日本国籍を取得する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

日本は古くからある国の一つで、興味深い歴史を持っています。また、様々な分野において世界のリーダー的存在でもあります。外国籍を持つ人が日本国籍の取得を希望する場合は、手続きに1年間またはそれ以上の時間がかかることを念頭に置いておきましょう。国籍取得の正式な申請手続きを開始する際には、その時点で5年以上日本に住所を有していなければなりません。しかしながら、申請をすれば非常に高い確率で国籍を取得できます。申請者の約90%は、国籍を取得しています。[1]申請者自身が日本で生まれたことを証明できる場合や申請者の両親または親のどちらかが日本人であることを証明できる場合は、別の方法で国籍を取得することもできます。

3の方法1:
外国人が日本国籍を取得する

  1. 1
    継続して少なくとも5年間日本に居住し続ける 日本国籍を申請するには、継続して少なくとも5年間日本に居住し続けていなければなりません。以下の条件の1つでも満たしている場合は、継続して5年間居住していなくても国籍を取得できる場合があります。[2]
    • 申請者が継続して3年以上日本に住んでおり、両親のどちらかが日本の国籍を有している場合。
    • 申請者が日本で生まれ、継続して3年以上日本に住んでおり、両親のどちらかが日本で生まれている場合。
    • 申請者が継続して10年以上日本に住んでいる場合。
    • 日本に在住していた期間だけでなく、その間に日本を一時的に離れた場合は出発日と帰国日も証明する必要があります。パスポートやビザ、その他の正式な書類を提出すると良いでしょう。[3]
  2. 2
    20歳に達していること 20歳以上で、かつ母国において法的に成人としてみなされる最低年齢に達していることを示さなければなりません。国によっては、この最低年齢が18 歳であったり21歳であったりします。この年齢が不明確な場合は、母国の弁護士に確認しましょう。[4]
  3. 3
    「品行方正」であることを証明する 公式の犯罪経歴証明を提出し、犯罪歴がないことを証明しなければなりません。[5]各事例が一つ一つ調べられますが、犯罪歴があっても日本の国籍取得が妨げられない場合もあります。[6]
  4. 4
    日本で自立した生活を送れることを証明する 仕事または所有財産を通して、安定した生活を送れるというのが、法律で求められる標準的な要件です。既婚者で、配偶者に扶養されている場合は、この要件を満たしているとされます。[7]
    • 申請者が雇用されている場合は、申請書に勤務先も記載しますが、記載内容の確認のため法務局の職員が雇用先を訪問することもあります。[8]
  5. 5
    外国の国籍を放棄する 日本国籍を申請する前または申請時に、外国籍を放棄しなければなりません。日本は、利益相反発生の可能性を防ぐために、個人が二重国籍を維持することを認めていません。[9]
    • 外国籍を放棄せず日本国籍を取得する条件が整っていることを正当化できる場合に限っては、例外的にそれが認められる場合があります。
    • 申請者が20歳未満の場合は、二重国籍が認められる場合がありますが、20歳になる前に外国籍を離脱して日本国籍を維持するのか、日本国籍を放棄するのか決断しなければなりません。
  6. 6
    事前面接に出席する 日本国籍申請に関する要件が全て、又はほぼ整ったと考えられる時点で、自分の住所を管轄している地元の法務局に連絡を取ります。法務局は面接の場を設けてくれます。この第1回目の面接では電話もしくは直接会って、事前審査が行われます。 担当官は、申請者が日本国籍を申請できる要件を十分に満たしているのか、ほぼ満たしているのか確認します。[10]
    • 申請要件の準備が整っていると担当官が判断した場合、2度目の面接の予定が組まれます。
  7. 7
    2度目の面接に出席する 2度目の面接の時には、日本国籍の申請資格を有することを証明するために準備するべき特定の書類を知らされます。申請要件の定められたリストというのはありません。担当官は各申請者、各事例を個別に考慮し、それによって求められるものは異なります。通常、以下のような書類を要求されます。[11]
    • 出生証明書
    • 結婚証明書
    • 旅券
    • 出入国の記録
    • 雇用証明
    • 資産証明
    • 居住証明
    • 学歴証明 (成績証明書、資格証明書)
    • 心身の健康状態の証明
    • 犯罪経歴証明
  8. 8
    帰化に関するビデオを見る 2度目の面接の際に、帰化の手続きと申請者に期待されることについての約1時間のビデオを見せられます。[12]
  9. 9
    t帰化の手引きの冊子を読み、提出書類をまとめる 2度目の面接終了後には、提出するべき特定の書類のリストと帰化するための条件が述べられた冊子を受け取ります。これらの資料を熟読し、書類をまとめ始めます。この作業に数ヶ月の時間を要するかもしれません。準備が整ったら、担当官に連絡し、申請における面接を依頼します。[13]
    • 前回の面接の際に、個人の申請番号および担当官の名前を受け取っているはずです。
  10. 10
    申請のための面接に少なくとも1度は出席する 必要条件がすべて準備が整ったと思われる段階で担当官に連絡を取り、申請のための面接を依頼します(これ以前の作業は、申請書を提出する前の段階です)。法務局の担当官との面接があり、申請内容を細かく確認されます。書類の不足や記載の不備がある場合は、完備するよう求められます。必要があると考えられる場合は、追加書類を求められることもあります。[14]
  11. 11
    書類が審査されるのを待つ 申請書を提出した後は、後日連絡が入るまで待つように言われます。その間、法務局の担当官は申請書の内容を調査し確認します。確認事項の一環として家庭訪問が含まれることもあります。担当官は、申請書に記載されている知人や雇用者などの身元保証人に問い合わせする場合もあります。[15]
    • 手続き中はどの時点でも、項目にかかわらず追加の情報を求める連絡が入る可能性があります。
    • この段階の申請手続きには、数ヶ月要することもあります。
  12. 12
    最終面接に出席する 全ての要件が満たされていると思われる場合は、最終面接に出席するように連絡が入ります。最終面接では、宣誓書に署名をします。この段階で申請は地元の法務局に正式に受け入れられたことになります。法務局は、確認済みの申請書に署名入りの宣誓供述書を添えて法務省へ提出します。法務局がこれらを受け取り承認した段階で、申請者は最終的に日本国籍を取得したことになります。[16]
    広告

3の方法2:
認知による日本国籍の取得

  1. 1
    日本国籍取得の最低要件を満たしている 両親は未婚であるが両親のどちらかが日本人であり、以下の要件を満たしている場合は、日本国籍を取得することができます。[17]
    • 申請者が20歳未満である。
    • 申請者はこれまで、日本国籍を所有したことがない。
    • 法的に、少なくとも両親のどちらかが申請者を認知している。
    • 申請者の出生時に、認知している親が日本国籍を有していた。
    • 認知している親が、認知時に日本国籍を有していた。
  2. 2
    当該機関に直接申請する。日本国籍を申請する場合、法務省が定める当該局に直接申請しなければなりません。申請者が日本に居住している場合は、自分の住所を管轄する地域の法務局に届け出ます。海外に居住している人は、日本大使館または領事館に相談します。[18]
    • 日本国籍を申請するには、申請者本人が直接出向き申請しなければなりません。但し、申請者が15歳に達していない場合は例外であり、法的に認められた保護者又は代理人が、申請者に代わり出向いて申請することができます。
  3. 3
    日本国籍申請をすることの通知を提出する 法務局の当該機関への通知は書面にしなければなりません。法務局から申請書を受け取ったら、記入して提出します。[19]
    広告

3の方法3:
出生による日本国籍の入手

  1. 1
    両親のどちらかが日本人である 申請者の出生時に両親のどちらかが日本人であったならば、申請者は自動的に日本の国籍を取得します。[20]
  2. 2
    父親が日本人である 日本の国籍法第2条2項は、日本人の父親を持つが、出生前に父親が死亡した場合、その子は出生した段階で日本国民になると定めています。[21]
  3. 3
    日本で生まれた場合 日本で生まれた場合において、父母がともに知れない時、自動的に日本国籍を有する資格があります。乳児が遺棄されたり、放棄されているという報告があったり、医療センターや警察に委ねられたりした場合に適用されます。[22]
    広告

ポイント

  • 日本で過ごす時間を楽しみます。日本語を身につけていないのであれば、日本に住んでいる5年の間に日本語を学び、地元の人たちと触れ合いましょう。
  • 必要条件として提示されている期間に圧倒されてしまって、やる気を失わないようにします。日本国籍をぜひとも取得したいと考えているのであれば、待つだけの価値があります。
広告

注意事項

  • 日本国籍の取得に対する意志が固いことを確信します。居住期間は最低5年となっていますが、政府が申請の調査を行うのに約1年かかることもあります。
  • 申請者が20歳を超えている場合、単一の国籍を選択を宣言することが義務づけられています。自分の元々保有していた国籍を放棄しなければならなくなるため、日本国籍取得が心底自分の希望することであることを自己確認しなければなりません。
  • 日本国籍取得において、提示するものは全て真実でなければなりません。意図的な虚偽の報告が認められた場合は、禁固刑または罰金刑、またはその両方が科されることがあります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 旅行

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告