彼氏がいることを母親に打ち明ける方法

共同執筆者 Jin S. Kim, MA

彼氏がいることを母親に告げると、母親は子ども可愛さのあまり「守らなければ」という思いに走ることがあります。初めての彼氏で母親の期待に添う人ではないかもしれないと不安を感じながら話すにせよ、自分がゲイで更に付き合っている人がいることを伝えるにせよ、話し合うのが非常に難しく、気まずい空気も流れるでしょう。母親は怒り出したり付き合ってはいけない理由を説明し出したりするかもしれません。しかし、母親はあなたにできる限りのことをしたいと思っていることを忘れてはいけません。心を開いて母親の言葉に耳を傾けアドバイスを求めましょう。母親の経験やそこから得た知識を尊重していることを伝えましょう。加えて、恋愛に関して自分で決断を下すのに十分な年齢であり責任を負えることも証明しましょう。

3の方法1:
初めての彼氏について母親に話す

  1. 1
    母親の機嫌の良い時に話をする 絶好のタイミングを計って母親に打ち明けましょう。仕事からの帰宅直後や、何かに夢中になっている時は避けましょう。母親にはあなたの話に全神経を集中して、遮らずに聞いてもらいたいものです。同時にあなた自身、冷静に速やかに伝えながらも、早口で言い切ってしまわないようにバランスを考えながら話しましょう。[1]
    • 彼氏ができてから何週間、何ヶ月も母親に告げずにいるのは避けるべきですが、彼氏を自宅に連れて来て「お母さん、私の彼氏よ!」などといきなり紹介するのも避けましょう。まず、母親と1対1で話し合いましょう。
    • あなたのことで気を揉んでいない時に話すのが効果的でしょう。あなたが無責任な態度や大人気ない行動をとった後や、問題を起こした直後は避けましょう。母親はあなたが恋愛関係を築く程に自立できているとは思わないでしょう。
  2. 2
    あなたと母親との秘密だと告げる 両親と一緒に住んでいながら母親に最初に話したいと思ったのであれば、父親が留守の時を選んで話しましょう。父親が仕事に出かけた時や、用事で数時間家を開けた時などに母親に話しましょう。あるいは、母親とお茶やランチなどに出かけても良いでしょう。
    • 一般的には両親に同時に話をするのが最善ですが、母親に先に話すのが最適だと思える状況がたくさんあるかもしれません。[2]
    • 初めての彼氏の場合、父親の方がより過保護になる傾向があります。また、ゲイであることを打ち明けられて難色を示したり、彼氏が外国人または異なる宗教の信者だと分かった場合には排他的な態度に出る場合もあるでしょう。
    専門家情報
    Jin S. Kim, MA

    Jin S. Kim, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるAntioch Universityにて、臨床心理学(LGBT-Affirming Psychology専攻)の修士号を取得しています。
    Jin S. Kim, MA
    Jin S. Kim, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    彼氏について母親に直接話す 扱うのが難しい重大な問題は、LINEメッセージや携帯メールなどに頼るのではなく出来るだけ顔を合わせて話すのが一番良い方法です。顔を見て話せば相手の感情をより深く理解することができます。相手が感情的になるような情報を伝えることで、お互いを深く理解し、共感できるようになります。

  3. 3
    まず言いたいことを紙に書いてみる 話す前にまず言うべきことを考え、次に分別ある態度で伝えるにはどう話すべきかを考えましょう。率直に正直に、そしてはっきりと伝えることが目標です。動揺したり感情に訴えるように泣いたりするのは避けましょう。言うべきことを箇条書きにすると良いでしょう。特に支離滅裂になったり口ごもったりしそうだと思うなら尚更です。[3]
    • 考えを紙に書き計画を立てて母親に伝える練習をするのは素晴らしいことですが、最終的には面と向かって打ち明けましょう。
    • 要点を絞って書いてみましょう。例えば「お母さん、私今付き合っている人がいるの。それをお母さんに秘密にはしたくないって思って話そうと思ったの。実はね、2週間ほど前に友達の亮が私に彼女になって欲しいって言って来たの。私、いいわって返事をしたわ。彼とは同じ学年よ。とても優しい子で頭もすごく良いの!」などと切り出してみましょう。
    • 母親の反応が期待通りではない場合を想定し次なる手段を考え書き留めておきましょう。例えば、「お母さんはおそらく、私が彼氏と付き合うのはまだ早いと思っているんじゃないかしら?でも私はもう十分に大人だと自信があるわ。学校では活動的に色々な物事に挑戦しているし、良い成績もとり続けてもいるわ。それにお母さんに言われなくてもやるべき事をこなしてもいる。彼と結婚するわけじゃないの。ただ、彼氏を作って恋愛関係を築いてもおかしくない年齢だと思っているの。そこで、お母さんに彼と付き合う上で私に守って欲しい規則があれば教えてもらえると嬉しいわ。それから注意しなければならないことがあればそれも教えて欲しいの」と伝えてみましょう。
  4. 4
    ポジティブな面を強調する 母親との話し合いでは最初から悲観的な事柄に言及するのは避けましょう。特に家族があなたに対して特定のタイプの男性と付き合って欲しいと望んでいる場合や、恋愛に関して厳しい条件を課している場合などは尚更です。「彼はとても格好良いんだけれど、常に学校で罰を受けたり成績もひどかったりするの」などと切り出してはいけません。あなたの、そして彼氏の良い面に焦点を当てて話しましょう。[4]
    • あなたは学校では成績が良い方ですか。クラスや放課後の活動ではリーダー的存在ですか。その他に自分自身が思慮分別のある、また責任の負える大人だと証明できることはありますか。
    • これらはあなたが交際を始める前に両親があなたに持っていて欲しいと願う資質です。ですから学校では積極的に活動し自分に課せられている任務を立派にこなして、責任感の強い大人であることを両親に示しましょう。
    • 同様に、彼氏のポジティブな面についても出来るだけたくさん伝えるようにしましょう。物事を注意深く判断できる人であることや、彼氏があなたの為にしてくれる親切な行為も伝えましょう。どのように自分を扱ってくれるか、どれくらい思いやりがあるか、どんな才能があるか、またそれ以外にも色々と彼の素晴らしい点を伝えましょう。
    • 彼氏の長所を改めて考えることで、彼が自分の時間を割いて付き合うだけの価値があるかどうかが判断できます。しかし真剣に考えてもあまり長所が思いつかない場合には、おそらくあなたにとって最善の人ではないのかもしれません。
  5. 5
    彼氏の写真やSNS上のプロフィールを準備しておく 母親が彼氏との交際に絶対反対ではない限り、彼氏について深く知りたいと思うはずです。彼の写真を母親に見せられるように準備しておきましょう。彼がどんな感じの男性かを分かってもらえるでしょう。またSNS上でのプロフィールを見せることでも、彼について多少理解してもらえるかもしれません。
    • 母親はショックを受けるに違いないと一方的に決めつけてはいけません。特にあなた自身が今10代の若者あるいは大人になりかけの時期にあれば、すぐにそのように想像してしまうでしょうが、逆に母親は大喜びして彼のことをあなたと熱く語りたいと思う可能性もあります。[5]
    • 彼氏の話をするのは気恥ずかしくプライベートな事柄として秘めておきたいと思うのは自然なことですが、一般的に言えることは、彼氏に関することは両親に伝えるべきだということです。[6]
  6. 6
    秘密にしない 母親もかつては若者でした。ですから、母親があなたからの告白を聞いて否定的な反応を示すだろうと短絡的に考えてはいけません。また親は子供の秘密をいつかは見抜くものです。両親に彼氏のことを秘密にするのは良い考えではありません。彼について尋ねられたら正直に答えましょう。[7]
    • 母親に自分が思慮分別のある大人であることを証明したいなら、まず信頼を得る必要があります。秘密事を作ればお互いの信頼を損なうことになるでしょう。[8]
    • 交際をいつから始めたかについて嘘をついてはいけません。2人の関係の詳細については出来るだけ正直に話しましょう。2人の交際開始日といった記念日などについて嘘をついてしまえば、後で厄介なことになるでしょう。正直になりましょう。
    広告

3の方法2:
慎重を要する状況に上手く対処する

  1. 1
    自分が同性愛者であることを母親に告白する 自分がゲイで既に彼氏がいることを母親に公表するには、心の準備ができていなければなりません。本人に覚悟がないのに無理やり告白を迫る人はいません。告白することで肩の荷が降り良い経験にもなるでしょうが、当然ながら緊張も走ります。特に母親の反応が読めなければ尚更です。[9]
    • 彼氏から告白を強要されても即応じてはいけません。覚悟が決まってから告白することが最も大事なことです。
    • 覚悟ができたら、母親に穏やかに率直に正直にはっきりと伝えましょう。彼氏ができて彼との関係をとても大切に思っていること、将来的に性的指向が変わることもあるかもしれないけれど、今は彼にとても惹かれていることを素直に伝えましょう。
    • 母親があなたの告白を理解し冷静に考えられるようになるには時間がかかるでしょう。特に彼氏がいると聞けばショックが大きく気持ちの整理に長い時間がかかるかもしれません。寛容さを持って待ちましょう。「びっくりしたと思う。落ち着いて考えられるようになるまで時間がかかるよね。僕自身も自分の中で折り合いをつけるのに長くかかったんだ。お母さんの気持ちわかるよ」などと伝えましょう。
  2. 2
    同性愛者であることを公表するのが本当に最善策かどうかを考える 公表することが最善策ではない場合があります。同性愛者に関する話題に両親が日頃どのような反応を示しているかを思い出しましょう。例えば、同性結婚、いじめなどが会話に上がった時に両親はどのような反応を示しますか。否定的な反応を示しているなら、あるいは、まだ両親の下で暮らし経済的にも助けてもらっている場合には、公表することは控えた方が良いかもしれません。公表すれば家を出されたり学校の授業料の支払い止められたりする可能性もあるでしょう。 [10]
    • 母親が理解を示し受け入れてくれると自信があり告白したいという気持ちになったら、そうしましょう。その際に父親や他の家族にいつ、どのように公表したら良いかについて助言をもらいましょう。
  3. 3
    彼氏が外国人または異なる宗教の信者であることを母親に告げる 世界は徐々に狭くなりつつあり色々な物や人が相互に関連し合う今、人々は人種、宗教、習慣の違いを超えて交際するようになっています。母親あるいは両親が、あなたの彼氏候補に対して人種、宗教、文化の面で特定の条件を持っている場合には、今の世界情勢を説明しましょう。 [11]
    • 交際相手が異なる文化背景を持つ人であれば、あなた自身が10代の若者であろうと、大人であろうと、それを秘密にしてはいけません。近い将来、彼氏と婚約する可能性も出てきます。その時になって初めて告白すれば母親は彼氏だけでなくあなたへの信頼も失ってしまうかもしれません。そのようなネガティブな感情を引き起こすべきではありません。
    • 自分自身が育った文化に抵抗する手段として彼氏を使ってはいけません。彼にとって全く公平なことではなく、また自分が育った伝統に対する葛藤を覆い隠す結果になるだけです。
    • 異文化で育った相手との恋愛について母親に話す時には、思いやりの心と寛容さを持ちましょう。母親には気持ちを整理する時間を与えましょう。なかなか返事がもらえないとしても、認めてくれることを信じましょう。決して承認を強要してはいけません。
  4. 4
    悪い結果が予想される場合は公表の保留を検討する 同性愛者だと公表するのと同様に、異なる文化背景を持つ相手との恋愛について告白することが適切ではない場合があります。通常は、正直であることが最も良いことですが、自身また彼氏の身の危険を感じる、また親から勘当される恐れがある場合には告白を控えることを考えましょう。
    • 様々な要素に対する懸念がある一方で母親を信頼する気持ちもある、その精神状態のバランスを上手にとるようにしましょう。似たような恋愛関係にある友人や家族に対して母親がどのような反応を示すかを考えてみましょう。
    • 母親は納得して受け入れてくれそうだけれども父親はそうではないと思うなら、母親に父親に告白するための助言を求めましょう。
    • 彼氏があなたに優しくあなたを大事にしてくれて、あなた自身が幸せを感じているなら、母親や父親に両親をとるのか、彼氏をとるのかといった選択を迫られても迎合する必要はありません。世界は相互に関連する時代です。今や人々は色々な壁を超えて繋がっているという事実をはっきりと伝えましょう。
  5. 5
    悪い事も含め色々な経歴を持つ彼がすっかり更生したことを母親に告げる 元カレと縒りを戻すのであれば、あるいは彼氏の過去について母親には話したくないことがある場合には、彼との関係を伝えるのが難しくなるでしょう。彼氏がすっかり更生したことを母親に理解してもらいたいなら、感情を交えずに事実を客観的に述べるようにしましょう。彼氏を批判する母親に対してあなたも同じように母親を批判するのは勧められません。避けるべきです。彼氏の現在の振る舞いや態度を伝え、本当に更生したことを説明しましょう。[12]
    • 例えば、次のように伝えてみてはどうでしょうか。「お母さんは純平が負け犬だと思っているかもしれないけれど、私と別れた後彼は本当に前向きになったの。良い仕事に就いてもう6か月以上も続いているわ。自宅があって今車を買うために貯金をしているの。私がもう一度彼とやり直したいと思えるように、今規則正しい生活をしようと頑張っていると私に言ったのよ」。
    • あなた自身が若い成人で、彼には母親が全否定するような面があることが分かっているなら、2人の関係のあらゆる局面を考えましょう。例えば、8箇所もピアスをしていて腕全体にタトゥーを入れている男性と軽い気持ちで数週間付き合っただけで、2人の間に将来があるとは思えないなら、母親に伝える必要はないでしょう。[13]
    • お母さんはあなたの幸せを願って出来る限りのことをしたいと思っているのを忘れてはいけません。母親が彼氏との交際を認めないとしたら正当な理由があるのかもしれません。じっくりと考えてみましょう。元カレとは縒りを戻さない方が、また色々な過去を持つ彼とは別れた方が将来的にはあなたの為になるのかもしれません。母親の直感を信じれば、結果的に心を痛めずにすむ可能性もあります。
    広告

3の方法3:
反対意見に対処する

  1. 1
    母親に気持ちを整理する時間を与える 母親に初めて彼氏ができたことを告げるにせよ、自分がゲイであること、あるいはできた彼氏が母親の期待に見合う人ではないことを告白するにせよ、一度伝えたら母親の気持ちの整理がつくまで待ちましょう。母親にいきなり告白して、そのまま立ち去ってしまうのではなく、母親に返答や助言をするための時間を与えましょう。
    • 母親に少し時間が欲しいと言われたら、必要であればしばらくの間は1人にしてあげましょう。
    • 母親と意見の食い違いがあれば歩み寄りたいと思っていること、また交際に関して守って欲しい規則があるならそれを聞き入れる覚悟があることなど、母親が安心できるように努力したいと思っている気持ちを伝えましょう。母親が交際について懸念を表したり様子見をしたりしているようなら、彼とデートに行く時、若しくは2人きりになる時に守るべき規則がないかを尋ねましょう。[14]
  2. 2
    母親の意見や経験を重要視していることを伝える 母親の恋愛経験やそれに基づく知識が自分にとってとても大切であることを伝えましょう。彼氏と交際する上で母親に自分を信頼して欲しいこと、また母親からのアドバイスが欲しいので告白したということを説明しましょう。自分は大人になりつつあり、彼氏が欲しくなるのは自然なことだと思うとも伝えましょう。[15]
    • デート、セックス、健康問題、また人間関係全般について母親の経験を聞きましょう。
    • 極めて重要な会話をするのです。自分自身の問題について詳細を伝えないでおくことは避けましょう。
    • 母親とは心を開いてコミュニケーションをとるように心がけましょう。それは彼氏について告白する前でも後でも同じです。
    • 正直であることに加えて母親とお互いに信頼できる関係を持つことが自分にとって重要であることを説明しましょう。自ら会話のきっかけづくりに励み、オープンで批判し合うことのない会話を定期的に持つように努めましょう。
  3. 3
    口論は避ける 母親が怒りを露わにしても怒鳴り合いの喧嘩にしてはいけません。母親が動揺して大きな声を張り上げたとしても落ち着いて対処しましょう。お母さんはあなたを守ろうと必死なのです。あなたの幸せを願って最大の努力をしようと思っているのです。母親の反応が期待通りでないとしても、冷静さを保ち言いたいことは冷静に考えてから言うようにしましょう。[16]
    • 母親は正当な理由があって交際を認めないのかもしれません。恋愛関係を築くにはあなたはまだ幼い、若しくは彼氏があなたには相応しくないなどと思っているのかもしれません。母親はあなたよりも多くの人生経験を持っていることを忘れてはいけません。
    • あなた自身が10代の若者あるいは若い成人であっても、恋愛関係を築く上で準備万端だと自信があるなら、母親には自分で自分のことを決められる年齢であることを証明できなければならず、それがあなたの今の第一の目標です。
  4. 4
    母親の返答が「ノー」であっても受け入れる 母親に「まだ彼氏を作っては駄目」と言われてすぐに怒りを爆発させれば、恋愛関係を築く準備ができていないことを証明するだけです。母親があなたを立派な大人に育てたいと思っていること、そしてそのやり方を尊重しましょう。あなたを守ってあげたいという思いが強いだけです。母親の気持ちを心に留めておきましょう。[17]
    • 相手の意見に理解を示しつつ穏やかな態度で対応すれば、自分の成熟度を示すことができます。随分と成長し大人の対応ができるようになったことが母親に分かればが、いつかは考えを変えて交際を認めてくれるでしょう。
  5. 5
    「ノー」と言われたら母親の視点を理解するように努める 母親の観点を重視し、より深く理解したいと思っていることを示しましょう。自分の気持ちを通したいがために母親に色々な質問をしてはいけません。母親を理解したい、また同じような考え方を持ちたいと思っていることを分かってもらいましょう。[18]
    • 「まだ若い」と言われたら、「何歳になれば交際できるのか」「母親はいくつの時に交際を初めたのか」また、「母親の子供の頃に比べて今の世の中は随分と違うから、それに応じて交際を開始する年齢も違って良いのではないか」などを尋ねましょう。
    • 訳もなく彼氏との交際を認めないと言われたら、理由を尋ねましょう。ただし、母親はあなたが幸せになることに全身全霊をかけている世界で唯一の人であることを忘れないでおきましょう。「何故彼氏が私には相応しくないと思うの?昔彼みたいな人と付き合って嫌な思いをしたことがあるの?」などと尋ねましょう。
    広告

このwikiHow記事について

マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事はJin S. Kim, MAが共著しています。 ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるAntioch Universityにて、臨床心理学(LGBT-Affirming Psychology専攻)の修士号を取得しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告