潜在意識をコントロールする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

私達の顕在意識は重要な役目を担っていますが、潜在意識にはそれよりも更に圧倒的な力があります!顕在意識が一度に一つの選択や行動を処理する一方で、潜在意識は私達の無意識下で、複数の選択や行動を同時に処理しています。無意識のうちに確立された目標、選択、行動はいったん活性化されると、成就するまで継続します。ある研究では、潜在意識を事前に準備することは不可能とされていますが、[1]訓練やエクササイズで、潜在意識にアクセスしたり、それを拡張することができます。[2]その方法をここでご紹介します。

4の方法1:
ポジティブ思考を取り入れる

  1. 1
    ポジティブな独り言を習慣化する ネガティブな独り言を肯定的なものに変えましょう。発する言葉を変えると心持ちも変わり、無意識のネガティブな行動や思考を覆すことができます。「私にはできない!」という代わりに「私にはできる!」、「私は何をしてもダメだ」という代わりに「成功させる!」と言いましょう。ネガティブな独り言に逆戻りしている自分に気づいたら、立ち止まって深呼吸します。自分に向かって成功できないと言ってしまう理由を考えましょう。そして、自分をネガティブにしてしまう要因を特定します。そうした要因によって自分がネガティブになっていることに気づいたら、再度、自分を肯定することに注力しましょう。[3]
    • 発する言葉を変えるのは一晩でできることではありません。時間と根気が必要となります。無意識のうちに自分に対して後ろ向きな期待感を抱いたり、ネガティブな行動をとってしまわないよう取り組みながら、ポジティブでいる事を心がけましょう。
  2. 2
    ポジティブなマントラを作る 不安感やストレスが生じたら、自分だけのマントラを繰り返し唱えて神経を落ち着かせ、ネガティブ思考を鎮めましょう。マントラを一貫して唱えることで、潜在意識から生じるネガティブな思考や行動を抑えることができます。ネガティブ思考を特定したら、自分が行っている自己批判は事実に基づくものではないと認めましょう。自己批判の主張とは反対の特徴を見つけ出して、癒しのマントラを作りましょう。同じ内容を表すマントラを更に2つ作り、それらを交互に唱えます。心臓や胃など、身体の一部分を選んで、そこにポジティブを留めておきましょう。マントラを繰り返し唱えながら、その部分に手を添えます。行動に意識を及ばせ、自らを自信で満たしましょう。[4]
    • 自分は全く力不足だと感じるならば、「私は十分にできる」、「私には価値がある」等のマントラを作りましょう。
  3. 3
    視覚化の訓練をする 目標達成した自分を視覚化したり、頭の中で予行演習するのは、潜在意識と繋がり潜在意識を訓練するための素晴らしい方法です。1つ、2つの感覚を使うだけでできる視覚化のエクササイズから始めてみましょう。一枚の写真や馴染みのある物を、あやゆる細部まで心の中で描いてみましょう。それができるようになったら、映画や記憶の全場面を描けるように訓練します。音、におい、色、手触り、味まで注意を払いましょう。意識を集中して細部まで正確に描く力がついてきたら、目標を達成している自分を視覚化する練習を始めましょう。できる限り現実的に自分を描くことが重要です。ネガティブな部分について考え込んだり、失敗している自分を想像したりせず、目標を達成し成功している自分自身を思い描きましょう!例えば、スピーチをしている自分を視覚化するとしたら、聴衆が立ち去っていく様子ではなく、どもり口調や文言の忘れっぽさを克服した自分を思い描きましょう。[5]
    • 具体的な目標を思い描きましょう。何を達成したいのか明確にします。成功した自分のいる場所、時間、状況を明らかにし、それらをできる限り詳細に思い描きます。
    • 自分自身を超人として思い描く必要はありません。そのままの自分を思い描けば良いのです。
    Advertisement

4の方法2:
マインドフル瞑想を練習する

  1. 1
    瞑想の準備を整える 瞑想を行うと集中力が高まり、潜在意識の力を活かすことができます。始める前に、瞑想する時間を決めます。初心者は5分間の瞑想から始めましょう。楽な服装に着替え、タイマーを準備し、静かで心の落ち着く場所に移動します。ゴチャゴチャしていない、気の散らない場所を選びましょう。自宅の中庭や裏庭の縁側などに座ります。心地の良い座姿勢をとる前にストレッチをすると良いでしょう。つま先を触るように身体を伸ばし、首の緊張を緩め肩をリラックスさせます。[6]
  2. 2
    姿勢を整える 座部が安定していて真っすぐな背もたれのある椅子に座り、足はしっかりと床に付けるか、床に置いた枕の上で交差させます。背筋を伸ばし、背骨の自然な湾曲を保ちます。上腕は、身体の側面に並行させ、肘を少し曲げて手が自然と膝の上に来るようにします。やや顎を引いて床を見つめます。瞑想を始める前に、姿勢を整え身体に意識を向けます。[7]
  3. 3
    呼吸と通過する思考に意識を向ける 目を閉じ呼吸に意識を向け始めます。吸う息と吐く息に意識を集中させます。リラックスするにつれ、思考が彷徨い始めるでしょう。潜在意識から顕在意識へと思考が流れ出てきます。こうした思考に気づいてもそれらを判断しないようにし、ただ、通過させましょう。思考が彷徨い出したのに気付いたら、呼吸に意識を向けなおします。しばらくすると、また思考が彷徨い出すかもしれませんが、そのたびに呼吸に意識を戻すことを続けます。瞑想の終了時間が来るまで、このプロセスを繰り返します。[8]
    Advertisement

