浮気を許す方法

共同執筆者 Moshe Ratson, MFT, PCC

夫や妻あるいはパートナーが浮気をしたとしたら、痛く傷つき動揺しこれから先どのように進んで行くべきか判断がつかず混沌とすることでしょう。浮気の発覚後仮に2人の関係を続けていきたいと思ったとしても、まずは正直に自分の気持ちと向き合い、更にこれまで2人で育んできた絆を見直すことが重要です。気持ちの整理がつき関係を維持する判断を下すことができてから、将来に向かって進む努力をしましょう。パートナーの浮気を許すのは簡単なことではありませんが、この記事で紹介する方法を参考にして努力しましょう。

2の方法1:
許す前に2人の関係を省みる

  1. 1
    浮気を許すかどうかを決断する これは一番大切なステップです。許す前に関係修復が本当に価値あることかどうかを判断しなければなりません。どんなにパートナーを愛していても、相手の浮気を許すことは非常に難しく、人生で起こる数ある試練の中でも精神的に最も負担の大きなものだと言えるでしょう。もう一度やり直せるかを試してみたいと思うなら、まず浮気の理由を明らかにすることが重要です。理由によっては相手を許しても良いと思えるかもしれません。次に考えられる理由をいくつか挙げましょう。[1]
    • パートナーに魔がさした場合を考えましょう。浮気の理由として「最もだ」と言えるものはありませんが、例えば「あなたとパートナーとで大げんかをした」「お酒を飲んでいた」「出会った女性にパートナーが一瞬ときめいてしまった」などが理由だとしたら、パートナーの浮気を大目に見ることができるかもしれません。
    • パートナーが自分の行為を心から反省している場合を考えましょう。これはとても大きな点です。パートナーの様子を確認しましょう。猛省している様子ですか。非常に落ち込み感情的になっていて、自分の犯した罪に改めて衝撃を受け償おうと必死に努力をしていますか。また二度と同じ過ちを犯さないことを態度で示しているでしょうか。
    • あなた自身が、上手く行かないと思って努力せずに諦めてしまうのは不甲斐ないと感じる場合を考えましょう。2人の関係は特別なものだという確信があり、浮気の問題を放っておくのは関係解消と同じだと思うなら、相手の過ちを許せるようにしばらくの間努力を続けましょう。
    • これまでパートナーとは非常に仲が良く、長い間信じ難いほど素晴らしい健全な関係を維持してきた場合を考えましょう。パートナーの不誠実を知った今となっては2人の関係が素晴らしものだとは実感できないかもしれません。しかし、浮気がなければ2人は今でもなお強い絆で結ばれていたとしたら、やり直す価値はあるかもしれません。
    • 浮気が常習的なものなら許してはいけません。以前にも浮気をされたことがあるとしたら、パートナーと決別する時です。例え家や子供があっても、自分の生活が家族と共にあっても関係を修復する価値はないでしょう。仮に今回初めて浮気が発覚したとしても、これまでに何度か疑わしいと思ったことがあるとしたらどうでしょうか。おそらく、その時のあなたの直感は正しかったと言えるのでないでしょうか。
    • 関係を築いたばかりで浮気をされたなら許してはいけません。付き合い始めたばかりなのに既に相手が浮気に走ったとしたら、これからの長い道のりを耐え得るだけの強固な基盤が2人にあるとは言えません。初期段階で気づいて良かったと思うようにしましょう。今の段階ならパートナーから離れるのはそれ程辛くはないでしょう。
    • 2人の関係が破滅する運命であったことを浮気が示唆する場合があります。そうだとしたら浮気を許してはいけません。2人の間に何も共通点がなく、なんとなくお互いに惹かれているだけで、努力しても2人の溝が埋まらないという状況で浮気をされたなら、これらは全て2人の関係を解消するための兆候だったと考えましょう。
    専門家情報
    Moshe Ratson, MFT, PCC

    Moshe Ratson, MFT, PCC

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    モーシェ・ラトソンはニューヨーク市にある心理療法とコーチングの専門クリニック、「spiral2grow Marriage & Family Therapy」の最高責任者を務めています。モーシェはイオナ大学にてマリッジ・ファミリーセラピーの修士号を取得後、10年以上にわたり心理治療を行っています。
    Moshe Ratson, MFT, PCC
    Moshe Ratson, MFT, PCC
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    思いやりの心を持つことで許すことが容易になります。 マリッジ・ファミリーセラピストのモーシェ・ラトソンさんは次のように話します。「裏切った相手を許すことは非常に難しいことです。ただし、許すということは自らが謙虚になり相手に対しては思いやりの気持ちを持ってゆっくりと前進することだということを忘れないようにしましょう」。

  2. 2
    しばらくの間冷静になる 浮気発覚の直後にはどんなに相手と話したくても、大声で叫びたくても、また仕返しをしたくてもじっと耐えましょう。すでに大声を張り上げてしまったなら、冷静になりましょう。また、あなたが浮気に気づいていることをパートナーがまだ知らないとしたら、浮気の事実について真剣に考えてパートナーにどんな言葉でアプローチすべきかの答えを見つけ出しましょう。[2]
    • これは難しいステップです。早い段階で話をすれば、解決策が見つけやすくなるだろうと思うかもしれませんが、この場合はそうではありません。会話や議論をすぐに始めると実際には事態を悪化させます。
    • 少しの間散歩に出かけたり運動したりして気分転換をしましょう。あるいは、部屋でただ泣くだけでも構いません。あらゆることを試して感情を解き放ち冷静に考えられる状態を作りましょう。
    • そのためには、パートナーから数週間ほど離れるのが最善の場合もあります。一緒に住んでいる場合には難しいかもしれませんが、離れようと決心したなら友人や家族の元に身を寄せたりホテルにしばらく泊まったりすると良いでしょう。
  3. 3
    自分を責めない これは基本的には簡単なはずですが、関係修復のプロセスにおいて最も難しいことかもしれません。浮気をされたのは自分が魅力的ではないから、十分にコミュニケーションを取っていなかったから、あるいは仕事や子育てに忙しく2人の関係を重視しなかったからなどと考えてしまうかもしれませんが、そのような考え方は避けましょう。[3]
    • パートナーの浮気はパートナーに原因があります。あなたのせいではなく、またあなたのこれまでのどんな行為も浮気を正当化する理由にはなりません。ただし、あなたが最初に不誠実な行動をとったのだとしたら別問題です。
    • パートナーの不正行為について「決して」自分を責めてはいけません。ただし、2人の関係について冷静に考えて、自分の行動が2人の関係に溝を作り結果として浮気の間接的な原因になったのではないかと考えることは建設的だと言えるでしょう。
    • 加えて、パートナーから責められる筋合いは「決して」ないという断固とした態度をとりましょう。仮に責められたとしたら、すぐに出て行きましょう。
  4. 4
    2人の関係を冷静に考える 落ち着きが取り戻せたら不誠実を働いたパートナーとの関係を客観的に考える必要があるでしょう。パートナーがいることでどんな感情を持ちますか。パートナーのいない将来を想像することができますか。これまでの2人の関係は素晴らしいものでしたか。関係を解消してしまうのが怖いと思いますか。次に自問すべき事柄をいくつか紹介しましょう。[4]
    • 2人の関係において「これは特別だ」と言えることは何ですか。パートナーとの関係が非常に素晴らしいものなので維持したい、あるいは1人になってしまうのが怖いという理由から、パートナーを許しても構わないと思いますか。2人の関係が特別なものだと考えられない場合には、ふんぎりをつけて前に進みましょう。
    • 2人が辿った道のりを説明するとしたらどのようなストーリーになるでしょうか。長い間上手くいっていたのにある日突然歯車が狂ってしまったのでしょうか。それとも2人の関係はゆっくりと冷めてきた、という筋書きになるでしょうか。2人が今の状態になった理由を考えてみましょう。
    • パートナーが浮気に走った原因が2人の関係性にあると思いますか。あるとすれば具体的には何が原因でしょうか。これらの自問は自分を責めることが目的ではありません。2人の関係のどの部分に浮気の原因があったのかを考えてみましょう。あなたの方が経験豊富だという事実に彼が嫉妬したからでしょうか。あるいは高校時代からずっと付き合ってきた2人の関係に彼がふと思いを馳せ10年経った今、もう少し遊んでいれば良かった、あまりにも早く落ち着いてしまったと感じているからでしょうか。
  5. 5
    パートナーが関係修復を堅く誓うことができるかを確かめる 浮気の理由を聞いてその正当性を認めることができ、パートナーの浮気を許したい、また2人の関係は維持する価値があると思うなら、パートナーも同様に考えていることを確かめましょう。関係修復には何ヶ月、何年にもわたる努力が必要でしょう。自ら修復のためのプロセスを開始する前にパートナーの気持ちも確かめましょう。[5]
    • パートナーが本当に反省していることを確かめましょう。ただ「反省している」と口に出すことと、心の底から申し訳なく持っていることは同じではありません。
    • パートナーが心の底から後悔し反省しているだけでなく、関係修復を堅く誓い2人で一緒に前進するつもりでいることを確かめましょう。
    広告

2の方法2:
パートナーを許す

  1. 1
    自分の感情が正当なものであることを認識する パートナーがあなたの気持ちを理解し且つその正当性を認めることが重要です。パートナーは実際に自分の犯した行為を反省しているかもしれませんが、 あなたの心痛、頭痛、心のモヤモヤを理解しているかどうかは別問題です。パートナーに自分の気持ちを伝え、どんな気持ちでいたかを全て理解してもらうことが重要です。[6]
    • 2人で先に進む前に、パートナーの浮気によって自分が酷い目に合ったということをパートナーが理解していなければなりません。パートナーも不倫に終止符を打たなければならないわけですから、辛い立場にいることは変わらないかもしれませんが、あなたの気持ちに理解を示すことができなければ先には進めません。
  2. 2
    正直な気持ちを伝え合う まずパートナーが起こったことを正直に説明し、2人でよく話し合うことが前進するための唯一の道です。きちんと時間をとってパートナーと腰を据えて話をしましょう。既にパートナーを怒鳴りつけたり口論をぶつけたりしたかもしれませんが、それは、合理的に事を分析することではありません。どのように話し合いを進めれば良いのでしょうか。次にその方法を説明します。[7]
    • パートナーに何があったのかを尋ねましょう。相手の女性との間の核心に触れる必要はありません。端的に事実だけを尋ねましょう。これまでに何回くらいデートをしたのか、いつ会ったのかなどを尋ねましょう。
    • 相手の女性に対する気持ちを尋ねましょう。パートナーの返答は「全く何も感じていない」でなければなりません。それがあなたが期待すべき最良の返答です。「わからない」という返答は最悪のパターンです。他の女性に惹かれてしまったのは事実だけれど、今は全く何も感じていないという返答でなければなりません。パートナーの正直な気持ちを確かめましょう。
    • 以前にも同じことがあったかをパートナーに尋ねましょう。長年のパートナーに対して自分の過去の情事や些細な間違いを蒸し返すことに反対意見を唱える人がいますが、事実は既に明らかです。最善の判断を下すためにもできるだけ多くの情報を入手しましょう。
    • 相手の女性との関係についてパートナーがどのように思っているかを尋ねましょう。浮気の理由と、相手の女性と2人でいる時にどう感じるのかを尋ねましょう。
    • 自分の気持ちをもう一度パートナーに伝えましょう。既に自分の気持ちは伝えその正当性を認めてもらっているはずですが、浮気の全容を聞いた後で改めて自分の気持ちを分かってもらうことが非常に重要です。
    • 軌道修正を図るために2人でできることを話し合いましょう。職場の会議のように理性的に話し合いメモを取りましょう。2人の関係をより強固なものにするために、また二度と浮気が起こらないようにするには、何ができるでしょうか。一緒に過ごす時間をもっと長くとるべきでしょうか。お互いにより正直になるべきでしょうか。2人一緒に実践できる新たな日課を作るべきでしょうか。あるいは、今回の問題についてカップルセラピストや友人に相談すべきでしょうか。それとも、自分たちで解決すべきでしょうか。
    • 規則を設定しましょう。浮気の相手が職場の同僚だとしたら、パートナーは職場を辞めなければならないでしょうか。「そうだ」と答えるカップルセラピストがたくさんいます。また、今後パートナーが外出する際には1時間おきにあなたに連絡する必要があるでしょうか。だとしたらパートナーにとっては屈辱的なことかもしれませんが、今回の浮気で経験したあなたの心痛を再度彼に思い出させる必要があるでしょう。
  3. 3
    心を開いたコミュニケーションに取り組む 事実が明確になったら心を開いたコミュニケーションを日常生活の一部にできるように努力しましょう。お互いに率直で正直であること、そして相手の言うことにじっくりと耳を傾けることを重視しましょう。次に心を開いたコミュニケーションを実践するための方法をいくつか紹介しましょう。[8]
    • 毎週話し合いの時間を設けましょう。2人の関係を良い状態に保てるように色々な努力を重ねた中でその週何が上手くいったか、更に改善を図るには何ができるかについて正直に話し合いましょう。絶対にしなければならないことではありませんが、取ると良いステップでしょう。
    • 自分の気持ちを互いに伝え合うようにしましょう。浮気された後では心を閉ざし気味になるかもしれませんが、心の準備ができたらポジティブな気持ちやネガティブな気持ちの両方を伝えられるように努力しましょう。
    • 頑な態度を取るのは避けましょう。何かに対して怒りを感じたならタイミングを計ってその気持ちを伝えましょう。
  4. 4
    関係改善に取り組む 浮気が例外的な出来事ではなく、2人の関係もあらゆる面で完璧だと言えないとしたら、関係修復に努める必要があります。絆を深め、再出発する方法はたくさんあります。次にいくつか紹介しましょう。[9]
    • 一緒に新しい趣味を見つけましょう。2人がこれまでに試したことのないものに挑戦しましょう。例えば、ロッククライミングや陶芸などに挑戦してはどうでしょうか。
    • 共通の趣味や興味を見つけて一緒に楽しみましょう。お互いの共通点がなく、話す話題もなかったために2人の間に隔たりが生じてしまったのかもかもしれません。だとしたら、毎月同じ本を読んだり、一緒に新しいテレビ番組を見るようにしましょう。少しでも一緒に楽しむ物事や時間が増えると大きな違いを生みます。
    • 妥協することを覚えましょう。パートナーにいつも好きなことをさせてはいけません。またあなたも浮気されたからと、毎回あなたの思い通りに物事を進めてはいけません。
    • 一緒に休暇を取りましょう。新しいことを一緒に行うと新鮮な気持ちになります。休暇は長期的な解決策にはなりませんが、浮気の事実をしばし忘れるのに役立つでしょう。休暇をとるタイミングは、今回の問題について十分に考えた後でパートナーと2人きりの時間を過ごしたいと思えた時が良いでしょう。
    • パートナーを責めてはいけません。不可能なことに思えるかもしれませんが、真剣にパートナーとの関係を修復したいと思うなら、四六時中パートナーの浮気に触れてはいけません。触れるのであれば自分の気持ちを伝える時だけにしましょう。絶えず浮気の話を持ち出せば、事態を悪化させるだけです。
    • パートナーのおべっか使いを最小限に抑えましょう。パートナーからの絶え間ない褒め言葉や、花束のプレゼント、肩を優しく摩る行為を受けて嬉しく思うかもしれませんが、パートナーとは対等な立場を保つようにしましょう。パートナーが後悔し反省していることは事実でしょうが、2人の関係が続く間ずっとパートナーがあなたにおべっかを使ったり、あなたへの愛情を保障することばかりに時間を費やすという状態は避けたいものです。パートナーにとっては大変なことです。
  5. 5
    パートナー以外の男性や女性に執着しない パートナー以外の人のことで頭がいっぱいになると正気を失いパートナーとの関係を台無しにしてしまいます。パートナー以外の誰かに心を奪われてしまったことに気づいたら、その相手との接触を避けるようにしましょう。その相手に出会ってしまったこと、まして同じサークルの運営に携わっていることを不運な出来事だと思うなら、どんなことをしてでもその人との接触を避けましょう。当然ながら非常に難しいことですが、パートナーとの関係に焦点を当てるべきだと自分に言い聞かせることが非常に重要です。パートナー以外の人の行動や生活に目を向けてはいけません。[10]
    • 自分をパートナーの浮気相手と比較してはいけません。彼女を見てあるいは彼女のことを聞いて自分が劣っているなどと考えてはいけません。あなたは彼女について完全に理解しているわけではありません。彼女が先にあなたのパートナーに恋してしまったのかもしれません。あるいは、恋してしまった相手に恋愛相手がいたことを知らなかったのかもしれません。何れにせよ浮気相手の女性について考えないことが最善策です。
    • Facebookや他のSNSでパートナーの浮気相手について調べてはいけません。彼女のプロフィールを検索したり彼女が持っていて自分にないものを探ろうとしたりしてはいけません。
    • 当然ながら実生活でも浮気相手の女性にストーカー行為をしてはいけません。
    • パートナーに浮気相手の話を持ち出してはいけません。過去の話を蒸し返して悲観的になるのではなく、今の2人の関係に焦点を合わせませしょう。
    • パートナーの浮気相手のことがどうしても頭から離れない場合には、友達に話をしましょう。ただし、しても良いのはそこまでです。それ以上の行為は避けましょう。
  6. 6
    それでもパートナーを許せない場合は別れる 関係修復のための努力をし尽くしてもなお、怒りや恨みを取り除くことができず、関係を進めていく方法も見つけることができないなら、関係を解消する時でしょう。パートナーの顔も見たくない、触られるなど以ての外だという気持ちであれば、あるいはパートナーが異性と一緒にいるところを見ると被害妄想的になってしまうのであれば、関係解消の時だと言えるでしょう。
    • 機能していない関係に無理に居続けようとするよりも関係を解消する方が健康的です。無理に留まれば恨みの感情が大きくなり自分自身が不正行為を働いて相手を傷つけるか、お互いにコミュニケーションが取れなくなるほど気持ちが離れていってしまう恐れがあるでしょう。
    • 不正行為の後パートナーが関係修復のために最高の自分になれるように努力したとしても、「全て遅すぎた」という場合もあります。パートナーが最善を尽くしているとしても、自分の気持ちが伴わなければ関係を維持する必要はありません。
    • 上手くいかなかったとしてもこの上なく難しい努力をした自分を褒めましょう。大きな勇気を要したことは間違いありません。
    広告

ポイント

  • パートナーに経済的に依存しているために離れられずにいるという状況は避けましょう。これから先浮気したパートナーと一緒にいても決して満足できないと確信があるなら、有害な関係だと考えられるでしょう。どんなにお金を積まれてもその関係に留まる価値などありません。
  • 子どもがいる場合、浮気の容認は更に複雑です。子供にとって、また自分にとって何が最善かを考えなくてはなりません。子供のために、自分にとっては理想的ではない関係であって留まるべきでしょうか。それとも自分にとっての最善策が長期的には子供にとっても最高の結果になると思いますか。
広告

注意事項

  • 一度浮気した人は再度浮気をする可能性が高いということを忘れないようにしましょう。もう一度浮気されたら、関係解消あるいは離婚をする時だと判断しましょう。
広告

このwikiHow記事について

マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事はMoshe Ratson, MFT, PCCが共著しています。 モーシェ・ラトソンはニューヨーク市にある心理療法とコーチングの専門クリニック、「spiral2grow Marriage & Family Therapy」の最高責任者を務めています。モーシェはイオナ大学にてマリッジ・ファミリーセラピーの修士号を取得後、10年以上にわたり心理治療を行っています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告