染めた髪色を元に戻す方法

共同執筆者 Ashley Adams

髪を染めてみたら思っていた仕上がりと違った、ということはありませんか? ありがたいことに、染めた髪色を元に戻す方法がいくつかあります。望みどおりに色が戻らなければ、紹介している異なる方法を試しても、同じ方法を何度か繰り返しても問題ありません。どの方法も、できるだけ染めた直後に行うと効果があり、脱色して着色をするセミパーマネントヘアカラー、着色のみを行うデミパーマネントヘアカラーのどちらにも有効です。

4の方法1:
ふけ用シャンプーと重曹を使う

  1. 1
    ふけ用シャンプーを購入する ふけ用シャンプーはスーパーや薬局で入手できます。ふけ取り専用であるとラベルに明記されています。「オクト薬用シャンプー」や「Dメディカルスカルプシャンプー」などが人気の商品です。[1]
    • ふけ用シャンプーは、皮脂の分泌が過剰で皮膚が剥がれ落ちやすい人の症状を抑えるために、通常のシャンプーよりもやや強い成分を含んでいます。
  2. 2
    重曹を用意する ベーキングパウダーではなく重曹を使用します。容器が似ていることがありますが、ベーキングパウダーでは効き目がありません。重曹は刺激の少ない天然の漂白剤です。[2]
    • 重曹で髪の脱色はできませんが、色味を明るくして染料を落とす効果があります。
    • 重曹が手元になければ、ふけ用シャンプーだけで試してみましょう。特にセミパーマネントヘアカラーで染めた髪は、洗髪することで染料を落とせる場合がよくあります。
  3. 3
    同量のシャンプーと重曹を混ぜる 容器で混ぜても、手のひらに同量取ってもかまいません。正確に量を測る必要はありません。
  4. 4
    重曹を混ぜたシャンプーで髪を洗う よく泡立てて髪に馴染ませ、数分おいてから洗い流します。[3]
  5. 5
    丁寧にすすぐ シャンプーと一緒に染料が洗い流されるのがわかります。必要であれば、何度か繰り返して洗いましょう。染めてから何ヶ月も経った髪に比べ、染めたての髪は染料がよく落ちます。
    Advertisement

4の方法2:
食器洗剤を使う

  1. 1
    通常のシャンプーに食器洗剤を4~5滴混ぜる 「ジョイ」や「キュキュット」など、よく使われている洗剤でかまいません。普段使用しているシャンプーを10円硬貨大取り、そこに混ぜます。
  2. 2
    髪を濡らして洗剤を混ぜたシャンプーを付ける しっかりと泡立てて、食器洗剤を髪の芯まで浸透させます。少なくとも数分間かけて泡立てます。
  3. 3
    丁寧に洗い流す 食器洗剤は髪を乾燥させ、天然の脂分を奪うので、完全に洗い流す必要があります。この方法を繰り返す必要があるかもしれませんが、食器洗剤は洗浄力が強いので続けて何度も行ってはいけません。
  4. 4
    食器洗剤を試すたびに髪を確認する すぐに大きな変化は現れませんが2、3日続けると色が確実に落ちていることが確認できます。
  5. 5
    洗うたびに髪にトリートメントをしていたわる シャンプーを洗い流した後は、ホットオイルなどのトリートメントで髪を深部までケアします。食器洗剤は髪を極度に乾燥させるので、使用するたびに髪にうるおいを補給する必要があります。
    • 効果を高めるためには、トリートメントを付けたあとにドライヤーの温風をしばらくあてるといいでしょう。
    Advertisement

4の方法3:
砕いたビタミンCを使う

  1. 1
    ビタミンCの錠剤でペーストを作る セミパーマネントヘアカラー(1ヶ月程度色持ちすると記されている商品)で濃い目の色に染めてから2、3日以内であれば、この方法を試すといいでしょう。ビタミンCの錠剤をひとつかみボウルに入れて熱湯を注ぎ、スプーンでつぶしながら濃いペースト状にします。[4]
    • 4日以上経過していると、この方法では明らかな変化は得られないかもしれません。
  2. 2
    濡らした髪にペーストを塗って1時間おく 乾いた髪ではなく、必ず濡らした髪に塗ります。ビタミンCは髪が濡れているとよく浸透します。ペーストを塗ったら、シャワーキャップをかぶるか、サランラップを巻いて、そのまま1時間馴染ませます。[5]
  3. 3
    ペーストを流して髪を洗う ペーストを完全に洗い流してから、通常通りにシャンプーとコンディショナーをします。髪を染めてから数日以内であれば、ビタミンCのペーストで色をかなり落とせます。[6]
    • ペーストは髪を傷めないので、染め直す必要はありません。
    Advertisement

4の方法4:
酢で洗う

  1. 1
    同量の酢とお湯を混ぜて混合液を作る ホワイトビネガーを使用します。アップルサイダービネガーは酸の成分が弱いのであまり効果がありません。[7]
    • 染料の多くは石鹸やシャンプーなどのアルカリ性物質に耐性がありますが、酸性物質にはありません。酢に含まれる酸が染料を落とします。  
  2. 2
    混合液を髪に浸す シンク、または湯船の上で、酢とお湯の混合液を髪にかけます。髪全体を混合液で浸します。[8]
  3. 3
    髪をおおって15~20分おく シャワーキャップ、またはビニール袋で濡れた髪をおおいます。髪に酢の混合液が浸透するまで、15~20分そのままにします。[9]
  4. 4
    シャンプーをして丁寧に洗い流す 髪をすすぐときに染料が一緒に流れるのがわかります。すすぎの水がきれいになったら、もう一度シャンプーをします。必要であればこの工程を最初から何度か繰り返します。
    Advertisement

注意事項

  • どの方法を試した場合でも、最後にトリートメントをして髪をいたわりましょう。
Advertisement

必要なもの

  • 重曹
  • ホワイトビネガー
  • 食器洗剤
  • ふけ用シャンプー
  • ビタミンC錠剤
  • シャワーキャップ
  • トリートメント

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。
カテゴリ: 髪とネイル

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement