愛情を示す方法

共同執筆者 Allen Wagner, MFT

愛する人たちに愛情を示すことは一種の芸術のようなものであり、どんな芸術家になるにも練習が必要であるのと同じで、愛情を示すにも練習が必要になります。愛情に対する人々の反応は様々であり、言葉で表現されるのが好きな人もいれば、行為で示してほしい人もいます。幅広い観点にわたる言葉や行動を通して、友達や家族、配偶者やパートナーに愛情を存分に伝えましょう。

3の方法1:
言葉で愛情を表現する

  1. 1
    褒め言葉を言う 自分の周囲の人は自分がどれほどその人達のことを大切に思い、感謝しているか知っているだろうと思いがちですが、実際はそうではありません。あなたが彼らのことをどれほど大切に思っているかを分かってもらうため、褒め言葉を言ってあげましょう。あなたの友達はいつもあなたのことを支えてくれますか?パートナーは今日、素敵に見えますか?他の人には理解してもらえないようなことも、彼女なら理解してくれますか?このような事は、言葉にして相手に伝えましょう。言われた人は誇らしい気持ちになるでしょう。
    • まずはシンプルな事を言ってみましょう。「本当に感謝しているよ」「あなたが私の人生にいてくれて嬉しい」などと言えば、間違いないでしょう。
    • 男性も女性も、外見や個性を褒められることが好きです。「可愛いね」「カッコいいね」「魅力的だね」などと言うとかなり効果的です。「優しいね」「賢いね」などの褒め言葉も良いでしょう。
    • 心を込めて言いましょう。相手を喜ばせたいからといって、何でも言えば良いという訳ではありません。奥さんが作った料理が好みでなかったら、嘘をついて褒めるなどしてはいけません(料理に費やした時間と努力には感謝しましょう)。心のこもっていない褒め言葉では意味がなく、そのような褒め言葉は嘘であるとすぐに見破られてしまうものです。[1]
    Allen Wagner, MFT

    Allen Wagner, MFT

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    アレン・ワグナーはカリフォルニア州ロスアンジェルス市在住の認定マリッジ・ファミリーセラピストです。アレンは2004年にぺパーダイン大学にて心理学の修士号を取得しています。個人やカップルを対象に、人間関係や家族関係の改善を目標としたカウンセリングを専門的に行っています。また、妻のタリア・ワグナーと共に、自己啓発本「Married Roommates」を出版しています。
    Allen Wagner, MFT
    Allen Wagner, MFT
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    感情を分かち合うことに慣れていなくても、努力し続けましょう。結婚や家族問題を取り扱うセラピストのアレン・ワグナー氏は、「言葉で自然に表現することが得意でない人もいますが、そのような人は、言葉で表現する習慣をつける努力をしなくてはなりません。初めは不自然に感じるかもしれませんが、練習を続ければ、自然に感じるようになるでしょう」と述べています。

