片思いの相手と気まずい雰囲気にならずに会話する方法

片思いの相手と気まずい雰囲気にならずに会話をすることは可能であり、とても楽しく、それがさらなる付き合いにつながることもあり得ます。冬でも汗をかくことなく、彼や彼女が自分の友達であるかのように話しかける方法を身につけましょう。さらなる面白い会話につながるよう、冗談交じりのコメントをしたり、答えやすく、かつ、相手が予期せぬような質問をしてみましょう。たとえ会話の最中に気まずい雰囲気になってしまっても、相手にもっとあなたと話していたいと思ってもらえるような、良い会話をするよう心がけましょう。

パート1(全3パート):片思いの相手と会話を始める前に編集

  1. 1
    会話を始める適切な時間と場所を選ぶ 片思いの相手と話すのに最適な時間を見つけることができれば、たいていの場合は気まずい雰囲気になるのを避けることが可能です。会話を始めるのに適した時間は、学校が始まる前、昼食時や休み時間中、放課後やイベントの後などです。休憩時間を利用して会話を始めてみましょう。話をするのに適した場所は、バス停やバスの中、電車内、昼食を取る場所、ダンスパーティーや集まりの場などがよいでしょう。
    • 少なくとも数分間の会話をするのに十分な時間があることを確かめましょう。会話をするには短すぎる休憩時間もあります。話しかけるのに適切でない時間の例として、授業が始まる直前などがあげられます。会話が途中で妨げられてしまい、そのような時に会話を始めようとした自分を愚かに思うかもしれません。そのため、授業が始まる直前に会話を始めるのは最適なタイミングとはいえないでしょう。
    • 並んでいる時やすれ違い時に会話を始めるのは避けましょう。
    • あなたの予定と片思いの相手の予定が重なるのはいつか頭に入れておくとよいでしょう。お互いに時間の空いている時に会話を始めるようにしましょう。
    • 近々開催されるイベントなどはありませんか?彼 / 彼女と会話を始めるきっかけになりそうなダンスやパーティー、学校行事などがないか考えてみましょう。
  2. 2
    すでに彼 / 彼女の知り合いであるかのように話しかける 会話がぎこちなくなってしまう1つの理由として、どちらかが堅くなり過ぎてしまい、彼 / 彼女が知らない人であるかのように接してしまうことがあげられます。そうではなく、彼 / 彼女とはすでに友達のような関係であるかのように接してみましょう。相手のことをよく知らないかもしれませんが、暖かみのある親切なトーンで話をすることが大切です。[1] 「やあ、僕たちまだちゃんとした自己紹介してなかったかもしれないね。僕は〇〇。元気?」などと言い、すでに知り合いかのような声のトーンで自己紹介をしながら会話を始めるとよいでしょう。
    • 自分の友達と話している時に、自分の声のトーンや手の仕草、言葉の使い方などに注目してみましょう。片思いの相手と話す時も、友達に話すのと同じような自然でリラックスした雰囲気を出すようにするとよいでしょう。
    • あたかも前から知っている人であるかのような馴れ馴れしさを出すのはやめましょう。例えば、「よお、元気か?」などと言うのはよくないでしょう。
  3. 3
    相手が関心のある話題を考える 相手の興味や生活、友達、好き嫌いなどを知っているのなら、その知識を利用しましょう。話すときにそれらのことだけに集中する必要はありませんが、相手の関心事について話すとよいでしょう。例えば、相手が海が好きだと知っているのなら、最近経験したサーフィンについて話してみるとよいでしょう。相手が海好きであることを知っていると伝える必要はありません。海が好きな友達に話すかのように、自然な会話をすればよいのです。
    • あなたが相手のことをあまり知らないのに、知っているかのように装うと、会話がぎこちなくなってしまいます。また、相手のことを本当は知っているのに、全く知らないふりをしても、同じようにぎこちなさが出てしまうでしょう。
  4. 4
    話す前は息を爽やかにしておく こうすると簡単に自分に自信を持つことができ、ぎこちなさを隠すこともできます。シュガーレスのキシリトールガムのパックを買い、学校や片思いの相手と会う場所には持ち歩くようにしましょう。シュガーレスガムを噛むと唾液が出て息をきれいにする効果があるので、会話をしやすくなるでしょう、食事をしてから5分後と、片思いの相手と話す数分前には一粒噛んでおきましょう。[2]
    • ダンスや、彼 / 彼女と顔を近づける可能性のある場所へ行く時は、歯磨きをした後にマウスウォッシュでうがいをして息を爽やかにしておくとよいでしょう。
    • 玉ねぎやニンニクなど、口臭がきつくなる食べ物は避けましょう。
    • グラス一杯の水を飲めば、口臭の原因となる食べかすや細菌を洗い流すことができます。[3]
    Advertisement

