片思いの相手を忘れる方法

誰かに片思いしていて、その人と付き合えるかどうか考えたりすると舞い上がってしまうことでしょう。一方で、その願いは叶わないことが分かると、非常に悲しい気持ちになるでしょう。あなたの片思いの相手は他の誰かと付き合っているかもしれません。その人と付き合うことは絶対に無理であると、あなたは分かっているのかもしれません。特に、あなたの親友がその人と付き合っている場合、その人のことを忘れて前に進むためには段階を踏む必要がありますが、あなたにやる気さえあれば、不可能なことではありません。

パート1(全3パート):自分の気持ちを受け入れる

  1. 1
    自分の気持ちを理解してくれる人を見つける 片思いの真っただ中にいると、終わりが見えずに不安になることもあるでしょう。しかし、あなたの他にも同じ経験をしてきた人は何人もいるのです。彼らはどのようにして片思いの相手を忘れたのかを知ることで、あなたも前に進むことができるでしょう。
    • 友達や家族に助けを求めましょう。多くの人は、恋愛に関してはある程度、他人に共感することができます。どのようにして片思いの相手を忘れたのか、自分の経験を語ってくれるかもしれません。たとえ個人的にこのような経験をしたことがない人であっても、冷静なアドバイスを求めることはできるでしょう。
    • 片思いの相手を忘れるのに役立ちそうなものはないか、細かく気を配りましょう。周囲に目を向けた途端に、自分と同じく辛い思いをしている他の人の例が次々と見えてくるでしょう。本や映画、歌、ニュースなどは、片思いの相手を忘れをようとしている人たちにとって助けとなります。この人はこれで辛い片思いを乗り越えた、というものをチェックし、自分も取り入れられそうなものはないか、注意を払いましょう。
  2. 2
    片思いしていることを認める 何か問題を乗り越えようとする前に、まずはその問題の存在を認識しなくてはなりません。片思いしていることを認め、それに伴う複雑な感情を経験するとよいでしょう。
    • 自分の気持ちを数ページの紙に書き出してみましょう。不安な感情を露わにすることで、その人のことを忘れようと努力しているのだと感じることができます。なぜその相手に対して恋愛感情を抱いたのか、また、どうしてその人とは上手くいかないのか、リストに書き出してみましょう。個人用の日記、または、パスワードで保護したパソコンで文書に書きましょう。もしくは、ルーズリーフに書いて、後で燃やしてもよいでしょう。
    • 自分の気持ちを思い切り吐き出しましょう。他の誰かにあなたの気持ちを話す必要はありませんが、たとえ部屋にあなたしかいなくとも、自分が抱える問題を言葉で表現することで、それが現実であり、対処していかなければならないのだということに気付けるでしょう。「私はスティーブに片思いしているけど、こんな感情を抱くのは嫌だ。」など、シンプルな表現でよいのです。
  3. 3
    相手に話す 相手はあなたが経験していることを理解するには十分な年齢であると確信が持てるならば、自分の気持ちを伝える時間を見つけましょう。片思いの相手を忘れる上で最も困難なことの1つは、その相手とどうにかなれるのではないかという希望を捨てることなのです。もしあなたの親友が彼と付き合っているのなら、あなたは引き下がる必要があります。相手に気持ちを伝えずに、ただ諦めたとすると、「もしあの時気持ちを伝えていたら……」という考えに悩まされるでしょう。相手に伝えることで、その人ももしかしたらあなたのことを好きかもしれない、という望みを持つことができます。相手にはその気がないと分かれば、あなたはその事実を受け入れ、前に進むことができるのです。幸せになるチャンスを無駄にしてしまったなどと後悔することはないでしょう。
    • 物欲しげな態度や、ストーカーのように気味の悪い態度をとってはいけません。恋愛の身体的な面について話すのも避けましょう。それはあなたが本当に知りたいこととは関係ありません。単に、相手を想う気持ちを伝え、相手も同じ気持ちでいるか聞いてみましょう。そうでなくとも、まだ友達でいたいことも明確にし(気持ちを整理するために、その相手とは少し距離を置く必要があるかもしれませんが)、正直に話してほしいということも伝えましょう。
    • 手紙で気持ちを伝えるほうがよい場合もあります。それにはいくつかの理由があります。手紙だと自分の気持ちを伝えるのにつっかえることがありません。また、相手にとってもプレッシャーが少なくなるでしょう。自分の気持ちを書いた手紙を片思いの相手に渡し、後で1人になった時に読んでもらうよう頼みましょう。相手に考える時間を与えるため、その日1日は相手に連絡することはせず、次の日に相手と2人きりになれる時間を見つけて話をしてみるとよいでしょう。もしも相手に避けられるようなことがあれば、それは、相手が少々びっくりして混乱しているのだと理解し、考える時間を与え、しばらく経ってから再び話してみましょう。
  4. 4
    負けを認める 相手にはすでに付き合っている人がいる可能性もあれば、あなたはその相手から遠く離れた場所に暮らしているということもあるでしょう。または、相手はあなたの気持ちなど全く知らず、あなたが気持ちを伝えられないでいるだけかもしれません。理由は何であれ、この片思いの先には障害があること、そしてそれを避けることをあなたは選んだのだという事実を受け入れましょう。
    • このことを、個人的な失敗と捉えないようにしまよう。その相手と付き合うことができないという事実は、あなたに本来備わっている自尊心とは何の関係もありません。恋愛関係が上手く行かないのには多くの理由があり、そのほとんどは変えることもできなければ、改善することもできないのです。あなたの力ではどうすることもできないということです。
    • 相手があなたに恋愛感情を抱かなかった理由を受け入れましょう。 失恋というのは大抵、拒絶されることによって始まりますが、その段階は省略してしまいましょう。ただ相性が良くなかったのだと思えばよいのです。次の恋に向けて自分の欠点を改善することは大いにすべきです。ただし、欠点と相違点を同じものと捉えないよう注意しましょう。身だしなみを整えないのは欠点であり、改善することができます。異なる種類の音楽が好きであったり、内気な性格であることは欠点ではないので、その点を変えようとする必要はありません。その相手と一緒にいるためなら何でもしたいと思うかもしれませんが、心の底から何よりも望むのは、本当の自分を愛してもらうことなのではないでしょうか。たとえ、相手のために自分を変え、それで恋に落ちてもらうことができたとしても、目新しさが失われた途端、関係は瞬く間に崩れていくでしょう。
    • 呆れるほど頑固になるのはやめましょう。片思いの相手に自分を受け入れてもらえないなんて、気に入らないかもしれません。粘り強さは大抵の場合、立派な特性ですが、時にはその粘り強さが絶望と愚かさへと変わってしまうことがあるのです。片思いの相手を追い続けるのはまさにその例と言えます。きっぱりと忘れましょう。
    Advertisement

