染めた髪色を明るくする方法

共同執筆者 Ashley Adams

ヘアカラーの維持にはお金がかかります。髪を染めたところ、想像以上に暗い色に仕上がってしまったという時は、再びサロンに足を運び出費を重ねる以外にも対応策はあります。もちろん効果には限度があるものの、まったく期待ができないわけでもありません。この記事で紹介する方法を試しても満足のいく結果にならなかった場合は、サロンへ行きプロに手直ししてもらいましょう。

5の方法1:
髪染め直後に手を打つ

  1. 1
    温水ですすぎ洗いをする[1] 熱によってキューティクルが開き、染毛剤が落ちていきます。浴室のシャワー、あるいは洗面台を使って髪をしっかりと濡らしましょう。
  2. 2
    カラーリングされた髪用でないデトックスシャンプーで洗う カラーリングをして色が気に入らなかった時、すぐにこの方法で対策を取ることで染めたばかりの色がいくらか落ちるでしょう。[2] 硬貨1枚ほどの大きさの量、あるいは製品の使用方法通りの量を手の平に絞り出し、濡らした髪の毛につけましょう。髪を雑に扱わないように注意しつつ、普段シャンプーをする時よりも入念にこすりましょう。
    • スーパーやドラッグストアのシャンプーコーナーには様々な商品が並んでいます。カラーリングの色落ちを防がない、デトックスシャンプーを購入しましょう。
  3. 3
    コンディショナーをつける クレンジング効果の高いシャンプーで髪を洗った後は必ず保湿をしましょう。たっぷりとコンディショナーをつけましょう。500円玉程の量のコンディショナーを手の平に絞り出し、根元から毛先に向かって伸ばし、洗い流しましょう。
    • 可能であれば、薬品処理から髪を回復させるために、カラーリング後2~3日空けてから色を落とすようにしましょう。急いでいる場合は、コンディショナーを使って髪にかかる負担をできる限り和らげましょう。
    広告

5の方法2:
重曹とシャンプーを混ぜ合わせる

  1. 1
    480ミリリットルの重曹と60ミリリットルのデトックスシャンプーを非金属性のボウルに入れる[3] アルカリ性である重曹を用いることで髪が開き、デトックスシャンプーの浸透を促し、色が落ちていきます。[4]泡だて器を使って重曹とシャンプーを混ぜ合わせましょう。.
    • 髪が肩よりも長い人は、重曹の量を720ミリリットルに増やしましょう。
  2. 2
    温水で髪を濡らす 熱と重曹が組み合わされることでキューティクルが開きます。冷水を用いると逆にキューティクルが閉じてしまうので注意しましょう。
  3. 3
    濡らした髪をシャンプーで洗う 手を使ってもスパチュラを使っても良いでしょう。均一な仕上がりになるよう髪全体にシャンプーと重曹のペーストを伸ばしましょう。
    • ペーストが目に入らないように注意しましょう。また、床に垂れてしまわないよう頭にタオルを巻くと良いかもしれません。
  4. 4
    5~15分待って洗い流す どの程度色を落としたいのかによって時間は変わってきます。大幅に色を落としたい時は長めに放置しましょう。ただし15分を超えないように注意しましょう。15分待っても効果が見られなかった場合は、同じ手順を複数回繰り返してみましょう。
  5. 5
    一部をドライヤーで乾かし色を確認する もう一度洗わなければならない場合も考えられ、さらに熱は髪に負担をかけるので、まずは髪のほんの一部をドライヤーで乾かしましょう。満足のいく色になっていたら大成功です。そうでない場合は、再び重曹とシャンプーを混ぜ合わせて2巡目の準備を整えましょう。
  6. 6
    必要に応じて繰り返す お好みの明るさになっていなかった場合は、再び重曹とシャンプーを混ぜ合わせて髪につけましょう。大さじ1のパウダーブリーチを加えると効果が高まります。ブリーチを使う際は、必ず手袋を着用しましょう。
    • この手順を行った直後の1~2日は整髪料を髪につけないようにしましょう。染める時も色を落とす時も髪に大きな負担がかかります。
    広告

5の方法3:
シャワーキャップをかぶる

  1. 1
    ブリーチ、シャンプー、デベロッパー(2剤)を混ぜ合わせる 清潔なボウルに同量のブリーチ、シャンプー、デベロッパーを入れます。よく混ぜ合わせましょう。[5]
    • デベロッパーは美容品専門店やドラッグストアなどヘアカラーが販売されている店舗で購入することができます。
  2. 2
    髪を濡らし混合液を塗る 髪を濡らしタオルドライをして軽く水気を取り、混合液を塗ります。必ず手袋を着用しましょう。根元から徐々に毛先に向かって作業を進めます。[6]
  3. 3
    シャワーキャップをかぶる 髪に混合液をつけたままの状態でシャワーキャップをかぶり、10分程待ちましょう。髪が痛んでしまう恐れがあるので、時間をかけすぎないよう注意しましょう。[7]
    • シャワーキャップが無い場合は、食品用ラップで包みましょう。.
  4. 4
    すすぎ洗いをする 冷水で洗い流します。最後にコンディショナーをつけて髪に潤い与えダメージから守りましょう。ヘアマスクなどを使っても良いでしょう。[8]
    広告

5の方法4:
ビタミンCペーストを作る

  1. 1
    ビタミンC錠剤を15~20粒すりつぶす[9] すり鉢とすりこぎ、あるいはボウルを傷つけない器具を用いましょう。
  2. 2
    ふけ予防のシャンプーを加える すりつぶして粉末状になった錠剤と混ぜ合わせてペーストを作ります。少量で充分足りるでしょう。泡立て器で2つの材料を混ぜ合わせましょう。
  3. 3
    温水で髪を濡らす 熱によって髪のキューティクルが開き、不要なヘアカラーが流れ出ていきます。
  4. 4
    ペーストを髪に塗る 手で塗ることができます。色を落としたい部分にまんべんなく伸ばしましょう。塗り忘れがあると、まだら状の仕上がりになってしまうこともあります。
  5. 5
    1時間放置する。必要に応じてシャワーキャップをかぶりましょう。1時間経過したら冷水で洗い流しましょう。
    • ペーストを洗い流した際に髪の乾燥が気になった場合は、コンディショナーでしっかり保湿をしましょう。
    広告

5の方法5:
過酸化物を噴きかけるする

  1. 1
    スプレー容器に過酸化水素を注ぎ入れる スプレーで噴きかけると綺麗に仕上がりやすくなります。製品の容器から直接頭に流しかけてしまうと、どの部分に染み込んでいるのかが分からなくなってしまいます。
    • 過酸化物は扱いが難しいので、あまり理想的な方法とは言えません。この方法は、既に髪についている染料や薬品を落とすのではなく、新たな成分を加えるという仕組みなっています。注意深く行いましょう。
  2. 2
    髪に均等に噴きかける 液体を流しかけるのではなく霧吹きを使いましょう。色を落としたい箇所にめがけて、30センチほど手を離して噴きかけます。この時、手や布で目を覆っておきましょう。
    • 過酸化物は肌に触れても安全ですが、目に入ると炎症を起こすことがあります。[10]目に入ってしまった時は冷水でよく洗いましょう。
    • 外で日光にあたると髪色はより明るくなりますが、それと同時に乾燥もします。過酸化物をつけた状態で外出する際は、日光による影響も意識しましょう。
    • ピンやクリップで髪をまとめ、髪の色を明るくしたい場所を狙って噴きかけるようにしましょう。
  3. 3
    30分経過したら冷水で洗う[11] これ以上長く放置すると髪が著しく乾燥したり必要以上に脱色する恐れがあります。過酸化物に長時間さらされると安っぽい印象のオレンジ色になってしてしまうこともあるので注意しましょう。
    • 洗い流した時に乾燥が気になったら、コンディショナーやヘアマスクでしっかりと保湿しましょう。
    広告

ポイント

  • カラーリングによって髪が激しく痛んでしまった場合はお手入れ方法を美容師に相談しましょう。
  • 店舗によっては脱染剤を取り扱っているかもしれません。
広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。
カテゴリ: 髪とネイル

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告