日焼けを取り除く方法

うっかり日焼けをした結果、日焼けの痕が残ってしまったらとても辛いですね。その日焼けが日光によるものでもエアブラシやスプレータンなどのフェイクタンと呼ばれる人工的な日焼けでも完全に日焼けを落としたり色を薄くする方法はあります。日焼けによる肌へのダメージは修復不可能ですが肌を元の色に戻すことは可能です。

パート1(全3パート):フェイクタンやスプレーによる人工日焼けの落とし方

  1. 1
    エクスフォリエイトピーリングを行いましょう。フェイクタンを取り除くにはシャワーで行うエクスフォリエイトというピーリング方法が一番です。日焼けした肌の一番上の層を取り除くことで、その下の新しい肌が顔を出します。これがエクスフォリエイトというピーリング方法です。ボディースクラブ(この場合は塩や砂糖のスクラブなど、大きな粒が入っている商品がよいでしょう)とヘチマたわし、もしくはそのどちらか一つを使ってピーリングを行います。
    • 毎回シャワーのたび膝や肘など、フェイクタンが残りがちな場所を重点的にピーリングしましょう。ボディースクラブもしくはヘチマたわしを使って、円を描くような動きでマッサージしましょう。「強く」マッサージしすぎると肌を傷つけますのでお気をつけ下さい。
    • ボディースクラブとヘチマたわしは、身体にのみご使用ください。顔のフェイクタンを取り除くためにはもっと細かい粒の洗顔用スクラブもしくは湿らせた洗顔用のタオルで丁寧にピーリングを行う必要があります。
  2. 2
    プールに泳ぎにいきましょう。ピーリングを行ってもまだしつこくフェイクタンが残っていたら地元のプールに行ってみましょう。プールの水に含まれる塩素などの化学物質は肌からフェイクタン痕を跡形もなく落とします。[1]
    • プールの水を肌に浸透させるために、少なくとも1時間泳ぐように心がけましょう。水遊びなどをして遊んでるだけでは効果がありません。水泳は効果的な有酸素運動ですので一時間の間にできるだけたくさん泳ぎましょう。まさに一石二鳥です。
  3. 3
    脱毛クリームを使いましょう。フェイクタンが原因の、まだらな斑点などを落とすのにご使用ください。脱毛クリームにはフェイクタンに含まれる成分を分解する化学物質が含まれているので、クリームをつけたあとさっと拭き取るだけで簡単に落ちます。取り除きたい日焼けのあとの上に軽く塗り、10秒そのまま放置した後、ウエットティッシュや濡れたふきんで取り除きましょう。 [2]
    • 脱毛クリームの本来の用途は間違いなく毛を取り除くことです。ですからこの方法は、あなたが毛を残したいと思っている部分、例えば腕などには使わないでください。
    • 敏感肌の方の中には、こういったクリームにアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますのでご使用前には、手首などの小さな部分でパッチテストを行ってから広い範囲に使用しましょう。脱毛クリームは体用に開発された製品ですので顔には決して使わないようにしましょう。
  4. 4
    スチームルームと言われる蒸気がでている部屋に行きましょう。スチームルームは、フェイクタンを落とす非常に効果的な方法です。熱い蒸気が毛穴を開き、日焼け用製品を肌から外に出します。スチームルームに最低でも20−30分座っているようにしましょう。 出た後すぐに濡れたタオルで肌を下に向けこすりましょう。[1]
    • タオルで拭いて日焼けを落とす時はタオルにフェイクタンの色タオルがつきますので古いタオルをご使用ください。
  5. 5
    フェイクタンを落とし専用の製品を試しましょう。フェイクタンを製造している優良な会社の多くはフェイクタンを落とす製品も製造しています。フェイクタン落とし製品は、ボディースクラブのような形状であったり、拭き取りタイプ、オイルといった形で販売されています。特に同じ製造会社のフェイクタンを取り除くのに効果があります。
    • 製造しているメーカーにもよりますが、一部の製品は比較的高価です。しかし急いでいる時にはお金を使う価値があるほど素晴らしい効果があります!
  6. 6
    次回フェイクタンをする時はまだらにならないようにご注意ください。フェイクタンを使用する「前」に塗る製品があり、それを使うと、落とす時に痕を残さず、均等に取り除くことができるます。フェイクタンを塗る前の肌は、何も余計な物がついていなく潤った状態であることが何より大切です。肌が乾燥したまま行うと乾燥している部分にフェイクタンが「捕まって」しまいます。フェイクタンの前に行う作業は、フェイクタンをする2−3日前から始めましょう。
    • ご家庭で、レモンもしくはライムの果汁と重曹をまぜ、とても効果的なピーリングを作ることができます。果汁と重曹を混ぜた物を未使用のスポンジつけ、体を磨く直前に電子レンジで2分ほど加熱します。一日に一回、フェイクタンを使う2−3日前から行いましょう。[1]
    • ピーリングを行ったあとは、保湿クリームを使ってしっかりと保湿しましょう。ただしフェイクタンを行う当日は保湿を行ってはいけません。日焼けの色が薄くなったり痕が残る可能性があります。
    • 高価なフェイクタン製品よりも、安価なフェイクタン製品の方が、まだらになったり痕が残ったり均等に落とせない傾向があります。ただし、値段に関係なく単に自分の肌タイプと製品の相性が悪い場合もあるので、色々見て回ってご自分にあった製品を見つけましょう。
    Advertisement

パート2(全3パート):日焼けを薄くしましょう

  1. 1
    日焼け止めを毎日塗りましょう。残念ながら、広い範囲の自然の日焼けをすぐに取り除く方法はありませんが日焼け止めを塗り、今以上に日焼けが濃くならないよう予防するのは可能です。日焼けを避け日焼けのダメージを防ぎたい方は、毎日そして一年中日焼け止めを塗る必要があります。
    • 太陽に当たる30分前にはSPF値が30以上の日焼け止めを体中にたっぷり塗りましょう。
    • 顔にはからだ用の日焼け止めではなく、顔専用の日焼け止めをご使用ください。可能であればSPF値がより高いものをお使いください。ニキビができにくい、ノンコメドジェニック処方とラベルに記載されているかをご確認ください。これは毛穴や角栓を詰まらせないという意味です。
  2. 2
    肌を隠しましょう。日焼け止めを塗るのと同様に、肌を日焼けのダメージから防ぎ、現在の日焼けを悪化させないためにも、一枚肌の上に重ねましょう。とても暑い場所に住んでいたり、そういった場所に滞在する予定があるなら、薄く通気性のよい木綿生地で、ふんわりと着られる衣服を選びましょう。
    • 日焼け予防のための帽子や野球帽をかぶりサングラスをはめて、顔の日焼けを防ぎましょう。一日のうちの一番暑い時間帯は日傘を持ち歩くのもよいでしょう。
  3. 3
    ピーリング。フェイクタンを取り除く以外にも、日焼けによって死んでしまった肌の一番上の層を取り除き次の新しい層を残すことで、太陽による日焼けの色を薄くすることができます。お風呂で少なくとも週1回、ボディースクラブとヘチマたわしで円を描くように行いましょう。
    • 顔の肌をピーリングする際には、顔専用のスクラブもしくは、洗顔用のタオルを温水で濡らしてから優しく肌をマッサージしましょう。
  4. 4
    美白用製品を使用しましょう。美白用の製品を使って小さな日焼けなど除去することで、日焼けしてしまった肌の色を薄く見せることができます。これらの製品は日焼けによるダメージでできたシミや変色専用ですので、使用前には医師に相談することが大切です。色を薄くするクリームは肌に含まれるメラニンの量を減らすことで肌の色を薄くします。肌に含まれるメラニン色素が多ければ肌の色はより濃くなります。
    • 美白クリームは一般の薬局でも、また医師の処方箋によってでも手に入れる事ができます。有効成分にステロイドもしくはレチノイン酸(ビタミンA)を含むクリームが最も安全で効果があります。他のクリームはアルブチン、コウジ酸、アゼライン酸などの天然成分を含んでいます。
    • ハイドロキノンは、効果のあると言われる美白製品に含まれている有効成分で、薬局で誰でも手に入れる事ができますし、ハイドロキノンをより多く配合した製品が欲しい場合は、アメリカでは処方箋があれば手に入ります。アジア各国やヨーロッパでは、ハイドロキノンはガンを引き起こす恐れがあると使用を禁止されていますのでご使用の際は医師にご相談ください。
    • アジア各国で作られる美白製品の中には水銀を有効成分として含んでいる製品もあります。水銀の使用は、胎児の死産などの深刻な副作用がある水銀中毒を引き起こします。アメリカ国内では水銀の販売は禁止されていますが、ご自身の安全のため美白製品をご使用になる前には水銀が含まれていないか必ずラベルをご確認ください。[3]
  5. 5
    肌の水分を適度に保ちましょう。肌の水分を定量に保っていると肌自身が持っている力が十分発揮され肌細胞の新陳代謝を活発し肌が若返ります。この肌の働きにより自然にできた日焼けが素早く落ちます。 肌の保湿には、水を内側からと外側から取り入れることが大切です。内側からの保湿は、水を飲み、新鮮な果物と野菜を食べることです。外側からの保湿は、保湿クリーム、(特に天然フルーツ酸が含まれた日焼けを取り除くクリーム)を使って行うのがよいでしょう。
    Advertisement

パート3(全3パート):様々な日焼けを取り除く家庭での治療法

  1. 1
    グラムパウダーと呼ばれるひよこ豆の粉やレモン果汁、牛乳、ターメリック粉からフェイスマスクを作りましょう。定期的にご使用になると肌を輝かせ日焼けが落ちていきます。大さじ2杯のグラムパウダー、小さじ1/4杯のターメリック粉、半分のレモンから絞ったレモン果汁そして牛乳を一滴加えペースト状にします。 [4]
    • このペーストを顔全体と首に塗り15分放置した後、ぬるま湯で洗い流します。2日に一度の割合で行うと一番効果がでます。
    • ニキビができやすい脂性肌の方は、牛乳の代りにローズウオーターを一滴たらします。
  2. 2
    レモン果汁で足や手を浸しましょう。レモン果汁に含まれるクエン酸が美白に効果があり、手や足などにしつこく残っている、天然の日焼けやフェイクタンの痕を薄くしたり、落とすのに使えます。 3−4個のレモン果汁を、洗面器に入れたぬるま湯で薄めます。15−20分その中に手や足を浸します。
    • レモン果汁は肌を乾燥させるので、この治療方法の後、必ず保湿効果の高い保湿クリームで肌を潤してください。
    • 肘や膝など日焼けがしつこく残っている部位には、薄めていないレモン果汁を直接つけ、15分ほど放置した後洗い流しましょう。
    • ライム果汁やオレンジ果汁もクエン酸を含んでいるので、レモン果汁の代りにご使用いただけます。
  3. 3
    生のジャガイモで肌をこすりましょう。生のジャガイモはビタミンCを多く含んでいるため美白効果が期待できます。ジャガイモから絞った汁で濃い日焼けをこすったら薄くなったという報告例もあります。
    • ジャガイモを半分に切ったものの肌の表面をこすり日焼けしている肌を潤します。効果が現れるまで繰り返してください。
    • トマトとキュウリもビタミンCを多く含んでいるので、肌をこすると同じような効果が期待できます。[5]
  4. 4
    砂糖からスクラブを作りましょう。ご家庭の台所にある自然の成分だけで、驚くほど日焼けを落とす効果のあるピーリングを作ることができます。ブラウンシュガー1カップにオリーブオイルと絞り立てのライム果汁を少し加え混ぜます。[1]
    • 砂糖が日焼けにより死んでしまった肌をこすりライム果汁が肌の色を薄くしオリーブオイルで保湿を行います。
    • 濡らした綺麗なタオルや布を使い、これで体中を磨きます。その後シャワーで洗い流してください。
  5. 5
    アロエをご使用ください。アロエには日焼けを落とす効果だけでなく、日焼けによる火照りや傷を治す効果もあります。 お近所のガーデンセンターなどで鉢植えのアロエを購入し、アロエの葉からでるジェルを直接使います。アロエの使用で副作用が報告されたことはありませんので安心して何度もお好きなだけお使いください。
    • アロエ使用中は肌が非常に敏感になりますので、アロエで日焼けを落とす治療を行っている間の外出の際は、特に気をつけ、必ず日焼け止めをご使用ください。

  6. 6
    ココナッツウオーターをお試しください。ココナッツウオーターを塗って顔や手の色が薄くまた肌も柔らかくしなやかになったという報告例があります。毎日お使いになるのが一番効果的です。洗い流す必要はありません。[6] #*またココナッツウオーターを飲んで肌の内側と外側から保湿するのは良い方法です。ココナッツウオーターはカロリーが低いので普段の飲料水の代りに飲んでいただくことも可能です。
  7. 7
    オーツ麦とバターミルクを混ぜた物でピーリングするという方法もあります。大さじ一杯のオーツ麦にバターミルクを一滴混ぜ、これを体中に塗ります。肌の中まで浸透するように,円を描くような動きで塗ってください。オーツ麦が肌のピーリングを行い、バターミルクが肌を滑らかで柔らかくします。グラムパウダー、牛乳、レモン果汁とターメリック粉を混ぜた物も日焼けを落とす効果があります。
    Advertisement

[6]

ポイント

  • 一つの製品を選びそれだけを使いましょう。肌から日焼けを取り除きたいからと、いくつもの製品を一緒に使ってはいけません。いくつもの製品をまとめて使うとかぶれなどの症状を引き起こします。過酸化水素、重曹、髪用脱色剤などを使って日焼け止めを取り除くことはできますが、これらを一緒に使ってはいけません。
  • 時間をかけましょう。毎日身体を洗い保湿をして清潔を心がけましょう。辛抱強く取り除き、次回スプレータンをする場合はより注意を払って行ってください。
Advertisement

注意事項

  • ご使用前に必ず小さな部位で使用テストを行い、刺すような痛みや燃えるような痛みまたはかゆみかぶれなどの症状がでないか確かめましょう。症状がでてしまった場合は、使用をやめ、日焼けが自然に取れるのを辛抱強く待ちましょう。
Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む29人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement