彼氏を自分に夢中にさせる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

新しい彼と付き合い始めた人も、長い間付き合っている人も、彼の気を引きたいでしょうし、彼には魅力的だと思われたいはずです。彼との絆が深まり、関係が変化するにつれて、付き合いたての頃にお互いに抱いていた情熱が弱まり、愛情表現の仕方が変わるのはよくあることです。もちろん、彼はあなたのことを好きであり、愛してもいるでしょう。ですが、彼をあなたにさらに夢中にさせる方法が存在します。彼に情熱的になってほしいのであれば、「君のことが欲しくてたまらない」と思ってもらえるパートナーになりましょう。

パート1(全3パート):情熱的にさせる

  1. 1
    彼を褒める 「大切に思われている」「感謝されている」と思わせるには、彼を褒めることが大切です。彼を褒めることで、ありのままの彼を受け入れ、彼のする事や彼が言ってくれる事が好きであることを伝えることができます。 [1]彼が成し遂げた偉業を褒めるのは大切ですが、些細な事でも褒めるようにしましょう。以下で例を紹介します。
    • 「今のキス、最高だった」
    • 「芝生を刈ってる時のあなたはとてもセクシーで男らしかった」
    • 「今日の試合で大活躍だったね。見ていて興奮しちゃった」
  2. 2
    彼の目を見る 相手を受け入れていることを言葉を使わずに示すには、アイコンタクトを取るとよいでしょう。人は誰かを好きになると、その人とアイコンタクトを取ろうとします。彼の目を見つめ、彼を愛していて受け入れていることを伝えましょう。彼も同じ気持ちであれば、見つめ返してくれるでしょう。
  3. 3
    情熱的なキスをする パートナーを評価する1つの方法として、キスが挙げられます。ですから、キスが上手いことは非常に重要です。また、キスをすることで、あなたに対する彼の気持ちは高まり、さらにあなたに魅力を感じるようになるでしょう。キスが上手くなりたいのであれば、いくつかの事を頭に入れておく必要があります。[2]
    • 始める時は口を閉じたままで構いません。より情熱的なキスに移るムードが整ったら、そのようなキスをするとよいでしょう。
    • キスをする前に、歯磨きをして、息は爽やかにしておきましょう。
    • キスの最中は、彼に集中し、他のことは何も考えないようにしましょう。キスをしているのに他の事を考えると、ムードが台無しになってしまいます。
    • キスをしながら彼の後頭部に触れたり、腕を撫でたりしてみましょう。このようなボディタッチをすることで、さらに良いキスをすることができるでしょう。
  4. 4
    サプライズをする サプライズをすることで、再び彼の心をときめかせたり、彼の情熱に火をつけることができるでしょう。普段とは違うことをして、彼に対する情熱的な気持ちを伝えれば、彼もあなたに夢中になるでしょう。常に親密さを出して、その瞬間を大切にすれば、彼はあなたのそばにいることが楽しくなるでしょう。以下のようなことをして彼を驚かせてみましょう。
    • 雨が降る中、車が故障してしまったら、彼が修理するのを車の中でただ座って見ているのはやめましょう。車から飛び出て道の横で彼とダンスしてみましょう。
    • 普段、彼の好きなスポーツチームの試合を家で見るのであれば、そのチームの試合のチケットを買ってあげたり、地元のレストランに連れて行き、大きなテレビでそのチームの試合を見せてあげるなどして、サプライズしてみましょう。
    • デート中ずっと、セクシーなもう一人の自分になりきってみましょう。
  5. 5
    彼を勇気づける 彼の情熱に火をつけるには、彼に自信を持たせてあげるとよいでしょう。友達を勇気づけるのと同じように、彼が目標を達成できるように励ましてあげましょう。あなたは常に彼を応援する姿勢でいることを伝えましょう。
    • 例えば、彼が仕事の面接のことを心配していたら、「きっと上手く行くよ!あなたがその仕事に適任だと思わなかったら、面接の電話なんてしてこないよ!」などと言って勇気づけてあげましょう。
    広告

パート2(全3パート):相手にとって魅力的な存在になる

  1. 1
    自信を見せる 一般的に、自信を持っている人はセクシーに見えます。ですから、彼といる時は自信に満ちた自分を見せるようにしましょう。自分が成し遂げた事や自分の強みをシェアすることで、自信ある自分を知ってもらうことができます。
    • 自信に満ちた人を威圧的だと感じる人もいるということを頭に入れておきましょう。彼があまり自分に自信を持っていないのであれば、あなたの自信を見せても、彼にとっては魅力的に映らない場合もあります。[3]
  2. 2
    自分をさらけ出す 自分をさらけ出せば、彼のあなたに対する気持ちは高まるでしょう。関心事や達成したいこと、家族のことなど、自分自身のことを全て話しましょう。しかし、あまりに早い段階で全てを打ち明けるのはやめましょう。目標や感情など、ある程度の事は秘密にしておいたほうが、ミステリアスな雰囲気が加わり、彼の関心を引き立てるでしょう。
  3. 3
    彼が魅力を感じることに目を向ける 何が彼を惹きつけるのか、具体的に知るために、「色っぽいね」などの発言に注目してみましょう。ランジェリー姿のあなたに魅力を感じるのかもしれませんし、運動後のあなたが最も色っぽいと感じるかもしれません。以下のようなことを試してみるとよいでしょう。
    • アイメイクをしてみましょう。目元のメイクをした女性は男性により魅力的に映ると言われています。[4]彼と会う時は、アイライナーやアイシャドウ、マスカラを使用してみるとよいでしょう。
    • 無香料、または、薄い香り付きのボディケア用品を使いましょう。あなたの自然な香りを漂わせることが大切です。彼はあなたの体の自然な香りに強く惹きつけられるでしょう。[5]自然な香りを漂わせるために、無香料のデオドラントやバス用品を使うようにしましょう。
    • 時々、赤い洋服を着てみましょう。男性は、他のどの色よりも、赤い色に惹かれるということがある研究から分かっています。[6]彼とデートの際は、赤いドレスやセーターを着て行き、彼の反応を見てみましょう。
  4. 4
    一緒に過ごす時間を楽しむ セクシーで情熱的に振る舞うことに加え、彼を夢中にさせるには、一緒にいて楽しい、愛おしい存在になることです。「この子と一緒にいたい」と思ってもらいたい訳ですから、楽しい時間を過ごすのが好きな人間であることを伝えましょう。自分を偽ってまで楽しそうに振る舞うのは良くありませんが、楽しく時間を過ごす方法は多く存在します。以下を参考にしてみましょう。
    • ハイキングに行き、どちらが先に頂上に辿り着くか競争してみましょう。競い合いながらも笑って過ごすことで、彼との絆が深まり、彼のあなたに対する愛おしさが増すでしょう。
    • 彼と彼の友達と一緒にスポーツを観戦し、知識豊富なところを見せて驚かせてみましょう。
    • 「真実か挑戦か」などのゲームをして、時には面白くふざける一面を見せましょう。
    広告

パート3(全3パート):彼の欲望を強くする

  1. 1
    彼のそばにいる 誰かの近くにいると、その人に抱く感情が強まるということが証明されています。言い換えれば、誰かの近くにいればいるほど、その人のことを好きになりやすくなるということです。彼にもっと好きになってもらうため、授業に向かう途中に彼の元へ行き、一緒に勉強しないか誘うなどして、できるだけ多く彼に会う方法を見つけましょう。
  2. 2
    お互いのパーソナル・スペースを尊重する 彼を夢中にさせるには、あなたといられない時間を恋しく思わせましょう。お互いに一緒にいて心地良い存在になると、付き合い初めた時に感じたときめきや情熱が薄れてしまうものです。彼に恋しく思ってもらうと同時に、彼があなたの幸せの全てではないことを知らせるとよいでしょう。
    • 1週間に1度は夜に友達と一緒に過ごす時間を作りましょう。彼にも同じことをするよう促しましょう。
  3. 3
    彼の動きを真似る 彼の動きを真似ることで、彼はあなたのことをより魅力的だと思うかもしれません。[7]そう思わせるためには、時々、彼の体勢を真似てみましょう。 例えば、彼が椅子に座り直して右手に体重をかけたら、数秒置いて同じ体勢になりましょう。彼が鏡で自分を見ているかのように見せるため、あなたは自分の左手に体重をかけましょう。
    • さり気なく真似するようにしましょう。誰かの真似をする時、その人のことを真似ているとは気付かれないよう、さり気なく真似ましょう。あからさまにすると、変な風に思われてしまうので注意が必要です。
  4. 4
    つれなくする すでに彼と付き合っているとしても、つれなくすることで、彼の欲望を高めることができます[8]どのようにつれなくするのか、以下で例を紹介します。
    • 緊急の連絡ではないテキストメッセージの返信を15分待ってから送ったり、たまには電話に出ないということもしてみましょう。
    • 彼にデートに誘われたけれど、すでに予定がある場合、日程を変更するよう頼んでみましょう。
    • 時にはキスを拒んでみましょう。
    広告

ポイント

  • 常に自分らしく、自分に正直でありましょう。彼といる時に自分の個性を偽らなければならないと感じるのであれば、彼と相性が良いとは言えません。そのままのあなたに夢中になってくれる相手を見つけましょう。
  • 自分が心地良いと感じるままに振る舞いましょう。自分がしたくないことや、する準備ができていないことを、彼のために、または、彼と一緒にしなければならないと感じる必要などありません。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告