彼氏と会話をする方法

共同執筆者 Klare Heston, LCSW

彼氏との距離を縮めるには会話が欠かせません。会話をする際は、相手の話す内容に対して質問をしてより深く掘り下げましょう。将来の夢、理想、目標、今日ランチで食べたものなど、何でも話しましょう。正直かつ率直であれば、楽しく、そして楽に会話を続けることができるようになるので、どんどん話をしましょう。

3の方法1:
彼が好きなことについて話す

  1. 1
    彼の趣味について尋ねる 例えば彼氏がバンドに所属している場合は、その日のバンドの練習はどうだったか尋ねて関心を示しましょう。ガーデニングが趣味の彼氏であれば、今の季節はどのような植物を育てているのか尋ねてみましょう。また、定期的に庭の状態について聞いてみましょう。[1]
    • その他にも、サッカー、スケートボード、自動車、サーフィン、運動やトレーニング、機械といった趣味も考えられます。
  2. 2
    彼の友達について尋ねる 例えば「○○君は元気にしてる?」、あるいは「○○君は結局、例のギターのアンプを買えたの?」といった要領で聞いてみましょう。彼氏にとって大切な人に関心を示すと、あなたが彼氏を大切にしているということを間接的に示すことにもなります。
    • 友達が抱えている悩みごとについても臆せず尋ねてみましょう。例えば、彼の友人が最近恋人と別れた場合は「○○ちゃんはその後どうしてる?」と聞いてみましょう。
    • 彼の友達と次回顔を合わせた時は、彼がその人について教えてくれた面白い話や興味深い話を使って会話を楽しみましょう。
  3. 3
    共通の関心事について話す あなたも彼氏も同じバンドのファンならば「この新曲最高!もう聴いた?」と話しかけたり、「最新アルバムのお気に入りのトラックはどれ?」と聞いてみましょう。二人とも文学好きであれば、最近読んでいる本について話したり、読書会に誘ってみましょう。[2]
    • 他にも、共通の政治的思想、宗教的信条、あるいは料理、バイクなど様々な話題が考えられます。
  4. 4
    相手が何に情熱を燃やしているのかを知る 「これなしでは生きていけないというものは何?」あるいは「何を仕事にしたい?」と聞いてみましょう。こうした広義の質問が有意義な会話のきっかけとなり、どのようなことに相手が情熱を燃やしているのかを、より深く理解することができるようになります。[3]
    • こうした質問に対して彼が答えたら、なぜなのかをさらに尋ねてみましょう。
    • また、より深く考えることを促しましょう。例えば「そういったものに熱くなれるのは育った環境も関わってると思う?」と尋ねてみましょう。
    広告

3の方法2:
日常的な会話に刺激を加える

  1. 1
    今日の出来事から面白かったこと2点を発表してもらう 本人にとっては他愛のない日常の出来事でも、あなたにとっては興味深いという場合があります。その逆も然りです。2つ面白かった点を発表することで、彼本人も自分の1日を振り返り、より深く見つめ直すきっかけとなります。[4]
    • さらに、この2点についてどのように感じたのか聞いてみましょう。
    • なぜこの2点なのかがよく伝わってこなかった場合は、どういった点が面白いと思ったのか聞いてみましょう。
    • なかなか2点挙げられず苦戦している場合は「ランチはどこで何をたべたの?」と聞いてみると、何か思い出すかもしれません。
  2. 2
    衝撃を受けたニュースについて話す とても幸せなニュースや悲しいニュースを見聞きした場合は、彼氏とも共有しましょう。例えば、炭鉱が崩落したけれども労働者が奇跡的に救助された、というニュースを見た時は内容を彼氏と共有しましょう。「崩落した炭鉱のニュース知ってる?全員救助されて本当に良かった」というように伝えてみましょう。[5]
    • 「今日のニュースフィードにはどんな情報があった?」といった要領で質問し、その他のニュースについて彼氏のほうから話してくれるよう促しましょう。
  3. 3
    彼氏の家族の近況について尋ねる 例えば、彼氏の家族の中に、いつも奇想天外な言動で周囲を驚かせている叔母がいる場合は「最近は叔母さんどうしてる?」と聞いてみましょう。さらに、お互いの母親の近況についても話しながら会話を続けてみましょう[6]
    • 彼がしばらく家族と顔を合わせていない場合でも、こうした話題をもちかけてみましょう。過去の笑い話などを共有することも、二人の仲を深めるうえで有効です。
    広告

3の方法3:
より深い会話をする

  1. 1
    静かで落ち着いた場所を選ぶ 気軽な会話であれば騒がしいバーやパーティーといった場でも問題はありませんが、より私的な会話をするのであれば、それに適した場所を選びましょう。時間帯などは二人の予定にも左右されるものの、夕方以降に家で静かに話をするのが最も賢明でしょう。[7]
    • 家で話し合いたくないのであれば、落ち着いたカフェの(半)個室空間や図書館の学習室などを選ぶと良いでしょう。
    • インターネットやメッセンジャーを介して深刻な話をしないようにしましょう。相手の表情や声が分からないので簡単に誤解が生じてしまいます。
    • 真剣な話をする時に「正しい」タイミングなど存在しません。何か月か経過してこうした会話をすることもあれば、2~3年が過ぎてから真剣な話をするカップルもいます。
  2. 2
    お互いの5年後について話し合う このようなテーマについて話し合うと、お互いの短期的な未来について一緒に想像することができるようになります。相手が5年先どうしていたいのか分からず苦戦しているようであれば、まず、あなたの方から自分が描く5年後の姿を共有してみましょう。[8]
    • 彼に対して、どのようにしたら夢を叶えられるのか助言をしましょう。
    • 夢を叶える方法を一緒にに考えることで二人の関係がより強固なものとなるでしょう。彼もあなたの聡明さを頼りにするようになるでしょう。
  3. 3
    より真剣な関係であれば、子供にどのような名前をつけたいかを尋ねる これは、将来子供を作るかどうかについて話し合う最も単純な方法です。男の子と女の子双方の名前の候補をいくつか選んでみましょう。例えば「○○という名前は好き?」や「男の子が生まれたとしたら、どんな名前にする?」と尋ねてみましょう。[9]
    • 文化によっては代父母を選ぶ風習もあります。このような場合は、誰を選ぶ可能性があるか聞いてみましょう。
  4. 4
    単刀直入に結婚について聞いてみる 結婚を話題にするたびに気まずくなる状態は好ましくないので、単刀直入に話題にして堅苦しさをなくしましょう。結婚願望があるのか相手に聞いてみましょう。次に、なぜ結婚したいのか、逆になぜ関心がないのか尋ねてみましょう。[10]
    • さらに、どういった場所で式を挙げたいか、結婚後は新たな場所に引っ越したいかなども聞いてみましょう。
    • 結婚式では誰を花婿介添人に選ぶのか、何名ほど招待したいのかについても掘り下げて聞きましょう。
  5. 5
    気の進まない話題について無理に話させない 時に「今日はどうだった?」というシンプルな質問でも嫌気がさしたり苛立つことがあります。特定の話題に対して話したくない、あるいは全く話したくなさそうな様子を相手が見せている時は催促しないようにしましょう。
    • 彼氏との会話は強要するものではなく、楽しいものであるべきです。
    広告

このwikiHow記事について

医療ソーシャルワーカー
この記事はKlare Heston, LCSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告