日焼けする方法

人は少し日焼けしているとかっこよく見える傾向があります。肌に温かみのある輝きを与え、シミを隠し、カラフルな洋服が引き立つようにもなります。しかし、きれいに日焼けをするには一筋縄ではいきません。紫外線を気にしたり、かっこ悪いオレンジ色ならないように気をつけたり、日焼け線がつかないように考えたりする必要があります。少しの知識をもち、対策をすれば、障壁を乗り越えて理想的な日焼けをすることができるでしょう。その方法をこちらで紹介しています。簡単な手順にのっとり、手っ取り早く黄金の輝きを手に入れましょう。

2の方法1:
日光浴を楽しむ

  1. 1
    紫外線を利用しましょう。紫外線を利用して日焼けをするには、従来通り日光浴をするのが一番です。しかし天候が悪い時は日焼けマシンが効率的です。日焼けマシンは年中利用でき、小麦色の肌を保つことができます。
    • 適度に日焼けしましょう。「オーブン」の中で長時間過ごし過ぎると、美しい肌が革のように見えるようになってしまします。
  2. 2
    肌に水分を与えましょう。みずみずしい肌は、乾燥して粉っぽい肌よりもきれいに日焼けします。肌をきれいに焼く前の準備として、以下を行いましょう。
    • 浴室で、肌を粗い布やヘチマでこする、あるいはピーリング石鹸を使用して洗い、乾燥した古い角質を取り除きます。
    • PCAナトリウム配合ローションで肌を保湿します。PCAナトリウムは人間の肌に含まれている天然の保湿因子で、健康な肌を維持する役割をします。また空気中から水分を取り込む働きもあります。
    • 適切な強さの日焼け止めを肌に塗ります。肌が白い人は、肌が黒い人よりもSPF値が高いローションを使用します。肌の種類やその時の焼け具合に関わらず、SPF値が少なくとも15の日焼け止めを使いましょう。
    • 水の中に入る場合は、防水タイプの日焼け止めを使うか、水から出たら日焼け止めを塗り直すようにします。それ以外の場合は、日焼け止めのラベルに書かれている通りに塗り直しましょう。通常は、数時間ごとに1度塗るように書かれています。
  3. 3
    日焼けする時は日焼け止めを塗りましょう。ビーチでただ座って1時間程焼くのであれば、肌の色やその時の焼け具合によってSPF4~15の日焼け止めを塗りましょう。
    • 日焼け止めを使用せず日に焼けると、やけどはしないにしても、UVAとUVBが肌にダメージを与えます。
    • 日焼け止め効果のあるリップクリームを使いましょう。日陰で日焼け止めを塗ってから日向に出る前に、20~25分なじませるのが理想的です。泳ぎに行く時や日焼け止めが防水タイプでない場合は、必要に応じて塗り直すか、ラベルに書かれているように数時間に1度塗り直しましょう。
    • 肌が赤くなっているのに気がついたら日陰に入りましょう。すでにやけどの状態になっており、焼き続けるとやけどが悪化して深刻なダメージにつながるリスクが高まります。
  4. 4
    きれいに焼くために着るものを考えましょう。パッチワークのような焼け跡をつけたくなければ、水泳で使う水着を着ます。同じ水着を着ていれば、水着と肌の境目が滑らかになじむように焼けるでしょう。
    • 可能であれば水着を脱ぎましょう。何と言っても焼け跡がないのが一番です。
  5. 5
    日光浴する場所を探しましょう。庭でもビーチでも、日が当たる所ならどこでも日焼けができます。必要なのは、日焼けローション、水、ビーチチェアまたはビーチタオルだけです。
    • 日光が直接当たる場所に椅子やタオルを置きましょう。
  6. 6
    日焼けしている間は動きましょう。「ロティサリー・チキン」を想像しましょう。きれいな小麦色に仕上げるために、動き続けます。前、後ろ、横、そして脇などの普段日が当たらない部分にも日を当てるようにしましょう。または、背中側を一日焼き、前側を一日焼くという方法もあります。
    • 一日中寝転んでいたくないけれども日焼けはしたいという場合は、ジョギングやウォーキングをするという手段があります。これらを行うと、日光を浴びて日焼けできるだけでなく、同時に引き締まった体を作るのにも効果的です。
  7. 7
    目を保護しましょう。目も焼けることがあります。しかし日焼けの際は、サングラスをかけるよりも帽子を被ったり、単に目を閉じたりする方がよいでしょう。明るい光が視神経に届くと、視床下部の分泌腺を刺激しメラニンを発生させます。その結果、強く焼けてしまいます。
  8. 8
    水分補給しましょう。水分を十分に摂りましょう。また、時々プールに入って体を冷やします。そうしても日焼けには全く影響しません。後で日焼け止めを塗り直すことを忘れずに。
  9. 9
    日焼けした後は保湿しましょう。アロエベースのローションを使用し、肌を鎮静し保湿しましょう。肌を健康に保ち、また日光のせいで乾燥してガサガサになるのを防ぎます。
    広告

2の方法2:
小麦色に塗る

  1. 1
    日光を避けましょう。色白で日に焼けやすい、あるいは健康を害するリスクを最小限に抑えたい場合は、日光浴や日焼けマシンは禁物です。やけどを負ってダメージを受けるまでやけどに気づきません。
  2. 2
    セルフタニングを行いましょう。ニュートロジーナ、ロレアル、ビクトリアシークレット、その他多くの会社が、肌を滑らかなムラのない小麦色にする商品を多数提供しています。
    • 説明書きの通り、ローションやスプレーを肌全体に均一に塗布します。毛穴を詰まらせないノンコメドジェニックのローションが一番良いでしょう。
    • 腕が異常に長い、または極端に柔軟でない限りは、友人に頼んでローションを背中に塗ってもらいましょう。
  3. 3
    抑圧から解放されましょう。日焼けサロンに行き、全身を小麦色にしてもらいましょう。数分の内に、プロフェッショナルが全身に日焼けミストを塗布してくれます。
  4. 4
    ラベルを確認しましょう。お金を費やす前に、商品やサービスに関する様々なレビューを確認します。肌をオレンジ色にしてしまうスプレーには気をつけましょう。
    広告

ポイント

  • 日焼けする際は、サングラスの跡が目の周りに残らないように気をつけましょう。
  • 敏感肌には、まず1日10分程度の短時間の日光浴から始めましょう。問題がなければ、日に当たる時間を少しずつ増やしていきます。赤くなったりかゆくなったりしたら、日焼けを数日間やめましょう。
  • 日光浴をした後、日焼けがひどく、非常に疲れを感じる場合は熱中症の可能性があります。
  • 日焼けが引き立つ服を着ましょう。日焼けしていない場合は、深緑や青、紫の服を着るとよいでしょう。少し焼けている場合は、日焼けを強調する黒または白を着ます。自分らしくいたい場合で強く日焼けしている場合は、好きな色を着ましょう。
  • 日焼けする前には水をたっぷり飲んで十分な水分を補給し、脚の毛を剃っておきます。水を飲まず、日焼け後に毛を剃ると、脚に白い点々が残ってしまいます。
  • 肌が非常に白く敏感な場合は、強い日焼け止めを使いましょう。例えば、温度が20~30℃であってもSPF50+を塗ります。
  • 日焼けをする際、一度で焼かないようにしましょう。一度で焼くと、日焼け線がはっきりついてしまいます。数回に分けて焼くのがよいでしょう。
  • SPF値は、塗布の頻度を表しています。例えば、SPF15は、15分に1度塗り直すという意味です。
  • 日焼けをする際、ベビーオイルを使用してはいけません。やけどします。
  • プールに行くと日焼けしやすくなります。水の中にいると太陽が水に反射して、日光浴しているだけで簡単に焼けてしまいます。
広告

注意事項

  • 日焼けをしている間と室内に戻った後は、たくさん水を飲みましょう。肌が熱く感じる場合は、アフターサンローションを使い冷やすようにします。やけどになっていたら、シャワーをするとひりひりすることがあるためです。
  • 日焼け用の薬に注意しましょう。目の中に結晶化した沈殿物が発生するケースが、日焼け用の薬を使用している人に多く見られます。この沈殿物は最終的に失明に繋がることが分かっています。
  • 毎日日に焼けるのは体によくありません。
  • ほくろを観察し、色や形の変化に注意しておきましょう。
  • 軽度から中等度のやけどはどこにでも起こり得ます。やけどがひどい場合は病院に行きましょう。
  • 長時間日に当たっていると、日射病にかかる危険性があります。
  • 日焼けに関する健康リスクを意識するようになると、白い肌も小麦色の肌と同じように魅力的だと気付き始めます。自分らしくいることを大切にしましょう。人々は肌の色であなたを受け入れるのではありません。そのままのあなたを受け入れるのです。
  • 極度の日焼けや紫外線の照射は皮膚がんにつながることがあり、その最悪の形は悪性黒色腫と呼ばれます。タンニングスプレーは安全です。どうしても日焼けする必要があり、少しオレンジがかっても気にならないのなら、タンニングスプレーの使用で命が助かります。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む162人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告