年上の女性と付き合う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

年上の女性とのデートでは心躍ることや目新しいこと、また楽しいことがたくさんあることでしょう。しかし、より楽しく上手に付き合える方法を考えると緊張してしまうことがあるかもしれません。そんな時にはまずリラックスしましょう。一番大切なことは、そのままの自分に自信を持ち年の差を気にしないことです。年齢に関係なく、力を抜いて気軽に年上女性との恋愛を楽しみましょう。

パート1(全3パート):彼女を惹きつける

  1. 1
    自信ある態度を示す 年上の女性と真剣に付き合いたいなら、あるがままの自分に満足して自信を持ちましょう。自尊心が低く、ロマンチックな関係において自分を見失ったり動揺したりしてしまうことが頻繁にあるなら、年上の女性との付き合いには苦労があるかもしれません。年配の女性が若い男性と付き合いたいのは、新しい息子や子守りをする赤ちゃんが欲しいからではありません。年齢を問わず、自分のことを深く理解してくれる男性とデートに行きたいと思っているからです。自分に自信がないと思うなら、まずは自分の弱点を克服しながらあるがままの自分を好きになるように努めましょう。[1]
    • 絶えず自己を卑下したり悲観的なことを言ったりするのを避けましょう。自分の好きなところに焦点を当てるように努力しましょう。
    • 新しい任務などを任されたらワクワク感を持って挑戦しましょう。失敗する理由ばかりを考えてはいけません。
    • ボディーランゲージでも自信に満ちた自分を表しましょう。背筋を伸ばし、話し相手としっかりとアイコンタクトを取り、オドオド、ソワソワしたり前かがみになったりしてはいけません。[2]
    • もちろん真の自信をつけるには長い時間がかかるかもしれません。それでも克服可能な弱点を無くせるように努力を重ねつつ、不可能なことは「今は無理だ」と諦めながらも、少しずつ前進することはできるでしょう。自分の好きなところを全てノートに書き出し、少しずつ前進しながら、好きな面をどんどん見つけて項目を増やしていきましょう。
    • 自信をつけるためのもう1つの鍵は、一緒に居て晴れやかな気分になれる人と友達になることです。友だちから常に貶されてばかりでは、自分を前向きに考えることは難しくなります。
  2. 2
    自立心旺盛な所を見せて彼女に好印象を与える 年上の女性は自分の行く先々に尻尾を振って着いて来るような、言わば人の言いなりになる人をパートナーには望みません。自分の友達を大切にし、趣味を持ち目標に向かって突き進む男性に魅力を感じ、そんな男性と付き合うことを望んでいます。彼女との関係以外でも、色々なことに挑戦し忙しく毎日を送りましょう。毎日毎時間彼女に会いたいと恋い焦がれるのではなく、時間を割かなければ彼女には会えないという状態でいましょう。彼女があなたの生活振りを見て、自分との関係以外には何もないと察知すれば、あなたから遠ざかってしまうかもしれません。
    • 自分の趣味や興味、目標、その他色々なものに情熱を持つことは、成熟した人間の証であり、加えて日々成長を遂げている兆候だとも言えます。ビデオゲーム以外に趣味や興味がないなら、意中の年上女性があなたに対して「活気に溢れた大人の男性だ」という印象を持つとは思えません。
    • 機会があれば友達とも出かけましょう。毎回全てを投げ打って意中の年上女性とデートに出かけるのは薦められません。友達との友情も大事だと思っていることを彼女にも知ってもらいましょう。
