普通に暮らす方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

「普通に暮らす」ということは一見簡単そうに聞こえますが、実はとても複雑な概念です。何が普通であるかというのは、文化や社会によっても、また個人によっても違います。さらに何が普通であるかは常に変化します。普通な生活を営むためには、まず自分にとって何が普通であるかを把握しなくてはいけません。ユニークであることや個性的であることが好きな人もいれば、型や仕組みを必要とする人もいます。[1] 自分にとっての普通とは何かを明らかにし、自分にとって最適な日々の習慣を作りましょう。

パート1(全2パート):自分にとっての普通とは編集

  1. 1
    ありのままの自分を受け入れましょう 。自分自身を変えることはとても大変です。 そのため、まず初めに自分自身を理解する必要があります。[2] 社会は様々な性格や特徴を持った人々で構成されています。他人がどうであるかに関係なく、自分自身にとって何が普通であるかということを決めましょう。古い型を破るのか、もしくは厳しい社会のルールに従うのか、あなたにとってはどちらが普通でしょうか。自分にとって何が普通かを決めるために、次のことを自問してみましょう。:
    • 命令に従い、厳格な社会構造を維持することが、あなたにとって一番自然ですか?
    • 自立心を持って、自分自身で物事を解決することが好きですか?
    • 自分の周りにいる人が自分の行いを認めてくれた時に一番の喜びを感じますか?
    • 一風変わった人たちと一緒に暮らして、新しい生活様式を試してみたいと思いますか?
  2. 2
    自分が属する社会の中では何が普通とみなされているかを考えてみましょう。どんな個人も、近所や地域やコミュニティなどの社会の中で生きていかなくてはいけません。それぞれの社会特有の規範や価値観によって、何が普通であるかが決まります。社会の慣習や自分が属する組織が、何が普通であるかをどのように理解しているかを考えてみましょう。そうすることによって、他人との交流を通じて自己を表現しやすくなります。[3]
    • 例えば、あなたの住んでる場所では早口で角が立つ話し方が普通であるとしましょう。 しかし他の地域でそのような話し方をしていたら、社会ののけ者にされてしまうかもしれません。社会的慣習は場所によって異なるということを知っておくことで、世間が抱く自分に対するイメージを形成しやすくなります。
  3. 3
    精神と感情の良いバランスを見つけましょう。 どんな人でも感情の浮き沈みはあります。辛い状況にどう対処するかを学び、あらかじめ準備しておきましょう。例えば、自分の個人的信念について誰かと話していて、議論が白熱したとき、自然で適切な返事をするにはどうすればよいかを知っておく必要があります。もしあなたの反応が攻撃的になってしまうのであれば、そこに克服しなくてはいけない深い問題があります。
    • 自分の信念に沿って生きているのなら、他人に何が普通であるかを指図されたとしても、落ち着いていられるはずです。[4]
  4. 4
    自分をためらわせているトラウマを克服しましょう。過去にトラウマがある場合、一人ぼっちに感じたり、自分は他人と違うと感じてしまいがちです。トラウマによって身体の化学的構造が変わり、自分自身や環境がどのように見えるかに対して永久に影響を与えてしまうことがあります。[5] しかし、自分が普通ではないと感じていたとしても、同じようにトラウマを持っている人と話してみることで、トラウマを克服し普通の生活に戻ることが可能であると気付くことができます。トラウマの支援グループを探してみましょう。[6] トラウマ体験は、忘れようとするのではなくむしろ受け入れられるようになることで、自分自身を強くすることもあります。
    • 習慣やリズムが身についてきたら、普通の感情とは何かについて考え始めてみましょう。そうすることで、自分自身の最も深い生の感情を表現しやすくなります。[7]
    Advertisement


