成功者になる方法

年齢や住んでいる場所にかかわらず、また仕事上の目標が何であろうと、人生最大の目標は、おそらく、幸せになること、そして成功することでしょう。成功するということは、単にお金持ちになる、有名になる、ということだけではありません。自分の情熱を追いかけ、目的を持って生き、常に「今、この瞬間」を楽しむことができる、という内面的なものも含まれます。

4のパート1: 成功への道を築く編集

  1. 1
    情熱を注げるものを確認する 成功を収める前に、成功とは何かを定義する必要があります。人生でしたいことを見つけるのには、長い時間がかかるかもしれませんが、情熱的になれるものや、趣味、価値観を特定できると、目標が設定しやすくなり、人生が意味のあるものになるでしょう。自分1人でこれらを特定するのが難しい場合には、友人や家族に手伝ってもらいましょう。次のような事柄を考えましょう。
    • 自分の人生にどんな足跡を残したいですか。
    • どのように自分のことを人に記憶して欲しいですか。
    • 自分が属するコミュニティーをどのように改善したいですか。
    • 人生で興味関心のあるテーマは何ですか。例えば、学校の教科で好きだったものを考えましょう。そして、どうしてそれが好きだったのかを自問しましょう。[1]
    • ミュージカルが好きだったとしたら、その理由を考えてみましょう。音楽が好きだからですか、それとも、大きなグループと共通の目標を目指して活動するのが好きだからですか。
  2. 2
    目標をリストにし、目標達成のためにすべきことを考える 短期と長期の両方の目標を考えましょう。金銭面または仕事面以外での目標も考えましょう。例えば、対人関係における目標、自分磨きのための目標、経験したいことや学びたいことなどが挙げられます。また、予定表を作って、目標達成のための期限を決めましょう。[2]
    • スマート(SMART)ゴールを設定しましょう。スマートゴールとは、明確で具体的(Specific)、測定可能(Measurable)、達成可能(Achievable)、価値観に沿っている(Relevant)、期限が決められている(Time-bound)の5つの要素を含んだ目標のことです。
    • 大きな目標を小分けにしましょう。例えば、「世界を見る」ということを目標に決めるなら、目標とする貯金額や訪問する国々を決めましょう。
  3. 3
    目的を持って生きる 夢を実現できるように、またなりたい人間になれるように、自分の行動に注意を払わなければなりません。「今、行っていることが、将来の夢に通ずるか」と自問しましょう。[3]
    • 物事に飽きやすく、将来や過去の出来事について考えたり、1日が終わるのを心待ちにしているとしたら、おそらく、自分が今していることに集中できていないのでしょう。
    • 自分の時間を大切にしましょう。自由な時間ができたら、無駄に過ごさずに、好きなことを実行しましょう。例えば、週末はテレビを見て過ごすのではなく、趣味に時間をかけたり、大切な人や新しい友達と過ごしたりしましょう。
    • 生産性を達成度で測るのではなく、集中の度合いで測りましょう。実践すること全てが、従来の意味で生産的である必要はありません。重要なのは、アクティビティーに集中できたか、楽しめたかです。
    • 丸1日何もせずに、のんびりと過ごすことに何の問題もありません。逆に想像力が高まり、自己形成にも役立ちます。要は、好きなことに興じることと、何もせずにリラックスすることとのバランスを取れるように努力しましょう。
  4. 4
    決意を堅持する 計画だけでは不十分です。自分との約束を守ることも大切です。誰かに何かを実行すると告げたら、その通り実行しなければなりません。同様に、実行する自信がないものについては、人に言うべきではありません。自分の能力の限界を常に意識して、正直になりましょう。[4]
    • 計画をキャンセルするのは避けましょう。同じ人に対して、2度キャンセルするのは避けましょう。
    • 目標のための誓いを立てたら、堅持しましょう。立てた誓いを書き出して、見える場所に掛けましょう。
    • 誓いを立てたことで、自分が目標に近づけているかを確かめましょう。時折目標を確かめて、自分が正しい方向に進んでいることを確認しましょう。
    Advertisement

