心を浄化する方法

心が疲弊していませんか?随分長い間、祈ることを忘れていませんか?自分本来の霊性からかけ離れているように感じていませんか?そんな人のためのエクササイズがあります!ハートと思考をオープンにしてこのエクササイズに取り組めば、最大限の効果が得られるでしょう。

ステップ

  1. 1
    スピリチュアルな場所を確保しましょう。室内でも屋外でも良いので、幸福感の得られるような場所を選びます。自分の心が共鳴するような場所が良いでしょう。入念に手を加えた部屋でも、ろうそくを灯せる屋外の小さなスペースでも結構です。
  2. 2
    お香、ろうそく、座るためのクッション、セージ、卵、ボウルを準備しましょう。セージは特に重要です。火をつけるためのライターやマッチも必要です。屋外の場合は、下に敷く毛布等も用意します。
  3. 3
    スピリチュアルな場所に座って、ろうそくとお香に火をつけましょう。精神を静めて自分の信じる神に語りかけ、心の浄化を助けてくれるようお願いします。
  4. 4
    両膝に手を置いて体のスキャンを始めます。体のどの部分に緊張を感じますか?心臓のあたりが重く感じますか?
  5. 5
    意識を内側に向ける 何があなたを悩ませていますか?人生の中で今、あなたの精気を消耗させているものは何ですか?周囲の否定的な人々、トラウマ的な経験、過大なストレス等がその例です。それが何であれ、自分の感情に意識を集中しましょう。不快な気持ちになるかもしれませんが、その感情を芯から感じてください。
  6. 6
    卵を右手に持ち(感情を感じたまま)、おでこに持ってきます。感情に意識を集中した状態で、その感情が頭の中から卵の中へとゆっくり漏れ出している様子を想像しましょう。集中力を高めて、ネガティブな感情を全て卵の中に移します。残らず全ての感情を卵の中に入れることが重要です。
  7. 7
    卵をおでこから離し(卵の中に入れたネガティブな感情をなおも感じ続けます)、ボウルの中で潰します。かなりの満足感が得られるはずです。
  8. 8
    セージを手に取り火をつけましょう。火をつけたセージを振り回して空気中に拡散させます。自分の頭と心臓のあたりにも振りかざすようにします。終わったらセージの火を消しましょう。
  9. 9
    横たわる 全身をリラックスさせましょう。つま先から順に、体の部位ごとに意識を集中します。あごや指先等の小さな部位も忘れないようにしましょう。リラックスを深めながら、体が床に沈んでいくかのようにイメージします。
  10. 10
    気持ちをリラックスする 精神を静めましょう。自分が幸せを感じるその場所でただ横になっていましょう。体から緊張がなくなり、まるでバターのように地面に溶けていくのを感じましょう。
  11. 11
    横になったまま、自分が神と感じているものとの対話を始めましょう。神を信じていなければ、それでも大丈夫です。聖なるものからの祝福を請うと同時に、自分の心の抱えるストレスが軽減されるようお願いしましょう。
  12. 12
    準備ができたら起き上がる 前よりも心身がだいぶ軽くなっているはずです。
    広告

ポイント

  • 毎日少しだけでも心や精神に良い時間を持ちましょう。元気のでる本を読む、静かに散歩する、祈る、瞑想をする等が良いでしょう。
  • このエクササイズは、心をオープンにして行うと効果的です。
広告

注意事項

  • このエクササイズが自分に合わないと感じたら、行わない方が良いでしょう。
  • 野外で行う場合、浄化が終わったらすぐにろうそくとセージの火を消しましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む11人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 哲学

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告