パート2(全3パート):気を紛らわす

  1. 1
    片思いの相手と距離を置く 可能であれば、好意を寄せている相手から離れて気持ちを落ち着かせましょう。片思いというのは、その相手の近くにいる時、または、遠く離れていても好感の持てる人のそばにいる時に生まれます。その人の近くにいなければ、片思いの気持ちも徐々に薄れていくかもしれません。
    • 親しい友達に片思いしているのであれば、その人と過ごすために費やす時間を減らしましょう。友達のままでいたいのなら、相手の気持ちを傷つけることなく、その人とはできるだけ時間を過ごさないようにしましょう。または、相手が思いやりの気持ちを持って応えてくれると信じているのであれば、あなたが抱えている問題を打ち明けて、今は1人になる時間が欲しいのだということを伝えましょう。
    • 友達の友達に片思いしている場合は、グループの集まりなどは丁寧に断り、参加しないようにしましょう。必要であれば、片思いしていない方の友達に事情を説明し、参加しない原因はその人にあるわけではないということを分かってもらいましょう。
    • 学校の誰かに片思いしている場合は、今まで以上に学業に励む良い機会だと受け止めるなどして、その相手から離れて気を紛らわしましょう。その人のことを考えてしまいそうになったら、教科書や単語帳などを開くようにするとよいでしょう。必要であれば、授業に向かう時はその人とは違う道を通ったり、昼食時には別の場所に座るなどしましょう。
    • 同僚に片思いしている場合は、もっと仕事に集中しましょう。当分の間はグループで昼食を取ったり、何気ない会話をしたり、ハッピーアワーなどのイベント事に参加したりするのは避けましょう。
    • 物理的に避けられない相手に片思いしている場合は、心の中でその相手と距離を置きましょう。誰かと同じ部屋にいるからといって、その人のことを考えなくてはならないわけではありません。自分が取り組んでいることに集中したり、その相手がいなくても、将来やりたい素晴らしいことをいろいろ妄想してみるとよいでしょう。
  2. 2
    新しい人に出会う 片思いの相手が常にあなたの友達グループと戯れている場合は、社会的視野を広げてみましょう。新しい友達を作ることで、惨めな感情から気を紛らわし、自信を高め、もっとあなたに合う人と出会うことさえできるかもしれません。以下でいくつかの方法を紹介します。
    • 自分と趣味が同じ人を見つけましょう。雑学が好きですか?そんなあなたは、地元のパブに行き、雑学ゲームのイベントがいつあるか聞いてみましょう。文章を書くことが好きですか?オンライン上、または、地元の大学などで文学研究グループなどを探してみるとよいでしょう。何かスポーツをしますか?大人向けのキックベースなど、市内のスポーツグループをインターネットで探してみましょう。可能性は無限大に存在します!
    • 奉仕活動に参加しましょう。地元の保護施設でボランティア活動をしたり、動物保護団体や地域清掃活動を行う団体など、自分が興味のある活動をしている団体に連絡してみるとよいでしょう。このような活動に何度か参加して、同じような考えを持つ人たちと会話してみましょう。
    • 学校や課外活動を利用しましょう。すでに学校に通っていたり、課外活動を行う団体に所属しているのであれば、活動に参加しましょう!行事の実行委員会、合唱団、スポーツチームなどに参加するのもよいでしょう。
  3. 3
    自分自身のお手入れをする 全身全霊を片思いの相手に傾けるのではなく、自分の人生をより良いものにするために何ができるかを考える時間として使いましょう。気を紛らわすような課題に取り組むうちに、自分の状況も改善されるでしょう。
    • イメージチェンジをしてみましょう(たとえあなたが男性でも!)。自分の洋服が少し古くなってきたな、と思いませんか?長い間ヘアースタイルを変えずにいませんか?自信を高めるような新しい洋服を数着仕入れたり、新しい髪型にしてみたり、髪を染めてみるのもよいでしょう。どのようにイメージチェンジをしたらよいか分からなければ、とびきりお洒落な友達や家族の一員にアドバイスをもらうとよいでしょう。
    • 整理整頓しましょう。クローゼット、車、ガレージ、物置部屋などを最後に掃除してから長い時間が経過しているのであれば、すぐに掃除に取り掛かりましょう!古く、要らなくなったものを整理することは、一種の瞑想のようなものであり、片付け終わった後には達成感とリラックス感を味わうことができるでしょう。
    • 体を鍛えましょう。運動していると、呼吸をしながら体を動かすことに集中するので、他のことなど考えている余裕がなくなるため、頭の中がすっきりとします。ジョギングや水泳、サイクリングなど、運動して体を鍛え、心も入れ替えることができるでしょう。
    • ポジティブな独り言をつぶやく練習をしましょう。馬鹿げていると思うかもしれませんが、本当に効果があるのです。1日に数回、自分のことを鏡で見つめ、自分が聞きたいと思う事を何でも言ってみましょう。「もっと良い人が現れる。」や「落ち込んでいる暇はない。」など、何でも良いのです。信じられるようになるまで、何度も繰り返して言いましょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):きっぱりと忘れ、前に進む

  1. 1
    悪い状態に戻らないよう用心する 片思いの相手を忘れるには努力が必要です。その相手に恋愛感情を抱くまでに数ヶ月かかったという人は、そこから抜け出すのに時間がかかるかもしれません。時間のかかる過程であるということを受け入れ、突然の衝動にかられて脱線してしまわないよう、先々の計画を立てておきましょう。どのように対処すればよいか以下で紹介します。
    • 自分はこの相手のことを現実的に見ていないということに気付きましょう。片思いの相手のそばにいると、のぼせ上がるような感情を抱くでしょう。恋愛中毒とも言える、このような症状に陥っていると、論理的に物事を考えることができなくなり、相手のことを理想化してしまうことがあります。[1]どんな感情を抱こうとも、片思いの相手を含め、完璧な人など誰もいないのだということを何度も自分に言い聞かせましょう。そして、意図的に相手の欠点を見落としているのだと気付きましょう。
    • 薬物依存症と同じように治療しましょう。アルコール依存症から回復しようとしている人をバーに連れて行ったりしないのと同じで、片思いの相手に構いたくなってしまう状況に自分を置いてはなりません。親密な雰囲気になりそうな状況に自分を置かないようにし、たとえテキストメッセージやチャットなど、直接相手と顔を合わせなくとも、頻繁に接触するのは避けましょう。
    • 新しい人に気持ちを向ければよいというわけではありません。新しい相手を見つけ、その人に自分の気持ちを向けても、それは以前と同じ状況に自分を陥らせるのと同じことです。同じ人に片思いしているわけではなくとも、同じ感情を抱いていることには変わりありません。誰か新しい人を見つけて前の人の代わりにするのは、その人自身のことを見ようとしていないことになるので、その相手にとって失礼です。あなた自身も以前と同じ状況に身を置くことになるわけですから、自分にとっても失礼な行動と言えるでしょう。
  2. 2
    相手に悪意を抱かない 相手を悪者扱いすれば、一時的にその人のことを忘れやすくなるでしょう。しかし、それは長期的な解決策とは言えません。誰かのことをどれ程憎んでいるかを考えたところで、それはまだ相手のことで頭が一杯であるのと同じことであり、再び振り出しに戻るだけなのです。
    • 他の誰かに幸せにしてもらおうと考えるのはやめましょう。片思いの相手には、あなたが望んだようには気持ちに応えてもらえなかったかもしれません。さらに悪いことに、相手はあなたの気持ちを知った上で、あなたのことをからかったり、相変わらず思わせぶりな態度を取ったかもしれません。しかし、何があったにせよ、あなたを幸せにできるのは「あなた」しかいないのです。悪い状況下から自分を救い出し、前に進む決断をするのはあなた自身です。ですから、惨めな気持ちになっているからといって、それを相手のせいにするのはやめましょう。
    • 相手の幸せを願いましょう。その人のことを心から気にかけているのであれば、たとえあなたとではなくても、その人には幸せになってほしいと願うはずです。怒りたくなることもあるでしょうし、相手が他の誰かと付き合い始めたら自分と比べたくもなるでしょうが、その衝動は抑えましょう。自分が好きな人が幸せでいると自分も幸せだと感じることができる精神を植え付けましょう。
  3. 3
    相手の欠点をリストにする これはなかなか難しいかもしれませんが、正しく行って理解することができれば、非常に効果的です。以前は相手の良い点が多く目に留まり、そこに惹かれたことでしょう。しかし、今度はそれと反対のことをしなくてはなりません。初めのうちは、片思いの相手のことを「完璧な人だ」と思うかもしれませんが、実際はそうではありません。誰にでも欠点というのはあるものだということを覚えておきましょう。夢ばかり見ていてはいけません。
    • 相手のことをよく考え、その人の醜い部分をできるだけ見つけましょう。それらを紙に書き出し、繰り返し読みましょう。その相手に会ったら、その人の良い部分を見るのはやめ、紙に書き出したことを思い出し、欠点に注目しましょう。
    Advertisement

ポイント

  • 相手があなたを友達としか思っていないことを知っているのなら、好きだという気持ちを伝えるのはやめましょう。気持ちを伝えてしまうと、友情関係が壊れ、修復不可能となってしまうこともあります。
  • 片思いの相手と話したことがないのであれば、勇気を振り絞って話しかけてみましょう。相手のあなたに対する接し方を見ることで、自分の気持ちを見直すことができるので、気持ちが楽になるかもしれません。少なくとも物事を進展させる可能性は広がるでしょう。
  • 友情関係を捨ててはいけません。友達に対して恋愛感情を抱いたとしても、良い友情関係を駄目にするのは避けたいものです。その相手とは友達でいるようにしましょう。その人のこと恋愛対象として見ずに済むようになれば、まだ友達のままでいられることを有難く思うでしょう。叶わないことを嘆くのではなく、素晴らしい友情に感謝しましょう。
  • 振り出しに戻ってしまわないよう、相手に会うのはできるだけ避け、距離を保ちましょう。
  • 過去に囚われるのはやめ、前に進みましょう。他の人と付き合えば、状況が改善されるかもしれません。
  • 愛と浅はかな恋(誰かに片思いすること)の違いを理解しましょう。
  • 自尊心を持ちましょう。自分は価値のある人間であることを知り、この関係が上手く行かなかったからといって、あなたに相応しい人は誰もいないわけではないことを理解しましょう。
  • 片思いというのは短期的なものであることを覚えておきましょう。何もその相手と結婚するわけではありません。
  • 上手く行かなかったことを自分のせいにするのはやめましょう。相手に恋愛感情を抱いてもらえなかったのは、あなたのせいではなく、ただその人が感じた気持ちなのです。
  • 友達にその相手のことを頻繁に話すのはやめましょう。どれだけその人のことを好きか話すと、さらにその人のことを好きになってしまう可能性があります。
Advertisement

注意事項

  • 辛い感情を麻痺させようと、自分を痛めつけるようなことをしてはいけません。相手に好きになってもらえなかったからといって、アルコールに頼ったり、自分を傷つけたりするなど、過剰に反応するのはやめましょう。
  • 酔った勢いで相手に電話をかけては絶対にいけません。相手に気まずい思いをさせた上、あなたは自分の行動を恥ずかしく思うだけです。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む194人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン |

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement