水道の水圧が低いときの対処方法

家庭または職場の水道の水圧が低い事に気づいたら、当然心配です。水圧を弱める原因は多々あります。止水弁が閉じている、または水栓の詰まり等シンプルな原因、また配管の詰まりや水漏れ等の、より深刻な原因でも水圧は弱まります。水圧が弱まる原因は多々ありますが、それに対処する方法も多々あります。原因は一つではない可能性もあるので、いろいろとチェックしてみましょう。

4の方法1:
水圧をチェックする
編集

  1. 1
    家庭または職場内の全ての水道の水圧が低くなっているかを確認する 蛇口があるところは全部チェックしましょう。
    • キッチン、バスルーム、地階、屋外の蛇口とホース接続部は個々で水圧が低くなることがよくあります。
    • 家にある全ての蛇口とシャワーから水を出して、問題が1箇所もしくは複数箇所あるのか、また全ての箇所で水圧が低いかを調べましょう。
    • 全ての蛇口で、水とお湯両方を出してみましょう。お湯の方だけの水圧が低い場合は、原因は温水器にあるかもしれません。
  2. 2
    水圧が低いのは特定の場所に限られているか確認する 1、2箇所のみの水圧が低い場合、水栓またはエアレーターの詰まりが原因である可能性が高いでしょう。 [1]  
    • 蛇口の端を外してみましょう。
    • エアレーターをチェックします。汚れなどが蓄積されて詰まりがないか確認しましょう。
    • 汚れていれば、水に酢を加えて作った液にエアレーターを浸けるときれいになります。効果がない場合、新しいエアレーターを購入しましょう。それほど費用はかかりません。[2]
    • エアレーターを交換する前に蛇口をひねって水を流します。水圧の強さが元に戻っていない場合、原因は特定の蛇口ではなく、全体の問題である可能性が高いでしょう。
  3. 3
    水圧を弱めている原因を探す 家の中で水圧が低い蛇口を1、2箇所に特定できない場合、おそらく全体的な問題です。  
    • 減圧弁と止水弁をチェックします。ここが水圧を弱める原因であることがよくあります。
    • 水漏れを探しましょう。トイレや水道本管からの水漏れが原因で水圧が弱まる場合があります。
    • 温水器をチェックしましょう。お湯を出しているときだけ水圧が低い場合、温水器のお湯の止水弁が原因である可能性が高いでしょう。
    Advertisement

4の方法2:
減圧弁と止水弁をチェックする
編集

  1. 1
    減圧弁を見てみる  ベルのような形した減圧弁は、通常家庭またはオフィスに入ってくる配管の上に設置されています。
    • 調節してみて、全体の水圧に影響があるか見てみましょう。弁の上にスクリューが付いています。水圧を上げるには時計回りに回して締め、水圧を下げるには調節スクリューを反時計回りに回して緩めます。 [3]
    • 弁が機能しない、または壊れている場合、交換が必要です。ホームセンターまたは水道設備用品店で購入可能です。[4]
  2. 2
    水道メーターの止水弁をチェックする この弁は少しひねっただけでも水圧に影響します。
    • ほとんどの家庭また建物には主止水弁があって、減圧弁の近く、または水道メーター近くにある箱の中に設置されています。
    • この弁で家全体の水を止めることができます。少し閉じていると水の流れが制限されます。
    • 弁を完全に開けましょう。
  3. 3
    複数の蛇口で水圧をテストする  問題が解決していれば、原因は減圧弁または止水弁だったという事になります。
    • まだ水圧に問題がある場合、水漏れがある可能性があります。水漏れが原因で、家庭の水道の水圧が弱まることはよくあります。
    • 配管業者に連絡して、水漏れを修理してもらうか、または水道管に蓄積されたミネラル成分を取り除いてもらいましょう。
    Advertisement

4の方法3:
水漏れ箇所を特定する
編集

  1. 1
    全てのトイレをチェックする トイレの水漏れは、家庭で頻繁に起こる水漏れのうちの一つです。水道代も高くなってしまいますし、水圧を弱めている原因がここであるなら、修理するのが賢明です。  
    • まずトイレのタンクの蓋を開けます。
    • 食用着色料を数滴垂らす、またはタブレット染料を一錠タンクに入れます。
    • 少なくとも1時間はトイレの水を流さないようにしましょう。
    • 染料が便器に漏れ出している場合、そのトイレは水漏れしています。トイレフラッパー弁を交換するか、注水装置を交換しましょう。
  2. 2
    水道メーターをチェックする 水道配管に漏れがないかが特定できます。  
    • 水道メーターの場所を確認しましょう。メーターが動いているかチェックしましょう。
    • 漏水メーターは小さな三角形のダイアルまたは円盤型で、水が流れていると回ります。
    • 漏水メーターが回転していれば、水漏れがあるということです。ただし、「回転していない」イコール「水漏れがない」というわけではありません。少量の水漏れは、漏水メーターに反映されない場合があります。
    • 2時間水道を使わないで、再びメーターを見てみましょう。数字が変わっているようなら、水が漏れているということです。
    • 水道会社または配管業者に連絡して、水漏れを特定してもらい、修理を頼みましょう。
  3. 3
    地階に水腐れしている箇所がないか、また近くの水廻りをチェックする 水漏れの明確なサインです。[5]  
    • 蛇口から水が漏れていると、多くの場合水が滴る音が聞こえます。こうなってしまうと、簡単な家の補修が必要になります。
    • 地階に大きな水溜まりができている場合、水道本管から漏れている可能性があります。
    • 家の外に出て、地域の水供給ラインと家用の本管が交わっている箇所の地面もチェックしましょう。雨が降っていないのに、継手周辺が濡れている場合、そこから水が漏れているかもしれません。水道会社に連絡して解決してもらいましょう。
    Advertisement

4の方法4:
お湯の蛇口の水圧が低いときの対処
編集

  1. 1
    お湯だけ水圧が低い場合は、温水器を調べる 多くの場合、このケースでは温水器の止水弁が原因です。  
    • 止水弁が完全に開いていることを確認しましょう。安全上の理由で、各温水器には緊急用の止水弁が付いています。
    • 弁が少しでも閉まっていると、水圧に影響が出ます。
  2. 2
    もう一度蛇口をひねって、問題が解決したかテストする お湯が蛇口を通って出てくると、水圧は正常に戻ります。
    • まだお湯の水圧が弱い場合、温水器に流入する管もしくは機器そのものが原因かもしれません。
    • このような場合、配管業者に連絡して対処してもらいましょう。
  3. 3
    配管業者に連絡して、温水器に流入する水道管をチェックしてもらう 水道管が破損している可能性もあります。配管業者が効率的な方法でチェックしてくれるので、任せましょう。[6]
    • 温水器自体が原因の場合があります。資格を持った配管工に、交換が必要かどうか調べてもらいましょう。
    • 温水器の取り扱いには危険が伴うため、プロに任せましょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • 近所の人に連絡して、同じように水圧に問題がないか確認しましょう。もし問題がある場合、水道管に漏れがある可能性があります。水道局に連絡して、問題を報告しましょう。
  • 家の中または建物内の水道管を配管業者にチェックしてもらいましょう。古い水道管にミネラルの沈着物が溜まったり、詰まっている場合があります。このような場合、水圧を元に戻すには銅またはポリ塩化ビニルの管への交換が必要です。
  • 水圧の変動に注意しましょう。同じラインの水を複数の人が使っていると、その間水圧は低くなります。朝また夕方の時間帯は水道が利用されるピークです。

    この記事は役に立ちましたか?

    はい
    いいえ