気になる女の子を振り向かせる方法

この記事を読む前に、今心に想っている人がいるのであれば、その女の子のことは忘れましょう。その女の子は確かに魅力的で美しい人でしょう。しかし、世の中には今想っている人に勝るとも劣らない、魅力的で美しい女性が星の数ほどいます。気になる女の子を振り向かせる方法は、いかに相手のことが好きかを伝えるというものではありません。いかに自分は追いかける価値のある男性であるかを相手に伝えましょう。綺麗な女性は世の中にたくさんいますが、自分にふさわしいたった一人の女性を選ぶことを、どんな時も忘れてはいけません。

ステップ

  1. 1
    かつて恋に落ちた瞬間のことを思い出す 近くにいる存在ではなく、遠く離れた相手の方が、愛おしいと思えたことでしょう。それゆえ、気になる女の子といつも一緒にいる場合、相手から恋愛対象としての興味を抱かれることはありません。距離を置くことで女の子に自分の存在を思い起こさせる行動が必要です。
  2. 2
    常に謎めいた一面をもつ この方法により、女の子から急に興味を失われることはなくなります。たとえば、女の子と出会って仕事について聞かれた場合、饒舌になってあれこれと語ってはいけません。なぜなら、女の子の方が仕事の話題をあれこれ質問したいと思っているはずだからです。女の子が会話に加わっていることを感じさせましょう。
  3. 3
    気になる女の子の面前で他の女の子と臆せずに話す 恋人の候補が他にもいることを印象付けましょう。しかし、同時に、気になる女の子に対して少しだけ特別な気遣いを見せましょう。
  4. 4
    どっちつかずの素振りを見せる 「一緒にいたいけど、いなくてもよい」という距離感でいましょう。うまくこの距離感で女の子と接することができれば、魅力的な印象を与えることができます。この魅力を自分のものにするために、気になる女の子のことが思い浮かんだら、頭の中で「一緒にいたいけど、いなくてもよい」と繰り返し言いましょう。この距離感が有効な理由は、以下の通りです。
    • 満たされない気持ち。女性は、満たされない気持ちを感じさせる相手をキモい男性だと感じます。次のように考えましょう。多くの状況や文化の中で、女性は男性のリードを求める立場にあります。しかし、男性が愛を求めるときに立場は逆転します。また、これは男性が愛を求める行動をとると、女性が気持ち悪いと思う理由でもあります。繰り返しますが、満たされない気持ちを前面に出す男性はキモい印象を与えると肝に銘じましょう。要するに、自信のない男性は嫌われるということです。
    • 希少性。自分が持っていないものや希少なものに対して魅力を感じるという性質が、人間の本質にあります。同様に、「一緒にいたいけど、いなくてもよい」という距離感は、数多くの男性の中でも希少な存在であると女性に思わせるので、相手に魅力的な印象を与えることができます。
  5. 5
    気になる女の子について知る 気になる女の子の好きなものや嫌いなものを知り、そこから会話を広げましょう。
  6. 6
    自分の行動を意識する 自分の好きなものについて無意識にいつまでもしゃべり続ける人がいます。女性は即座にうんざりした気分になる可能性があります。
  7. 7
    常に女の子を笑顔にする 女の子は、気配りが出来て、時々臆せずにちょっとした冗談を言う男性が好きです。かつてマリリンモンローは、「女性を笑わせることができる男性は、女性を意のままにできる」と言いました。
  8. 8
    常に女の子を元気にする 女の子が悲しんでいるときは、幸せな気分にさせる方法を考えましょう。女の子が幸せなときは、その幸せを長続きさせる方法を考えましょう。そうすれば、自分も女の子も素敵な1日を過ごせます。
  9. 9
    長すぎる沈黙を避ける 女の子は、一緒に黙ったまま歩くことに気まずさを感じて、おしゃべりのしやすい別の友達のところへ逃げていきます。
  10. 10
    自然に振る舞う 女の子に好かれるために無理に頑張っていることを悟られてはいけません。
  11. 11
    生意気にならない程度に、自信を身にまとう 女の子にとって自分が興味を引く中心的存在であることを意識させましょう。これを実行するために、会話能力を磨きましょう。
  12. 12
    くさいセリフは使わない たとえば、「君のお父さんは泥棒だったに違いない。だって、盗んだお星様を、君の瞳の中に隠してしまったんだから。」などと言ってはいけません。
  13. 13
    相手に興味を持っていることを言葉で表現する たとえば、「いいシャツを着ているね」と言いましょう。前から自分に気があるかもしれないと感じる女の子には、さりげなく容姿を褒めましょう。ただし、品のない褒め方は禁物です。美人であることや綺麗な目をしていることを口に出して伝えましょう。
  14. 14
    会うたびに何か話そうと思わない 普通の挨拶をすれば十分です。あとは自分の仕事に戻りましょう。
  15. 15
    日常会話の中で今週末の楽しみについて話す たとえば、新しいクラブに行く予定について話しましょう。
  16. 16
    だいたい10分ほど会話を続けた後に「もう行くね、楽しい会話をありがとう」と言う 隙あらば、キスのタイミングを見つけましょう(ただし、過度に接近しすぎてはいけません)。女の子に対して好意を示し、友達以上の関係であることを伝えることができます。
  17. 17
    パーティー以外の場所に誘う 中にはパーティーのようなイベントが好きではない女の子もいます。その場合、散歩に誘ったり(犬を飼っている人は、散歩を口実に一緒に過ごすことができます)、一緒に街へ行くなど、パーティー以外の場所へ誘ってみましょう。
  18. 18
    どんなことでも必ず褒める 女の子は可愛い存在でありたいと思っています。たとえば、シャツや綺麗な目を褒めれば、女の子は自信が湧いてきて、いい気分になるはずです。
    広告

ポイント

  • 女の子の振る舞いに注意を向けましょう。相手がこちらを向いて目を見て話している場合、脈があると考えられます。しかし、体をこちらに向けていなかったり、携帯電話をいじっている場合、相手は退屈を感じていたり、神経質になっています。
  • 女性と話すとき、適度な頃合いで会話を切り上げましょう。話題が続く限り話し続けてはいけません。こうすることで女の子に、おしゃべりがうまく、一緒にいて楽しい、感じの良い人という印象を与えることができます。気まずい沈黙が伴う人という印象を与えてはいけません。
  • 女の子の友達が一緒にいたとしても、照れずに相手の素敵な部分を褒めましょう。
  • 女性と話すとき、通常より小さい声で話すことで相手との距離を縮めましょう。ここで、女の子が話を聞こうと接近してくるようであれば、脈があると考えられます。
  • 流行の服を身にまとい、さりげなく周囲の人と違う着こなしをしましょう。10代の高校生の場合、仲間がダブダブのズボンを履いて帽子を後ろ向きにかぶっているとき、普通のジーンズにシャツを着こなすと、個性的な魅力を演出できます。
  • 相手に恋人がいたとしても、気になる女の子と連絡を取り合いましょう。彼氏に会えず寂しさを感じているときは、いつでも女の子の力になりましょう。
  • 「今度の週末、ぼくと出かけたい?」という言い回しをしてはいけません。「今度の週末、〇〇に出かけようと思うんだけど、興味あるかい」という言い方をしましょう。女の子が行こうが行くまいが、自分は〇〇に行くという意思を明確に言いましょう。
  • 女の子がボーイフレンドがいるという発言をしたとしても、会話を続けましょう。彼氏がいるという発言を聞いても、うろたえた様子を微塵も見せてはいけません。
  • 女の子といるときは陽気に冗談を言いましょう。内輪ネタの冗談を言うと、それだけ相手のことを想っていることが伝わり、女の子も笑ってくれるはずです。
  • 女の子が拒絶している場合、しつこく粘ってはいけません。気持ちが変われば、女の子はもう一度誘いの合図を送ってきます。女の子の言動に注意して合図を待ちましょう。
  • 必要に応じて女の子と距離をとりましょう。常に周囲に誰かがいる環境は、嫌なものだと察しましょう。気になる女の子と常に一緒にいる人は、ことによると、その女の子に避けられる可能性があります。
  • 可愛らしいブレスレットやネックレスなどのちょっとした贈り物をしましょう。好きだという気持ちを女の子に伝えることができます。
広告

注意事項

  • 全て女性のいいなりになってはいけません。相手がジャズが好きだと言った場合、「いいねえ。僕もジャズは好きだよ。でも本当に性に合う音楽が他にもあるんだけどなあ。」と答えましょう。すると女性は「本当に」好きな音楽は何かを聞いてくるので、会話をつなげることができます。
  • 女性に拒絶されたとしても、相手の悪口を言ってはいけません。拒絶されたときに潔い行動をとれば、おそらく女性は男性を見直します。次は「女性から」誘われるのを待ちましょう。
  • 女の子の望んでいない行動を強要してはいけません。うっとうしい男性だと思われる可能性があります。
  • 女の子につきまとってはいけません。相手が一息付ける距離感を保ちましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む159人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告