差分

猫を正しくなでる

2 バイト除去, 2019年8月12日 (月)
猫は本心がよく分からない動物です。なでて欲しそうに脚のまわりにまとわりつくにも関わらず、こちらがなで始めると噛んで逃げてしまいます。猫を怒らせず、また噛まれないようにするためにも、なでる前にその猫の行動や癖を時間をかけてよく観察しましょう。このように気をつけることで猫に好かれるでしょう。
== ステップ ==
=== Establishing Trust 信頼を得る ===
#時間をかける 見慣れない猫を見つけても、すぐに近寄ってなでたりしないようにしましょう。猫も人間と似ていて簡単に他人を信用しません。また、人間は猫の10倍以上の大きさがあるという点も考慮しましょう。猫が警戒していても全く不思議ではありません。<ref>https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/cat-behavior/petting-induced-aggression</ref>[[Image:Pet Cats in the Right Spots Step 1 Version 2.jpg|center]]
#猫から近づいてくるまで待つ かまってもらいたい時、猫はそれを伝えようとします。見知らぬ猫がいる部屋に入っても、猫からかまってほしいという仕草を示すまで素知らぬふりをして自分の用を済ませましょう。<ref>http://www.catbehaviorassociates.com/five-steps-for-correcting-petting-induced-aggression-in-cats/</ref>[[Image:Pet Cats in the Right Spots Step 2 Version 2.jpg|center]]
#* 猫をなでる際、尻尾は「危険区域」ということが研究で明らかにされています。尻尾をなでてもらうことが好きだと分かっている場合を除き、触れないようにしましょう。<ref>http://www.newser.com/story/209145/scientists-determine-how-you-should-pet-your-cat.html</ref>
#タイミングに注意する 猫は、くつろいで優しい気分になっている時の方が、なでてもうことを受け入れる傾向にあります。あなたに便利なタイミングではなく、猫がなでてもらいたいと思っている時になでるようにしましょう。一般的に食事後がこうしたタイミングであることが多いものの、全ての猫が同じ反応をするわけではありません。やはり、それぞれの猫の好みを把握する必要があるでしょう。[[Image:Pet Cats in the Right Spots Step 12.jpg|center]]
 
== ポイント ==
*人間の手でなでられることを好まなかったり拒否する猫は、ブラシがけや毛づくろいを喜ぶことがあります。猫専用のブラシを購入して試し、手でなでたときと異なる反応を示すか観察してみましょう。
translator
101

回編集


96