無視するのをやめさせる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

親友、きょうだい、恋愛のパートナー、どんな関係であろうが、誰かに無視されるのは決して気持ちの良いものではありません。無視するのをやめてもらうには、なぜその人は自分のことを無視するのかを知り、冷静にその相手と話をした後で、必要であれば謝罪をし、解決に向けて努力しましょう。もしも上手くいかなければ、その相手とは完全に関係を断ち切るべきなのかもしれません。

2の方法1:
理由を知る

  1. 1
    そっとしておく 誰かに無視されている時、一番してはいけないのは、電話をする、テキストメッセージを送る、フェイスブックで5秒ごとにメッセージを送る、相手に付きまとって「どうしたの?」、「僕が何かした?」などと聞くことです。誰かに無視されていると気付いたら、解決に向けてできるだけ積極的に行動したいと思うでしょうが、その相手との関係を修復したいのであれば、そのようなことをしてはいけません。反対に、相手を落ち着かせるため、一旦その相手とは距離を取り、行動に移る前に自分の置かれた状況について考えてみましょう。
    • 問題が生じたらすぐに解決しようとしたくなるのは自然なことです。しかし、人生とはそう上手くはいかないものです。話し合いの準備もできていないまま会話をするよりも、相手が心を落ち着かせることができるように時間を与え、起こったことをお互いに考える時間を設けたほうがよいでしょう。
  2. 2
    本当に無視されているか確かめる 被害妄想的になってはいませんか?あなたが電話をした時にその相手が忙しくて電話に出ることができなかった、などではないと確信を持って言えますか?機嫌が悪かった、悪い状況下にいた、などの理由により全ての人を無視するという対処法を取っていたということも考えられます。「皆」に対して変わった態度を取っているのかもしれません。行動に出る前に、相手の態度があなたに向けられているのかを確かめることが大切です。
    • その人が他の人に対してどう接するかを観察してみましょう。他の人たちの前ではいつも通りによく話し、友好的に振舞っていますか?そうであれば、あなたは無視されていると考えてよいでしょう。しかし、客観的に見てその人の様子がおかしかったり、殻にこもるような態度でいるのなら、あなたの考えすぎだと言えるでしょう。
  3. 3
    相手があなたに対して怒りえる理由を考える その相手に無視されていると確信したら、なぜそうなってしまったのか掘り下げて考えてみましょう。案外簡単に答えが出ることもあります。パーティーにその人を招待しなかったために傷つけてしまったのかもしれませんし、あなたがその人の噂話をしているのを聞いてしまったのかもしれません。あなたには相手を傷つけるつもりはなかったけれど、何か嫌な気持ちにさせるようなことを言ってしまったため、相手が怒っているということも考えられます。理由が特定できたら、どうその話を持ちかけるか考えましょう。
    • 相手に無視されている理由を知らずに話し合いを始めるよりも、理由を知った上で会話に臨んだほうが、攻撃に打ち勝つ材料が備わっていると言えるでしょう。そうすることで言うべきことを用意しておくことができ、自分の行動を擁護する準備が整います。
    • 相手があなたに対して怒っている理由が全て大層な理由であるとは限りません。あなたがしたことは無害であっても、相手にとっては本当に有害なものであったのかもしれません。自分は悪くないと思っていても、相手が何を考えているのかを知ることは役に立ちます。
  4. 4
    行き詰ってしまった時は友達に助けを求める その人に無視されていると確信していて、どうしても理由が分からない場合は、共通の友達に頼らざるを得ないでしょう。彼らなら、その相手とは会話済みであり、あなたが何をしてしまったのかを知っているかもしれません。何の不快感も与えないように見えることが原因であったり、相手は気にもしないであろうと思ってしたことであったり、自分では思いつきもしないような理由かもしれません。あなたとその相手の両方を気にかけてくれ、状況を改善する手助けをしたいと思ってくれる友達を選び、何らかのアドバイスをもらえないか、聞いてみましょう。
    • 当然のことながら、お互いの共通の知り合い1人1人になぜその相手があなたに怒っているのかを聞いて歩いてはいけません。そのことが相手の耳に入り、さらに怒らせることになってしまうかもしれません。
  5. 5
    意気消沈しない 無視されるのが好きな人などいません。相手が親友であったり、大切な人なら尚更、辛いでしょう。その人とはよく一緒にいた、同じサークルなどでよく付き合いがあった人なら、突然冷たい態度を取られたら嫌な気持ちになるでしょう。考えすぎて気がおかしくなりそうになったり、自分に嫌悪感を抱いたりするかもしれません。自分は悪い友達であると思ったり、相手が他の人に見せつけるようわざと無視しているとすると、恥ずかしい気持ちになるかもしれません。しかし、どんなに悪い状況でも、自分の人生や目的、自分を幸せにすることに集中しましょう。あなたの幸せはその相手との関係に基づいて決まるなどと相手に思わせないようにしましょう。
    • 悩んでイライラするのは当然ですが、あなは前に進まなくてはなりません。「5時00分から5時15分まではあの人が自分を無視していることに対して腹を立てるけど、その後は自分の生活に戻ろう」と自分に言い聞かせましょう。そのことについて何度も考えても、気分が良くなるわけではありません。
    Advertisement

