生クリームを作る方法

このwikiHowでは、生クリームの代用品を簡単に作る方法をご紹介します。生クリームの代わりに、このクリームを様々なレシピに使えます。ただし、市販の生クリームのようなホイップクリームにはなりません。

材料

  • 全乳 180 ml
  • バター 75 g

2の方法1:
生クリームを作る

  1. 1
    バターを溶かします。まず、バターを室温にしておきます。バターを溶かす方法は何通りかありますが、ここでいくつかご紹介します。
    • 火にかけて溶かします。フライパンにバターを入れ、弱火にかけます。バターの溶ける温度は28~36度で、暑い日の室温と同じくらいです。フライパンから目を離さずに、バターが3/4ほど溶けたら、フライパンを火から下ろします。フライパンの底にバターを広げながら、スプーンかゴムベラで溶かします。
    • 電子レンジで溶かします。バターを小さく切り分けて(冷たい場合)電子レンジ対応容器に入れ、バターが溶けるまで約10秒づつ過熱します。
  2. 2
    溶かしたバターを牛乳に加えます。中くらいのボウルに、溶かしたバター75 gと全乳180 mlを入れて混ぜ合わせます。バターは冷めてから鍋に入れましょう。
    • 低脂肪牛乳を使う場合は、とろみをつけるために大さじ1杯の小麦粉を入れます。[1]
  3. 3
    材料を混ぜ合わせます。電動ミキサー、泡だて器、フォーク、スプーンなどで材料を混ぜ合わせます。クリームにとろみがついて泡立つまで、数分間混ぜましょう。
    • この手作り生クリームは、市販の生クリームのようなホイップクリームにはなりません。
  4. 4
    生クリームを保存します(任意)。容器に生クリームを入れて蓋を閉め、冷蔵庫で1~2日保存できます。
  5. 5
    手作り生クリームを使いましょう。この方法で、約1カップの生クリームができます。このクリームを焼き菓子、スープ、コクのあるソースに使ってみましょう。
    広告

2の方法2:
クリームにバリエーションをつける[2]

  1. 1
    スキムミルクとコーンスターチを使います。スキムミルクを愛飲している方は、スキムミルクベースのクリームを作り、生クリームに代用できます。作り方は、1カップのスキムミルクに、大さじ2杯のコーンスターチ、またはゼラチンを入れてとろみをつけます。とろみがつくまで、泡だて器で材料を3~4分混ぜ合わせます。
  2. 2
    豆腐と豆乳を使います。低脂肪・ベジタリアンのクリームを作る場合は、豆腐と味のついていない豆乳を、滑らかになるまで混ぜ合わせます。
    • このクリームは、生クリームのヘルシーな代用品になります。
  3. 3
    カッテージチーズとスキムミルクを使います。同量のカッテージチーズと無脂肪の粉末ミルクを混ぜ合わせて、低脂肪の生クリームを作ることができます。クリームが滑らかになるまで、材料をよく混ぜ合わせます。
    • 粉末ミルクがない場合は、スキムミルクで代用できます。
  4. 4
    エバミルク(無糖練乳)とバニラエッセンスも試してみましょう。冷えたエバミルクに、好みの量のバニラエッセンスを加えます。
    • このミックスを生クリームの代わりにスープに入れて使います。
  5. 5
    ギリシャヨーグルトと牛乳でも代用できます。通常のヨーグルトより濃いギリシャヨーグルトは、生クリームの代用品になるとともに、脂肪を抑えることができます。生クリームの代わりにクッキーやパンに使う場合は、乳脂の風味を補うために、ヨーグルトと全乳を半量づつ使いましょう。
    • チーズケーキなどの食感が重要なレシピには、生クリームとギリシャヨーグルトを半量づつ使い、脂肪分を減らしましょう。
    • ヨーグルトは過熱が早すぎると分離します。ギリシャヨーグルトでソースを作る場合は、弱火で加熱しましょう。
    • 家庭でギリシャヨーグルトを作るには、2カップのプレーンヨーグルトをガーゼ(チーズクロス)で包み、数時間水切りします。1カップのギリシャヨーグルトができます。
  6. 6
    同量の生クリームと全乳にバターを加えます。このレシピの分量で、1カップの生クリームに代用できます。大さじ2杯半のバターを溶かして冷まします。冷ましている間、バターが固まらないように注意しましょう。生クリームと全乳を103 mlづつボウルに入れ、冷めたバターとよく混ぜ合わせます。
  7. 7
    低脂肪クリームチーズを使います。低脂肪のクリームチーズを使うと、生クリームと同じ濃度を保ちながら、カロリーと脂肪を抑えることができます。
    • レシピで1カップの生クリームを使う場合は、1/2カップのクリームチーズで代用します。
    • クリームチーズには酸味があるため、生クリームの甘さが必要なレシピには使えません。
    広告

必要なもの

  • ミキサー/ブレンダー
  • フライパン
  • 電子レンジ
  • スプーン

ポイント

  • 繊細なペイストリーやお菓子作りで、レシピと同じ材料を使う必要がある場合は、市販の生クリームを使いましょう。
  • 冷やした金属製のボウルと泡だて器を使うと、早くとろみがつきます。プラスティックのボウルを使ってはいけません。
  • 手作りの生クリームを使うことで、レシピによっては脂肪を抑えることができます。
  • 生クリームの代用品を使うと、元のレシピとは風味が異なる場合があります。味を確かめて使いましょう。
  • 様々な材料を試して、好みの味を見つけましょう。
広告

注意事項

  • 溶かしたバターは、少し冷ましてから牛乳に混ぜ合わせます。ただし、冷ましすぎて固まらないように注意しましょう。
  • フライパンでバターを溶かす際、焦がさないように気を付けましょう。焦げてしまうと、生クリームの風味が損なわれます。バターを焦がしてしまった場合は、廃棄して作り直しましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 食・おもてなし

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告