4の方法3:
意識の流れを書き表す練習をする

  1. 1
    準備を整える 鉛筆かペン、そしてメモ帳を用意します。ゆで卵用タイマー、ストップウォッチ、携帯電話などのタイマーを準備し、5~10分間にセットします。静かで邪魔の入らない場所に移動します。携帯電話はサイレントモードに設定し、パソコンやタブレットは多いに気を散らすので、使用を控えましょう。[9]
  2. 2
    書き始める 楽な姿勢で座り、深呼吸をして自分の内面に集中します。タイマーをスタートさせ書き始めましょう。意識の流れを書き表す作業では、何も計画しないことが重要です。むしろ、思考が次から次へと自然に流れ出るのに任せましょう。思考が頭に浮かんだら、それらを紙に記録します。些末な考えを書き留めるのを怠ったり、奇妙な考えだからと無視しないようにします。こうした思考は潜在意識から発生している可能性があるからです。それらを善悪で判断したり分析したりせず、ただ書き出します。タイマーが鳴るまで、自分の思考を記録する作業を続けます。[10]
  3. 3
    書いたものを分析する 自分の思考を書き出す作業が終わったら、それを読み返してみましょう。自分が書いた言葉をじっくり考察します。繰り返し現れる思考や奇妙な言い回しがないか見つけましょう。全く異なる2つの思考に関連性がないか探ってみます。そこに何らかの潜在的思考が隠れていないかメモを取りましょう。エクササイズを繰り返し行う度に、前回書いたものを読み返すようにします。そうすることで、意識の流れを書き出すエクササイズがどのように進捗しているか把握でき、自分の潜在意識が明らかになってきているかどうか検証することができます。[11]
    Advertisement

4の方法4:
夢分析をする

  1. 1
    夢を記録する 就寝前に、ペンか鉛筆そして日記を寝床の横に置いておきます。朝の起床時あるいは夜中定期的に起きて、自分が見た夢を日記に記録します。夢のあらゆる詳細を思い出せる限り書き記します。どんなにありふれた事も、とるに足らないように思われる事も、些細な部分をメモするようにしましょう。しばらく夢を記録し続けたら、繰り返し現れる概念、人物、物などを書き出しましょう。
    • 潜在意識は夢に現れるものです。従って、夢を記録し分析することで、潜在意識に近づくことができるのです。[12]
  2. 2
    夢に重要な意味があるか否かを見極めてカテゴリー分けする 大した意味のない夢には、自分を取り巻く物理的環境の側面が盛り込まれていて、身の回りの匂い、音、物理的な行為などが現れることがあります。一方、重要な意味を持つ夢は潜在意識に由来するもので、普段よく見ている夢とは異なり、奇妙で、不可解で、啓蒙的なものです。夢に重要な意味があると思われる時は、それが、潜在意識に基づく夢のどのカテゴリーに属するか判断しましょう。その夢は、未来の出来事を詳細に示す予知夢でしたか?何かを警告する夢でしょうか?事実に基づくもので、既に知っている事を確認する夢?ひらめきを与えたり、あなたの願望を満たす夢?あるいは、願い事が実現したり、誰かやある物との調和を必要とする夢でしょうか?[13]
    • 鮮明な夢は、より意味深いと言えます。
  3. 3
    重要性の高い夢を解釈する 夢の解析は専門家でなくてもできます。必要なのは、少しの努力とリサーチだけです。インターネット上や近くの図書館に役立つ情報があるはずなので活用しましょう。夢を解析する時は、全体として評価するようにします。思い出せる細部の全てに重要な意味があり、それによって夢を解釈しやすくなり、潜在意識への理解を深めることができます。夢に現れたシンボルについて、夢辞典で十分な定義が得られないならば、自分の人生に照らしてその意味を解釈してみます。ある特定のイメージ、人物、物が夢に現れるのは何か理由があるのか、自分で判断してみましょう。[14]
    Advertisement

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement