尿を出す方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

尿検査に尿が必要なのに、シャイ膀胱症候群を患っている、または突然トイレを使用するのに困難を覚えた場合、自分で尿を出す必要があります。特定の食べ物で排尿を助けたり、心理学的な治療法でシャイ膀胱症候群を改善することができます。しかし、膀胱に痛みがある等の症状がある場合、医療的措置が必要になるケースもあります。

4の方法1:
排尿のきっかけを作る

  1. 1
    前のめりになる 座って体を前に傾け、排便をするときのように腹筋に圧力をかけます。筋肉に緊張をかけて、膀胱を圧迫しましょう。[1]
  2. 2
    腹部に下方向に圧をかける 体を前に傾けるのと同時に、前腕を下腹部に当てて優しく押しましょう。尿が腎臓へ逆流する恐れがあるため、膀胱に直接圧をかけるのはやめましょう。[2]
  3. 3
    膀胱を指で軽く叩く へその下の膀胱を指を使って繰り返し軽く叩きましょう。1秒に1回よりも少し早いくらいのスピードで30秒間叩いてみましょう。[3]必要に応じて一番効果的な場所を探し当て、安定した流れで排尿できるまで叩き続けましょう。
  4. 4
    腿や陰部を刺激する 内腿を撫でたり陰毛をひっぱったりすると、膀胱を制御する神経が刺激され排尿に繋がるかもしれません。
    広告

4の方法2:
食べ物や飲み物を利用する

  1. 1
    水をたくさん飲む 尿検査のため病院の予約があって排尿が必要な時は、検査の前に水を飲むのが一番早く手安全に尿を誘発できるでしょう。
    • 水分を余分に取っても健康を害することはありません。水分を摂りすぎると、腎臓は自然と水を尿として排除します。病院で排尿が必要だとわかっているなら、グラス1、2杯の水を飲んでから行きましょう。
    • ただし、鬱血性心不全やその他浮腫を引き起こす疾患がある場合は、水分摂取量を制限する必要があります。慢性腎不全で透析を受けている場合も、水分摂取量を制限しましょう。
    • 人が居る所での排尿がとりわけ恥ずかしい人でない限り、無理をする必要はありません。病院に行く前に240mlのグラス1杯の水を飲むと、検査時の排尿が楽になります。[4]
  2. 2
    特定の果物を試す ある種の果物には利尿効果があるものがあります。利尿剤とは腎臓で尿の生成を促進する物質で、排尿の回数を増やします。[5]天然の利尿剤になる果物はたくさんあります。
    • 柑橘系の果物は全般的に、特にレモンには排尿を増やす効果があります。また、徐々に血圧を下げ、尿路感染防ぐ効果もあります。[6]
    • スイカは英語名「ウォーターメロン」という名の通り、水分を豊富に含んでいます。スイカを食べると水分を多く摂取することになり、排尿に繋がります。[7]
    • リンゴ酢やクランベリージュース等の果物の派生物も利尿剤としての効果が期待できます。病院の予約の前にクランベリージュースを飲むのも良いですし、サラダのドレッシングにリンゴ酢を材料として加えても良いでしょう。[8]
  3. 3
    ハーブを使用する ある種のハーブは排尿を促します。排尿の必要があるときは、利尿剤として使用してみましょう。
    • パセリに含まれる抗酸化物質にも排尿を促す効果があります。[9]
    • コリアンダーは利尿作用だけではなく、血圧を下げ消化器官の調子を整える効果があります。[10]
    • ニンニクには免疫システム増強等の健康面での利点がたくさんあり、健康的な天然の利尿剤としての効果も備えています。[11]
    • ショウガには水分の蓄積を防ぐ働きがあり、食事にスパイスとして加えると排尿を促す効果があります。[12]
  4. 4
    野菜を摂る 果物とハーブのみが天然の利尿剤ではありません。野菜の中にも排尿を促す働きを持つものがいくつかあります。
    • キュウリとセロリには水分が多く含まれており、排尿の量を増やします。[13]
    • にんじんは手軽に食べられて、排尿を促進する効果も期待できます。尿検査の前に、ニンジン1本またはベビーキャロット1カップ食べると排尿しやすくなるでしょう。[14]
    • キャベツにもキュウリと同様に水分が多く含まれており、尿の量を増やします。[15]
  5. 5
    お茶やコーヒーを飲む お茶やコーヒーにも利尿作用があり、尿検査の前に緑茶やコーヒーを1杯飲むと排尿の助けになるでしょう。ただし、カフェインが含まれているものは特に、病院に行く前には飲み過ぎないように注意しましょう。カフェインを摂取すると、一時的な血圧の急上昇が見られることがあります。病院では正確に測定する必要があるという事を覚えておきましょう。[16]
  6. 6
    便秘を治す 硬くて出にくい便は膀胱や尿道を圧迫し、尿を出にくくします。[17]食生活に食物繊維を多く取り入れて、よく運動し、それでも改善が見られない場合病院で診てもらいましょう。
    • 便意を我慢するのは止めましょう。便秘をさらに悪化させます。
    広告

4の方法3:
シャイ膀胱症候群を 克服する

  1. 1
    漸進的筋弛緩法を試す 公共のトイレでの排尿が困難な場合、ある種の緊張緩和テクニックで、落ち着いて公共のトイレを使用することが可能になります。
    • 排尿をするという行為と自分自身の間に距離を置くことで、体が自然と機能します。漸進的筋弛緩法で心を落ち着けましょう。[18]
    • 同時に異なる筋肉群をリラックスさせる 首や肩をリラックスさせるところからスタートして、腕、胴体、腰と移動させていきます。脚やすねの緊張をほぐすところまで行ったら、違う筋肉に集中して、公共のトイレを使用しているという事を忘れましょう。こうすることで、筋肉がほぐれてトイレを使用し、また排尿をしているという事実から気をそらすことができます。[19]
  2. 2
    気を紛らわす 緊張緩和テクニックと同様に、排尿という行為を考えないようにすることで、改善できます。公共のトイレを使用する際は何か気を紛らわすものを見つけましょう。
    • スマートフォンを持っているなら、ニュース記事を読んだりヘッドホンで音楽を聴いたりして気を紛らわせましょう。[20]
    • 考え事をして気を紛らわせても良いでしょう。印象に強く残っている映像、歌、セリフ、音等を思い浮かべながら排尿してみましょう。例えば、子供の頃の寝室等、自分が落ち着ける場所をイメージしてみたり、知っている歌の歌詞をつぶやいてみましょう。トイレを使用しているという事から気をそらすという事が大切です。[21]
  3. 3
    息を止める 息を止めると体の中の二酸化炭素レベルが上がり、全体のストレスレベルを下げる効果があります。
    • 息を75%吐いたところで息を止めて、約45秒我慢しましょう。[22]
    • これを繰り返してみて、効果があるか見てみましょう。これで実際に全体的な不安感が薄れるという人もいるため、公共のトイレを使用する前にこの呼吸法を試してみても良いでしょう。[23]
  4. 4
    精神科的療法を試す 公共のトイレで用を足す事に強い不安を感じることが頻繁にあって、仕事や社会生活の場で不便を感じる場合、精神科的治療を考慮に入れましょう。
    • シャイ膀胱症候群は、行動療法、投薬、催眠療法等により治療されてきました。精神科医が、精神疾患やその他の病歴を鑑みて、最適な治療を提案してくれるはずです。[24]
    • 厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス総合サイト」で、病院の探し方や、無料で相談できる公的機関についての情報が紹介してあるので見てみましょう。会社員の場合、産業医に相談してみるのも良いかもしれません。
    広告

4の方法4:
医学療法を試す

  1. 1
    病院の予約を取る 普段から排尿の問題を抱えている場合、かかりつけの医者の予約を取り、何か医学的原因があるのかを見極めましょう。
    • 病院では医学的・理学的診察を行い、男性の場合前立腺検査も行うでしょう。[25]
    • 医師が尿検査が必要と判断した場合、排尿にはカテーテルを尿道に通して尿を袋に出す方法を使用するかもしれません。[26]
    • また、感染症の兆候を見るため、血液検査が必要になる場合もあります。[27]
    • 原因次第で治療は変わってきますが、排尿障害を治すには様々な薬が使用されます。[28]
  2. 2
    必要に応じて緊急時の対応をする 排尿困難は緊急措置を要する場合があります。下記の症状が出たら、救急車を呼びましょう。
    • 膀胱や腹部に激しい痛みがある場合、深刻な膀胱閉塞の可能性もあります。カテーテルで尿を出す必要があるため、すぐに病院へ行きましょう。[29]
    • 突然の痛みを伴う尿閉は深刻な状態である可能性があります。緊急措置を取らずにいると、膀胱や腎臓にダメージを与えるため、できるだけ早く救急車を呼びましょう。[30]
  3. 3
    薬を試す 排尿障害を治療するには、様々な薬が使用されます。医師に相談して最適なものを選びましょう。
    • アルファ受容体遮断薬は排尿障害に使用される薬の一つです。膀胱の筋肉を緩めて、尿の流れを遮っているものを取り除きます。この薬は長期的な尿閉疾患、特に前立腺肥大を患っている男性患者に使用されます。[31]
    • この薬には尿失禁に効果のある5α還元酵素阻害薬と抗ムスカリン薬が含まれています。
    • 5α還元酵素阻害薬には前立腺を縮小する働きがあるため、男性にのみ処方されます。前立腺を縮小させるのにかかる時間次第で、効果が表れるまでに数週間から数か月かかることもあります。[32]
  4. 4
    排尿障害の原因を医師に判断してもらう 排尿困難はある疾患が原因となっている場合があります。病院では、尿検査等の検査をして、感染症や排尿器官が正常に機能しているかを診るでしょう。
    • 排尿障害を患っている男性は尿失禁も併発している場合があります。これは理学的診察をすると、前立腺肥大が原因であることがよくあります。尿失禁の原因としては、老齢が挙げられます。年を取ると、トイレの問題を抱えるようになることがよくあります。
    • 特に前立腺の手術歴や放射線治療歴がある場合には、前立腺の疾患が懸念されます。
    • 尿路感染を患ったことがある人は、排尿障害に陥ることがあります。狭窄症や瘻孔形成等の感染症により傷ができる場合があります。
    • また、身体的制約が原因で排尿障害になることもあります。
    • 中枢神経系、脊髄、脳卒中、認知障害等の神経疾患により尿閉や排尿障害が起きることがあります。
    • また、糖尿病、睡眠時無呼吸症、鬱、便秘等により尿失禁が引き起こされることがあります。
    広告

