差分

メス犬の発情期にオス犬を落ち着かせる

9,813 バイト追加, 2019年8月12日 (月)
ページの作成:「オス犬はメス犬の匂いに反応するように生物学的にプログラムされているため、発情期を迎えたメス犬に自然に惹きつけられ…」
オス犬はメス犬の匂いに反応するように生物学的にプログラムされているため、発情期を迎えたメス犬に自然に惹きつけられます。発情期のメス犬の近くにオス犬がいると、両方にストレスがかかります。メス犬とオス犬を一緒に飼っている場合、両者を隔離して両方にとって安心安全な環境を作り、交配を防ぎましょう。また、両方の犬に去勢・避妊手術を受けさせると、望まない繁殖を抑え、特定のガンを予防し、またペットとしての行動も改善することができます。
== ステップ ==
===メス犬からオス犬を隔離する===
#発情期が終わるまでオス犬をメス犬に近づけない オス犬はメスに対する行動を自制することができないため、オス犬を落ち着かせる唯一の方法は発情したメス犬から隔離することです。メス犬の発情期が近づいてきたら、オス犬を家の中かペットホテルに預けるとメスの匂いを嗅ぎつけるのを防ぐことができます。[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 1.jpg|center]]
#*オス犬を発情期のメス犬と一緒に散歩させたり遊ばせたりしてはいけません。
#犬を向かい合った部屋にそれぞれ隔離して入れる 2匹の犬が同じ家に暮らしている場合、オス犬はメス犬の匂いを感じるため、オスとメスの間にできるだけ距離を取りましょう。家の中でできるだけお互いを離して部屋の中に入れ、ドアを閉めて犬を管理しましょう。ドアは常に閉めておいて、お互いが近づかないように2匹同時に外に出すのは避けましょう。<ref>https://www.pet-happy.com/what-to-do-with-a-male-dog-when-female-is-in-heat/</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 2.jpg|center]]
#*メス犬のおもちゃにはメス犬の匂いがついているため、オス犬の部屋に置いておかないようにしましょう。染みついた臭いが引き金になって、オスがクンクン鳴きだしたり、うめいたり、ドアを引っかいたりする可能性があります。
#家にスペースがない場合メス犬を家の中に、オス犬を外に出す 空いた部屋がなかったりスペースがない場合、発情期が終わるまではメス犬を特定の部屋の中に、オス犬を外に出しておきましょう。外にいるオス犬が脱走できないようなフェンスがしっかりと設置されていることを確認しましょう。<ref>https://www.reference.com/pets-animals/calm-male-dog-female-heat-5535890fc142a41c</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 3.jpg|center]]
#*この方法は、気候が良くて屋外で犬を飼うことが条例で規制されていない場合にのみ使用しましょう。
#*メス犬は相手を探して脱走する可能性があるため、発情期のメス犬を外に出しておくのはやめましょう。また、匂いで近所のオス犬が近づいて来るかもしれません。
#発情期が終わるまでオス犬をペットホテルに預ける 家の中で両者をできるだけ離すようにしても、メス犬に対するオス犬の態度は攻撃的でコントロールできなこともあります。そのような場合は、メス犬の発情期が終わるまで約3週間、メス犬が目に入らないペットホテルにオス犬を預けましょう。<ref>https://www.whole-dog-journal.com/issues/16_2/features/Keeping-Your-Dog-Intact_20686-1.html</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 4.jpg|center]]
#*事前にオス犬を短期間犬ペットホテルに預けて環境に慣らして、準備をしておくと良いでしょう。メス犬が発情期の間、オス犬を預けるために事前に予約しましょう。
===家を落ち着く環境にする===
#メス犬のしっぽにメタノールをスプレーして匂いを隠す 薬局やドラッグストアでメタノールを購入してスプレーすると、発情期のメス犬の匂いをカバーすることができるため効果的でしょう。オスとメスが同じ家もしくは同じエリアにいる場合は、メス犬に1日に数回スプレーしてオス犬を落ち着かせましょう。<ref>https://www.whole-dog-journal.com/issues/16_2/features/Keeping-Your-Dog-Intact_20686-1.html</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 5.jpg|center]]
#*スプレーした後、乾くまでの間にメス犬が舐め取らないように、おもちゃ等を与えて気を散らせましょう。
#*スプレーはメス犬にとって刺激性があるかもしれないため、使用する前に獣医師に相談しましょう。