  2. 2
    相手を励ます 友達や愛する人の成長を望んだり、彼らのことを応援することも愛情と言えます。例えば、あなたが大学院に行くことを望んでいるとします。そのことを親友に伝えて「時間とお金がかかりすぎるよ」と言われ、瞬時に口を閉ざされてしまったとしましょう。そのようなことを言う友達から愛情を感じますか?愛されているとは恐らく感じないでしょう。愛情を示す際には、相手が自分の幸せを追い求め、成長できるよう応援してあげることが大切だということを頭に入れておきましょう。[2]
    • その他の例を紹介します。彼氏から、「ずっとFBI捜査官に憧れていた。キャリアを変えて警察官になることを目指そうと考えている」と打ち明けられたとしましょう。あなたはどのような反応をしますか?彼は常に信頼できる人です。夢を追うよう応援しますか?それとも、彼のことをからかいますか?愛情を示す反応はどちらであると言えるでしょうか?
    • 「頑張り屋さんだね」「思いやりがあるね」「才能があるよ」などのような誉め言葉は相手を励まします。愛する人の強みを指摘することでその人の自尊心を高めてあげましょう。
    • 結束力を通して愛する人を励ますこともできます。「あなたのことを信じているよ」「私はいつでもあなたのそばにいるからね」など言うと、相手の気持ちも高まることでしょう。
  3. 3
    アドバイスを求める 母親、隣人、友達、恋人など、誰であろうと、誰かにアドバイスを求めるということは、その人の意見を信用し、価値があるものと思っていることを示します。そのように思われていると知ることで、相手は自分の価値を認識することができ、嬉しい気持ちになるのです。お互いの関係もより強固なものになるでしょう。アドバイスを求めて失うものなどありません。相手との会話からきっと何かを得ることができるはずです。
    • 何か重大なことについてアドバイスを求めなければいけない訳ではありません。お気に入りの新しいレストランはあるか、どの店で車をチューニングしているかなど、聞いてみましょう。人生の危機などについてはアドバイスの求めがいがありますが、だからといって、話をでっちあげるべきではありません。
  4. 4
    感謝の気持ちを忘れない 友達や恋人と何年間も時間を共に過ごしていると、最初の頃に感じた有難みを感じにくくなります。付き合って数年になる彼氏がいるとしましょう。家事も自然と分担するようになり、あなたが皿洗いをして、相手はゴミ出しをするとします。あなたにとっては普通のことかもしれませんが、彼は好き好んでゴミ出しをしている訳ではないかもしれません。あなたに「ありがとう」と言ってもらえたら、自分のしていることに気づいてもらえていると知って彼は嬉しくなるでしょう。[3]
    • 感謝の気持ちを表す時は「お皿洗いを手伝ってくれて本当にありがとう」や「時間を作ってくれてありがとう」など、具体的に述べるようにしましょう。
    • パートナーのことを考えましょう。あなたの記憶に残っていないだけで、色々な事をしてくれている可能性があります。多めに日用品を買ってくれたり、あなたのタオルを洗濯してくれたり、駐車場であなたのことを待っていてくれたりしませんでしたか?相手はあなたへの愛を示しているのですから、あなたも感謝することで愛情を返しましょう!
  5. 5
    心を開く 他の誰よりもその人のことを大切に思っていることを示すのに良い方法は、心を開き、感情を分かち合うことです。必ずしもあなたの秘密を打ち明けなければいけないという訳ではありません。友達やパートナーに心を開くことで、相手に信頼を寄せていることを示すことができます。そうすると相手は、あなたの中で自分は別格なのだと感じることができるのです。もちろん、秘密を打ち明けるのは、自分が安心できると感じた場合のみにしましょう。このステップを行う準備ができていない場合は、他の方法を参考にしましょう!
    • 自分の心の奥底にひそめた、暗い秘密を打ち明ける際は、相手との関係が確固たるものであることを確かめてからにしましょう。その人のことを心から信頼していなくてはなりません。片思いの相手や、信用できない人にあなたの大切な秘密を打ち明けるなど、無駄なことをするのはやめましょう。
    広告

