彼女が別れたいと思っているのを察知する方法

共同執筆者 Tasha Rube, LMSW

恋愛関係で時折不安になることは珍しくありません。相手が秘めている「別れたい」という気持ちは、比較的簡単に感じ取れるものですが、推し量るのが難しい場合もあります。彼女が別れたいと思っているのではないかと心配なら、対策を立てて彼女の振る舞いをできるだけ客観的に観察しましょう。それでも尚彼女の気持ちが理解できない、あるいは、彼女が率直に自分の気持ちを言ってくれない場合には、自分たちの現状について彼女と直接話ができるように策を練りましょう。

パート1(全3パート):彼女の行動を観察する

  1. 1
    彼女からの連絡の頻度に注目する 連絡の頻度と別れたい気持ちとが相関するとは限りませんが、以前は毎日電話や携帯メールで連絡をしてきたのに、今はほとんど連絡がないか、あなたからの連絡に反応を示さない場合には、彼女に変化が起きている可能性があります。[1]
    • 即結論に走ってはいけません。まず、彼女の生活に変化がなかったかを確かめましょう。大事な試験が迫っている、家族との間で大きな問題が起こっているなど心当たりはありませんか。あるいは、新しい仕事を始めたばかりという状況ではないですか。色々な理由から以前ほど頻繁には連絡をして来ないことは十分に考えられます。
  2. 2
    彼女と一緒に予定を立てる 彼女があなたに夢中であれば、あなたとの計画作りにワクワクするはずです。しかし、あなたへの気持ちが薄れてしまったとしたら渋るかもしれません。金曜日の夜の予定を立てようと提案しても、彼女が「金曜日の午後に連絡するわ」と返事をしてきたら、より楽しい予定が入るのを期待しているのかもしれません。
    • このようなことが一度あっただけでは、彼女が別れたいと思っているかどうかは分かりません。一度か二度あったとしたら、他の友達との約束がまだ確定していない状況で、確認した後で忙しいことを伝えようと思っているのかもしれません。
    • 学校が一緒ならランチを一緒に食べようと誘ってみてはどうでしょうか。彼女が他の友達と約束をしているからと、あなたの誘いを断ったとしたら、あなたにはもう夢中ではないのかもしれません。
  3. 3
    どれくらいの頻度で彼女が喧嘩を仕掛けるかに注目する 一般的に喧嘩の頻度が増していれば、2人の関係が悪化しているサインだと言えます。つまらないことでよく喧嘩するようであれば尚更です。[2]彼女にイライラしている様子がありますか。以前は全く気にしていなかったのに、最近は小さなことであなたに喧嘩を仕掛けて来たりしますか。これらの行動の原因として色々な理由が考えられます。例えば、何かの締め切りが目の前に迫りストレスが溜まっている場合や、単に気分がすぐれないなどです。しかし、彼女がほぼ毎日このような行動を取るなら、あなたとの関係に満足していない証拠かもしれません。
    • 彼女と話し合ってみましょう。ストレスになっていることがないかを尋ねましょう。あるいは、自分に出来ることが無いか尋ねてみましょう。
  4. 4
    2人の性的親密度を確認する 恋人間でボディタッチが徐々に減っている場合も、関係悪化のサインだと考えられます。[3]性的親密度とはセックスだけを指すわけではありません。要は、彼女が示すボディタッチによる愛情表現の頻度です。頻繁にボディタッチを行う仲だったのに、彼女が突然体を寄せ合うことに興味をなくしてしまい、愛情表現を全くしなくなってしまったなら、2人の関係に不満があるのかもしれません。
    • 彼女が普段からあまりボディタッチを好まないタイプなら、これは参考程度に覚えておきましょう。人に触られることを好まない人もいます。彼女もそのような特徴があるなら、それは必ずしもあなたへの興味がなくなった、ということではありません。
    • 以前はあなたと手を繋ぐことが好きだったのに、今はそれを避けたりあなたの手を払ったりすることがありますか。そうであれば、不満に思っていることがあるのかもしれません。
  5. 5
    ボディランゲージに注目する 人の気持ちは大抵、ボディランゲージを通して推察できます。彼女があなたとの時間を楽しく思っているなら、頻繁にアイコンタクトをとり、話す時にはあなたの方に顔を向けるはずです。常にあなたに寄り添おうとするでしょう。[4]
    • 腕を組んだり視線を合わせないようにしたりするなら、気に入らないことがあるのかもしれません。
    広告

パート2(全3パート):彼女と話し合う

  1. 1
    彼女に「話したい」と伝える できるならば会話を避け彼女の正直な気持ちに触れないようにしたいところでしょうが、こういう場合には正面からきちんと話し合うのが一番です。[5]恋人同士なら自分の気持ちを相手に伝えられない理由などありません。もちろん、最終的に、彼女から別れたいと伝えられる可能性はあるでしょう。しかし、別れたくはないけれど、不満に思っていることを話してくれる可能性もあります。少なくとも、彼女の気持ちを理解することができます。
    • 自分の考えを伝えたいので時間を取って欲しいと彼女に頼みましょう。突然彼女に近づいて、「別れたいと思っているのか」などと尋ねてはいけません。彼女を困惑させるか、身構えさせてしまいます。
    • 「忙しいから話せない」と言われたら、彼女の学校や仕事が休みの日を提案しましょう。突然聞き出すのではなく、まずコーヒーやランチに誘ってみましょう。そうすれば、彼女の方で話し合う準備ができます。
    • 面と向かって話せないなら、チャットやメール、電話を通して話しましょう。コミュニケーションの手段をいく通りか提案すれば、いずれあなたからの提案に応じてくれるでしょう。
  2. 2
    責めてはいけない すぐに結論に走るのではなく、何故彼女を疑っているのか、その理由をじっくりと自分なりに考えることが大切です。疑っているのであれば、その証拠があるかを確認しましょう。あるなら、その信憑性も考えましょう。また確証できたなら、その対処方法も考えましょう。[6]
    • 例えば、彼女が同僚に微笑みかけたり一緒に笑ったりしているのを目撃して、浮気を疑ったとしましょう。しかし、証拠がそれだけなら、別の理由も考えてみはどうでしょうか。仕事があまりにも退屈だったので、暇潰しに同僚に優しくしていたのではないかと考えることもできるでしょう。実際に目撃したことについては、結論を出す前に、同僚に興味があるのかと彼女に直接尋ねるのが一番です。
    • 「別れたいと思っているんだよね。同僚と付き合っているのを知っているんだから。もう僕たち終わりにしようじゃないか」などと言い迫ってはいけません。これは推測に過ぎません。仮に推測通りだとしても、突然責め立てれば彼女は防御的になるだけです。
    • 責めるのではなく、彼女の気持ちに変化があったかどうかを尋ねましょう。自分たちの関係に満足しているか、また自分に改善すべき点があるかどうかを知りたいと、彼女に率直に伝えましょう。
    • 「僕たち最近あまり一緒に時間を過ごしていないからちょっと不安なんだ。何か気に入らないことでもあるの?」などと言ってみてはどうでしょう。このようにアプローチすれば、自分の気持ちを正直に伝える形になり、疑問に思っていることで彼女を責めることにはなりません。この手法は非暴力コミュニケーションと呼ばれ、大切な人との難しい感情問題に対処するのに効果的です。
  3. 3
    彼女の話を聴く ボディランゲージを使ったり質問をしたり、またその他のテクニックを使って相手の話を理解しようと努力すること、同時に真剣に相手の話を聴いていること示すことをアクティブ・リスニングと言います。例えば、話の内容をきちんと理解できるように彼女の言ったことを静かに繰り返す、また、アイコンタクトを取りながら時折うなずいたり、「そうなんだ」「なるほどね」などと相槌を打ったりすることで、あなたが真剣に聴いていることを彼女に分かってもらえます。[7]
    • 自分勝手に結論を出してはいけません。また、彼女の話を途中で遮りたくなっても抑えましょう。別れたいのか別れたくないのか、彼女が自分の気持ちをきちんと説明できるように、急かさずに、また寛大に対応しましょう。彼女の最近の奇妙な行動には、それなりの理由があるのかもしれません。彼女に説明する時間を与えられなければ、情緒不安定だという印象を与えてしまいます。
    • 彼女が別れたいと思っているとしても、最後まで話を聴くことが大切です。あなたが考えもしなかったこと、あるいは気づかなかったことが原因かもしれません。彼女の本当の気持ちが理解できるでしょう。
    • 別れたいとは思っているけれども、同時にあなたの気持ちを傷つけたくないとも思っているかもしれません。ですから、話を最後まで聴いて彼女の気持ちを理解することがとても重要です。不満の理由を色々と並べながらも、別れたいとはっきりと言ってくれない場合には、彼女の本心を直接尋ねてみましょう。
    • 「僕たちの関係について色々と不満があるようだね。おそらく僕のことを傷つけたくないと思っているのかもしれないけれど、正直な気持ちを言ってくれるとありがたいな」などと言ってみましょう。そうすれば、彼女も精神的に楽になり正直な気持ちを伝えてくれるでしょう。
  4. 4
    言うべきことを言う 自分の気持ちを正直に伝えた後で彼女から別れたいと言われたら、意地悪なことを言いたくなるかもしれませんが、できるだけ抑えましょう。意地悪をしたところで、何も変わらないばかりか後味が悪くなります。何の問題もないと言われたなら、素直に不安に感じていたことを伝えましょう。
    • 彼女に話をする時には「あなた」から始まるユー・ステートメントではなく、「わたし」から始まるアイ・ステートメントを使いましょう。彼女を防御的にさせません。[8]「最近の君の行動少し変だよ。言いたいことがあるなら言って?」などと言えば、彼女は身構えてしまうでしょう。「僕たち、最近あまり会話がないと思うんだけれど、君はどう思っている?」などと尋ねましょう。
    • 彼女から別れを告げられて、返答できない時には無理にする必要はありません。「君の気持ち、分かったよ」とだけ言って立ち去りましょう。彼女の本心を知って寂しさや腹立たしさを感じるかもしれません。あるいは、彼女の決断が正しい、2人にとって良い結論だと思うかもしれません。そういう気持ちをどうしても伝えたいなら、伝えても支障はないでしょう。
  5. 5
    怒らないように努める こういう状況で怒りが沸き起こるのは当然で、感情のコントロールが効かなくなる場合があります。[9]相手から別れ話をされたら、言葉で自分を守ろうと必死になりますが、それは自分が拒否されたと感じるからです。傷つかないように自分を守ろうとして怒りが自然に起こることはよくあります。
    • 声を張り上げずに低いトーンで話すことに集中し、穏やかな呼吸を心がけましょう。
    • 怒りがどうしても収まらないなら、会話を切り上げてその場を離れましょう。別れたいと告げられて彼女への嫌悪感が生まれたとしても、その場を去ることで、感情に任せて言ってしまたら後悔するようなことを言わずに済みます。
  6. 6
    会話の結末を受け入れる[10] 最終的に彼女を失うことになっても、そのまま関係を持続できることになっても、彼女の言ったことを素直に受け入れましょう。別れることになったなら、その後の対処方法を考え準備しましょう。逆に今のままで十分に満足していて、別れたくないと告げられたら、素直に彼女の言葉を信じましょう。別れたいと思っているのかどうかをしつこく確かめるのは避けましょう。彼女をイライラさせ、情緒不安ではないかと疑われるかもしれません。
    広告

パート3(全3パート):すべきことを見極める

  1. 1
    彼女に1人になる時間を与える 恋人同士として長く付き合っている場合、一方があるいは双方とも2人の関係に不安になる時があります。そういう気持ちになったら、理由を告げずに相手と距離をおきたくなるものです。距離をおかれた側は自分たちの関係で何か気に入らないことがあったのか、自分が間違ったことをしたのか不安な気持ちになり、原因を突き止めようと連絡を取りたくなるでしょうが、そのような行動は相手をイライラさせてしまい、思わぬ行動を取らせてしまう恐れがあります。
    • 彼女が遠ざかってしまったと感じたら、彼女に1人の時間を与えるように努めましょう。数日、あるいは1週間ほど彼女と連絡を断ちましょう。保証の限りではありませんが、1人になって考える時間を与えられて、実際には2人の関係に満足していたことに気づき、あなたがいない寂しさを実感するかもしれません。
    • 希望通りに物事が運ばないかもしれませんが、それでも、彼女には1人になる時間を与えましょう。その間、彼女に出会う前の自分の人生や楽しく過ごした日々を思い出すことができ、彼女を失うことになったとしても素敵な人生が送れることを実感できるでしょう。
  2. 2
    彼女との関係を修復する 彼女なしの人生など想像できないと思うなら、関係修復のための対策を講じましょう。ただし、彼女があなたとの関係を不満に感じ関係を続けたくないと思っているとしたら、仮にその場しのぎで修復できたとしても、最終的には2人とも惨めな思いをすることになるでしょう。それを肝に命じておきましょう。
    • 彼女が不満に思っていることを特定しましょう。単にあなたへの興味がなくなったという冷酷な真実が待っているかもしれませんが、他の要因も考えられます。まず、問題を特定して解決に挑みましょう。
    • 彼女にサプライズを仕掛けてみましょう。長く付き合っていたとしても、彼女を満足させるのにあなたの魅力全てを使い切ってはいないはずです。奥の手を使って彼女にサプライズを仕掛けましょう。ロマンチックなディナーに誘う、彼女の好きなダンスパーティで夜のひと時を過ごすなど考えてみましょう。彼女の大好きなチョコレートや花束をプレゼントして、彼女のことを考えていることを伝えるのも良い方法です。
    • 彼女に2人の楽しかった日々を思い出させましょう。理由があって付き合うことになったはずなのに、関係がぎこちなくなると、その理由が思い出せなくなるものです。初めてのデートや堪えきれない程一緒に笑った時のことを彼女に思い出させて、寄りを戻すきっかけを作ってはどうでしょうか。目的は、付き合い始めた頃の幸せな気分を思い出させることです。
    • ラブレターを書きましょう。シンプルな手法ですが、ラブレターを受け取れば誰でも幸せな気持ちになります。いかにもベタなラブレターを書くという意味ではありません。彼女のことをどれ程大切に思っているかを伝えるシンプルな手紙で十分です。2人が楽しく過ごした日々に思いを馳せたり、これからも彼女との時間を楽しみにしていることを伝えたりしましょう。
    • 心を開き、自分の弱い部分も曝け出しましょう。自尊心を守ろうと必死になったり、気持ちを閉ざしてしまいたくなるかもしれませんが、それでは事態を悪化させるだけです。彼女に心を開きましょう。嫌なことがあった時にはそれを彼女に伝えてみましょう。恐怖心を曝け出して、自分の弱い部分を見せるようにしましょう。
    • 彼女に1人で行動することを勧めましょう。不満の原因の1つとして、思うように行動できない息苦しさを感じているのかもしれません。単に距離をおくだけではなく、彼女がしたいことを自由にできる環境を作りましょう。[11]彼女が難関大学への入学を希望しているなら、入学願書の記入を助けてあげてはどうでしょうか。また、彼女が旅行に行きたいと思っているなら、その気持ちを後押ししてはどうでしょうか。
  3. 3
    彼女を諦める あなたの望む形ではないかもしれませんが、場合によっては彼女を自由にさせてあげることが最善かもしれません。彼女が自分との関係に満足していないのだけれど、いまいち行動を起こせずに悩んでいるのが分かるなら、大切な彼女の幸せをどれ程願っているかを示すためにも、勇気を出して彼女のために別れる決意をしましょう。
    • 正直になることで穏やかな行動が取れるでしょう。彼女がここしばらく自分との関係において満足していないこと、それでも自分を傷つけたくないと思っていることを十分に理解していることを伝え、自分から関係解消を提案しましょう。
    • 別れの辛さは軽減されないかもしれませんが、少なくとも状況をある程度自分でコントロールすることができます。彼女とのことでしばらく惨めな気持ちでいたはずです。別れた後は解放感を覚えるかもしれません。
    • 別れた後は、彼女や2人の関係に抱いた怒りも一緒に解き放つことが大切です。怒りや恨みを抱き続けると自分自身を傷つけることになります。[12]
  4. 4
    自分のための時間を作る 失恋を癒すには時間がかかります。彼女を失った直後は寂しさが募るでしょうが、時間と共に寂しさは薄れていくものだと自分に言い聞かせましょう。元気を取り戻すために出来ることはたくさんあるでしょうが、最終的には時間が解決するでしょう。
    • 立ち直るのにどれくらいの時間がかかるかは人によって異なります。数日間、数週間、あるいは数ヶ月かもしれません。1日1日を新しい人生に向かってのステップだと考えましょう。
  5. 5
    彼女と連絡を断つ 別れた直後は電話やメール、携帯メッセージなどで連絡を取りたいという衝動にかられるかもしれません。しかし連絡すれば、更に辛くなるだけです。[13]必要であれば彼女の連絡先を削除しましょう。ソーシャルメディア全てのアカウントからも彼女を削除しましょう。
    • 彼女からの電話や携帯メッセージは無視しましょう。メールが送られて来ても、読まずに削除しましょう。
    • 彼女とはもう二度と話せないということではありません。ただ、別れた直後に相手に放った言葉を後悔することはよくあり、落ち込むことになりかねません。
    • 彼女の連絡先を完全に削除したくない場合には、紙に書き出して、完全に立ち直れるまで信頼できる友達に預かってもらいましょう。
  6. 6
    彼女を思い出させるものを処分する 彼女との大事な思い出を捨てたり慈善団体に寄付したりなどの形で完全に処分したくない場合には、ボックスか袋に入れて見えない所にしまっておきましょう。
    • 彼女関連の物を振り返って思い出に浸ってしまいそうなら、思い切って処分するか、しばらくの間友達に預かってもらえないか尋ねましょう。
  7. 7
    活動的になる 夜悲しくなって泣きたくなったら泣きましょう。しかし、その後は活動的に行動するように努めましょう。友達とアクティビティの計画を立てて好きなことに興じましょう。交流会などに参加して新しい友達を作りましょう。外で好きな友達と楽しいことをしていくうちに、くよくよと考えなくなるでしょう。
    • 体を動かしましょう。体を動かすと気分が晴れやかになり、心身ともに健康になることが証明されています。[14]失恋の後は塞ぎ込み、家でゴロゴロしたい気分になるでしょうが、散歩やランニングをするなど外で活動するように努めましょう。チームスポーツが好きなら、チームを見つけてメンバーになってはどうでしょうか。
  8. 8
    前向きになる 彼女との別れは悲しいことですが、そこから何かを学ぶことができるはずです。時間を割いて彼女との関係をできる限り正直に反省しましょう。おそらく彼女に至らない点がたくさんあったことでしょう。しかし、あなた自身にも悪い所があったはずです。彼女の誤ちばかりを考えるのではなく、あなた自身がもっと上手にできることがなかったかを考えてみましょう。
    • これからの恋愛関係で失敗しないためにも、効果的にコミュニケーションを取れるように努力しましょう。そうすれば、将来のパートナーが不満を覚えることがあっても、あなたにすぐに相談してくれるでしょう。これまで、パートナーからの問題提起に身構えたり怒ったりしていたとしたら、今後は同じような問題に心を開いて、落ち着いて話せるように練習しましょう。
    • 自分の欠点を素直に認めることは難しいことですが、失恋を経験した今となっては、自尊心のために欠点を隠そうとしても無駄だと自分に言い聞かせましょう。
    広告

ポイント

  • 彼女が不機嫌なのは、単にその日嫌なことがあった、あるいは1週間大変なことが続いているからかもしれません。少し様子をみましょう。ただし、2人の関係が悪化しているのに、いつまでも放置しておくのは楽しくありません。
  • 彼女の態度が悲観的だとしたら、もっと構って欲しいのかもしれません。時には愛情を行動で示したり思いやりを込めたサプライズをしたりすると、機嫌が直るかもしれません。
  • 思っていること全てを手紙に書きましょう。時間がなくて彼女と直接話をするのが簡単に出来ない場合には、別の方法でコミュニケーションをとりましょう。手紙やメールを書いて自分の気持ちを説明してみましょう。そうすれば別のコミュニケーション方法にも頼れるだけでなく、彼女にとってあなたが言ったことを改めて理解する機会にもなります。
  • 直感を信じましょう。通常、恋人との関係が終わりに近づいていることは、当事者が一番よく分かっていますが、その考えを打ち消してしまうことがしばしばあります。しかし大抵の場合、直感は正しいものです。素直になりましょう。
  • 彼女があなたとの関係に不満を持っていて別れたいと思っているとしたら、彼女を諦めることが最善策かもしれません。 失恋から立ち直るのは難しいことですが、彼女が幸せではないなら、無理に彼女を繋ぎ止めようとしても関係が更に悪化するだけです。
  • 彼女が別れたいと思っていることも、何らかの理由で行動に移せないことも明らかなら、あなたから別れ話を提案して彼女の不安を取り除いてはどうでしょうか。あなた自身、別れなど信じられないと思っている場合にはとても難しいことですが、別れはどちらにとっても辛いものです。早く別れることができれば、新しい人生をすぐにスタートできます。
  • 彼女がストレートに嫌なこと続きの1週間だと愚痴をこぼして来たら、助けになってあげましょう。自分に出来ることがないかを尋ねましょう。
広告

注意事項

  • 醜態を演じてはいけません。彼女から別れ話をされたらその瞬間、大声でののしるのが最も効果的な方法に思えるかもしれません。しかし、おそらく後で恥ずかしさに襲われることになるでしょう。少なくとも彼女の目の前では、できる限り冷静になりましょう。分別ある大人だという印象を与えます。また後に、落ち着いて対処できた自分を誇らしく思えることでしょう。
  • 彼女が消極的なボディランゲージを使ったり、常に悲観的な言動をしたりするなら、鬱病の可能性があります。彼女自身が対処している心の問題を2人の関係への不満だと勘違いしないように気をつけましょう。
広告

このwikiHow記事について

認定ソーシャルワーカー(修士)
この記事はTasha Rube, LMSWが共著しています。 ターシャ・ルーブはミズーリ州在住の認定ソーシャルワーカーです。2014年にミズーリ大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告