#メス犬の発情期にはそれぞれと別々に遊ぶ オスメス両方の犬に別々に楽しい時間を与えて気分を紛らわせましょう。メス犬は部屋の中に入れて、夢中になるような咬むおもちゃを与え、オス犬を外に連れ出して遊ぶと良いでしょう。<ref>https://www.pet-happy.com/tips-for-a-female-dog-in-heat/</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 6.jpg|center]]
#*オス犬と遊んだ後は、外のフェンスの中にオス犬がいる間にメス犬と遊びましょう。
#*両方の犬が落ち着いてリラックスできるように、別々にバランスよく遊ぶようにしましょう。
#オス犬といつも通りに散歩する オス犬はいつもの散歩のスケジュールを守り、犬種とサイズに合わせて十分散歩させましょう。定期的にオス犬を散歩させるとメス犬から離すこともできて、家に帰ってくる頃には体力を使って疲れているでしょう。<ref>https://www.pet-happy.com/tips-for-a-female-dog-in-heat/</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 7.jpg|center]]
#*近所のオス犬の気が散ってしまうため、発情期の間はメス犬を散歩に連れて行くのは避けましょう。庭のフェンスの中のメス犬が、通りがかりのオス犬を追って脱走しないように見ておきましょう。
===オス犬を去勢する===
#両方の犬の手術について獣医師と相談する 手術をするとオスメス両方にメリットがあります。獣医師のほとんどは生後6ヶ月でオス犬の去勢手術を推奨します。そうすることで、性的欲求とテストステロンレベルを抑えることができます。また、去勢することで、特定の病気やガンにかかるリスクを減らすことにも繋がります。<ref>http://dogtime.com/dog-health/general/45-neutering-your-male</ref> また、メス犬の避妊手術も特定のタイプのガンや乳腺腫瘍の発生を防ぐことができます。初めての発情期を迎える前に避妊手術手術するのが一番良いですが、発情期を経験した犬でも手術可能です。<ref>https://pets.webmd.com/dogs/guide/spaying-or-neutering-your-dog-faq#2</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 8.jpg|center]]
#*オス犬を去勢したからといって発情期のメス犬に対する行動を止めさせることはできません。行動が落ち着くだけです。去勢したオス犬でも、発情期のメスに近づかないように注意しましょう。
#手術の8時間前から犬に食べ物を与えない 獣医師から手術前の説明で、普通、手術の8時間前から食べ物や水を与えないように指示があります。麻酔は吐き気を誘発することもあるため、胃を空っぽにして手術に備えた方が良いのです。脱水を起こさないように水は与えても構いません。<ref>http://dogtime.com/dog-health/general/45-neutering-your-male</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 9.jpg|center]]
#*手術とその後の回復がスムースにいくように、獣医師の指示に従いましょう。
#獣医師に手術してもらう 手術は動物病院で比較的短時間で終わり、麻酔が効いているため犬に痛みもありません。<ref>http://dogtime.com/dog-health/general/45-neutering-your-male</ref>犬を午前中に連れて行き、午後に迎えに行くような形が多いでしょう。[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 10.jpg|center]]
#術後の回復をサポートする 必要に応じて痛み止めが処方されることがあります。術後犬に吐き気が見られたり、1、2日食欲が減退するようなことがあるかもしれませんが、異常ではありません。回復に支障をきたす可能性があるため、術後1~3日は犬を休ませて動き回ったり走らせてはいけません。<ref>http://dogtime.com/dog-health/general/45-neutering-your-male</ref>[[Image:Calm a Male Dog when a Female Is in Heat Step 11.jpg|center]]
#*術後数日はオス犬の陰嚢が腫れることがありますが、抜糸後腫れはひくでしょう。
#*犬が傷口を舐める場合は、大きな円錐状のエリザベスカラーをつけて舐めないようにする必要があります。
#*傷口から体液や分泌液が出てきたり、痛みが激しいような場合は、すぐに動物病院に連れて行き検査してもらいましょう。
#*手術から7~10日程したら犬を動物病院に連れて行き、抜糸をしてもらいますが、病院によっては、溶ける糸をしようしている所もあります。
== 出典 ==
{{reflist}}
__METHODS__
3,289

回編集


96