猫が遊んでいるのかケンカしているのかを見分ける方法

共同執筆者 Ryan Corrigan, LVT, VTS-EVN

攻撃をして遊んだり見せかけのケンカは猫によく見られる行動です。しかし、猫が遊んでいるのかケンカをしているのかを見分けるのが難しいときもあります。どちらか判断するには、ボディランゲージまたケンカの様子をしっかりと観察しましょう。猫が遊ぶときは普通交替で順番に遊びます。ケンカをしている猫を発見したら、大きな鳴き声を出したり、2匹の猫の間に障壁を入れたりしてケンカを止めましょう。

3の方法1:
ボディランゲージを見る

  1. 1
    唸り声やシャーっという声を聞く 一般的に猫が遊びでケンカをしているときはあまり音を立てません。音が聞こえるとしたら、唸り声やシャーっという声ではなくニャーっという鳴き声でしょう。[1]
    • 唸り声やシャーっという声が連続的に聞こえる場合は、ケンカしていることが多いでしょう。
  2. 2
    耳を見る 遊びのケンカをしているときは、耳が前方向やまっ直ぐ上、もしくは僅かに後ろに向いています。一方耳が後ろ向きになっていたり、耳を後に伏せている場合は、ケンカをしているでしょう。[2]
  3. 3
    爪を見る 猫が遊んでいるときは、だいたい爪を隠しています。爪を出していないときは、故意に他の猫を傷つけることはありません。一方、爪で相手にダメージを与えたり傷つけているときは、ケンカをしているでしょう。[3]
  4. 4
    噛みついていないかを見る 遊んでいるときはほとんど噛むことははく、痛くもありません。しかし猫が危害を与えようとして、もう片方を噛んでいるようなら、遊びではなくケンカでしょう。[4]
    • 例えば、片方が痛みで甲高い声やシャーっという声を上げたり、唸っている場合は、ケンカの最中でしょう。
    • 普通、猫が遊んでいるときは交替で噛みます。もし、逃げようとしている猫をもう片方の猫がたびたび噛んでいるようなら、遊んでいるのではないでしょう。
  5. 5
    猫の姿勢を見る 猫が遊びのケンカをしているときは、前傾姿勢になっているのが普通です。一方、体制を後ろに傾けてお互いに攻撃をしている場合はケンカをしているでしょう。[5] 
  6. 6
    毛を見る ケンカをしている猫は毛を逆立てています。これは、体を大きく見せようとしているためです。尻尾や体、もしくは両方の毛を逆立てている猫を見たら、遊びではなくケンカをしているでしょう。[6]
    広告

3の方法2:
ケンカの様子を見る

  1. 1
    相互関係を見る 遊びでケンカをしているときは、交替でお互いに覆いかぶさります。つまり、両方の猫が同じ時間だけ上になったり下になったりします。[7]
    • 追いかけあっているときも、同じルールが当てはまります。片方がもう片方をずっと追いかけるのではなく、お互いに追いかけっこをします。
  2. 2
    ケンカのペースを見る 遊びのケンカをしている猫は、何度も止めたり始めたりを繰り返します。こうして、休憩をして立場を入れ替えたりします。一方でケンカをしている猫の動きは素早く、勝負がつくまで止めません。[8]
  3. 3
    ケンカ後の猫の様子を見る 遊んでいるのかケンカをしているのか分からないときは、ケンカ後の行動を見てみましょう。ケンカをしていたなら、その後お互いを、もしくは少なくとも片方がもう片方を避けるような行動を取ります。[9]
    • ケンカが遊びだった場合、猫はケンカ後は仲良くいつもと変わらない行動を取ります。お互いに寄り添って眠ったり、体を休めたりすることもあるでしょう。
    広告

3の方法3:
ケンカを仲裁する

  1. 1
    大きな音を出す ドアをバンと閉める、手を叩く、大きな声を出す、笛を吹く、鍋をぶつけたりモノを叩いたりする等して大きな音を立てましょう。うまくいけば大きな音で気が散ってケンカを止めるでしょう。[10]
  2. 2
    障壁を作る お互いの猫の視界を遮るため、有効です。猫の視界を妨げるようなクッションや段ボール等を間に入れましょう。ケンカが止まったら、それぞれを別々の部屋に入れて落ち着かせましょう。[11]
    • 猫が再び顔を合わせるときは、ケンカにならないように時間をかけた方が良いでしょう。
    • ベビーゲートを用意しておくと、猫を隔離するのに便利でしょう。ケンカ後に、お互いを攻撃できないように顔を合わせることができるでしょう。
  3. 3
    手でケンカを止めない ケンカ中の2匹の猫の間に手を入れると、引っ掻かれたり噛まれたりする恐れがあります。また、猫から顔を攻撃される危険性もあります。[12]
    • また、あなたを見て、怒りの矛先をあなたに向けてくることもあります。そして、ケンカが終わった後、あなたへの態度が変化することもあるでしょう。
    • 猫に噛まれたら、出来るだけ早く病院に行くか応急手当をしましょう。猫に噛まれるとパスツレラ菌に感染したり、蜂巣炎にかかる恐れがあります。素早い対応が感染を防ぐ最良の手段です。[13]
  4. 4
    ケンカを予防する 生活に必要なモノを奪い合わなくていい環境を作りましょう。それぞれの猫に専用のトイレ、食べ物、ベッド、パーチ、おもちゃを家の中の別々のエリアに用意します。また、避妊手術や去勢手術を受けさせると、ケンカが減るでしょう。[14]
    • 猫が仲良くしているときはおやつを与えて褒めましょう。
    広告

ポイント

  • お互いをよく知らない猫や、以前ケンカをした猫同士はケンカをすることが多いでしょう。
広告

このwikiHow記事について

動物看護師
この記事はRyan Corrigan, LVT, VTS-EVNが共著しています。 ライアン・コリガンはカリフォルニア州に住む認定動物看護師です。2010年にパデュー大学にて獣医看護学の学士号を修得しています。2011年より馬科動物看護士学会の会員です。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告