枯れた声を回復させる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

しゃべりすぎたり、歌いすぎたり、コンサートや遊園地で叫んだり、病気にかかったり、声をふりしぼったりすると、声が枯れてしまうことがあります。そんなとき、家でできるケアをして、短期間で声を取り戻せるありがたい方法があります。枯れた声を復活させるには、水やお茶、その他の荒れを緩和させるものでのどを潤し、なるべく声を発さずにのどを休ませて、鼻呼吸でのどの刺激を防ぎます。家でのケアをしても数日のうちに声が復活しない場合は、専門的な治療のために医師に相談するとよいでしょう。

3の方法1:
のどの痛みを和らげる

  1. 1
    十分な水を飲みましょう。声帯に痛みがあるときに行うべき最善策は、水を飲むことです。あなたにとって良質な水ほど良いものは地球上にありません。冷たすぎたり熱すぎたりする水でのどに刺激を与えないように、水は室温に保ちましょう。
    • いくら自分の仕事でも、無休で働き続けるべきではありません。のどが渇いたときに身体がうまく出すサインを無視しないようにしましょう。定期的に、かつ分別のある飲み方をしましょう。水は声を復活させるだけでなく、身体、消化器系、肌、体重、エネルギーレベルなど、あらゆるものに良い影響を及ぼします。
  2. 2
    塩水でうがいをしましょう。1日に4回、コップ1杯の水を(十分温かく、熱すぎない程度に)電子レンジで温め、大さじ1杯の塩を溶かします。1杯すべての水を使ってうがいをしましょう。[1]これを行うことで、のどの粘液を落とすことを助けます。
    • 飲み込むための水ではないので、味の心配はいりません。実際、のどに少しでも痛みがある場合は、心地良くさえ感じるでしょう。
    • 塩水よりも味は悪くなりますが、リンゴ酢でうがいをするという選択肢もあります。
  3. 3
    はちみつとレモン入りのお茶を飲むことを検討しましょう。これに関しては2つの説があります。お茶(特にはちみつとレモンを入れたカモミールティー)はのどの調子を整える優れた飲み物だと考えられています。[2] そして何十年もこれが実践されてきました。しかし、お茶もレモンも酸性で、酸は被膜組織(声帯を組織するもの)に良くないことで知られています。[3] あなたの意見はどちらでしょう?
    • しかし、はちみつには何も問題ありません。別の(そこまでではありませんが)よく知られた方法は、スプーン1杯のはちみつを直に飲むことです。これははちみつを舐めるための最高の言い訳となるでしょう。今度はスプーン1杯のヌテラが効くと言い出す人がいても不思議ではありません。
  4. 4
    1日に2回、頭部にスチームを浴びましょう。スチームはのどの潤いを増加させます。これは、風邪をひいた女性歌手がスカーフを着用しているのも同じ理由で、熱がのどに良いという考えから来ています。
    • 水を沸騰させることで、簡単にスチームを発生させることができます。頭と鍋をタオルで覆い、湯気を取り込みましょう。お好みで、エッセンシャルオイルを加えることもできます。加湿器の周辺で過ごすのもよいでしょう。または、湯船に熱いお湯を張り、換気扇を止めた状態で深呼吸することもできます。(特に水不足の場合などには、よく考えて水を使いましょう。)
  5. 5
    トローチを使いましょう。(耳にしたことがない場合はおかしく聞こえるかもしれませんが、)多くの歌手の間でアカニレが流行しています。しかし、公式な科学的結論は出されていません。アカニレのトローチには高評価のレビューが多く付いていますが、なぜ効果があるのかという科学的な論証はありません。プラシーボ効果の可能性もあります。[3]
    • 効果について解明されていないとはいえ、害がないことは確かです。大概のトローチは一時的な改善策として効くことでしょう。
    広告

3の方法2:
のどを休ませる

  1. 1
    かすれた声に休養を与えましょう。一番良いのは、数日間一切声を出さないことです。被膜組織を修復させるために、のどの休養は不可欠です。やはり沈黙は金なのです。
    • 誰かとコミュニケーションをとる必要があるときには、ささやき声を使う代わりにメモを渡しましょう。ささやくという行為は、叫ぶときと同じくらい声帯同士を強くぶつかり合わせることになってしまいます。筆談は、イラストを加えたり暗号を解いてもらったりすれば楽しくできるでしょう。
    • もし仕事で大きな声を出さなければならない場合は、拡声できる機械を使いましょう。
    • ガムを噛んだりトローチを舐めたりして、口を閉じていられるようにしましょう。また、唾液の分泌も改善されるでしょう。
  2. 2
    鼻で呼吸をしましょう。話をやめて口を閉じているように言われれば、鼻以外で呼吸する方法が無いことに気が付くでしょう。口で呼吸をすると乾燥してしまうので、鼻づまりさえなければ鼻からいくぶんかの空気を通すことができるでしょう。
  3. 3
    どんな状況でも、アスピリンの服用は避けましょう。大声で叫んだことが声が枯れた原因の1つである可能性があるときには、おそらく毛細血管が損傷されています。アスピリンは血液凝固を抑制してさらなる出血を引き起こすので、治癒を妨げてしまいます。
    • のどのかゆみを和らげるためには、別の方法があります。次のセクションで紹介します。
  4. 4
    喫煙をやめましょう。至極当然だと思うことでしょう。聞いたことがない人のために説明すると、喫煙は健康にさまざまな悪影響を与えるだけでなく、のどの乾燥も引き起こします。
    • 喫煙は、変声の原因になることもあります。つまるところ、肺が音を出すために煙を使うことになるのですから、当然とも言えます。 喫煙をやめると、すぐに改善を感じられるでしょう。
  5. 5
    酸性の食べ物を避けましょう。トマトやチョコレート、柑橘類の果物は酸度が高く、声帯の組織を裂いてしまいます。のどの痛みを和らげたければ、できる限りこれらを避けるとよいでしょう。
    • 辛い食べ物も、のどにはそう良くはありません。刺激を与える食べ物は避けるべきです。(そのため、自然のままの水はあなたにとってめっぽうに良いものなのです。)
    広告

3の方法3:
医師に相談するべきときを判断する

  1. 1
    2~3日のうちに声が回復しなければ、医師に相談しましょう。前の日の夜にコンサートで声を出しすぎたというのであれば、翌日に声が枯れるのは普通のことです。しかし、何もしていないのに声が出なくなり、他の症状も無いということであれば、何かより大きな問題の兆候である可能性があります。医師に相談してより詳しく指導してもらいましょう。
  2. 2
    他の問題に対処しましょう。ひどい風邪にかかっているときに、のどの治療に専念するということは意味を成しません。免疫システムを回復させれば、声も元に戻るでしょう。何か他の症状があるときには、初めにそれらから対処をすることで、問題が解決するかもしれません。
  3. 3
    時間をかけましょう。声がよくなってきたとしても、声に良い習慣を継続しましょう。抗生物質の過程を完了させるものとしてとらえるとよいでしょう。初めの数日間調子が良いと思っても、まだ休養が必要です。継続することで100%に達し、それを維持することにつながります。
    • この期間に歌おうとする場合は、(酸性の食べ物だけでなく)乳製品も避けましょう。のどに膜を張ることは、一時的に心地良く感じられるかもしれませんが、効果はありません。粘液は加えるのではなく、取り除くほうがいいでしょう。
    広告

注意事項

  • 沸騰した水を扱うときには、ひどい火傷につながる可能性があるため十分注意しましょう。
  • 医師に相談するときには、両親や保護者に面倒を見てもらいましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告