彼に許してもらう方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

自分がしてしまったことへの後悔が強いほど、謝るのは難しいかもしれません。しかし男性とお付き合いしているのであれば、許してもらうためにできることがいくつかあります。その中でも一番重要なのは、素直に謝ることです。

パート1(全3パート):自分がしたことと向き合う

  1. 1
    自分で認める 悪いことをしてしまったら、まず自分でそれを認めましょう。言い訳をして自分を正当化したいと思うのが人間と言うものです。しかし誰かに許しを請うのであれば、言い訳をせずにまずは自分で自分の間違いを認めなければなりません。[1]
  2. 2
    客観的になる 言い訳をしたくなる感情を抑えましょう。自分の言動は彼に対する怒りが原因だと考えると、そう弁解したくなってしまいます。しかし、自分のしたことに完全に責任を持たなければ、心から謝ることはできません。当時の彼の言動の責任は彼自身に任せましょう。[2]
  3. 3
    言いたいことを事前に書いておく 書き出したことを単に棒読みにするべきではありませんが、言いたいことを書き留めておくと、言い訳をしたくなる感情を抑えやすくなります。責任を持つことと償うことに集中しましょう。[3]
    Advertisement

パート2(全3パート):彼と話し合う

  1. 1
    後回しにしない やりたくないことを後回しにしてしまうのはよくあることですが、謝るならば早めにしましょう。謝罪の後回しは彼の怒りを募らせるか、彼をさらに傷つけるだけです。
  2. 2
    タイミングを図る 彼がサッカーの試合を見ている時や、本を読んでいる時に謝るのは止めましょう。彼が他のことに集中していない時を見計らって、話ができるかどうかを訊ねましょう。彼があなたのしたことをすでに知っているのであれば、会話の内容も察知しているでしょう。彼に自分がしたことを初めて告白するのであれば、話し合いをする理由も分かっていないでしょう。[4]
  3. 3
    後悔を表す 申し訳ないと思う気持ちを話し方や態度でしっかりと伝えましょう。笑ってごまかしたり、冗談で取り繕ってはいけません。彼の目を見て真面目な口調で謝りましょう。[5]
    • 例えば、「本当に、本当にごめんなさい。」と言ってみましょう。
  4. 4
    責任を取る 自分がしたことは間違っていたと彼の前で認めることも大事です。自分の間違いを認めるために、何が悪かったのかを口に出して言いましょう。[6]
    • 例えば、「あなたを冗談の引き合いに出して傷つけてしまったよね。そのこと気にしてるの知ってたのに、ちゃんと考えてから喋るべきだった。」と言ってみましょう。
  5. 5
    今後の話をする 最後に、今後は自分の言動を改めることを伝えます。ここでどのように状況を改善するのかを話しましょう。過ぎたことは変えられませんが、これから自分の言動をどう変えて行くつもりかを伝えることはできます。[7]
    • 謝罪の最後にこう言ってもいいでしょう。「今度話す時はちゃんと考えてから話すね。あなたのことをもっと大事にする。あなたのこと大好きで尊敬してるってこれからは行動で示すからね。」
  6. 6
    彼に反論させる 彼が自分のしたことを初めて聞くのであれば、きっと怒るでしょう。その時は言い訳をせずに彼が怒っている理由を話してもらいましょう。彼には話す機会が必要なのです。例えあなたの謝罪の理由を知っていたとしても、彼には何を感じているか、どうしてそう感じるのかを話す機会が必要です。あなたのしたことが何故彼を傷つけたのかを説明するチャンスを彼に与えましょう。[8]
    • 「私が話したことについてどう思う?」と彼に聞いてみましょう。
  7. 7
    彼の気持ちを認識する 最後に、彼の気持ちを理解していることを示しましょう。彼の話に耳を傾け、彼が怒っている理由も分かっていることを示しましょう。[9]
    • 彼の話をちゃんと聞いていると分かってもらう方法の一つは、彼の言葉を繰り返すことです。例えば、「私がああいう冗談を言うとあなたは見下され、馬鹿にされているような気持ちになるってことよね。それはすごく分かるし、あなたがそう思うのも当たり前だと思うわ。」[10]
    Advertisement

パート3(全3パート):次に進む

  1. 1
    彼に時間を与える ひどく傷ついたり、怒っている時、人には状況を整理する時間が必要です。彼は数日、又は一週間ほど一人で考える時間が欲しいと言うかもしれませんが、心配することはありません。冷静に物事を判断するために時間が必要なのです。[11]
  2. 2
    議論しない 許してもらいたいのなら、自分の意見を突き通すようなことをしてはいけません。一度謝ったらそれで終わりにしましょう。自分が正しいと言い張っても彼を説得することはできないでしょう。[12]
  3. 3
    サプライズをする 彼に申し訳ないと思う気持ちを形で表したければ、サプライズを計画しましょう。クッキーを焼いたり彼が喜ぶようなものをプレゼントしましょう。こうした思いやりのある行動は、あなたの彼への気持ちを代弁してくれます。
  4. 4
    失敗は誰にでもあることを知る 彼と次のステップに進むためにも彼の許しが必要です。しかし、自分自身を許すことも重要です。誰にでも悪いことをしてしまう時があります。しかし総体的に見てみたら、あなたのしたことはそんなにひどいことではないでしょう。そうであったとしても、一生自分を責めることはありません。思い悩み過ぎないようにしましょう。[13]
    • ただし、失敗したことを忘れていいわけではありません。この教訓を次に生かしましょう。
  5. 5
    彼に許してもらえない可能性があることを理解する どんなに許されたいと願っても、人に人を許さなければいけない義務はありません。今回の失敗から学んで、次に進まなければいけない時もあるでしょう。[14]
    Advertisement

ポイント

  • 謝る時に泣いてしまうかもしれないと心配する必要はありません。どれだけ反省しているかが彼に伝わります。
Advertisement

このwikiHow記事について

認定カウンセラー
この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。
カテゴリ: 恋愛関係維持

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement