爪をきれいにする方法

上手く爪をきれいにするコツを探していますか。ここでは、素早くきれいにする方法としっかりと念入りにする方法の両方を紹介します。爪をピカピカに磨き上げ、そして強くしましょう。

2の方法1:
爪をきれいにする(素早く)

  1. 1
    爪の下の汚れを掃除しましょう。爪切りについている爪垢取りを使い、爪の下にある垢や蓄積された汚れを取り除きましょう。この作業は、洗面所や明るい電気の下で行うと爪がよく見えます。
    • 一般的に、爪の下の汚れ取りは、汚れが乾いていた方が簡単に取れます。そのため、手を洗う後ではなく前に行うと、より簡単に取ることができます。
    • 鉛筆の芯を使って汚れを取るのは避けましょう。より汚く見えてしまうかもしれません。
  2. 2
    手を洗いましょう。無添加で低刺激の石鹸と温かいお湯で手を洗いましょう。爪を特別注意して洗う必要はなく、普段通りに手を洗いましょう。
    • 強くて刺激がありパラベンを使った石鹸は、爪を脆くし、手指用アルコール消毒剤も同様に爪を弱くします。そのため、一般的に、低刺激の石鹸で頻繁に手を洗う方が良いとされています。
  3. 3
    爪を石鹸水のお湯の入ったボウルに3分間つけましょう。手全体ではなく指の先だけをお湯に浸け、爪を少し柔らかくさせましょう。お湯の温度は、ぬる過ぎたり火傷する程熱すぎたりせず、中間の程よい温かさにしましょう。
    • お湯に浸けることで爪が柔らかくしなやかになり、手入れをしている途中に欠けたり折れたりするのを防ぎます。[1]
  4. 4
    爪用ブラシを使って表面を擦りましょう。浸け終わったら、爪の下も含めた爪全体を強く擦りましょう。擦り終えたらタオルで拭いて乾かしましょう。
    • 爪の手入れ専用のブラシを持っていない場合は、きれいな歯ブラシを爪専用にして使いましょう。
  5. 5
    必要であれば、マニキュアを落としましょう。強力なマニキュアの除光液を、コットンやティッシュに染み込ませて使いましょう。しっかりと爪を擦ってマニキュアを爪から剥がしましょう。爪の甘皮の部分から始め、爪の先へと進み、横も忘れずに擦り取りましょう。終わった後にはマニキュアの取り残しがないか確認し、残っている部分があれば取り除きましょう。
    • 除光液は自然に乾いていきますが、乾いたコットンやティッシュを手元に用意しておき、濡れたコットンで擦った後に、それで拭き取ることもできます。
  6. 6
    もう一度手を洗いましょう。再度軽く手を濯ぎ、タオルで拭いて乾かしますが、その際には、擦らないようにしましょう。必要であれば、濃厚なハンドクリームを塗るか、そのままいつもの手入れをしましょう。
    • 必要であれば、爪をきちんと切って整えてあるか、磨いてあるかを確認しましょう。爪を強くするために透明なマニキュアを丁寧に塗ってきれいに仕上げましょう。
    広告

2の方法2:
爪をきれいにする(念入りに

  1. 1
    白くするために重曹を塗りましょう。健康そうできれいな見た目の強い爪にしたり、清潔さを保ちたいなら、重曹と過酸化水素水を使いましょう。大さじ1の過酸化水素水に対して重曹は大さじ2と2分の1の分量で、混ぜ合わせてペースト状にしましょう。このペーストを爪の表面や下に塗り広げ、その後洗い流してタオルで拭いて乾かしましょう。
    • 特に濃い色のマニキュアを使った後などに週1回塗ると、爪の輝く白さを保つことができます。[2]
    • それ以外に、歯を白くする成分の入っている歯磨き粉を使うことができます。有効成分は基本的に同じなので、家にあるものを混ぜて作らずにすみます。
  2. 2
    毎週爪を保湿しましょう。しなやかで欠けたりすることのない爪を保つためには、アロエやココアバターの化粧水、そしてオリーブやココナッツなどの天然油などを使って定期的に保湿しましょう。この自然由来の方法では爪の見た目は変わりませんが、一週間程度の間爪を柔らかくてしなやかに保つことができます。
  3. 3
    黄色くなった爪はレモン汁やティーツリー油で治しましょう。喫煙、マニキュアの色素沈着、もしくは真菌感染症などの原因で爪が黄色くなると、元の色に戻すのは簡単ではありません。しかし、ティーツリー油は抗菌で殺菌効果のある天然の殺菌剤であり、一方、レモン汁やレモンの精油は、爪の白さと元の艶を取り戻す働きをするクエン酸が含まれています。
    • 爪が黄色い場合は、目薬の容器を使ってティーツリー油を数的ずつ爪に垂らし、5分間そのままにしてから濯ぎましょう。レモン汁も同様に垂らして濯ぎ、通常通りに洗いましょう。
  4. 4
    入れ歯洗浄液に爪を浸けましょう。少し変に聞こえるかもしれませんが、入れ歯洗浄剤にはクエン酸と重炭酸ナトリウム(重曹)が豊富に含まれているため、爪を白く清潔にして見た目を良くします。義歯を浸ける代わりに、指の爪を浸けましょう。
  5. 5
    リンゴ酢を試しましょう。リンゴ酢は、リンゴ酸と酢酸が豊富なため洗浄と抗カビの効果があり、爪を白くして感染症や変色を防ぎます。同量のきれいな水で酢を薄め、最長で20分間ほど爪を浸けましょう。
  6. 6
    爪を強くするためにサプリメントを摂取しましょう。爪を強くするための自然療法には誤った情報があふれていますが、一つ確かな方法は食事にサプリメントを取り入れることです。爪を強くするのに効果的だと証明されているサプリメントはビオチンだけであり、効果が現れるのは平均的に6ヶ月かかります。[3]
    • ニンニクを塗ったり、タンパク質を多く摂取したりという民間療法のほとんどは、爪を早く伸ばしたり強くしたりする効果はありません。[4]
  7. 7
    定期的にマニキュア使用休止期間を設けましょう。日常的にマニキュアを付けていると、塗るたびに十分手入れをしていたとしても、長期的に見ると色素が沈着したり爪が弱くなったりします。1年に1度程度、1ヶ月から2ヶ月の間はマニキュアを塗らずに、強度と健康的な色を取り戻すまで爪を伸ばしましょう。
    • 再びきれいな爪にするために、マニキュアを塗る代わりに手作りの洗浄剤や漂白剤を塗って爪を労りましょう。
    • できるだけ色素を沈着させないように、色付きのマニキュアを塗る前に、透明のマニキュアを塗ることも大切です。
    広告

ポイント

  • ささくれを防ぐために、爪の甘皮を押し戻しましょう。
  • 爪を長く伸ばすためには、化粧水やオイルを塗る時に、血流を刺激するように下層の爪床や甘皮をマッサージしましょう。
  • 自然な艶めきと長さのある健康な爪にするために、定期的にオリーブオイルやレモン汁で手入れをしましょう。とても簡単です。
  • レモン汁の液で爪を擦りましょう。爪が簡単には折れなくなります。
  • 爪が破損する恐れがあるため、爪を道具としては使わないようにしましょう。
  • 洗浄液などの化学薬品や水に爪を長く浸けすぎないようにしましょう。
  • 爪を保護しましょう。特有の色を爪につける場合には、必ず透明なマニキュアの膜を間に挟み、上にも重ねて塗るようにしましょう。透明なマニキュアを数日おきに塗り直し、掃除をする時などには手袋をつけましょう。
  • 爪を伸ばすためには、5日から7日間に1度、色のついたマニキュアの上から透明のマニキュアを塗りましょう。爪の先を守るために、爪の端は重ね塗りをしましょう。この記事で書いてある方法でマニキュアを落としたり洗浄したりしましょう。
  • 爪を噛まないようにしましょう。爪を噛むと爪が弱くなり、癖になりやすく、だらしなく見えます。透明のマニキュアを塗ると、酷い味がします。爪を短く保ったり、きれいなマニキュアを塗ると噛みたくなくなります。
広告

注意事項

  • 爪を切ったり洗ったりするときはよく注意しましょう。短く切りすぎると痛みを感じたり血が出てしまいます。また、爪の手入れの道具を爪の下の皮膚に刺してしまわないように気をつけましょう。
  • マニキュア液は少々べたつくことがあります。爪に塗る練習をして、塗るときは古布などの上で行いましょう。上手く塗れない場合は、友達に塗ってもらいましょう。
  • 爪の甘皮を切り取り、整える際には、皮膚を突いてしまわないように気をつけましょう。痛みを感じたり、他の爪との見た目が違ってしまうことがあります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む73人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 髪とネイル

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告