4のパート2: 外面的な成功を収める編集

  1. 1
    教育を身につける 教育を受けることで、自分の最大限の可能性を実現するために必要な知識やスキルが得られ、真実味も増します。金銭面での成功に関する統計によれば、教育レベル(最終学歴)が高いほど高収入を得られる可能性が高い、とあります。[5]
    • 2011年の米国において、高卒者の週あたりの平均収入が638ドルだったのに対して、大卒者は1053ドルでした。同年、大学院修士課程修了の場合は1263ドル、また、博士課程修了の場合には、1551ドルでした。
    • 全ての教育が正規のものである必要はありません。見習い経験や、長期の研修プログラムを通しての学習も、高収入に繋がるでしょう。また、受けた教育分野の証明書などがあると、年収アップに繋がるかもしれません。
    • 学ぶことを楽しみましょう。自分の住む世界について知れば知るほど、色々な質問が沸き起こり、物事への興味も更に増すことでしょう。
  2. 2
    資金を管理する 資金の管理方法を学べば、収入の額に関わりなく金銭面での安定が得られます。[6]
    • 出費を管理しましょう。毎月の収入から出費を差し引いて、毎月の小遣いの額を確かめましょう。また、銀行明細も定期的に確認して、出費の内容に気を留めるようにすれば、浪費を防ぐことができ、明細書に不明な点がないかも確認できます。
    • 収入金額を理解しましょう。国税、地方税、社会保障税などが全体の収入から引かれることを理解しておきましょう。また、健康保険料や貯蓄債券、ローン返済といった様々な支払いについても見落としてはいけません。全収入から、それらすべてを差し引いた額が手取り金額です。
    • 節約しましょう。毎月の収入が、月々の出費をカバーできないなら、出費の中で削れるものがないかを考えましょう。
    • 預金しましょう。毎月、決まった額を預金に回しましょう。収入の一部を、直接自分の銀行口座に振り込んでもらえないか、雇い主に相談しましょう。
    • 慎重に投資を行いましょう。所属企業が確定拠出年金を実施していれば、追加収入をそちらに回しましょう。
  3. 3
    時間を管理する 重要な事柄を先延ばしにしてギリギリまで着手せずにいると、ストレスの原因になり、また、間違いも起こしやすく、正確性を欠いた仕事内容になるでしょう。効果的に仕事が完了できるように十分な時間を取ることを意識して、時間を管理しましょう。
    • 予定表を使って、日、週、月毎の予定を整理しましょう。
    • スマホの通知機能を使いましょう。電子タイマーを使えば、時間管理を効率よく行うことができます。
    • その日にしなければならない事柄を全て書き出し、完了する度にチェックマークをつけましょう。計画的に物事が行うことができ、やる気も出るでしょう。
    Advertisement

4のパート3: 内面的な成功を収める編集

  1. 1
    今、この瞬間を楽しむ 過去の出来事をくよくよ考えたり、自分の将来を空想していると、今を楽しむことができません。過去や未来は空想にすぎません。現実は「今、ここ」で起きていることです。
    • 物事を前向きに考え、今を楽しめるようにするには、まず、否定的な考えに意識を向けましょう。否定的な思考が浮かんだら、それを認識し、否定的なものだと断定して頭から消し去りましょう。[7]瞑想やマインドフルネスを定期的に実践していると、このようなことを自然にできるようになります。
    • 周りの小さな事柄に意識を向ける習慣をつけましょう。肌に当たる太陽の光や、地面を踏む足裏の感触を意識して味わったり、食事をするレストランにあるアート作品を堪能したりしましょう。周りの小さなことに意識を向けると、無駄なことを考えずに済み、今、この瞬間を大事にすることができます。
  2. 2
    自分の人生を他の人のものと比べてはいけない 残念なことに、周りの人と比べて自分の成功の度合いを測る人がたくさんいます。達成感と満足感を得たいと思うなら、自分の人生そのものを尊重しなければなりません。
    • 多くの人が、自分の最悪の状態を他人の絶頂期と比べる傾向にあります。どんなに完璧な人生を送っているように見えても、その裏では誰もが悲しい出来事や、不安、色々な問題を抱えています。[8]ソーシャルメディアには注意し、その使用を控えるようにすると、他人との比較もしなくなるでしょう。
    • 自分より幸せそうな生活をしている人と自分を比べるのではなく、ホームレス、慢性的疾患のある人、また、貧困状態で暮らしている人たちのことを考えましょう。そうすれば、いかに自分が恵まれているかに気づき、自分を哀れむこともなくなるでしょう。ボランティア活動に従事すると、それを強く実感できるかもしれません。また、ボランティア活動は、満足感や自信を高めるためにも効果的です。
  3. 3
    いかに自分が恵まれているかをよく考える 人生において色々なことを達成しても、自分に無いものばかり考えていると満足できません。自分が持っているものに意識を注ぎ、毎日感謝することを心がけましょう。物質的な物の枠を超えて考えてみましょう。大切な人がいることに感謝し、楽しかった思い出を大切にしましょう。
    Advertisement