3の方法2:
日頃の行いで愛情表現をする

  1. 1
    しっかりと話を聞く 相手のことを聞くことも愛情表現の1つです。友達や愛する人が暴言を吐いていようと、言葉を発さずに目や体を使って会話をするようでは、愛情を示しているとは言えません。携帯電話を置き、相手の方に体を向け、1言1言に耳を傾けましょう。誰かがあなたの言うことを熱心に聞いてくれたのはいつであったか覚えていますか?自分のことに熱心になってもらえると、普段はなかなか感じることのない、素晴らしい感情を感じられるでしょう。[4]
    • 大切な人が話をしている時は、きちんと話を聞く努力をしましょう。電話や本などは置き、相手に注意を向けましょう。相手の話に耳を傾け、気持ちのこもった返事をしましょう。何と言ったら良いか分からない場合は、ハグをしてあげると良いでしょう。
    • 何か特別な事情がなくても、親身になって話を聞いてあげましょう。友達に会ったら、どんな1日を過ごしているか聞いてみましょう。買い物リストにある物に注意を向けるのと同じように、友達のこともしっかりと気にかけましょう。何も予期していない時こそ、気にかけてもらえると嬉しいものなのです。
  2. 2
    愛情を込める 人間とは、触れられることが好きな生き物であり、生きていくうえで、触れられることが必要になります。私たちは社会的動物であり、周囲から大切にされ、守られているのだと感じたいのです。そう思うことは自然であり、我々人間が持つ本質的な感情です。さらに、私たちは無意識のうちに、自分に触れる人を、触れない人よりも好いているということがある研究から分かっています。[5]触れることで、愛情を示すだけでなく、その人とより強固な関係を築くことができるでしょう。
    • 「触れる」といっても、親しい間柄の人同士の触れ合いや、性的な触れ合いだけを指すわけではありません。肩に手を置いたり、ハイタッチをしたり、背中を撫でたりすることも「触れる」うちに入ります。触れることで相手との身体的な壁がなくなり、愛する人の存在と大切さを確かめ、近くに感じることができるのです。
    • 気持ちのこもった長いハグをしましょう。色々な触れ方がある中で、ハグをすることも、愛情を示し、相手との関係を築くための非常に効果的な方法と言えます。7秒間しっかりとハグをすると良いでしょう。[6]強い絆を築き上げるには7秒間が必要と言われていますが、科学者にもその理由は分かっていないようです。
    • このハグは、相手を哀れに思ってしたり、慰めるつもりでするハグのことではありません。何の理由もなく、ただハグをしてあげるのです。何か動機があるから、罪悪感や責任感を感じるからハグをするのではなく、相手のことを大切に思っていることを伝え、愛情を示すためにハグをするのです。
    • お互いが心地よく感じるのであれば、腕に軽く触れたり、肩に腕を回したり、鼻をこすり付けたり、キスをするのも愛情のこもった仕草と言えるでしょう。
  3. 3
    相手を自分の生活の一部にする 恋人であれ、友人であれ、何かをシェアすると、2人の関係はより強いものになります。あなたの生活の中で相手とシェアできるものは何ですか?洋服を入れるチェストの引き出し、相手が訪ねてくる時専用の特別なグラス、学用品などはどうでしょう?愛する相手を生活の一部にすれば、その人を大切に思っていることが伝わるでしょう。[7]
    • 愛する相手を自分の生活の一部にするということは、自分の友達や家族にもその相手を紹介するということでもあります。友達、彼氏、彼女、きょうだいであれ、誰しも大切な存在として扱われたいのです。他の大切な人たちにも愛する人のことを話題に出したり、自慢したりするなどして、「自分は大切にされている」と感じさせてあげましょう。
    • 先程も述べた通り、アドバイスを求める、褒める、感謝することを忘れないようにしましょう。そうすることで、あなたが相手のことを想っていることが伝わります。
  4. 4
    内輪ネタや思い出のひと時を作る 相手との関係を深めるには、他の誰にも分からないような小さな思い出を分かち合うことが大切です。相手と過ごす一瞬一瞬が貴重な時間であることを示しましょう。そうするには想像力を働かせる必要があります。2人が夢中になって聴いた音楽のCDを作る、一緒に海へ行った時の写真を使ってマグカップを作るなどして、楽しい思い出をいつまでも覚えていられるような何かをあげると良いでしょう。そういったひと手間が、あなたも2人の思い出を大切にしていることを示すのです。
    • 何も大袈裟なことをする必要はありません。友達やパートナーにあなたの気持ちが伝わるものなら何でも良いのです。
    • 自分専用のスプレンダをストックしておきたいと相手が言っていたのなら、何パックか持って行ってあげましょう。冗談半分で、いつかマカロニ・アンド・チーズのドーナツを食べてみようという話になったことがあるのなら、実際に作ってみると良いでしょう。印象深い思い出として相手の心に残ることでしょう。
  5. 5
    お洒落をして印象付ける その相手と恋愛関係にあるのであれば、パートナーがお気に入りの、または、好きそうな洋服を着ましょう。ネクタイをすると彼女に喜ばれますか?ネクタイをつけて、ある晩彼女を驚かせてみましょう。アビエーターのサングラスをかけて、フェドーラ帽子をかぶったあなたのことを彼女はカッコいいと思ってくれますか?そうだとしたら、それらのアイテムを着用すべきでしょう。何も言わなくても、彼女は自分のためにお洒落をしてくれたのだと気付いてくれるはずです。
    • 香りや食べ物、その他の物に関しても同じことが言えます。夫のお気に入りのワインがあるのなら、帰宅途中にワインを1本買って行ってあげると良いでしょう。
    • アンチョビのピザが彼女の密かな好物なのであれば、時々思う存分味合わせてあげましょう。きっと彼女もあなたの行動を真似するようになり、お互いさらに幸せな気持ちになることでしょう。
    広告

3の方法3:
特別な事をして愛情を示す

  1. 1
    贈り物をする 贈り物をされる時に最も愛情を感じるという人もいます。彼らが嬉しいと感じるのは「何かを贈ってくれる」という愛情を示す行為に対してであり、彼らにとって贈り物の中身はそれほど重要ではありません。大切なのは相手を想う気持ちなのです。[8]クリスマスや誕生日、記念日などに贈り物をするとよいでしょう。サプライズギフトを贈ればさらに喜ばれるはずです。
    • 花やチョコレートはいつの時代にも喜ばれる贈り物です。手作りのカードなども良いでしょう。
    • 最も思い出に残りやすい贈り物は、何も予期していない時にもらう物であったりします。愛する人が、好きな本があるけれど買う余裕がないという話をしていたら、あなたがその本を買ってあげれば相手はずっとそのことを覚えているでしょう。
    • 大きかろうが小さかろうが、贈り物には「あなたのことを想っている」という気持ちが込められています。もらう側は、それを愛情の印として受け取ります。ですから、贈り物をするという行動に見合った行いをするようにしましょう。せっかく母親に大きな花束をプレゼントしても、何か月も電話をしないでほったらかしにしておくなどしては、プレゼントの価値が下がってしまいます。
  2. 2
    善い行いをする 空港で1晩過ごすざるを得ないという状況の時に、2時間離れた場所に住んでいる友達が迎えに来てくれると言ったら、どう思いますか?金銭的に厳しい状況の時に、友人が無利子でお金を貸してくれたらどうでしょう? 何の見返りも求めずに、すぐに助けを差し伸べてくれる行為は愛情を示しています。愛情を示すというのは、自分の利益を考えずに相手に与えるということであもあるのです。
    • パートナーと次にランチやディナー、お茶をしに行く際には、あなたが会計をしましょう。
    • 引っ越しや部屋の掃除など、面倒な作業を手伝ってあげると良いでしょう。
    • 相手に愛情が伝わる最も思いやりのある贈り物というのは時に、自分を犠牲にする行為であったりします。自分を犠牲にして相手を優先するからこそ「善い行い」なのです。朝の5時に空港まで車で送って行ってもらう必要のある友達がいるならば、普段は自分は寝ている時間だとしても、乗せて行ってあげましょう。自分にとって不便なことでも、友達を優先することで、あなたの友達を想う気持ちが伝わるでしょう。
  3. 3
    一緒に過ごす時間を作る 贈り物をされて嬉しく感じる人たちとは違い、最も愛情を感じるのは友達や家族、パートナーと質のある時間を一緒に過ごしている時だという人もいます。ここで大切なのは、ただ近くにいれば良いという訳ではなく、一緒に時間を過ごすということです。愛する相手としっかり向き合いましょう。[9]ダンスクラスやオペラ鑑賞、アイススケートやペイント弾のサバイバルゲームなど、一緒にできることを計画しましょう。あなたが計画したということに大きな意味があり、相手との絆を深める素晴らしい経験になるでしょう。
    • 一緒に時間を過ごす例として、映画を見る、カフェでお茶をして会話を楽しむ、ボードゲームをする、旅行をする、などといったことが挙げられます。
    • 愛する相手と一緒に計画を立てることで、相手はあなたの人生にとってかけがえのない存在だと思っていることが伝わります。1人でもできることかもしれませんが、相手と一緒に計画を立てることに意味があるから、そうするのです。愛する相手にもきっと伝わるでしょう。
  4. 4
    料理をしてあげる 「人の心をつかむには胃袋から」という古いことわざにもあるように、手料理で愛情を表現する人も多くいます。男性のためだけである必要はありません。誰かのために料理をすることは、相手との絆を深め、愛情を示す方法の1つと言えるでしょう。親友を招き、飲み物、デザート、前菜と共に、親友の好物を作ってあげるとよいでしょう。あなたがどれほどその親友のことを大切に思っているかが伝わるはずです。
    • 料理が上手くなくても、それ程問題はありません。愛する人の好きな事を計画したり、好きな物を用意することでも良いのです。パートナーが馬が好きな人であれば、乗馬を計画してみると良いでしょう。パートナーに好きな花があれば、その花で部屋を一杯にしてあげましょう。あなたの相手に対する愛情、そして、相手を想う気持ちが伝わることが大切なのです。
  5. 5
    愛情表現は人それぞれ異なる パートナーや友達に常に愛情を示していると思っているかもしれませんが、相手があなたとは違う考え方の持ち主である場合、あなたの愛情表現に気づいてもらえないかもしれません。ボディタッチをして愛情表現する人もいれば、行動で示したり、質のある時間を一緒に過ごすことで示す人もいるのです。相手の要望や期待に合わせてアプローチ方法を変える必要があるかもしれません。[10]
    • 万全の準備を整えておくために、様々な方法で愛情表現をするのが良いでしょう。行動、言葉、ボディタッチ、贈り物、質のある時間などを通して愛を伝えてみましょう。相手にあなたが大切に思っていることを伝えたいのなら、その思いを言葉と行動の両方で示しましょう。小さな事、大きな事、もの静かな事、お祭り騒ぎなど、何でもすべきです。そうすれば、しっかりと愛情表現をしているという確信を持ってよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 自分なりの愛情表現の仕方を考えなければ、ありふれた愛情表現をただ真似するだけになってしまいます。より個性的でオリジナルティ溢れる表現であればあるほど、リアルさが増し、さらに効果的になるでしょう。
  • 愛情を示すための重要なスキルは話を聞くことです。相手の話を聞くことで、自分が愛する人の好きなものや夢などを知ることができます。そのような情報をもとに、後に彼らに何か特別な事をしてあげるなどして、驚かせることができるでしょう。あなたや相手の個性に合ったアイディアを考えましょう。
広告

このwikiHow記事について

マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事はAllen Wagner, MFTが共著しています。 アレン・ワグナーはカリフォルニア州ロスアンジェルス市在住の認定マリッジ・ファミリーセラピストです。アレンは2004年にぺパーダイン大学にて心理学の修士号を取得しています。個人やカップルを対象に、人間関係や家族関係の改善を目標としたカウンセリングを専門的に行っています。また、妻のタリア・ワグナーと共に、自己啓発本「Married Roommates」を出版しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告