ポイント

  • 排尿に問題があるときは、かかりつけの医者や泌尿器科医に相談しましょう。
  • 排尿困難が頻繁に起こる場合、膀胱の状態や問題を記録しておきましょう。一日でトイレに行った回数、毎回の排尿の量等を書き留めましょう。また、尿漏れがある場合、その頻度も記録しましょう。
  • 水分を摂ると尿が生成されますが、1時間に1リットル以上水を飲むと水中毒になり、死に至るケースもあるため、気をつけましょう。
広告

注意事項

  • 尿閉として知られる、全く排尿ができない状態に陥った場合、緊急の治療が必要です。医療機関でカテーテルを尿道に通して直ちに膀胱から尿を排出しなければなりません。また、医療検査をして、原因を特定し適切な処置を判断する必要があるでしょう。
広告

このwikiHow記事について

家庭医(かかりつけ医)
この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州在住の内科医です。マツコ医師は2007年にテンプル大学医学部から医学博士号を授与されています。
カテゴリ: 全般的健康
  1. https://unitproj.library.ucla.edu/biomed/spice/index.cfm?spicefilename=medspice.txt&itemsuppress=yes&displayswitch=0
  2. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2056760
  3. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/weight-loss/expert-answers/water-retention/faq-20058063
  4. http://www.nlda.org/10-natural-diuretic-foods-to-lose-weight-and-lower-blood-pressure/
  5. http://www.nlda.org/10-natural-diuretic-foods-to-lose-weight-and-lower-blood-pressure/
  6. http://www.nlda.org/10-natural-diuretic-foods-to-lose-weight-and-lower-blood-pressure/
  7. http://www.emedicinehealth.com/frequent_urination/page2_em.htm
  8. http://www.niddk.nih.gov/health-information/health-topics/urologic-disease/urinary-retention/Pages/facts.aspx
  9. http://www.shybladdersyndrome.org/shy-bladder-tips-that-help-to-defeat-the-syndrome/5-ways-to-help-you-overcome-shy-bladder-that-you-must-try/
  10. http://www.shybladdersyndrome.org/shy-bladder-tips-that-help-to-defeat-the-syndrome/5-ways-to-help-you-overcome-shy-bladder-that-you-must-try/
  11. http://www.shybladdersyndrome.org/shy-bladder-tips-that-help-to-defeat-the-syndrome/5-ways-to-help-you-overcome-shy-bladder-that-you-must-try/
  12. http://www.shybladdersyndrome.org/shy-bladder-tips-that-help-to-defeat-the-syndrome/5-ways-to-help-you-overcome-shy-bladder-that-you-must-try/
  13. http://www.shybladdersyndrome.org/shy-bladder-tips-that-help-to-defeat-the-syndrome/5-ways-to-help-you-overcome-shy-bladder-that-you-must-try/
  14. http://www.shybladdersyndrome.org/shy-bladder-tips-that-help-to-defeat-the-syndrome/5-ways-to-help-you-overcome-shy-bladder-that-you-must-try/
  15. http://www.urologyhealth.org/urologic-conditions/paruresis-(urinating-in-public)/diagnosis-and-treatment
  16. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page5_em.htm#exams_and_tests
  17. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page5_em.htm#exams_and_tests
  18. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page5_em.htm#exams_and_tests
  19. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page5_em.htm#exams_and_tests
  20. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page7_em.htm#treatment_for_inability_to_urinate
  21. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page7_em.htm#treatment_for_inability_to_urinate
  22. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page8_em.htm#medications
  23. http://www.emedicinehealth.com/inability_to_urinate/page8_em.htm#medications

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告