2の方法2:
行動に出る

  1. 1
    相手に話す 相手に落ち着かせる時間を与え、自分でもなぜその人に無視されているのか分かったら、相手との話し合いを試みましょう。公共の場や、相手が忙しいであろう、もしくはヘトヘトに疲れているであろう日中の時間帯に話を持ちかけるのはやめましょう。その代わり、後で会えるか聞いて、会話をするのに適切な場所と時間を決めましょう。相手があなたとは関わりたくないと感じている場合は、相手が1人になり、自分が厄介者にならずに話すことができるであろう時間を選びましょう。
    • 無視されて傷ついた、それについて話がしたいということを相手に伝えましょう。彼 (彼女)との関係があなたにとってどれ程大切であるか、そして、どれ程また話せるようになりたいと思っているかを知らせましょう。
    • なぜ無視されているのかが本当に分からず混乱しているのなら、相手に聞いてみましょう。相手があなたを無視している理由を打ち明けてくれれば、お互いにすっきりするのではないだろうかと提案しましょう。
    • あなたを無視している人のことを恋愛対象として好きな場合、その人はもうあなたのことを好きではない、または、あなたの気持ちに応えることはできないと感じている可能性があります。その事実を受け入れる心の準備をしておきましょう。あなたの心は傷ついてしまうかもしれませんが、相手が何を考えているのか悩み続けるよりは真実を知ったほうがよいでしょう。
  2. 2
    必要であれば謝罪する その相手に無視されている理由が分かった、もしくは、理由を言われたのであれば、その人とアイコンタクトを取り、真剣な眼差しで相手を見つめ、自分がしてしまったことを申し訳なく思っていると伝えましょう。してしまったことを後悔していて、もう同じことは絶対にしない、と言いましょう。その人との関係はとても大切であり、自分がしてしまったことについてよく考えたということ、そして、そんなことをしなければよかったと思っていることを伝えましょう。気を散らさずに、あなたの傷ついた表情を相手に見せて、申し訳なく思っていることを分かってもらうのです。
    • 相手があなたがしたことに対して怒っているとして、それを大したことではないと思うのか、それとも、謝る必要があると思うのかはあなたが決めることです。自分は何も悪いことはしていないので謝る必要などないという自分の意見を貫きますか?それとも、無視され続けるのではなく元の関係に戻るために謝罪をしたほうが良いと思いますか?
  3. 3
    謝っても上手くいかなければ身を引く 相手に謝ったけれど、相手の気持ちは変わらない、または、まだ傷ついているということもあるでしょう。相手をだましたり、噂話をしたり、嫌な気持ちにさせるなど、相当相手を傷つけるようなことをしたのなら、そう簡単に友情関係を取り戻すことはできません。あなたがしたことはとても許し難いことであり、もう友達には戻りたくないと言われたり、まだ友達でいたいけれど、傷を癒す時間が必要だと言われるかもしれません。何を言われようと、相手のことを尊重し、しつこくするのはやめましょう。
    • たとえ相手に時間が必要だと言われても、すぐに友達の関係に戻りたいと思うかもしれません。しかし、それでその相手の傷が早く癒えるわけではありません。それどころかかえって遅くなるでしょう。
    • 「ごめん」と何度謝ったところで、あなたが相手にしてしまったことを取り消すことはできないのです。今は相手に考える時間とスペースを与えましょう。楽しいことではありませんが、これが最適な方法です。
  4. 4
    元の関係に戻る価値があるのか考える もしかしたら、相手は頑固な人かもしれません。馬鹿げた理由であなたに対して怒っているかもしれませんし、あなたのことは友達、または、大切な人だとは思っていないのかもしれません。問題があるのは相手であって、自分は彼 (彼女)を説得するためにできる限りのことは全てしたが、何も解決しないと感じるのであれば、もうその人のことを気にするのはやめて、前に進むべきなのかもしれません。厳しいと思うかもしれませんが、相手はただあなたを困らせようとしているのではないかと感じるのであれば、関係を修復しようと試みる必要などないでしょう。
    • 慎重に考えましょう。あなたの努力に値する人であるかそうでないかは、自分の心に聞けば分かるはずです。
    Advertisement

ポイント

  • まだあなたと友達でいたいか、関係を保ちたいか聞いてみましょう。
  • あなたが言った何かが原因で無視されているのかもしれないと認めましょう。
  • 大騒ぎする必要はありません。あなたの被害妄想に過ぎず、実は無視などされていないということもありえます。
  • 誰かに無視されても、無視し返すようなことをするのはやめましょう。2人でそのようなことをしては、何も改善されません。相手がなぜあなたのことを無視するのか考える時間を与え、そうしたことによりあなたを悩ませたことに気付いてもらいましょう。
  • 相手があなたに怒っていても、まだ相手のことを気にかけるのであれば、礼儀正しく親切な態度で接しましょう。
  • その人のことを大切に思っている、そして、なぜ無視されているのか分からず困惑していると伝えましょう!そのことが原因で悩んでいるのだと言いましょう!
  • 相手のことはそっとしておき、あなたは前に進みましょう。故意にあなたのことを無視する人は、同じように無視されるべきでしょう。
  • 何かあった時は話し合いができる人、そして、お互いに必要とし合える人を見つけましょう。幸せであり、自分に誇りを持ちましょう。最高の友情を育むために必要なことをしましょう。
  • あなたには理由が分からず、相手も言わないのであれば、失礼な態度を取っているのは相手のほうです。
  • 弱っているところを見せないようにしましょう。そういった部分を利用されてしまうかもしれません。自分の主張をしっかりとしましょう。もしもその相手があなたとは友達でいたくないと思うのであれば、仕方ありません。その人にはあなたの友達でいる価値はなく、あなたにはもっと素敵な人と友達になる価値があるでしょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement