彼女を妊娠させる方法

男女関係においては女性のほうが妊娠計画を立てやすいのは明らかですが、男性も精子の健康維持や排卵日を計算してその日に性交をすることなどに努めれば、妊娠に貢献することができます。以下の方法を試して、パートナーの妊娠を待ちましょう。

パート1(全3パート):精子の数を増やす編集

  1. 1
    若いうちに子供をつくる 女性の妊娠可能期間は生物学的に決まっていると考える人がいますが、男性も40歳を過ぎると子供を持つのが難しくなります。
    • 50歳以上になると、遺伝子や他の要因の影響次第で、精子の数が大幅に減ることがあります。
  2. 2
    アルコールは1-2杯までに制限する 精子の数に影響を与えずに安全に飲めるアルコールの量は週に5-7杯が限度であると医師らは勧めています。
  3. 3
    禁煙する ニコチンはアルコールと同様に精子の数と質を落とします。[1]
  4. 4
    股間を冷やす 高体温は精子の数を減らします。睾丸が垂れ下がっているのは、温度を低く保つためです。
    • 高温の湯船に長時間浸かるのはやめましょう。同様に、サウナや蒸気風呂も避けるべきです。
    • 膝上にノートパソコンや電子機器を置くのはやめましょう。ハードドライブが熱くなるため、ノートパソコン用の台を購入・使用し、脚とパソコンの間の通気性をよくします。
  5. 5
    エクササイズの方法を慎重に選ぶ 長時間のサイクリングやエアロバイクの使用は避けましょう。自転車用のサイクル(レーサー)パンツとサドルからの圧力が睾丸に熱を持たせて血管にダメージを与えることがあります。[2]
    • 睾丸に大きな圧力がかからないエクササイズを選びましょう。
    • 股間への接触が心配ならば、カップを装着しましょう。
    • 生殖器を締め付けない通風のよいウェアを選びましょう。
    • 一般的に運動には精子の数を増やす効果があります。太っている男性は子供を作りにくい傾向にあります。
  6. 6
    処方薬の服用を避ける 抗うつ薬と抜け毛予防薬は精子の数に悪影響を及ぼすことが実証されています。
    • 他にも精子に副作用を及ぼす薬があります。妊娠を計画しているのであれば、薬に関する説明をよく読み、医師に相談しましょう。

パート2(全3パート):計画的な性交編集

  1. 1
    パートナーに経口避妊薬の服用やその他の避妊用器具の使用をやめるように頼む 
  2. 2
  3. 3
    パートナーの月経周期を知る パートナーの生理が始まった日と終わった日をしっかりと押さえておきましょう。
    • 生理期間の日数は一定ではありません。
    • 女性の中には月経周期が乱れている人もいて、毎月同じ日に生理が始まるとは限りません。
  4. 4
    排卵日を計算する 排卵は通常は最後の生理の初日から約14日後に起こります。
    • 月経周期が長い女性の排卵は生理初日の20日後になることもあります。[3]
  5. 5
    排卵前の1週間は性交の回数を増やす パートナーの生理が終わってから約1週間が過ぎたら、避妊しない性行為の回数を増やしましょう。[4]
    • 精子は女性の体の中で最長6日間生き続けます。
    • この期間に性交をすればするほど、女性の妊娠可能期間中に卵子が受精する可能性が増えます。
    • 卵子は排卵後から卵管を通って子宮に移動するまでの間に受精が可能になります。
    • 卵子が卵巣から放出された後に性交をしても、妊娠は難しいでしょう。卵子は排卵後約1日で死滅します。

パート3(全3パート):妊娠成功の手引き編集

  1. 1
    医師に相談する 1年間避妊を止めて子作りにトライしても成功せずに、不妊症の心配があるようならば、医師に相談しましょう。
  2. 2
    医師の勧めがあれば、不妊治療を始める まずはパートナーと一緒に検査を受けます。
  3. 3
    週に3回は性交をする どちらかの性欲が低すぎて子作りに励めない場合には、カウンセラーに相談したほうがよいでしょう。
  4. 4
    排卵日検査薬を使う パートナーに検査薬を使って排卵日を数か月間調べてもらいましょう。パートナーの体の仕組みをしっかりと把握するほど、排卵前の6日間の性交を計画しやすくなります。
  5. 5
    日常生活のストレスを減らす 男女ともに、ストレスが増えると子作りに支障をきたします。子作りに対するストレスを抱えると、結果的に子作りに悪影響を及ぼすことになりかねません。
    • カウンセラーに相談する、瞑想をする、趣味に没頭するなどして、ストレス解消に努めましょう。

ポイント編集

  • 妊婦用ビタミン剤の摂取をパートナーに勧めましょう。これで妊娠の可能性が高まるわけではありませんが、健康な子供が生まれる確率は増えます。

必要なもの編集

  • 排卵日検査薬
  • 妊婦用ビタミン剤

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む24人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