パート2(全2パート):普通でいるための習慣を作る編集

  1. 1
    日々の習慣をつくりましょう。すでにある習慣を基にして、ゆっくりと始めましょう。習慣があることにより、普通でいることができたり、自制力を身につけることができます。すると自分に能力があると感じられ、起こりうる障害に対応することができます。毎日同じ時間に起きたり、毎朝朝食を作ったりといったことから始めてみましょう。些細なことに感じるかもしれませんが、小さな日々の習慣によって、自分のリズム作り出したり普通でいることができます。[8]
    • 最初からたくさんの習慣を作ることは避けましょう。たくさんの習慣に縛られて、自分自身の成長を妨げてしまうこともあります。[9]
    • 自分に合った習慣を見つけることで、ストレスを減らし自己を表現する自信を身に着けることができます。
  2. 2
    学びましょう。 学ぶことで、新しい人脈やアイディアや資産を利用することができます。様々な学位が学校や大学で用意されています。築こうとしている普通の自分に関係のあるものがないかを調べてみましょう。見つからない場合は、興味のある職業訓練校や実習がないかも探してみましょう 。他の人の普通とあなたの普通を混ぜて考えないように注意しましょう。
    • 高校卒業後、すぐに大学進学する人が増えており[10]、それに伴い、自分の働き始める専門分野に対して十分に準備できないままに大学を卒業してしまう学生も増えています。[11]
  3. 3
    情熱を傾けることができる仕事を見つけましょう 。まず自分自身を養わなくてはいけません。 また、自分以外も支えなくてはいけなくなるかもしれません。それに関しても準備しましょう。 人気があるという理由だけで、自分が好きではない仕事を選んではいけません。[12] そうではなく、毎日どのような人や環境に囲まれていたいかを想像しましょう。その仕事が自分の性格に合わず、幸せになれそうにないなら、自分自身でいられる他の仕事を探してみましょう。
    • 仕事に満足している人々は、多くの場合、日々の同僚との交流に喜びを感じています。[13]
  4. 4
    有意義な人間関係を構築するために努力しましょう。結婚は全ての人にとっての普通ではありません。結婚ばかりを追い求めるのではなく、様々な社会グループから有意義な人間関係を築けるように努力しましょう。様々な種類の人と広くつながることで、自分がどのような人と分かり合えるかを知ることができます。
    • どのようなグループと交流を持っているかどうかにかかわらず、周囲の人からサポートを得るということは必要です。他人に支えてもらっているということは、日々の生活を普通であると感じるために必要不可欠です。 [14]
  5. 5
    ペットを飼いましょう。ペットを飼う事には日々の愛情や気配りが必要です。それによって、様々な面からあなたの普通さが構築されます。ペットの世話をすることで日々の習慣もでき、より幸せに感じられるようになります。ペットを飼っている人ほど健康で幸せであるという研究結果もあります。[15] さらに、長期的な恋愛関係や子供を持つことにまだ準備ができていないなら、ペットを飼うことが他人との有意義な関係性の構築のきっかけになるかもしれません。
    • 自分の生活スペースと日々のスケジュールにあったペットを選ぶことは重要です。時間やスペースが十分にないままペットを飼うことは、ストレスを増加させ、長期的に心の負担になる可能性があります。
  6. 6
    旅をしましょう。様々な人々や習慣や文化に触れると、意外にも、自分と近くにいる人を比べる以上に、自分にとって何が普通であるかを感じることができます。旅をすることは、世界がどれだけ大きく多様であるかということを気付かせてくれます。旅をすればするほど世界中の人々の共通点を発見することができ、また、文化によって様々な違いがあることに気付くでしょう。
    • 現実逃避としての旅は避けましょう。自分自身や他人、自分が好きなものを学ぶために旅をしましょう。[16]
    Advertisement

ポイント編集

  • 自分に余裕がある時に、他人が困っていたら助けましょう。自分の殻を破って他人を助けることで、広い視点を持って暮らすことができます。
  • 奇人や偉人でさえ、目標達成のために日々の習慣が必要です。[17]
  • 「普通」であることと「幸せ」であることは同じ意味ではありません。


Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHow共著者の一人、Paul Chernyak, LPCがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

出典編集

  1. http://www.psychiatrictimes.com/major-depressive-disorder/association-between-major-mental-disorders-and-geniuses
  2. Sparrow, T. (2011). Ecological Necessity. Thinking Nature, 1. Retrieved from http://issuu.com/naughtthought/docs/ecological_necessitybytomsparrow
  3. Richardson, C., & Skott-Myhre, H. A. (Eds.). (2012). Habitus of the Hood. Bristol: Intellect Ltd.
  4. http://c.ymcdn.com/sites/www.nationalwellness.org/resource/resmgr/docs/sixdimensionsfactsheet.pdf
  5. Van der Kolk, B. (2014). The Body Keeps the Score: Brain, Mind, and Body in the Healing of Trauma (1 edition). New York: Viking.
  6. http://www.traumasurvivorsnetwork.org/pages/peer-support-groups
  7. Malabou, C. (2012). The New Wounded: From Neurosis to Brain Damage. (S. Miller, Trans.) (1 edition). New York: Fordham University Press.
  8. Sparrow, T., & Malabou, C. (2015). Plastic Bodies: Rebuilding Sensation After Phenomenology. Ann Arbor: Open Humanities Press.
  9. https://www.psychologytoday.com/blog/changepower/201009/routines-comforting-or-confining
  1. http://www.ed.gov/news/press-releases/us-high-school-graduation-rate-hits-new-record-high
  2. http://www.insidehighered.com/sites/default/server_files/files/Bridge%20That%20Gap-v8.pdf
  3. Kim, J., Heo, J., Lee, I. H., & Kim, J. (2014). Predicting Personal Growth and Happiness by Using Serious Leisure Model. Social Indicators Research, 122(1), 147–157. http://doi.org/10.1007/s11205-014-0680-0
  4. Bélanger, J. J., Pierro, A., Kruglanski, A. W., Vallerand, R. J., De Carlo, N., & Falco, A. (2015). On feeling good at work: the role of regulatory mode and passion in psychological adjustment. Journal of Applied Social Psychology, 45(6), 319–329. http://doi.org/10.1111/jasp.12298
  5. Lin, N., Dean, A., & Ensel, W. M. (2013). Social Support, Life Events, and Depression. Academic Press.
  6. https://www.psychologytoday.com/blog/the-mindful-self-express/201208/do-pets-help-or-hurt-our-health-look-the-research
  7. http://observer.com/2014/02/a-month-at-a-time-why-i-quit-travelling-and-started-living-mini-lives/
  8. http://mentalfloss.com/article/12500/11-historical-geniuses-and-their-possible-mental-disorders

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement