水が止まらないトイレを直す方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

家のトイレが流れっぱなしになってしまうと、一日当たり何百リットルもの水が無駄になり、水道代が莫大な金額になってしまいます。これは早急に対処したい問題です。流れっぱなしのトイレを修理するには、フラッパー弁を調べることから始めるのが最善の方法です。トイレの水が止まらない原因で一番多いのは、フラッパー弁です。フラッパー弁に問題が無ければ、水位を調整してみましょう。それでも水が止まらない場合は、トイレの給水弁を交換する必要があるかもしれません。

パート1(全3パート):フラッパー弁に問題があるか確認する

  1. 1
    水を止めて、トイレタンクの水を流します。フラッパー弁を調べる前に、トイレに給水する蛇口を閉め、トイレを流してタンクから水を抜きます。こうすることによって水が流れ続けることを防ぎ、フラッパー弁を調べることができます。
    • フラッパー弁は丸いゴム製の蓋で、水がタンクから便器に流れるのを防ぎます。トイレを流すとチェーンに引っ張られてフラッパー弁が開き、便器の中に綺麗な水がたまります。
    • トイレの水が止まらない原因で一番多いのが、このフラッパー弁の問題です。
  2. 2
    トイレタンクの蓋を取り外し、中を見ます。部屋の隅など安全で邪魔にならない場所にタオルを敷きます。タンクの蓋の両側を両手でしっかりと持ち、トイレから取り外します。傷が付かないように、蓋をタオルの上に置きます。
    • トイレタンクの蓋は重い陶器製ですので、倒れやすいところに置かないようにしましょう。
  3. 3
    必要に応じてチェーンの長さを調節します。フラッパー弁を引っ張るチェーンが長すぎたり短すぎたりすると、問題が起きやすくなります。チェーンが短すぎると、流していなくてもフラッパー弁が引っ張られ、水が流れたままになってしまいます。チェーンが長すぎると、フラッパー弁の下にはさまり密閉できなくなります。[1]
    • チェーンが引っ張られ過ぎている場合は、チェーンと水を流すレバーをつなげているフックを外します。チェーンが少したるむまでフックを1つか2つずつ上の輪に動かし、フックをレバーに付け直します。
    • チェーンが長すぎて弁の下にはさまってしまう場合は、ワイヤーカッターでチェーンの上部の輪をいくつか切り取ります。フックを再度上部に付け直し、レバーに取り付けます。
  4. 4
    フラッパー弁に問題が無いか調べます。タンクの中央に、上部が開いたオーバーフロー管があります。そのオーバーフロー管の下部に付いているフラッパー弁を、側面のピンから取り外します。フラッパー弁のミネラル沈着、反り、変色、傷み、その他の問題が無いかどうか調べます。[2]
    • ミネラルが蓄積して汚れたフラッパー弁は洗いましょう。
    • 摩耗などの問題があるフラッパー弁は交換します。
  5. 5
    汚れたフラッパー弁を洗浄します。水のミネラル分がフラッパー弁に蓄積すると、フラッパー弁がきちんと密閉できなくなるため、水が止まらなくなります。[3] フラッパー弁をきれいにするには、酢を入れたボウルに30分間浸します。30分経ったら古い歯ブラシでゴムをこすり、蓄積物や汚れを落とします。
    • もしくは、赤ちゃん用のシャンプーを布に数滴垂らしてフラッパー弁を拭いても良いでしょう。フラッパー弁がきれいになり、ゴムの弾力性も増します。
    • きれいになったら、フラッパー弁を元の位置に戻します。オーバーフロー管の側面にあるピンにフックを取り付けます。
    • 蛇口を開け、トイレタンクに水をためます。
    • 問題が解決したかどうかを確認するため、水が流れる音を聞きます。
  6. 6
    摩耗したフラッパー弁を交換します。フラッパー弁が固くもろくなっていたり、洗浄した後でも密閉しない場合は、新しいものを購入しましょう。摩耗したフラッパー弁をホームセンターなどに持って行き、同じ形で同じサイズのものを購入します。また、どんなトイレにも適合する汎用のフラッパー弁を購入することもできます。[4]
    • 新しいフラッパー弁を取り付けるには、所定の位置に合わせて、オーバーフロー管の側面のピンにフックを取り付けます。
    • 蛇口を開けて、フラッパー弁が正しく作動しているか、水は流れっぱなしにならないかを確認します。
    広告

パート2(全3パート):水位を調整する

  1. 1
    水位を確認します。水が止まらない原因がフラッパー弁ではなかった場合、次に多い原因は水位です。水位が高すぎる時に、水はオーバーフロー管に流れ続けてしまいます。トイレが詰まった場合、床に水がこぼれて重大な被害を引き起こす可能性があります。それを防ぐために、できるだけ早く修理しましょう。
    • 水が流れてタンクがいっぱいになったら、オーバーフロー管を確認します。オーバーフロー管はタンクの中央にある上部が開いた管で、タンクと便器をつなぎます。
    • 水がオーバーフロー管に流れ続けているかどうかを確認します。流れ続けていたら、フロートを下げることで水位を調節できます。[5]
  2. 2
    フロートの種類を確認します。水は給水弁を通ってタンクに入ります。給水弁には、水位によって上下するフロートが付いています。タンクがいっぱいになった時のフロートの高さにより、給水弁が閉じます。したがって、フロートの高さを調整すれば、タンクの水位を下げることができます。フロートには主に2つのタイプがあります。[6]
    • フロートボール式には長いアームが付いていて、アームの先にはボール型の丸いゴムの浮き球が付いています。
    • 浮き球を振って、中に水が入っていないか確認します。入っていた場合は交換します。
    • フロートカップ式は、給水シャフトの周りに小さな円形のシリンダーが付いたタイプです。シリンダー(フロートカップ)が給水シャフトに沿って上下にスライドし、その高さが水位を決定します。
  3. 3
    フロートボール式の浮き球を下げます。給水弁の上部に、アームを給水弁に取り付けるネジがあります。このネジを回すと、浮き球の高さを調整することができます。ドライバーを使って、ネジを反時計回りに1/4回転すると浮き球が下がります。[7]
    • 水を流し、タンクに水をためて水位を確認します。
    • 水位は、オーバーフロー管の上部から2.5~4㎝程度下にあることが理想です。水位が適切な位置になるまで、ネジを1/4回転ずつ調整します。[8]
  4. 4
    フロートカップ式のフロートを下げます。フロートカップ式のフロートも同じように下げます。給水弁の上部に、アームを給水弁に取り付けるネジがあります。このネジを回すと、フロートの高さを調整することができます。ネジを反時計回りに1/4回転するとフロートが下がります。[9]
    • 水を流し、タンクに水をためます。
    • 水位を確認します。
    • 水位がオーバーフロー管の上部から2.5~4㎝程度下になるまで、必要に応じてネジを1/4回転ずつ回して調整します。
  5. 5
    水が途切れ途切れに流れる場合は給水チューブを調べます。給水チューブは、給水弁に取り付ける管で、トイレを流してタンクの水が流れた後、再度タンクに水を流し入れます。給水チューブは常に水面より上にある必要があります。そうでないと、水が断続的に流れる原因になります。タンクがいっぱいになったら、給水チューブが水に浸っていないことを確認します。
    • 水の中に浸っている給水チューブを直すには、チューブが水面の上に来るように切り整えます。[10]
    広告

パート3(全3パート):給水弁を交換する

  1. 1
    水を止めてタンクから水を流します。フラッパー弁を直し、水位を調整しても水の流れを止められない場合は、給水弁に問題がある可能性があります。この場合の解決策は、給水弁を交換することです。交換するには、タンクを空にしなければいけません。[11]
    • 水を止めます。
    • トイレを流します。
    • スポンジで、タンクに残っている水を吸い取ります。スポンジを残っている水に浸し、シンクで絞ります。タンクに水が無くなるまでこれを繰り返します。
  2. 2
    給水管を外します。トイレの外側には、タンクに水を流し込む給水管があります。これを外すには、管を所定の位置に固定しているロックナットを反時計回りに回して緩めます。
    • ロックナットを緩めるために、ペンチが必要です。[12]
  3. 3
    古い給水弁を取り外します。給水管を外すと、ロックナットが給水弁ユニットをタンクの外側につなげているのがわかります。モンキーレンチを使用してロックナットを左(反時計回り)に回し、これを取り外します。ロックナットを外したら、古い給水弁ユニットをトイレタンクから引き出すことができます。[13]
    • 交換部品を購入する際には、取り出した給水弁一式をホームセンターへ持って行くと良いでしょう。そうすれば、サイズと形がピッタリ合う給水弁を購入することができます。[14] もしくは、汎用の給水弁を購入することもできます。
    • 古いタイプのフロートボール式を、より新しいフロートカップ式に入れ替えることも可能です。
  4. 4
    新しい給水弁を取り付け、給水管をつなげます。新しい給水弁を、タンクの元の位置に差し込みます。給水管が入るタンクの穴に給水弁を取り付け、給水管をつなげます。ナットを時計回りに回して締めます。
    • ロックナットを手で締めたら、ペンチでさらに1/4回転させます。
  5. 5
    給水チューブを取り付けます。給水チューブを、給水弁の上部にある排出ノズルにつなげます。給水チューブはオーバーフロー管に排水されるように配置します。オーバーフロー管にクリップがある場合は、給水チューブをクリップにつけて所定の位置に固定します。[15]
  6. 6
    フロートを調整します。取扱説明書を確認し、購入した給水弁の適切なフロートの高さを確認します。メジャーを使用してタンクの底から測り、調整ネジを回して給水弁を正しい高さに調整します。[16]
  7. 7
    給水弁をテストします。止めていた水栓を開けて、タンクに水を入れます。水位と、給水チューブが水に浸っていないことを確認して、水が漏れていないか耳で確認します。必要に応じてフロートの高さを調整します。再度トイレを流し、水がたまるかどうかテストします。
    • 修理をして水が止まることを確認したら、タンクの蓋を慎重に閉めます。
    広告

ポイント

  • 水が止まらず、オーバーフロー管に流れ込む場合は、給水弁または浮き球を交換する必要があります。
  • トイレが短時間断続的に流れる場合、フラッパー弁に問題がある可能性があります。
  • 水がすぐにいっぱいになり、流した直後に止まらない場合は、レバーのチェーンがフラッパー弁の下に挟まっている可能性があります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 住宅メンテナンス

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告