時間が経った犬のおしっこのシミを落とす方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

犬のおしっこのシミは付着したばかりであれば、落とすのはとても簡単です。しかし、留守中に犬がどこかにおしっこをしてシミを付けてしまう場合があります。幸いなことに、食器用洗剤や重曹など、どの家庭にもあるものを使って、時間が経って乾いた犬のおしっこのシミを落とせる場合があります。それらでシミを落とせなくても、市販の製品を使う、専門業者に依頼するなどして落とせるかもしれません。

3の方法1:
食器用洗剤を利用する

  1. 1
    小さじ1/2杯(2.5 mL)の食器用洗剤とカップ1+1/4杯(250 mL)のお湯を混ぜる 洗浄液が泡立つまでしっかりと混ぜましょう。[1]
  2. 2
    洗浄液を直接シミにかける 洗浄液がシミ全体に行き渡るようにしましょう。シミの箇所に洗浄液を浸透させなければなりません。
  3. 3
    シミの箇所をペーパータオルで吸収する ペーパータオルで洗浄液の水分をできるだけ吸収します。洗浄液の余分な水分を吸収するのが困難な場合は、掃除機で吸い取りましょう。[2]
  4. 4
    シミがなくなるまで、洗浄液を浸透させて吸収する作業を繰り返す 作業が終わったら洗剤が残らないように、シミのあった箇所をお湯ですすぎましょう。すすぎまで完了したら、ペーパータオルでシミのあった箇所を乾かします。
    広告

3の方法2:
酢、重曹、過酸化水素を利用する

  1. 1
    ホワイトビネガーと水を1:1の割合で混ぜる シミの箇所全体にしっかりと浸透させるのに十分な量の洗浄液を作りましょう。[3]
  2. 2
    ホワイトビネガー洗浄液に浸けた雑巾をシミに押し当てる 洗浄液がシミの内部まで浸透するように、雑巾をシミに強く押し当てます。雑巾でシミを擦らないようにしましょう。[4]
  3. 3
    適量の洗浄液を直接シミにかける 洗浄液がシミ全体に行き渡るようにしましょう。カーペットのシミに洗浄液をかけすぎないように注意しましょう。[5]
  4. 4
    洗浄ブラシを使って洗浄液をシミに擦り込む ブラシをシミの表面にしっかりと押し当てて、シミの箇所全体に渡って前後の動作で擦りましょう。洗浄ブラシがない場合は、歯ブラシで代用できます。
  5. 5
    ペーパータオルを当ててシミの箇所を乾かす 必要に応じてペーパータオルを追加しましょう。
  6. 6
    シミに重曹を振りかける お店で売っている一般的な重曹を利用できます。シミの表面全体に、重曹が薄く積もるようにします。[6]
  7. 7
    カップ1/2杯強(120 mL)の過酸化水素と小さじ1杯(5 mL)の食器用洗剤を混ぜる 濃度3%の過酸化水素(オキシドール)を利用しましょう。洗浄液が泡立つまでしっかりと混ぜましょう。[7]
  8. 8
    適量の洗浄液をシミにかけて擦り込む 洗浄ブラシを前後に動かして擦ります。過酸化水素を含む洗浄液と重曹がシミの内部まで浸透しやすくなるように、ブラシをしっかりと押し当てて擦りましょう。 [8]
  9. 9
    ペーパータオルでシミの箇所を乾かす カーペットに洗浄液が残らないように、シミの箇所をできる限り乾かしましょう。洗浄液の余分な水分を取り除くために、掃除機を利用してもよいでしょう。
    広告

3の方法3:
他の方法を試す

  1. 1
    犬のおしっこ用の市販のシミ取り剤を購入する 市販のシミ取り剤には、おしっこのシミと臭いを除去するのに役立つ酵素が配合されています。おしっこのシミにシミ取り剤を塗布し、ラベルに記載の指示に従いましょう。[9]
    • 犬のおしっこのシミ用に作られた製品を探しましょう。
    • 市販のシミ取り剤に含まれる成分が飼い犬や家族に悪影響を与えることが心配であれば、ラベルに「オーガニック」や「天然成分100%」などの表記がある製品を探しましょう。
  2. 2
    カーペットクリーナーをレンタルして頑固なシミを落とす インターネットで、「近所でカーペットクリーナーをレンタル」などのキーワードで検索してみましょう。カーペットクリーナーに付属してくる化学洗浄剤を使用したくない場合は、天然成分100%の洗剤か手作りの洗浄液で代用しましょう。レンタル業者の指示に従ってシミを落としましょう。[10]
  3. 3
    専門業者に依頼してシミを落とす 地元のカーペットクリーニング業者に連絡して、シミ除去の訪問作業を依頼しましょう。カーペットクリーニング業者は、カーペットからシミと臭いを完全に除去するのに必要な機材と薬剤を持っているはずです。[11]
    広告

ポイント

  • 時間が経った犬のおしっこのシミがなかなか見つからない場合は、ブラックライトを使うと見つけやすくなります。部屋の明かりを全て消灯し、ブラックライトを点灯します。犬のおしっこのシミは、ブラックライトで照らすと光ります。[12]
広告

必要なもの

  • 液体食器用洗剤
  • ペーパータオル
  • アンモニア
  • 掃除機
  • ホワイトビネガー
  • 洗浄ブラシ
  • 重曹
  • 過酸化水素
  • 雑巾

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 掃除

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告