4のパート4: 人生の色々な面で成功を育む編集

  1. 1
    健康に気をつける 健康な体から、健康な精神が生まれます。バランスの良い食事を取り、栄養を過不足なく摂取するように心がけましょう。エネルギー不足や、集中力の欠如などの問題があれば、その原因を探り、医師、栄養士、その他の医療専門家に相談して対処しましょう。また、十分な運動も必要です。ただし、自分が楽しめる運動を選びましょう。
  2. 2
    良い機会を逃さない 自分が輝ける機会があれば、利用しましょう。良い機会を目の前にしながら、時間がない、意欲が湧かないと悩んでしまうなら、「これは、自分の最終目標に繫がるものだろうか」と自分に問いかけましょう。最終目標への近道だと思ったら、他の約束事は後回しにして、目の前のチャンスを掴みましょう。
    • 好機とは、何度も訪れないものです。取っておくことはできません。
    • だからといって、貯金を全部はたいたり、安全策を全く講じなくても良い、ということではありません。前進できる良い機会に恵まれたら、見逃さないということです。[9]
  3. 3
    前向きな人と付き合う 例えば、自分に満足している人、親切な人、寛容な人、仕事で成功している人、仕事以外で成功を収めている人など、色々な面で自分が尊敬する人と友達になりましょう。達成したいと思っていることを既に達成した人たちや、共通の目標を持つ人たちと協力関係を築きましょう。目標に向かって邁進している時に、人にヤキモチを焼いてはいけません。誰が成功を収めようと、それがあなたにとっての脅威にはなりません。[10]
    • 誰かと友達になる前に、その人は自分を意欲的に、また前向きにさせてくれるだろうか、自信を持たせてくれるだろうか、あるいは、その人と一緒にいると疲れたり、圧倒されたり、自分の能力を疑ったりするだろうか、と考えましょう。前向きな生き方をしている人と付き合いましょう。エネルギーを根こそぎ持っていかれるような人は避けましょう。
    • 劣等感を抱かせる友達や家族がいるなら、その人達との時間を制限しましょう。また、目標に邁進するのを邪魔する人、イライラさせる人、更に一方的に自分の時間とエネルギーを費やさなければならない友人、知人がいないかを確かめましょう。
    • 尊敬する人の中から、相談相手を探しましょう。何かを学べる人がいれば、その人に助言を求めましょう。
  4. 4
    心の境界線を引く 自分自身に必要なものはきちんと守りましょう。人には親切に接する必要がありますが、人からのぞんざいな扱いを許してはいけません。良い人とは、乱暴で失礼な行為を受けても我慢する人ではありません。[11]
    • 他人の心の境界線も尊重しましょう。大切な人が1人の時間が欲しい、1人で行動したい、と言う時には、きちんと聴いてあげましょう。
    Advertisement

ポイント編集

  • 音楽、写真、ファッション、最新の出来事など、自分にとって刺激的なものでモチベーションを保ちましょう。インスピレーションの源泉ほど情熱を掻き立てるものはありません。
  • 前向きな気持ちにさせてくれる人をお手本にすると、モチベーションを保ち続けることができ、正しい方向に進むことができるでしょう。個人的に知っている人でも、知らない人でもお手本に選ぶことができます。お手本になる人の生き方を学び、働く姿勢や職業倫理を自分のものとして取り入れるようにしましょう。

注意事項編集

  • 他人の成功を羨んではいけません。自分自身の高みに向かって、一生懸命努力しましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