パート2(全3パート):会話を始める編集

  1. 1
    自分がいる場所やしていることについて面白い事を言う 会話を始める際に緊張をほぐす手段として何かについて感じたことを言ってみましょう。自分の周りを見渡して観察してみましょう。何か面白いものや興味深いものはありませんか?例えば、昼食時であるのに売店が開いていなければ、「こんなに待たせたお詫びに水でもくれるのかな?それとも飢え死にしろとでも言うのだろうか?」などと言ってみたり、何か単純なことに対してコメントをするのであれば、冗談交じりのことを言ってみましょう。自分のことを面白い人間だと思っていなくても、面白い人であるかのように見せることは可能です。遊び心のある人は、男子にも女子にも魅力的に映るものです。 [4] このような冗談交じりの雰囲気の中での会話は面白くなり、ムードも明るくなるでしょう。
    • 心配する必要はありません。最初のいくつかのコメントで会話が決まったり、終わるようなことはありません。会話を始めることが重要なのです。ですから、スムーズに会話を進める心配をするよりも、会話を続けることに集中しましょう。
  2. 2
    お互いに共通するものがあれば特に、彼 / 彼女が続けていることなどについて聞いてみましょう。最初の一言を切り出すことができたら、さらに会話を進められる話題に移るとよいでしょう。相手のことをすでに少し知っている、または、一緒の授業がある相手ならば、近況を尋ねるのは良いといえるでしょう。お互いに共通する話題について話をして相手に対する理解を深めるのは良いアイディアです。これで会話がぎこちなくなる可能性も減り、あなたと相手の共通点に対する理解も深まるでしょう。例えば、一緒の授業があるのなら、「レポートの進み具合はどんな感じ?」などと聞いてみるとよいでしょう。
    • 同じ授業があることは、彼 / 彼女が知っているか確かでない場合を除いて、言う必要はないでしょう。相手に伝えたいのであれば、あまり大袈裟にせず、さり気なく伝えましょう。「国語の授業のさ、レポートの進み具合はどう?」などと言ってみましょう。同じ授業があることをあなたが知っていても、何もおかしいことはありません。相手が知らなかった場合、あなたがそれをほのめかしたことで、彼 / 彼女はあなたの存在を知らなかったことを謝ってくるかもしれません。
  3. 3
    簡単な話題に関して意見を聞く 会話のトピックはなかなか早く切り替わるので、相手に尋ねる簡単な質問をいくつか用意しておくとよいでしょう。あなたがすることや知っていることを話し、それについて相手に意見を聞いてみるとよいでしょう。あなたが今いる場所やしていることに関する質問でも構いません。例えば、昼食時にリンゴを食べているなら、「個人的にはグラニースミスが世界で一番のリンゴだと思うんだけど、君の一番好きな種類のリンゴって何なのか、興味あるな。」などと聞いてみるとよいでしょう。[5] 先程も述べた通り、会話を進めるために単純なトピックについて話している時は特に、会話に面白さを加えることで、ぎこちない雰囲気になるのを避けることができます。
    • 物議を醸すような話題を出すのはやめましょう。政治や宗教など、熱い議論が繰り広げられるであろう内容は避けましょう。[6]
  4. 4
    簡単に答えられつつも、相手が予期せぬ質問をする 会話を通して、話し相手とユニークなつながりを持つようにしましょう。[7]普通はあまり聞かないような、面白い質問をしてみましょう。例えば、「人に言われたり、自分が思う、自分に似てる芸能人って誰かいる?」などと聞いてみましょう。このような質問をすれば相手を笑わせることができるでしょう。相手が自分に似ていると思う芸能人を教えてくれたら、賛成する点やそうは思わない点などを言ってみましょう。また、あなたが自分と似ていると思う芸能人も言ってみるとよいでしょう(ここは冗談を言うのもよいでしょう)。
    • 世間話や相手を知るための簡単な質問は避けましょう。相手は過去にすでに何度も答えているであろう「どこ出身なの?」などのような質問はしないほうがよいでしょう。
    • このような面白い会話をすることで、お互いに居心地が良くなるでしょう。
  5. 5
    頭に浮かぶ話題で会話を切り出す 片思いの相手に話しかける機会があまりないのであれば、良い機会を見つけたら、たとえしっかりと計画していなくてもそのチャンスを逃さず相手に話しかけてみましょう。[8] 誰かに片思いするということは、常に何らかのぎこちなさを伴いますが、それも楽しみのうちの1つといえるでしょう。考え過ぎず、頑張ってみましょう。
    • ひとまず勇気を出してみると、上手いこと最初の接触を図ることができるでしょう。また、大切なのは、どのように会話を始めるかではなく、会話を続けることだということを覚えておきましょう。
    • 時には自分の直感に従うことで、最も自信に満ちた自分になることができるものです。
    Advertisement

パート3(全3パート):会話を続ける編集

  1. 1
    彼 / 彼女の関心事、趣味、仕事について聞いてみましょう。相手とある程度良い関係を築くことができたら、さらに相手を知る努力をしましょう。以前に彼 / 彼女が言ったことや、あなたが観察して分かったことなどを話題に出して会話を始めるとよいでしょう。例えば、「本を何冊か持ってるのが見えるけど、何読んでるの?」などと聞いてみましょう。このような質問なら相手も緊張することなく、あなたが相手に興味を示していることが伝わります。その後さらに質問をしてみましょう。
    • 彼 / 彼女が本について話すのが好きならば、本に関係する質問をしたり、本から話題を広げるとよいでしょう。例えば、「すごいな、君がその本を読んでいるなんて。その著者の本で僕が好きなのは〇〇っていう本なんだ。」などと言ってみましょう。
    • 彼 / 彼女が本について話すのがあまり楽しそうでなければ、話が広がりそうな他の話題に移るとよいでしょう。「今週は他にどんなことをする予定なの?」などと聞いてみましょう。
    • ぎこちない感じがしてしまう可能性があるので、相手の興味をすでに知っていることが分かってしまうトピックは避けましょう。例えば、彼がサッカーをすることを知っているならば、その話題を直接出すのはやめましょう。「サッカーシーズンについて教えてよ。」などと言うのではなく、自然な会話の流れでその話題に持っていくようにするとよいでしょう。
  2. 2
    熱心な聞き手になる あなたが良い聞き手であると、相手はあなたとの会話を何倍も楽しむことができるでしょう。会話が始まったら、相手と向かい合うか、相手の声を聞きやすい、そして顔を見やすい、聞く体勢になりましょう。熱心な聞き手になるには、会話の最中に適度に(ひっきりなしにではなく)アイコンタクトを取ることも大切です。
    • 気を散らさないようにしましょう。会話中にテキストメッセージを送ったり、電話を見たりするのはやめましょう。そのようなことをすると、会話に興味が無いように見えてしまったり、相手の言っていることがしっかりと頭に入ってこないでしょう。[9]
    • 相手の話の要点を繰り返して言いましょう。そうすることで、あなたが話を聞いていることが相手に伝わり、相手はさらに話を付け加えやすくなるでしょう。相手が話していることの最も重要な部分を繰り返し言いましょう。例えば、「絵を描くのは初心者だけど、ずっと前から続けているような感じがするってこと?」などと言ってみましょう。こうすることで、あなたが相手の重要なことについて理解を示していることが伝わり、相手はあなたとの結びつきが強まったと感じるでしょう。
    • 相手の話を遮るのはやめましょう。言いたいことがあると、興奮して相手の話を遮ってしまいがちです。しかし、誘惑に負けず、相手が話し終わるまで待った後で、相手が言ったことに対してあなたの熱意を伝えましょう。
    • 共感しましょう。相手が自分の周りで起きている困難な事について話をしたら、相手の気持ちを無視するようなことはしてはいけません。相手が試験に合格しなかった話をしたら、「追試を受けなきゃいけないのって本当に大変だよね。気持ち分かるよ。」などと返すとよいでしょう。
  3. 3
    相手との会話を楽しんでいる様子を見せる 会話を楽しく自然に保つ1つの方法として、相手と話すのを楽しんでいるように見せることがあげられます。それを示すには、アイコンタクトを取り、よく微笑みかけ、笑い、自分が話す時は軽く前に体を出し、ボディーランゲージを使うなどするとよいでしょう。話す時は自分にとって自然な動きをして、腕は閉じるのではなく開いておきましょう。
    • 話しているときや親しくしている時に顔を片方に傾けるのも、親近感 / 遊び心を出すのに良い方法です。[10]
  4. 4
    再度会う計画を立て、相手の電話番号をもらう [11] 上手く事が進んでいるようならば、また会いたいか相手に聞いてみるか、もしくは電話番号を聞きましょう。会話が4分の3くらい進んだところで聞いてみましょう。相手との親睦が深まりつつあり、会話がつきてしまう前に次に会う約束をするか、電話番号を聞くのがよいでしょう。会話を始める前に、お互いに楽しむことができそうなアクティビティを考えておきましょう。「あなたって本当に素敵な人ね。今度一緒にどこかへ行かない?」などと聞き、一緒にできそうな事をいくつか提案し、電話番号を聞き出すとよいでしょう。
    • もう少し安全にいきたいのなら、単に「ねえ、電話番号教えてくれない?あなたと話すのとても楽しかった。」などと言うとよいでしょう。
    • 会話の進み具合は至って普通であったと感じるのであれば、テキストメッセージまたは面と向かっての会話をさらに何回かしてから誘うとよいでしょう。
  5. 5
    すでに話した内容に話題を戻す 彼 / 彼女が会話の始まりに話した内容について話したければ、「中間レポートにはあとどれくらいの時間を費やす必要がありそう?」などと言い、そこから会話を広げ、ポイントをまとめて終えるとよいでしょう。
    • すでに話したことについて冗談を言うのもよいでしょう。例えば、「この昼食の時間を水なしで乗り越えた僕たちなら、もう何だって一緒に乗り越えられるんじゃないかな。」などと言ってみましょう。
    • 二人にしか分からないジョークを言うことで相手とのつながりを深めることができ、そのつながりを最初の会話後も保つことができるでしょう。
  6. 6
    気分良く会話を終える 気分が良いと感じ、何かについて笑った後は、相手にあなたの良い印象が残るよう丁寧に会話を終えるとよいでしょう。彼 / 彼女に会話を楽しんだことを伝えるのを忘れないようにしましょう。
    • 会話を終える時は、「そろそろ家に帰ろうかな。話せて楽しかったよ。」などと言い、気さくな雰囲気で終えるとよいでしょう。
    • 今後も片思いの相手と会うつもりならば、そのことについて何か言っておきましょう。「また授業で会った時に、レポートの仕上がり具合を聞くのを楽しみにしてるよ。」などと言いましょう。
    • 数日後には挨拶がてらテキストメッセージを送り、前に話した話題を振ってみるとよいでしょう。
    Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む103人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement