授業の計画を立てる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

効果的な講座を考えるのは時間と賢さが必要となり、生徒の目標と能力を加味しなければなりません。様々な教育と同じようにこれから教えようとする内容を参加する意欲を持たせることと、出来る限り覚えててもらうことが目的になります。以下が授業を最大限に活かすアイデアです。

パート1(全3パート):基礎をつくる

  1. 1
    目的を作ります。授業の最初に毎回、授業の狙いを書きます。とても簡単なものにしましょう。例えばこんな形です。「食べて呼吸して動いて成長する、といった動物の体の仕組みを理解しよう。」基本的に生徒は学んでから出来るようになります。もし付け加えたいのであれば、学ぶ手法を加えてみましょう。(ビデオ、ゲームフラッシュカードなど)
    • 少人数のクラスであればより基礎的な事柄でもいいでしょう。”文を読んだり書いたりするのに慣れてみよう。”
  2. 2
    要約を書いてみよう。授業への要点を含んだ大体の流れを書きましょう。例えば、授業でシェークスピアの”ハムレット”を扱っているのであれば、研究者の間で”ハムレット”はどんな位置づけなのか、歴史はどれくらい事実に則しているのか、欲望や口実のテーマが現代にどれほど関係しているのかが、それにあたります。
    • これは授業の長さに依ります。どの授業においても、授業の半分を基礎的なをことに割きます。概観も含みますが、それ以上でも構いません。
  3. 3
    予定を立てよう。もし割り振られた時間が多く取れるのであれば、急いでやる時間と何かが起こった時にゆっくりやる時間を割きましょう。例として1時間の授業を挙げてみます。
    • 1:00-1:10: ウォームアップハムレットに関する悲劇について昨日の討論を振り返ります。
    • 1:10-1:25: 現在の情報 ハムレットの前後2年間に対してシェークスピアの歴史を簡単に話し合います。
    • 1:25-1:40: 演習作中におけるテーマについて議論をします。
    • 1:40-1:55: '"より自由に演習を行う 今扱っているシェークスピアの内容について一行で説明します。出来そうな生徒だったら2行書いてもらい、書くのが大変そうであれば支援をします。
    • 1:55-2:00: まとめ プリントを回収して宿題を配布、授業を終えます。
  4. 4
    生徒を知ろう。だれに教えるのかを明確にします。授業の手法はどうやるのか?(視聴覚の教材を扱うのか、また触れたり誰かと協力して行うのか。)生徒は何を知っていてどんなことに詳しいのか?
    • 多くの外交的な人、そして内向的な人を相手に授業をする事があります。生徒の中には一人で作業することで恩恵を受ける生徒もいるでしょうし、他の生徒はグループで作業することで捗ることがあるでしょう。このことを知っておくと、アクティビティを異なったやりとりの好みに整えるのに役立ちます。
    • 不幸にもあなたが知っている内容をすでに知っている生徒を持つことになるかもしれません。賢い生徒側は異星人に向かって話しているように見ていることでしょう。もしどういった子供なのかを知っていたら、誰をペアにして誰を分けるかが分かるはずです!
  5. 5
    多数の生徒によるやりとりを利用しよう。何人かの生徒は一人でやることで上手くこなし、もう一方はペアでまたは大きなグループで上手くやるはずです。彼らがお互いにやりとりをしているのであれば、あなたはやるべきことをしていることになります。ですがそれぞれの生徒は異なっているので、全てのタイプの関わりあいをする機会を作ってあげましょう。あなたの生徒(やクラスのまとまり)はうまくいくはずです!
    • 実際にどの活動も個々にわかれていたり、ペアだったりグループで取り行われています。もしあなたが計画を緻密に練っているのであれば、生徒たちを合流させてうまくいくかどうか確かめてみましょう。その活動の中でハサミを見つけるのもいいかもしれません!
  6. 6
    様々な学びの形を取り入れてみよう。25分間のビデオの間にじっとしていられなかったり、本から抜粋した2ページを読む気になれない子を持つ事になるでしょう。他の子たちより個性が強い子たちですので、あなたの行動を変えてみて生徒の能力を活かすような教え方をしましょう。
    • 全ての生徒たちは別々に学びます。ある生徒は情報から、ある生徒は耳から、そしてまたある生徒は文字通り掴んで情報を取り入れます。あなたが話すことが得意でないのならば、無理に話すのをやめ、その得意でないことを打ち明けましょう。生徒たちが読書をしているのであれば、その読書を活かせる手を使った活動を思いつきましょう。生徒たちが飽きることも少なくなるでしょう!
    Advertisement

パート2(全3パート):段取りを考えよう

  1. 1
    ウォームアップをする授業の最初は、生徒たちの脳はまだ内容を受け入れられない状態です。だれかが心臓の手術について説明をし始めたら、恐らく「へぇ~、うん分かったよ。じゃあ後でちょっと『メスを持ってきて』よ。」と会話を返しましょう。ワームアップというのは知識を確かめるだけ、ということではなく自分のペースに乗せることにあります。
    • ワームアップは簡単なゲームにしましょう(現在学んでいる知識が定着しているかを見る、今扱っているテーマの単語を出題してみる、または先週学んだことを思い出してみるといった内容)もしくは会話が始まるような質問や写真でもいいでしょう。内容はなんでもいいので、生徒たちが会話を始められるような活動がいいです。たとえはっきりとあなたが言わなくても、トピックについて考えさせる活動と内容を考えましょう。
  2. 2
    情報を提供しよう。これは素直な方法です。フォーマットはどうあれ、情報を発表したり提供することから始める必要があります。ビデオ、歌、テキスト、はたまた概念的なものでさえも利用できます。授業全体の核になるものです。これがないと生徒は何も出来ないでしょう。
    • 生徒のレベルによっては基礎の基礎に立ち返らなければいけません。どれくらい返らなければいけないか。「彼はラックにコートを置いた」という文章は、”コート”と”ラック”の意味を知らなければ文章を理解することができません。基礎的な事を教えてあげて次のレッスンに活かすようにしましょう。
    • 生徒にこれから学ぶ予定のことを伝えるのは役に立つことに気づくでしょう。これが「生徒に目的を伝える」という事です。これ以上はっきりとさせることは出来ません!彼らはその日学んだ「知っている」という事から立ち去っていくでしょう。他の道はありません!
  3. 3
    指導付きの演習を行いましょう。生徒たちは情報を得た次は、彼らが行動を移すような活動を考える番です。ですが、学んだことがまだ慣れていないようであれば補助付きの活動で始めましょう。ワークシートを使ったり、二人一組や、写真を使うといった方法はいいかもしれません。空白を埋める前に、エッセイは書かないでしょう。何事も段階を踏んでから!
  4. 4
    2つの活動に時間を持てるのであれば、なお良しです。*2つの別の手法で知識をテストするのはいい考えです。例えば、書くことと喋ってもらうこと両方で行います(2つは異なったスキルです)。異なった適正を持つ生徒にはその活動を用意しましょう。
  5. 5
    活動と進捗を評価しましょう。指導付きの演習が終わった後は、評価を行います。あなたがこれまで教えたことが理解してもらえましたか?もしそうであれば、次へ進みましょう。さらに一歩進んだ概念を取り入れたり、難しい技術の演習を取り入れるなどしてみましょう。もし理解しきれてなさそうであれば、情報に戻りましょう。どう教え方を変える必要があるか?を考えてみてください。
    • 暫く同じグループを教えているのであれば、ある種の考えと戦っているであろう生徒に当たるでしょう。もしそうであれば、授業を進めるのが上手な生徒とその生徒をペアにさせてあげてください。生徒を置いてきぼりにさせたくないでしょうし、またクラスを同じレベルに引き上げるまで授業を遅らせたくも無いはずです。
  6. 6
    自由な演習をしよう。基礎を生徒が学んだのであれば、知識を活かした活動を彼ら自身の意志でさせてみましょう。もちろん部屋に残しておくと言った意味ではありません!彼らの頭脳があなたが教えた情報を咀嚼するような創造性を発揮させようという事です。あなたであれば生徒の才能をどう開かせますか?
    • 今手元にある目的と使いたい技術次第です。20分で人形を作る計画や、2週間にも及ぶ超越的存在における大霊の議論に至るまで同じことが言えます。
  7. 7
    質問の時間をつくろう。もし授業で主題について触れる十分な時間があったら、授業の最後は10分間の質問の時間に充てましょう。議論から始め、問題についての問いを解決をしていく流れにしていきます。もしくはやっていることを明確にする時間にしましょう。生徒にとっても利益になります。
    • もし手を上げることが出来ない生徒のグループがいたら、変化を加えましょう。話し合いをするための主題の側面について触れ、5分間それについて会話をします。そして授業の方に意識を持ってきてグループディスカッションを行います。面白い観点が出てきますよ!
  8. 8
    しっかりと授業を締めくくろう。ある種、授業は会話のようなものです。もしあなたが口を止めれば、空気はどこか浮ついたものになります。悪くはありませんが、・・・ある種奇妙で居心地が悪いものです。もし時間に余裕が有るのであれば、生徒に今日の授業の締めくくりをしてもらいましょう。彼らが学んだものを文字通り「見せてもらう」のはいい考えですよ!
    • その日のコンセプトを振り返るために5分取ろう。生徒たちにコンセプトを確認する質問(新しい情報を紹介するのではなく)をしましょう。これはお互いに今日身につけたことを繰り返す事をします。一巡することなので、区切りはしっかりと!
    Advertisement

パート3(全3パート):準備をする

  1. 1
    もし緊張をするなら、計画を立てましょう。新しい先生たちは授業の計画を考えることで気持ちが落ち着くことがあります。その行為が授業より時間がかかってしまうとしても、もし助けになるのであればそうしましょう。どんな質問を投げかけたいのか、会話がどんな方向へ行くのかを把握していれば気持ちは落ち着くものです。
    • 教えるときは少しづつ教えるのを抑えます。少しづつ、何もすることなく授業をすることができるようになるでしょう。計画を立てたり、教えようとすることを書き留めることに時間を費やすべきではないのです。最初の練習手段として使いましょう。
  2. 2
    余裕を持ちましょう。時間単位のタイムラインは書いてありますか?それはあくまで参考である、ということを忘れずに。例えば、「君たち!もう1時15分だ!今やっていることから手を止めてくれ。」といった具合であれば実際に教えていることが生きているとは言えません。理由を持って計画にそってやっているという一方で、ある程度余裕を持つ必要があるのです。
    • もし授業でやり過ぎたところが多いなと思ったら、触れられる所と触れられない所を把握しましょう。子どもたちが一番把握しなければいけないことはどんなところでしょう?あまり関係がなく時間泥棒な箇所は?もう一方で、もし時間が残ったら別の活動をしてみましょう。
  3. 3
    余裕を持った授業計画を立てましょう。やるべきことをたくさん持っているということは、十分に持っていないということより良いことです。タイムラインを持っていたとしても、うまく行かなかった時のことを想定しておきましょう。もし20分とっていたとしたら、15分は見積もってください。生徒たちが騒ぎ立てることは計画に入ってないでしょうから!
    • 一番簡単な方法は、話し合いを生徒たちにさせてみることです。共に話し合いを初めて意見や質問を投げかけます。
  4. 4
    理解が出来そうなものに代用してみましょう。あるいは教えられないことにぶつかるかもしれないと思って、誰かが理解できるような計画を立てたいと思うかもしれません。これを言い換えると、もし予め書いておいて忘れてしまったら、頭が真っ白になってしまった時に思い出すことが簡単だということになります。
    • オンライン上で多くのテンプレートが見つかります。また他の先生が使っているフォーマットを聞いてみるのもいいでしょう。一つにこだわっているのであれば、それでも構いません。一貫性があればなおよしです!
  5. 5
    もしもの時の計画を考えておきましょう。あなたのキャリアの中で、授業計画を進めている最中に生徒が騒ぎ立ててあなたを唖然とさせてしまうひが来るかもしれません。またテストが延期になったり、授業の半分が酷い有様になってしまったり、DVDプレーヤーからメディアを取り出せない、といった日も来るかもしれません。そんな日のために、万が一が起こった時の計画を立てておきましょう。
    • ベテランの先生はどんな時でもさっと取り出せるネタを持っています。もしパネット広場について面白い授業の題目があるのであれば、後でとっておきましょう。別の授業で、進化論や自然淘汰、遺伝子など次の授業活動に応じて選ぶことが出来ます。ビヨンセについて話すことが出来るかもしれません。(公民権や女権運動、ポップミュージックのあらまし、金曜の放課後に音楽の指導ということ等。)選べる選択肢を増やしましょう。
    Advertisement

ヒント

  • 授業が終わった後、計画を振り返って実際どういう結果になったか確かめてみましょう。次回はどうしてみますか?
  • 生徒と新しい題材について検討して、前もって一週間から二週間先のゴールを提示しておきましょう。
  • 授業がそれた時のための事を準備しておきましょう。気がそれてしまった時のクラスの注意を引き戻す計画です。
  • あなたが所属している国や地方の事情に合わせることを心に留めておいてください。
  • もし授業計画があなたのものでないとしたら、教育の原点を考えてみてください。テキストがなくとも生徒を指導することは出来ます。[1]
  • クラスに対して指定された日に質問の返答を期待していることをはっきり述べておきましょう。


このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement