折り紙で手裏剣を作る方法

手裏剣を店で買う必要はありません。安くて安全なものが紙で作れます。折り紙の手裏剣をお子さんと一緒に作って遊びましょう。

パート1(全3パート):正方形の紙を準備する

  1. 1
    長方形の紙から正方形を切り出します。普通紙や工作用紙などを使って正方形を作りましょう。正方形の紙が手に入る場合は、このステップを飛ばして次に進みます。
  2. 2
    対角線で折って正方形の紙を作ります。右上から斜めに折り、左側で二辺を重ねると、三角形ができます。
  3. 3
    余分な箇所を切り取ります。はみ出した部分をはさみまたは手で丁寧に切り取ると、正方形の出来上がりです。
    広告

パート2(全3パート):パーツを折る

  1. 1
    正方形の紙を半分に折ります。折り目が紙の縁と平行になるように折りましょう。
  2. 2
    折り線で半分に切ります。正方形を半分に切り離し、2個同じものを作ります。はさみを使うと簡単です。
  3. 3
    再度半分に折ります。1枚を縦半分に折ります。もう1枚も同様にします。
  4. 4
    端を折ります。角から紙の縁に合わせて斜めに折ります。
  5. 5
    繰り返します。反対側の端と、もう1枚の両端も折ります。図のように、折る方向を逆にします。
  6. 6
    端を三角形にします。端を再度、斜めに折ります。表側に大きな三角形1個、裏側に小さな三角形2個ができます。
  7. 7
    繰り返します。反対側ともう1枚の両端も三角に折ります。図のように、三角形は逆向きです。
    広告

パート3(全3パート):組み合わせる

  1. 1
    左を裏返し、2枚を図のように並べます。
  2. 2
    右を左に重ねます。中央に正方形ができますが、四角がわからなくても構いません。中央で重ねましょう。
  3. 3
    上の角を谷折りし、もう一方のパーツの中心に差し込みます。
  4. 4
    下の角を谷折りし、もう一方のパーツの中心に差し込みます。
  5. 5
    全体を裏返します。
  6. 6
    同様に、右の角を谷折りし、もう一方のパーツの中心に差し込みます。
  7. 7
    左の角を谷折りし、もう一方のパーツの中心に差し込みます。ややきついかもしれません。
  8. 8
    中央の差し込み口にテープを貼ります。こうすると、手裏剣が分解しません。
  9. 9
    完成です。手裏剣で遊びましょう。
    広告

ポイント

  • 手裏剣に折り目をしっかりつけます。そうでないと、鋭く強そうな手裏剣に見えません。
  • 紙はまっすぐ切り、しっかり折りましょう。
  • 丁寧に切り、折ると、線がぴったり重なって最後に中央に差し込むのが容易になります。
  • 一度に3個以上作ってきれいに重ねましょう。個々の手裏剣の間には若干の隙間ができるはずです。これを全部まとめて親指と人差し指で挟み、フリスビーを投げるように横から正面に向かって投げましょう。
  • 折り目をしっかりつけるには、親指の爪と人差し指の爪で折り目を上からしごきます。
  • ラメ入りのマーカーやペンなどで装飾しましょう。
  • この方法は、雑誌の表紙などの厚紙で作るのに適しています。
  • うまく折れないときは、先のとがった道具を使って端を真っすぐにしましょう。
  • 違う大きさでも作ってみましょう。
  • わからなくなったら、上記の方法を確認しましょう。
広告

注意事項

  • 手裏剣を投げるときは、注意を払いましょう。自分が怪我をする場合もあります。
  • 刃先が鋭いので、こどもが触れないようにしましょう。
  • 人間や動物に向かって投げてはいけません。
  • はさみの使用に当たっては、注意を払いましょう。
広告

必要なもの

  • A4 サイズの紙、または折り紙(任意だが、あるとよい)
  • はさみ(任意)
  • テープ

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む149人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 趣味・工芸 | 趣味・DIY

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告