深い声で喋る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

アナウンサー志望にしろ、新たに家族の一員となった子犬をしっかり躾けるためにしろ、聞く人が信頼感を抱くような深い声で話すスキルは非常に役に立ちます。このトピックに関する情報は豊富に溢れていますが、広範囲な研究によって、呼吸をコントロールすることが一番の方法であることが明らかになっています。声を前に出す仕方や、すぐに使えるテクニックとして喋る前に嚥下運動を行うなど、深い声が出せるようになる方法を説明します。

パート1(全3パート):声を前に出す

  1. 1
    鏡の前で喋る 鏡の前に真っ直ぐ姿勢よく立ちます。うつむかずに背筋を伸ばしましょう。自分の名前を口に出し、どう聞こえるか観察します。新聞や本の一節を朗読しても構いません。声量、声のトーン、息使い、特に声の高さに注目します。[1]
    • 声の高さは、声帯がどれだけ振動するかによって決まります。[2]
    • 高い声が出るなら、高い周波数で声帯が振動しているということです。[3]
    • 声帯が低い周波数で振動すると、低い声や深い声が出ます。[4]
  2. 2
    喉をリラックスさせる いつもより低い声で喋ろうとすると、声が震えてしまうことはありません。無理に力もうとせず、喉をできるだけリラックスさせ、声帯を締めつけないようにします。[5]
    • 唾を時々大目に飲下して喉が潤った状態を維持し、はっきりと発声します。
  3. 3
    朗読の練習をする 好きな本や記事の一節を選びます。ゆっくり低い声で読む練習をします。早く読みすぎたと思ったと同時に、声の質も落ちたと感じる場合もあるかもしれません。うつむかず、姿勢を正して腹式呼吸で朗読する練習を続けましょう。[6]
  4. 4
    携帯電話のアプリを利用して練習する 多種多様のアプリケーションがスマートフォンやタブレット用に提供されており、好きな時に喋り方の練習ができます。アプリは、任意の目標の設定、練習の援助、上達過程の記録を残すなどの機能を提供しています。例えば以下のようなアプリが利用できます。[7]
    • 「Vocular」は、声の深さを測定してくれるアプリです。声の深さの診断や、自分と同様の声の響きを持つ有名人との比較もできます。[8]
    • 「Eva」は性転換中のトランスジェンダーが声の高さ、声質、息使い等を整える際の支援ツールとして開発されたアプリです。[9]
  5. 5
    鼻歌で練習する 唇を少し開け、あごを胸に引き、喉の奥深くで鼻歌を歌って喉のウオーミングアップをします。鼻歌は、声楽家や歌手が喉を温めるのに非常に有効な手段ですが、喋り声を改善したい人にも最適な方法です。[10]
    • 鼻歌を続けながら徐々にあごを上げ、鼻歌と同じ発声方法で喋り始めます。普段より深い声が出るはずです。
  6. 6
    口で発声する 鼻先からでなく、口を使ってはっきり発声します。鼻に響かせても深い声は出ますが、鼻にかからない深い声の方が好ましいものです。[11]
    • 胸に共鳴したり反響するように感じる声は、過度に軽く、軟弱かつ表面的で、芯がないように聞こえます。このような発声法(胸声と呼ばれる発声法)は避けます。
  7. 7
    喋り声を前に出す練習をする 自分の声が体の前で響くように練習します。声を前に出す技術を練習する際には、腹は無理に引っ込めず、腹式呼吸を行います。息を吐く時に、息が腹から上に向かって胸を通り、口から出ていくのを感じましょう。
  8. 8
    声は徐々に変えていく 声を変えようと急激な努力をすると、声帯を痛める恐れがあります。最初の段階では、発声練習は短い時間に抑え、通常の声の高さから半音ほど下げた程度の低い声を出すことから始めましょう。じっくりと時間をかけ、練習する声の高さを慎重に下げていきます。
    • 友達や家族の前で試すのも楽しいかもしれません(友達や家族は大目にみてくれるものです)。面白い声や奇妙な音色で喋るのも、発声のコントロール力の向上に役立ちます。このような練習を積んで、自分が理想とする喋り声を目指します。
    広告

パート2(全3パート):すぐに使えるテクニック

  1. 1
    うつむかずに自信を持って喋る 姿勢を正します。姿勢がよいと、信頼がおける印象を与える深い声が維持できます。話している間に下を向いたり、頭を傾けたりせず、頭は真っ直ぐ正面を向き、顎を上げます。[12]
  2. 2
    喋る前に嚥下運動を行う 深い声を出すコツの1つに、話す直前の嚥下運動があります。実際に何かを飲む必要はありません。何かを飲み込んだつもりで、喋ってみましょう。普段より低い声が出るはずです。[13]
  3. 3
    ゆっくり喋る 普段よりゆっくり喋ってみます。文章の冒頭で声を低くし、ゆっくり喋り出します。早く喋りたくなると、声は高くなるものです。[14]
  4. 4
    うなり声やしゃがれ声を避ける 無理にガラガラ声を出す練習は声帯を痛めます。声のかすれは、レンサ球菌咽頭炎などの病気が原因である場合もあります。 [15]
    • 喫煙は避ける タバコによってしゃがれ声やハスキーな声になることはありますが、喫煙は長期的に健康に害をもたらし、声帯や肺の損傷につながります。[16]
    • ガラガラ声がいつまでも直らない場合は、医師の診察を受けましょう。
    広告

パート3(全3パート):呼吸をコントロールする

  1. 1
    自然に呼吸する 自分の呼吸の質を観察してみましょう。口から息を吸って、鼻から吐いているでしょうか。この段階では呼吸法を変える必要はありません。自然に呼吸している時の感覚を覚えておきます。
  2. 2
    色々な呼吸法を試す 鼻から息を吸い、空気を腹の底まで届けるつもりで呼吸してみましょう。そして息を吐く時に「こんにちわ」と言ってみます。自分の声の高さと深さに注目します。次に、空気を胸、そして喉に送るように呼吸した場合の声の高さと深さを比べてみます。喉までの呼吸では非常に高い声、胸までの呼吸では中間の高さ、横隔膜の下まで届く呼吸では深い声が出ているはずです。[17]
  3. 3
    腹式呼吸 横隔膜の下まで息を届けるイメージで深く呼吸します。息を吐くときに何か言ってみましょう。腹の底に届く呼吸をすると、声が低くなります。[18]
    • 自然に口を開け、はっきりと普通に喋ります。唇や頬をすぼめたり、丸めたりなど、不自然な形にする必要はありません。
    広告

ポイント

  • 音声レコーダーを購入するか借りて、自分の声を録音してみましょう。新聞や本の短い一節を朗読して録音し、客観的に自分の声を聞いてみます。
  • 多くの歌手や芸術家が大切な公演の前にジンジャーティーを飲むのを習慣にしています。この習慣を裏付ける科学的根拠はありませんが、アーチストの多くが、ジンジャーティーにはリラックス効果があり、喉を温めると主張しています。[19]
  • 経済的に余裕があれば、スピーチやボイスレッスンを受けるのも一つの手です。トレーニングを受ける前に、どのような内容の指導が行われるのか、費用はどれくらいかかるのかを先生に確認しましょう。
広告

注意事項

  • 喉を唸らせたり(ガラガラ擦った声を出したり)無理な作り声を出して声帯を酷使してはいけません。
  • テノールやソプラノのような高い声の持ち主は、喉を酷使したり、無理やり自然な声の美しさを変えようとするべきではありません。
  • キンキンした荒々しいトーンでの会話や、激しい咳払いは避けましょう。長く続けると、喉を痛めることになります。
  • 冷水には声帯を締めつける効果があります。[20]
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告