気になる人をデートに誘う方法

誰でも「拒絶」は嫌なものです。しかし、断られることをいつも恐れていると、欲しいものも手に入りません。この記事では、自信を失ったり自尊心が傷つけられたりすることなく、気になる人をデートに誘う方法を紹介します。

パート1(全3パート):デートに誘う準備をする

  1. 1
    相手に恋人がいるか確認する 気になる人の恋愛状況をあらかじめ把握しておくことにより、無駄な努力をしたり恥ずかしい目にあったりする必要がなくなります。
    • 相手に恋人がいる場合は、デートに誘わないようにしましょう。相手に断られる可能性が大きいだけでなく、相手の恋人に対しても不公平であり失礼です。また、相手に思いやりのない人だと思われてしまうかもしれません。[1]
  2. 2
    自分に自信を持ち、「拒絶」を受け入れる心の準備をする 相手に断られた場合の自分の反応について、あらかじめ考えておきましょう。友人をデートに誘う場合は、今後の友情に支障をきたしかねないので、心の準備はなおさら重要です。
    • 「拒絶」に対する心の準備をしておくことで、デートの誘いを断られてしまった場合でも、相手の目の前で取り乱す恐れはなくなります。[2]
    • 断られる可能性を心配するばかり、それが自信をなくす原因とならないように気を付けましょう。断られたとしてもこの世の終わりではない、という事実を受け入れ、自分に自信を持ちましょう。
  3. 3
    できれば相手の趣味を聞いておく 相手の好きなものや趣味を把握しておくと、デートプランを練る上でとても役立ちます。例えば、相手の趣味が音楽を聴くことなら、どんな種類の音楽が好きなのかを聞いて、ライブに誘ってみましょう。相手が映画好きであれば、映画に誘ってみましょう。[3]
  4. 4
    デートに誘う方法を決めておく 相手に直接会ってデートに誘うのが恥ずかしいのであれば、LINEメッセージやEメールを送って誘ってみましょう。
    • 直接デートに誘うのが苦手な場合は、メッセージが最適です。万が一断られてしまっても、少なくとも自分のがっかりした反応を相手に見られることはありません。
    • 出会ったばかりで相手の連絡先が分からない場合は、次回会う時にデートに誘うことになりますが、不安になる必要はありません!直接デートに誘うのはとてもロマンチックな行為である上に、申し出を受けてもらえたら、直接誘った甲斐があったと、大きな達成感を味わうことができます。
    広告

パート2(全3パート):知り合いをデートに誘う

  1. 1
    気になる人に話しかける 何気ない会話から始めることによって、高まった緊張をほぐすことができ、相手をデートに誘いやすくなります。
    • 「最近どうしてる?」とさりげなく、気の利いたメッセージを送りましょう。直接会ってデートに誘う場合も、まずは話しかけることから始めます。相手に対して好意を持っていることをアピールするため、話す時は笑顔を忘れず、相手と目を合わせるように心がけましょう。
    • いきなりデートに誘うのではなく、まずは明日や今週末の予定について相手に聞いてみましょう。こうすることで、会話の流れが何気ない内容からデートの誘いに自然につながっていきます。[4]
  2. 2
    デートに誘う 気になる人についてすでに知っている情報をもとに、相手が楽しめるようなデートプランを練ることが大切です。どうしても良いアイデアが湧かない場合は、次のような質問を参考にしてみましょう。
    • お茶やコーヒーを飲みに誘う
    • ディナーやランチ等の食事に誘う
    • パーティーに誘う
    • ふわふわパンケーキやタピオカミルクティーなど、流行りのスイーツを食べに誘う
  3. 3
    デートに断られても、恨みはないことを伝える これからも会う機会がある仲の良い友人をデートに誘って断られた場合は特に、気まずい雰囲気になるのを避けるためにも、断られたことを特に気にしていないと、相手に一言伝えましょう。また、そのような対応を取ることで、「拒絶」に対して大人の対応ができる、自分に自信のある人だ、という好印象を相手に与えることができます。
    広告

パート3(全3パート):知り合ったばかりの人や、近づきになりたい人をデートに誘う

  1. 1
    相手の目を見て、笑顔で話す 相手に対して好意を持っていることを示しましょう。相手も同じように目を見て笑顔で話してくれたら、自分に対して好意を抱いていると確認できます。[5]
    • 相手が目を合わさない場合や笑顔にならない場合は、自分に対して好意がないサインである可能性があります。しかし、気になる相手は実は恥ずかしがり屋である可能性も無きにしも非ず、まだ諦めるには早すぎるかもしれません。
  2. 2
    まずは相手に自己紹介をする 気になる人にまだ自己紹介をしていない場合は、いくら心の中は緊張感でいっぱいでも、相手の前では自信を持って自己紹介をしましょう。第一印象はとても大切で、性別に関係なく、自分に自信がある人は魅力的な印象を相手に与えることができます。
  3. 3
    何気ない会話を始める 相手のことを褒めたり、身の回りの出来事について話したり、何気ない質問をしたり、どんなことでもかまいません。相手に話しかけるための話題が見つからない場合は、次の質問を試してみましょう。
    • 「今何時?」と聞く
    • 「出身はどこ?」と聞く
    • 「今何の本を読んでいる?」と聞く
    • 相手が身に付けている衣服を褒める
    • 今流れている音楽や、身の回りについて話す
  4. 4
    デートに誘う 気になる人との会話が弾み始めたら、相手に好意を抱いていることを示し、もっと相手のことを知りたいという気持ちを伝えましょう。
    • 相手のことをもっとよく知るために、お茶や食事といった気軽なデートに誘いましょう。デートをした後に、お互いに恋愛対象としては合わないと分かっても、大事に至ることはありません。
    • 初めてのデートで映画に誘うのは避けましょう。相手についてよく知ることができない可能性が高いためです。
  5. 5
    デートに断られても、大人の対応をする 気になる人に断られてしまっても、笑顔で「デートに誘っただけでもその甲斐があった。お会いできてよかった」と伝えて、相手をそっとしておきましょう。相手に断られた後に、しつこくデートに誘い続けたり、相手を説得しようとしたりするのはご法度です。相手に不快感を与えるだけでなく、デートに断られて必死になっているという印象を相手に与えてしまいます。
    広告

ポイント

  • 相手が示すサインに注意しましょう。デートの誘いをストレートに断ってくれる人は、そういません。「予定が合わない」「デートに行けない」といった曖昧な返事で断る人がほとんどです。他に都合の良い日を示さず、忙しいことを理由に断り続けるのであれば、相手はそもそもデートに行く気がないのでしょう。
  • 相手の気を引くために、さりげなく褒めるのは良いことですが、しつこく相手をつけ回さないようにしましょう。相手に好意を抱いていることが、あからさまになってしまいます。
  • 相手がデートの誘いを断る理由はもしかすると、恋愛をする心の準備ができていない、 付き合うことが許されていない、といった可能性も考えられます。自分に対して好意を持っていない、と早とちりする必要はありません。
  • 気になる人をデートに誘う時は、最高の自分でいることを心がけましょう。デートの申し出を相手が受け入れてくれる可能性が高まるだけでなく、一番良い状態の自分でいることによって生まれる自信は、自分の振る舞い方にもつながります。
  • 気になる人と2人きりになった時に、デートに誘いましょう。他人の前でデートに誘うと、相手は何かしら答えなければならないと、不必要に急かされてしまう可能性があります。
  • 落ち着いて、身だしなみを整えましょう。相手に断られても、泣かないように。
  • 友人に仲立ちしてもらい、気になる人をデートに誘いましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む65人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン | 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告