    • やきもちを焼いてはいけません。「どこにいたの?」「何をしてたの?」などと常に彼女に尋ねていれば、「まだ未熟で人を信頼することができない人」という印象を与えるでしょう。
  3. 3
    時には主導権を握る 年上の女性を支配しようとしてはいけませんが、年下だという理由で、常に受け身姿勢で、彼女の言いなりになるのは避けましょう。彼女には常にデートのアイディアがあるかもしれませんが、時にはあなたが主導権を握って計画を立てましょう。彼女には「彼と一緒にいる時は常に私が色々と考えなければならなくてちょっと大変だわ」と思って欲しくはないはずです。食事の場所や一緒に見る映画、一緒に楽しめるアクティビティーなどについてあなた自身も考えを出すようにしましょう。
    • デートの過ごし方については交代でアイディアを出すようにしましょう。年上だから常に彼女に決定権がある、ということはありません。
    • キスやそれ以上にいちゃつきたい時には、あなたからイニシアティブを取ってみましょう。臆病者だと思われたくはないですね。
    • 主導権を握ると、年齢以上に大人だという印象を与えることができるかもしれません。しかし、どうして良いか本当に分からない場合には、素直に彼女の意見を求めましょう。知らないことを知らないと認められるということは、立派な大人の態度です。
  4. 4
    自分の年齢を有利に使う 彼女よりも若いからといって遠慮したり彼女との関係を楽しんではいけないと考えてはいけません。彼女が年下の男性と付き合いたいと思うのであれば、何かしら理由があるはずではありませんか?経験や知識の面で乏しい面があっても、熱意やワクワク感、活力、そして前向きな見解という点では大いに優っています。年下の男性と付き合うことにメリットがたくさんあることを彼女に示しましょう。[3]
    • 活力、新しい物事に挑戦する能力を示して彼女を感動させましょう。今まで聞いたことのない物事に挑戦することになっても、及び腰になってはいけません。挑戦できる機会を与えられたら逃さずに受け入れましょう。
    • 色々な物事に挑戦した経験は少ないかもしれません。しかしこれから挑もうとしていることには胸を踊らせているはずです。今後自分が挑戦しようとしている物事について話してみましょう。
    • 「僕、まだ18歳だから…」と言ってはいけません。自分の年齢をデメリットと捉えてはいけません。
  5. 5
    彼女の年齢を大問題にしない 年上の女性と良い関係を築きたいなら1つだけ避けるべき事項があります。それは、彼女が「年上の女性」だという事実を問題視することです。自分の年齢をオープンに話す年配の女性もいますが、「年上」と見られることに否定的で、自分の思うように2人の関係を楽しみたいと思う年上の女性もいます。[4]
  6. 6
    彼女のために自分を180度変えてはいけない 年上の女性と良好な関係を築くためには自分の性格を完全に変える必要があると感じるかもしれません。しかしあまりにも大胆に変身を遂げると、相手の女性は最初に惹かれたあなたの姿を見失うことになります。経験を積み成長を重ね、2人の関係において動揺しないように努力することは大切なことでしょうが、相手の女性が初めてデートに誘ってくれたあなたを認識できない程自分を変えてしまうのは避けましょう。
    • デートの終わりには、気取っておしゃれをして頑張ったあなたではなく、素のあなたを好きになってもらいたいものです。自分に正直に振舞っていないなと思ったら、背伸びするのをやめましょう。
    • 年上の女性と有意義な関係を築きたいなら、年上に見えるように願って本当の自分の姿を隠すのは避けましょう。ありのままの自分を見てもらいましょう。
    広告

パート2(全3パート):魅力的な彼氏になる

  1. 1
    紳士的に振る舞う 年配の女性と上手に付き合うには、真の紳士でなければなりません。マナーを知らない、女性の扱い方が分かっていないなどと思われたくはないでしょう。しかし最近では女性のためにドアを開いたり、腰を掛ける時に後ろから椅子を押したりといった特定の「紳士的な」マナーを時代遅れだと考える女性もいます。彼女が何を期待しているかを読めるようにしましょう。それでも、礼儀正しい振る舞いや良いマナーを身につけていて害はありません。真の紳士を目指すのであれば、デートの相手に敬意を表すことが大切です。[5]
    • デートには時間通りに行きましょう。時には小さなプレゼントを用意しましょう。
    • デートの前に身だしなみを整えましょう。それだけの価値が彼女にはあることを知ってもらうことが大事です。
    • 「とても綺麗だよ」「本当に魅力的だと思う」などと彼女を褒めて自分の気持ちを伝えましょう。
    • 周囲の人全員に敬意を示しましょう。レストランのウェイトレス、ウェイター、友達、あるいは知らない人に対しても親切に礼儀正しく振舞うことで、心から相手を尊重できる人であることを示すことができます。彼女の気をひくために気取っているのではないことを証明できます。
  2. 2
    自分の経験不足を心配しない 年上の女性は確かに人生経験が多く、恋愛経験もあなたより豊富にあるでしょう。しかしだからと言って、自分の経験不足を嘆いたり話題も豊富ではないと心配する必要はありません。パートナーとの親密な行為に関して彼女が経験豊富なら、素晴らしいことではないですか。彼女から新しいことを教えてもらい一緒に楽しみましょう。経験の無さをあれこれ考えるのではなく、今彼女と過ごしているこの時間、新しい経験を楽しみましょう。[6]
    • 魅力的な彼氏になりたいなら、自分の経験不足を持ち出してはいけません。女性は自分の過去の経験を必要以上に意識してしまい、あなた自身も精神的に不安になるでしょう。
    • 彼女と親密になる時には自分の経験不足を心配してはいけません。そこを過剰に意識すると楽しめなくなります。[7]
  3. 3
    積極的に行動する 自分の望むものを理解しそれを臆せず要求できる堂々とした男性になりましょう。常に相手の気持ちを勘ぐったり、モゴモゴと呟いたり、言いたいことを言わずに黙っていれば、年上の女性はより積極的な人を探し始めることでしょう。デートでしたいことを物怖じせずに彼女に伝え、彼女があなたの気持ちを傷つけたことがあるならそれをはっきりと話し、欲しいものをためらわずに要求できるようにしましょう。[8]
    • 積極的に振る舞うには、言いたいことを明確な声でしっかりと話すことが必要です。小さな声で話したり何度も口ごもったりするとはっきりと自己主張できません。[9]
    • 彼女が話している時に口を挟まないのは当然ですが、自分が話す時には言いたいことをはっきりと言えるようにしましょう。
  4. 4
    大人になる 世界で最も成熟した人ではないとしても、世知に長けた人になるための努力を惜しんではいけません。かんしゃくを起こしたり些細なことで怒りを表したりするのは避けましょう。また、周囲に全く無頓着な振る舞いをするのも避けましょう。何が起こっているのかにわかに判断できない場合にはその不安な気持ちは表さず、情報収集するように努めましょう。一人歩きせずに、他人には礼儀正しく敬意を持って接しましょう。自分に合った成熟した男性と付き合いたいというのが年上女性の願いです。[10]
    • 些細なことで不平や不満を言うのは未熟な人の振る舞いですので避けましょう。
    • 爪を噛む、人を馬鹿にする、兄弟姉妹と喧嘩するなどの子供じみた振る舞いも止めましょう。
    • 物事が思い通りに進まない時でも怒ったりあからさまにがっかりした態度を取らないようにしましょう。
  5. 5
    物事を深く考えず楽に構える 年上の彼女には、年上の男性との恋愛経験もそれなりにあることでしょう。彼女の昔の恋人たちとは違うところを示しましょう。彼女があなたとのデートを楽しめるように楽観的な態度で楽しい雰囲気を作り、物事を軽く明るく考えて行動しましょう。自分にとって何が効果的かが分かっているなら、真剣な話や「この会話は一体どこに向かっているのだろう」など深刻じみた会話は最小限に留めましょう。先のことを心配するのではなく、彼女との「今この瞬間」を楽しみましょう。
    • 心が軽くなるような楽しい会話に終始して彼女を笑わせましょう。一緒にいて楽しい人だと思ってもらえるように振舞いましょう。
    • 覚悟ができているなら、彼女に自分の心を開きましょう。真剣な話を聞いてもらったりもしましょう。ただし原則として、常に楽しく気軽に振舞うことを忘れてはいけません。
  6. 6
    年齢差を話題にしない 彼女との関係を長く続けたいなら2人の年齢差を毎回話題にしてはいけません。あるがままの彼女が好きだということを分かってもらいましょう。年上の女性とのデートは格好良く見え、ゾクゾクするから彼女と付き合っているのだと思わせてはいけません。年齢差を持ち出してばかりいれば、あなたの意識が彼女との恋愛そのものにきちんと向いていないと思われるでしょう。[11]
    • 彼女の側で年齢差を話題にして笑い飛ばしたい時があるかもしれません。その時には彼女の話に乗りましょう。ただし彼女が年齢差に触れようとしないなら、あなたも決して触れてはいけません。
    広告

パート3(全3パート):関係を持続させる

  1. 1
    彼女の人となりに関心を示す 年上の女性と長期的に良好な関係を築きたいのであれば、彼女を単にセクシーな年上の女性と考えるだけでは不十分です。彼女の性格をきちんと知る努力をし、年齢は単なる数字でしかないと考えましょう。彼女を本当に理解したいと思っていること、また彼女との時間をとても大切に思っていることを分かってもらいましょう。[12]例えば、次のような態度を示してはどうでしょうか。
    • 彼女が話す時には真剣に聴きましょう。携帯電話をしまい彼女の目を見て話を遮らずに最後まで聴きましょう。
    • 彼女の幼少期や今の仕事、家族、興味を持っていることについて尋ねましょう。彼女の全てに関心があることを示しましょう。
    • 会えない時には連絡を入れて彼女の1日を尋ねたり、彼女のことを常に気にかけていることを伝えましょう。
    • 自分にとって彼女がいかに特別な存在かということを分かってもらえるように褒めましょう。ただし「すごくイケてるよ!」などと軽く褒めるのではなく、ユーモアのセンスや彼女が自分で大事に思っている良い面を持ち出して褒めましょう。
  2. 2
    彼女にプライバシーを与える 彼女との関係を長く続けたいなら、彼女に依存し過ぎてはいけません。彼女は自立した立派な大人であり、あなた以外にも意識を向けなければならない物事があることを理解し尊重しましょう。彼女には仕事があり、女友達とのアフターファイブの付き合いもあり、更にヨガや詩を書くこと、また料理など自分の好きなことに興じる時間も必要なことを理解しましょう。彼女に愛情を求め過ぎてはいけません。また、毎日一緒に居てほしいと甘えてもいけません。あなたとの関係以外にも彼女にはすべきこと、またしたいことがあることを理解しましょう。[13]
    • 離れている時でも彼女の動向に関心があることを示しましょう。彼女の友達や、仕事、趣味などについて尋ね、「彼女のことを知りたい」という気持ちを示しましょう。
    • 離れている時には連絡を入れましょう。ただし彼女が友達と出かけているのを知りながら1日に3度も電話するのは避けましょう。他にすることがないのか、あるいはやきもちを焼いているのか、と思われてしまいます。
  3. 3
    会話で相手に引けを取らない 彼女との関係を長く続けたいなら、引けを取らずに彼女と会話できなくてはなりません。「私ばかり話している」「この人には自分の意見がないのかしら」などと思われたくはないでしょう。彼女の気持ちを長く自分に留めておきたいなら、大人の振る舞いや思慮深い言動を意識し、はっきりと意見を言うようにしましょう。
    • 政治問題や世界のニュースを読んだり、時事問題などについて情報を入手したりしましょう。彼女が最新の話題について話したい時に、何のことかさっぱり分からないという状態は避けたいものです。
    • 子供の頃の出来事や旅行などの思い出を語りましょう。年下だという理由で自分の経験は価値がないと思ってはいけません。
    • 面白い出来事があった時には彼女に伝えて一緒に分かち合いましょう。大人の女性と付き合っているからといって、常に深刻な話をしなければならないと考える必要はありません。
    • 相手に「彼は若い」と思わせるような話題は避けましょう。例えば、ルームメートとたわいないことで喧嘩をした、あるいは親にお小遣いをねだったといった内容の話は避けた方がよいでしょう。
  4. 4
    刺激を求め続ける 彼女との関係を持続させたいなら、外出する度に毎回同じことを繰り返すのは避けましょう。新しいレストランや旅行先を考える、サルサなどのペアダンスを一緒に習う、イタリア料理を一緒に作るなど、一緒に楽しめるアクティビティーを常に模索しましょう。[14]毎回彼女とお決まりのことをするのが非常に心地良く満足しているとしても、経験豊富な年上の彼女はそうは思っていないかもしれません。実際には別のことがしたく、あなたをパートナーの気持ちを考えない無頓着な人だと思うかもしれません。
    • 2人でアクティビティーに一緒に参加することを習慣化するなど、2人の行動パターンを築くのは素晴らしいことですが、毎日同じことの繰り返しでは退屈してしまいます。そのような状態に陥らないように、少なくとも週に一度は新しいことに挑戦しましょう。
    • 自分の気持ちを伝える手段としてラブレターを書いてみてはどうでしょうか。彼女にとって刺激的なことかもしれません。彼女の存在が自分にとってどれ程大切かを手紙にしたためましょう。長く付き合っているからもうロマンスは不要だなどと考えてはいけません。
    • おおらかに振る舞いましょう。前の晩に週末旅行を提案したり、彼女のためにサプライズデートを計画して、ロッククライミングなど彼女が以前から挑戦したかったアクティビティーに2人で挑みましょう。
  5. 5
    彼女との関係が長続きするかどうかを判断する 年上の女性と付き合い出してしばらくすると、彼女との関係が半永久的なものかどうかを考え始めることでしょう。2人の年齢差を気に留めることなく、楽しく意味のある充実した関係を保てているなら、あなたのこれまでの努力は大したものです。しかしながら、2人の関係で最も刺激的なことが「年齢差」しかない、しかもその事実に慣れてきたという状態なら、気持ちを切り替えて新しいことを始めた方がよいかもしれません。
    • 目新しいという理由で年上の女性と付き合っているのだとしたら、真面目に彼女との関係を続けているとは言えません。
    • 自分に正直になりましょう。年上の女性があなたが彼女に与えられる以上のものを望んでいるとしたら、お互いが別々の道を進む時が来たと判断してもよいでしょう。
    • ただし、年上の彼女と素晴らしい経験をしていると思うなら、満足行くまで彼女との素敵な交際を楽しみましょう。[15]
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告