どんなにイケメンな男性に対しても親しみを感じやすくなるでしょう。
  3. 3
    相手の態度に着目しましょう。相手からの強い注目を感じませんか?一緒にいる時に笑顔をたくさん向けられませんか?あるいは、逆に、相手からからかわれたり、冗談っぽく無視されたりしませんか?これらはすべて男性からの好意を表すサインかもしれません。好意を示している可能性のあるヒントを拾えれば、相手の気持ちをある程度は予想でき、告白するのが遥かに楽になります!
    • 男性の身振りは、心に秘めた感情を表している場合があります。例えば、相手があなたと一緒にいる時に、たとえ瞬間的に別のことに気が取られても、胸や肩はずっとあなたの方を向いていませんか?また、相手はたくさんアイコンタクトを取ろうとして来ませんか?[1] ひょっとすると相手はあなたにどう告白しようかを悩んでいるのかもしれません!
  4. 4
    相手から振られても、大したことではないという認識を持ちましょう。どれだけ準備をしても、相手から興味を持たれない場合があります。そのような可能性も念頭に置きつつ、心配しないようにしましょう。相手の返事が「ノー」だからと言って、相手から嫌われているわけではありません。ただ、現時点で相手から交際をしたいと思われていないだけです。「ノー」という返事に対する理由はいくらでも考えられます。(たとえ傷ついたとしても)相手からの否定的な返事によって傷つけられた素振りは見せないようにしましょう。
    • 相手は、前の恋人との喧嘩別れを引きずっている可能性があります。
    • 誰かと恋愛関係を築くには精神的に未熟なのかもしれません。
    • ただ単に恋人がいない状態を楽しんでいる可能性もあります。
  5. 5
    「男性側が先に行動を起こすべきだ」という考えは捨てましょう。確かに昔は、女性が男性に告白するのは恥ずべきことでした。今日では、そのような考えは無くなりつつあります。しかし、いまだに男性に告白することを躊躇する女性はたくさんいます。主に大学生を対象にした2011年の調査によると、女性の93%が自分から告白するよりも男性から告白されることを望んでいるようです。[2] しかし、積極的になりましょう!自分から男性にアプローチできるだけの自信が持てれば、その分多くの男性とデートができるはずです。
    広告

パート3(全3パート):告白にOKの返事をもらった後に交際を始める

  1. 1
    デートの計画を立てましょう! 二人の勢いを保つことが大切です。互いにデートを計画するのが不安なせいで、芽を出し始めた恋心を枯れさせるのはもったいないことです。両想いであることが分かった当日にデートに行く必要はありませんが、その一、二週間以内には行けるように計画しましょう。デートに行けば、互いのことを更に深く理解でき、相手と相性が合うかが分かるはずです。
    • 両想いであると分かった週の週末にデートに行けるのが理想的です。
    • 初デートでは、どこかのタイミングで相手と話し合う時間を確保しましょう。例えば、映画を観に行く場合は、夕食も一緒に食べる計画を立てます。理想的な初デートは、カジュアルで、のんびりとしていて、「自分らしさ」のあるものです。
    • 贅沢なデートである必要はありません。一緒に宿題をして、公園でピクニックをするだけでも、素敵な初デートになります。デートの案が思いつかない際には、以下の低コストのデート案を参考にしてみましょう。
      • 地元の催し物、季節の祭り、遊園地などに行ってみましょう。
      • ローラースケートやアイススケートを楽しむのも妙案です。自分か相手がスケートを苦手とする場合は、更に好都合です。転ばないように手を繋ぐことができます!
      • ハイキングに行きましょう。地元にある山や岬の頂上に辿りつければ、美しい(そしてロマンチックな)絶景が見られます。
  2. 2
    動揺しないようにしましょう! 相手に告白してから初デートに行くまでの期間はとても緊張するでしょう。しかし、なるべく心配しないようにします。初デートというのは、相手のことをよく知る良い機会です。
    • あまりにも緊張する場合は、女友達に相談してみましょう。とても悲惨で面白い初デートの体験談が聞けるかもしれません。女友達と話せば、少なくとも、初デートというのはそんなに強いストレスのかかるものではないと分かるはずです。
  3. 3
    相手と連絡を取るのは大切ですが、「取り過ぎ」は禁物です。初デートの前に相手とイチャイチャするようなメールを数回送り合うのは問題ありませんが、送り過ぎないようにしましょう。互いに夢中になっている時は、相手をたくさん褒めたくなるかもしれません。しかし、その衝動は抑えましょう。多くの愛情を一気に注ぎすぎると、相手を威圧する恐れがあります。特に、相手が自分よりも恋愛経験が少ない場合は、強いプレッシャーを感じるかもしれません。初デートの前に神秘的な雰囲気を醸し出すために、音信不通になることを推奨する資料さえあります。[3]
  4. 4
    デートの時は、自分らしく振舞いましょう! 好きな相手と両想いであることが分かると、自分の態度を全く変えないのは難しいことかもしれません。しかし、相手が好きになったのはありのままの自分であることは覚えておきましょう。初デートの時に、不自然なほどセクシーな女性を演じる必要はありません!普段通りの態度を取ります。 いつもの内輪ネタで盛り上がり、いつも通りに相手をからかいましょう。相手との相性が合っていれば、普段通りの態度を取るだけですべてが上手く行きます。
    広告

ポイント

  • 自分のことが好きかを尋ねるのは、相手と二人きりの時にしましょう。相手の男友達がいる場で尋ねてしまうと、相手が格好付けたくなり、たとえ本心でなくても「好きじゃない」と言うかもしれません。
  • 男性にも感情があります。相手が緊張したり、顔が赤くなっていても、笑うのは禁物です。また、相手を叩いたり馬鹿にしてはいけません。
  • 相手に告白する前に、相手が自分に好意を寄せているかを聞くのも一つの手です。相手が「ノー」と答えた場合は、「ああ、ほっとした。あなたが私に気があるっていうことを友達が何度も言ってくるんだけど、絶対に嘘だと思ったんだ」と答えましょう。
  • 相手と一緒に過ごす時間を増やしましょう。そうすれば、互いのことを更に深く知れるはずです。
  • 相手と目が合った時には、目を逸らさないようにしましょう。目を逸らすと、相手に興味がないような印象を与えてしまいます!
  • メールで告白するより、面と向かって想いを伝えましょう。その方が男性にとって告白の重みが増し、あなたの言葉に嘘がないことが伝わるはずです。
  • ピクニックや散歩、映画鑑賞など、両者がプレッシャーを感じずに済むデートをしましょう。
  • 相手に告白の返事を考える時間を一日与えましょう。男性とは楽しく、健全な関係を築きたいものです。面と向かって告白された男性はとても緊張してしまい、後で後悔するような発言をする恐れがあります!
  • 相手のロッカーにメモを残す場合は、誰も見ていないタイミングを狙うか、友達に貼ってもらいましょう。また、必ず正しいロッカーを選ぶように注意が必要です。
  • 良い彼女になれることを相手にアピールしましょう。
広告

注意事項

  • たとえ何かを知っていたとしても、相手の過去に関する話題を持ち出すのは止めましょう(恋愛関係やその他のことも含む)。過去は誰にも変えられません。せいぜい、相手に質問をはねのけられ、なぜその話題を持ち出したのかを聞かれるでしょう。最悪の場合、今までずっと相手の情報を探っていたと思われるかもしれません。
  • 相手に頻繁にメールを送るのは止めましょう。相手からすぐに返信が来ていない限り、とても馬鹿っぽく、依存心の強い人間に見られる恐れがあります。すぐに返信が来るのであれば、(常識の範囲内で)メールを送り続けても問題はありません。
  • 男性に告白した際に、相手がひどく驚いたとしても、驚き返さないようにしましょう。相手は好意を寄せられていることを全く予想していなかったのかもしれません。
  • 自分の恋心を明かす相手はきちんと選びましょう。特に、自分の好きな男性が同じ学校に通っている場合は注意が必要です。噂というのは、すぐに回ります。自分の気持ちを秘密にするには、誰にも言わないのが得策です。どうしても誰かに伝えたい場合は、過去に秘密を守ってくれた友達を選ぶか、いっそのこと、自分の好きな男性に秘密をバラせないほど遠くに離れている人物を選びましょう(例えばペンパルや、別の学校に通っている友達など)。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む270人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: | 人間関係

出典

  1. http://www.cosmopolitan.com/sex-love/body-language/#category1-1
  2. Mills, M., Janiszewska, A, & Zabala, L., (2011). Sex differences in making risky first time relationship initiatives.
  3. http://www.yourtango.com/200949487/why-you-shouldnt-text-before-first-date

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告