挨拶をする方法

学校や職場で、あるいは友達との間で、挨拶は日々の生活に欠かせません。だからこそ、挨拶のスキルを身につけることが大切です。誠実な態度で心を開いて挨拶をするための簡単な方法をご紹介します。

3の方法1:
知らない人に打ち解けた態度で挨拶をする
編集

  1. 1
    相手に近づきましょう。自信を持って微笑みながら近づくことが大切です。こっそりと近づいたのでは気味が悪く、相手に悪印象を与えてしまう可能性もあります。
  2. 2
    挨拶をする前にアイコンタクトをとりましょう。しっかりと相手の目を見た上で、「こんにちは。調子はどうですか?」などと手短に話しかけます。
    • 声がけは簡潔にしましょう。過去の恋愛や故人に関する話題や感情的な話題といった過度に私的なことを聞かないようにします。
  3. 3
    相手の反応を待ちましょう。相手が「こんにちは」と返事をしてくれたら、微笑みながら自己紹介をします。
    • 相手のことを知るようになった経緯や、相手が自分のことを知っているかもしれない理由について触れてもよいでしょう。例えば、「こんにちは、(自分の名前)です。先学期にあなたと同じ映画の授業を受けていました」などと話しかけます。これなら、相手があなたのことを覚えていなかった場合にも、恥をかいたり気まずい沈黙が生じたりしません。
  4. 4
    会話を始めましょう。あなたは、先ほど自己紹介をした相手のことをもっとよく知りたいと思っているはずです。相手との間に共通点があれば、そのことについて話をしましょう。例えば、「今でもリチャード・リンクレーターの作品が好きですか?」、「時間があったら外で少し話をしませんか?」などと切り出します。
  5. 5
    相手の反応に身を任せましょう。相手が不審な表情で自分を見ていたり、急がしそうにしたりしていたら、無理に会話を続けることはありません。無理強いすると相手に気味の悪い印象を与えるばかりか、問題を引き起こしかねません。相手が微笑んで会話を続けてくれたら、成功です。きちんと挨拶をして、新しい友達をつくることができました。
    Advertisement

3の方法2:
紹介された相手に正式な挨拶をする
編集

  1. 1
    マナーに気を配りましょう。紹介されたばかりの相手に礼儀正しく挨拶をするには、「今晩は(相手の苗字)さん。初めまして」などと言います。
    • 握手のために手を差し出しましょう。相手も手を差し出してくれたら、きつくなりすぎない程度にしっかりと手を握ります。
    • 「お元気ですか?」と尋ねましょう。このひと言が会話のきっかけとなり、相手もあなたに挨拶をすることができます。相手の現状がどうあれ、この質問には常に「元気です」という返事が返ってくることを覚えておき、次の話題に移る準備をしておきます。相手の特徴や服装、紹介者から聞いた相手の職業などについて話をしましょう。
  2. 2
    会話の糸口となるちょっとした話題を見つけましょう。会話を続けるためには、天気や家族、どれくらい離れた場所から来たのか、ランチに最適な店はどこかなど、誰でも興味を持てそうな単純な話題について話をします。相手を感心させようとしないことです。親しみやすく気さくな態度で、簡潔に話をしましょう。
  3. 3
    相手の様子に気を配りましょう。頻繁に背後を振り返っていたり、時計を見ていたりするようなら、会話に興味がないことの現れです。丁寧に別れの挨拶をして、飲み物でも飲みに行きましょう。
    Advertisement

3の方法3:
仕事の場で紹介された相手に正式な挨拶をする
編集

  1. 1
    自信を持ちましょう。紹介された相手に友好的かつプロフェッショナルな態度で挨拶をします。
  2. 2
    上下関係を意識しましょう。同僚や対等な相手の場合は、比較的打ち解けた態度で挨拶をしても大丈夫です。例えば、「こんにちは、(相手の苗字)さん。初めまして。以前からご活躍について伺っており、一緒にお仕事ができる日を楽しみにしていました」などと挨拶をします。
    • 目上の人や地域の重要人物と会う際には、相手の名前を「さん付け」で呼びましょう。「こんにちは、(相手の苗字)さん。お会いできて光栄です」という挨拶は、「こんにちは、(相手の名前)。調子はどう?」などといった挨拶よりもはるかに好ましい印象を与えます。
    • 目下の人に同様の挨拶をしても構いません。「こんにちは、(相手の苗字)さん。お会いできて光栄です」と挨拶をすれば、相手もあなたに対してプロフェッショナルな態度で接してくれるでしょう。
  3. 3
    当座の仕事の話を簡潔にしてから、別の話題に移ります。長々しい会話に巻き込まれて抜け出せなくなるのは誰にとっても嫌なものです。特に、重要な仕事の場では嫌がられます。話をやめるタイミングが分からない人だと噂にならないように気をつけましょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • 常に微笑みを忘れず明瞭に話をしましょう。特に大事なのは、相手の目を見て話すことです。目を見ることで相手をしっかりと意識していることが伝わります。
  • 相手の名前を知らないときは、「初めまして」、「またお会いできて嬉しいです」などと挨拶をしましょう。
  • 大人に挨拶をする場合は、穏やかに微笑み「こんにちは」と挨拶しましょう。
  • あるいは、「またお会いできて嬉しいです。残念ながらお名前を忘れてしまったのですが・・・」などと丁寧な聞き方でもう一度名前を教えてもらいましょう。少し失礼な気がするかもしれませんが、間違った名前で呼ぶよりもはるかに良い印象を与えます。
Advertisement

注意事項編集

  • 相手に「お元気ですか」と聞かれたら、返事をした上で相手にも同じことを尋ねるのが丁寧な方法です。
  • 相手に不快感を与えてしまうので過度に自信のある態度はとらないようにしましょう。
  • 近づいてほしくなさそうな相手に近づかないようにしましょう(自分に対する相手の身ぶりを観察します)。
  • 挨拶は文化によって異なることを覚えておきましょう。西洋の一般的な慣習は広く知られているので握手のために手を差し出しても誤解されることはないでしょうが、さらに細かな違いには注意しましょう。例えば、アジアでは西洋と異なり、アイコンタクトが相手をじろじろと見ているかのような印象を与えてしまう場合もあります。


Advertisement

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む43人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 社交 | 人間関係

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement