男子にハグする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ハグをするのは難しいことでも、勇気がいることでもありません。素敵なハグをするのに高度な技術も要りません。誰かを抱きしめたいという純粋な気持ちがあれば十分です。男子は女子からのハグに特別なやり方やテクニックを求めていません。気持ちのこもったハグをしてもらいたいだけです。セクシーなアプローチをしたりぶりっ子をしたりなど、特別に振る舞おうとしなくても良いのです。彼に腕を回して体を寄せ合って数秒間ハグを楽しみましょう。

3の方法1:
男子にロマンチックにハグをする

  1. 1
    腕に優しく触れアイコンタクトをとり笑顔を向けてハグする 恋愛関係だろうと、ただ一緒に出かけるだけの仲だろうと、ハグをするのに間違った方法などありません。したいと思ったらハグをしましょう。軽いハグをする場合には、何気なく相手に触れて楽しい気分を作りハグをしましょう。感情たっぷりに触れれば、相手は親密度の高いハグを期待するでしょう。彼の腕に何度か触れてみたり、触れたまましばらくその状態をキープしてみましょう。彼の目をじっと見つめる、または彼の背後から忍び寄ってハグをしてみるのも良いでしょう。彼にハグしたいと思ったら、いつでもハグをしましょう。
  2. 2
    彼に腕を回す 考え過ぎてはいけません。彼を包み込むように腕を回しましょう。女性が男性にハグをする時には、男性の腕と脇の間に両腕を滑らせ背中に回して体をギュッと抱きしめるのが一般的です。彼にロマンチックな気持ちを抱いているなら、他にも色々な方法があります。[1]
    • 片方の腕を彼の腰に回し、もう片方の腕を首の方に回して指が彼の肩と首の境目に触れるような形でハグをしましょう。
    • 自分からみて彼の首の左側に左手をもたれかけましょう。気持ちが徐々に高揚してきたら彼の後頭部を指で軽くかき乱してみましょう。
    • 手の平を彼の胸に軽く当て、もう片方の腕で彼のウエストを包み込みましょう。[2]
  3. 3
    上半身を彼の体に押し付ける 腕を彼の首や胸に巻きつけて上半身を彼に押し付けましょう。胸を相手の胸に押し付けるのは、「ハート・トゥ・ハート」のハグと言います。2人の背の高さが変わらないなら、彼の肩に頭を載せてみましょう。彼よりも低い場合は、顔を横に向けて彼の胸に頬を乗せませしょう。
  4. 4
    体をリラックスさせて彼の腕の中に心地良く入り込む 体をリラックスさせてゆっくりと動きましょう。ハグは、お互いの体を押し付け合って2人が一緒にいることを楽しむ1つの方法にすぎません。ハグした瞬間に体制が悪いと感じたら、腕や体を動かして快適なポジションを取りましょう。心地良く感じられたら、しばらくはそのひと時に身を委ねましょう。彼が自然に体を離し始めたら、ハグを終えましょう。
  5. 5
    より情熱的にハグをしたい場合には体を更に押し付ける 上半身を彼の体にぴったりとつけるだけでも彼に対する特別な思い示すことができますが、それでもまだ消極的な行動かもしれません。手を彼の体に這わせたり足を絡ませたりしてハグを更にエスカレートさせれば、あなたの強い欲望はすぐに分かってもらえるでしょう。
    • 彼の背中、首、胸などを指で軽くマッサージして、親密度を上げましょう。
    • 気持ちが高まったら、あるいは、2人ともハグ以上のことが欲しくなったら彼の顔を引き寄せてキスの体制を作ってみましょう。
  6. 6
    満足できたら徐々に体を離す 急に体を離して下がるのではなく、ゆっくりと離れましょう。彼の肩や胸に触れたまま半歩下がりましょう。お互いの目を見つめながら笑みを交わしましょう。あるいは、いったん下がってキスの体制を作りましょう。
    • 彼が体を離し始めたら、彼を掴んで引き止めてはいけません。ムードを壊さずに徐々に離れましょう。
    • ハグの長さに基準はありません。気分に任せて楽しみましょう。[3]
    広告

3の方法2:
男友達にハグする

  1. 1
    ハグの前に目を合わせて両腕を大きく広げる デートの相手でなくても心のこもったハグはできます。ただし、正式に付き合っている相手でない場合には、ハグをする前にサインを送りましょう。アイコンタクトをとる、笑顔を向ける、両腕を広げるなど相手に意思表示をしましょう。相手が握手を求めて手を伸ばしたり恥ずかしがってそっぽを向いたり、または、視線を逸らさなければハグをする準備がある証拠です。行動に出ましょう。
    • 柔軟に構えましょう。彼がハグをしたくなさそうなら止めましょう。彼がしたそうなら、または、たとえ確信が持てなくても、自分らしく振舞って気持ちに正直に行動しましょう。軽くハグされて不平を言う男性は滅多にいません。
  2. 2
    両腕を広げて数歩彼の方に近づく ハグができるくらいに近づいたら、両腕をお互いの体に回して胸を軽く押し合いましょう。お互いに15〜20 cmくらい離れて立つのが一般的ですが、それほど気にする必要はありません。軽いハグですから、重く考えずにしましょう。自分の体全体を強く押し付けて相手の体を引き寄せなければ、誤解されることはありません。
    • 両腕を自由に広げましょう。大きなハグをしたい場合には、大きく腕を広げましょう。
    • 彼がしたくなさそうなら、お互いの側面を触れ合うハグをしましょう。彼と隣り合わせになり、彼の肩に片腕を回しましょう。そうすることでぎこちない雰囲気も払拭できるでしょう。
  3. 3
    彼の方が背が高い場合には彼の脇で自分の腕を滑らせる 額同士がぶつからないように彼とは反対の方向に顔を向けましょう。彼より身長が高い場合には、彼の腕をあなたの脇に沿って滑らせましょう。もちろんこれが鉄則ではありませんが、背の低い方が高い相手の体側に両腕を沿わせて滑らせると自然なハグができます。そうでなければ、かがみ込んで腕を回さなければなりません。
  4. 4
    両腕を彼の背中に巻きつける 自分の両腕がすんなりと相手の体に巻き付いてハグの体制になったら、彼の体を自由に感じ、優しく且つしっかりと抱きしめましょう。ハグの間は体をリラックスさせましょう。両手は自由に使えます。彼の背中や肩に触れたり、彼の背中で両手を握ってみても良いでしょう。
    • ハグの間は自意識過剰になってはいけません。気まずくなります。ハグをしている相手に意識を集中させて、その行為を楽しみましょう。
    • 滑稽なことが起こったりぎこちなさを感じたりしたら、笑って済ませましょう。ハグは複雑な行為ではなく、ましてや男女の営みでもありません。挨拶がわりの行為です。考えすぎてはいけません。
  5. 5
    温かい気持ちで気軽に彼にハグをする 温かい気持ちで彼にハグしましょう。自意識過剰にならずに彼のことを考えて、ハグを楽しみましょう。優しくしっかりとしたハグをしましょう。ハグするタイミングを考えてドキドキしてしまいそうなら、息を吐きながらハグをすると自然にできるでしょう。満足できたら体を離しましょう。2〜3秒間ハグを楽しむことができるでしょう。
  6. 6
    いったん離れた後で再びアイコンタクトをとり微笑む ハグの後相手から自然に体を離しましょう。彼も99%の確率で同じような行動をとるでしょう。彼のパーソナルスペースから一度離れますが、不自然に思えるほど後退してはいけません。1〜2歩下がる程度で大丈夫です。下がった後でもう一度彼を見ましょう。ハグの時に感じた良い雰囲気をそのまま保つことができ、印象深いハグになります。
    広告

3の方法3:
ハグをするタイミングを察知する

  1. 1
    相手の両腕が広がっているかなどボディランゲージを確認する ハグを迫られているのか握手なのかで迷い気まずい思いをすることがよくあります。そんな時には、相手の手の位置が一番の決め手となります。例えば、相手が右手を差し出したら握手を求めています。両腕が体の外側に伸び上半身がオープンな状態になっていれば、相手はハグを期待しています。
  2. 2
    ぎこちないハグになりそうな状況を握手でバランスをとる ハグか握手かで迷ったら片方の腕を相手の腰に回してもう片方の手で握手を交わしましょう。片方の肩を相手の肩に触れるまで近づけると良いでしょう。ただし、しっかりとハグをするつもりがないなら、距離を縮める必要はありません。ある程度の距離をおくか、はすに構えて軽く流しましょう。
    • この方法は「握手かハグか迷う」時の対処法として効果的です。腕を包み込んで軽くハグし自然に離れましょう。
  3. 3
    相手が気まずそう、あるいはどうして良いか分からなさそうにしている時には自らリードする あなたから手を差し出したりハグを求めたりすることに何の問題ありません。間違いなく相手の男性はあなたのリードに乗ってきます。自分の気持ちに従って意思表示をしましょう。アイコンタクトをとって行動に移しましょう。女性からのハグを嫌う男性はほとんどいません。ただし、握手に留めておいた方が良い場合もあります。次のような場合です。
    • ビジネスの場や専門家らの会合など。
    • 初対面の時。
    • 相手のパーソナルスペースが分からない時。
    • 外国や特定の文化圏でのハグや握手の慣習が分からない時。
  4. 4
    ハグの混乱を避け気軽な挨拶の仕方を選ぶ 気軽な挨拶は和やかなムードを作ったり仲間意識を高めるのに効果的です。例えば、手を振る、ハイタッチをする、拳をぶつけ合うといったジェスチャーなどで挨拶を交わすと、ざっくばらんな友達同士の雰囲気を作ることできます。ハイタッチをしてハグをほのめかしたり、遊び心を持って相手に軽くパンチをしたり相手の肩を拳で軽く叩いても良いでしょう。[4]
    • 別れ際、彼が笑みを浮かべ穏やかにあなたを見つめているなら、サヨナラを言ってハグをしましょう。
    • 遠くから笑みを浮かべて手を振る仕草は、ハグを求めるサインです。相手が温かく反応したらハグをしましょう。
  5. 5
    笑顔を向けしっかりと手を前に出してハグを避ける 常にハグをしたがる人への対応として、あるいはハグが相応しくない状況では、先に手を差し出してリードをとりましょう。アイコンタクトをとり、笑顔で握手を交わしましょう。相手の男性がハグに強く拘る場合がありますが、そういう時には、握手をしない方の手で彼の手をとり握手を促しましょう。握手しかするつもりがないことをしっかりと示しましょう。
    • 絶対にハグを避けたい場合には、最高の笑みを浮かべて「本当に会えて嬉しいわ!握手させて」などと言いましょう。[5]
    広告

ポイント

  • 何よりも自然体でいることが大切です。自分の気持ちに正直に行動しましょう。体は思った通りに反応します。そうすれば、あなたの意図を正しく伝えることができます。
  • ハグをする気になれない、あるいはハグが好ましない状況では敢えてハグをする必要はありません。
  • 相手が体を離すのが感じ取れても、まだハグをしていたいと思ったら、両腕で相手のウエストをしっかりと包みましょう。相手の方に体を優しく寄せましょう。自分の上半身か下半身のどちらで相手の体に触れたいのかを選びましょう。上目遣いで笑顔を向けて彼の体に顔を擦り付けましょう。男性は一瞬でハートがメロメロになり気持ちも高ぶります。
広告

注意事項

  • あなたに恋心を抱いている相手と同じ気持ちになれない場合には、相手とのハグはできるだけ避けましょう。そうでなければ、彼が脈ありだと勘違いしてしまいます。
  • ハグが好きな人ばかりではありません。男友達や親戚がハグをするのが苦手な様子なら、無理強いしてはいけません。相手の意思を尊重することで、彼らへの友情や愛情を示すことができます。
  • 男子にハグをするのが不適切な場合もあります。例えば、男性が友情の印として男女がハグをすることが文化的に許容されていない地域出身の場合などです。あるいは、男友達が他の女性と恋愛関係にある時には、友達同士の間柄を超えない軽いハグに留めましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告