射精液を増やす方法


射精液を増やすための食べ物やサプリメントは多くあり、そのために生活スタイルを変えることもできます。うまくいく可能性を高めるためには、さまざまな方法を試してみることが重要です。

パート1(全3パート):素早く簡単な方法で射精液を増やす編集

  1. 1
    水分を摂りましょう。オルガスムに達したときに放出される精液は、摂取された水分量と関係があります。これは精液が水性であり、精子の通る道をなめらかにする働きがあるからです。身体を正常に機能させるには、1日に2~3リットルの水が必要です。[1] そのため、水分摂取量を増やすことが射精液の増加につながります。
    • 仕事後に数杯、そしてことに及ぶ前にも数杯のお酒を飲むということは、射精に害を及ぼす行為です。なぜならアルコールは身体の水分を失わせ、プールのウォータースライダーというよりも、さびれたウォーターパークのようになってしまうからです。アルコールは身体の水分を失わせるだけでなく、精子数を減らし、精子の質にも影響を及ぼします。
  2. 2
    熱を避けましょう。ツンドラに咲く花のように、小さなあなたは繊細です。過剰な熱にさらされると元気がなくなってしまうほどデリケートなのです。[2][3] これは青少年たちの間で盛んに論じられている、「なぜ睾丸は身体の外側に付いているのか?」という疑問への答えにもなるでしょう。実際、睾丸が身体の内側ではなく外側に付いている理由は、身体が制御できる温度である37℃よりも低い温度を維持する必要があるためでなのです。
    • 実際のところこれは何を意味するのでしょうか?シートヒーターがついた車で長いドライブを楽しんだり、蒸気で満たされたサウナや浴室で過ごしたり、タイムマシンのような熱い浴槽に浸かることも避けた方がよいでしょう。あなたの小さな息子を犠牲にするほどの価値はないでしょう。
  3. 3
    きつい下着の着用は避けましょう。精子と精液にとっても理想的な温度は、やはり通常の体温よりもわずかに低い温度です。タイトな下着は陰嚢の温度を上げてしまうため、精液と精子数を減らしてしまうでしょう。
  4. 4
    足を組んで座るのをやめましょう。この哲学者のような姿勢もまた、精液と精子の量に大いに影響を与えます。陰嚢のあたりを温かい身体に押し付けることで、適切な温度よりも高くなってしまう可能性があります。そのため、これはすぐに警報が鳴る行為です。
  5. 5
    オルガスムに達するのを(1~2日間)控えましょう。身体は毎秒平均1,500以上という驚くべき数の精子をつくり出します。[4] それは、1日あたり1.3~2億ほどの精子という計算になります。[5] そうはいっても、いつであれオルガスムを迎えれば相当な量の一連の兵士たちを失ってしまいます。軍の拡張のためにも、少し待つようにしましょう。
    • 軍を再び補充するためには、実際に1~2日間オルガスムを避けるだけでよいのです。1~2日間を過ぎると、精子はただ動き回って古くなり、蓄えがすり減っていくだけです。

パート2(全3パート):食事とサプリメントで射精液を増やす編集

  1. 1
    亜鉛と葉酸を一緒に摂りましょう。亜鉛は細胞の新陳代謝に関わるいくつもの要因を助ける非常に重要なミネラルです。[6]葉酸と亜鉛を組み合わせることで、生殖能力に問題があった男性の精子数を74%増やすことができたという研究があります。[7]
    • どのくらいの亜鉛と葉酸を摂取すればいいのでしょうか?1ミリグラムの葉酸と、15ミリグラムの亜鉛硫酸塩が推奨されています。
    • どんなときも、亜鉛は葉酸と一緒に摂ることを覚えておきましょう。単独では、精子数に大した影響を与えません。
  2. 2
    ソーダを飲む習慣をやめましょう。ソーダに多く含まれる果糖コーンシロップは肝臓に悪いだけでなく、精液にも悪影響があります。ソーダを飲まない男性と比べると、1日あたり約1リットルのソーダを飲む男性の精子数は30%低くなります。[8]
  3. 3
    特定のアミノ酸を摂取しましょう。アミノ酸はたんぱく質の基礎的要素です。これらの天然の混合物を定期的に摂ると、射精量を上げられると考えられています。[9]精子の先端部に特定のアミノ酸が多く含まれていることから、科学者たちはアミノ酸が精子に良いと考えています。射精液の量を増やすために、次のアミノ酸を試しましょう。
    • L-アルギニン
    • L-リジン
    • L-カルニチン
  4. 4
    ホーニーゴートウィードを試しましょう。伝説によると、中国人のヤギ飼いが、群れのヤギたちが特定のイカリソウを噛んだ後に激しい興奮状態になることに気が付いたことから、このサプリメントの名前が付けられたとされています。しかしこのおかしな薬草は実際に効くのでしょうか?ホーニーゴートウィードは、酵素が陰茎への血流を止めることを制限する働きがあるとされています。[10]効果がある場合もそうでない場合も、これについてはまだ議論の余地があります。
  5. 5
    果物と野菜をたっぷり食べましょう。健康的な食事さえあれば他に何も必要ないということもありますよね。果物と野菜は特に、精子の質を高めるとされる抗酸化物質を豊富に含んでいます。[11]抗酸化作用のある食品は、射精液だけでなくあなたをより健康にし、気分も良くなるでしょう。抗酸化物質を豊富に含む食品には、次のようなものがあります。
    • 小豆
    • ワイルドブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー
    • ココナッツウォーター
    • プルーン
    • りんご(皮の赤いりんご〔レッドデリシャス〕、青りんご〔グラニースミス〕、ガラ)
    • アーティチョーク[12]

パート3(全3パート):生活スタイルを変えて射精液を増やす編集

  1. 1
    PC筋エクササイズを定期的にしましょう。ケーゲル体操としても知られていて、PC筋(恥骨尾骨筋の略)エクササイズは男女にも効果がありますが、特に男性に良いとされています。前立腺の健康を促進して早漏を解決するだけでなく、オルガスムの時間を延ばし射精液を増やすことを助けます。[13]
  2. 2
    まだやめていなければ、喫煙をやめましょう喫煙をやめるための心を動かす理由がまだ必要である場合、これを大いに活用しましょう。喫煙は精子数を減少させるだけでなく、欠陥のある精子の割合を高めることになりかねません。[14][15]
    • 父親となる男性が妊娠を望む間も喫煙を続けると、子どもに健康上の問題が生じる可能性が高まります。受胎時も妊娠中も、母親がタバコと無縁の環境にいるべきだということには疑問の余地もありません。
    • マリファナ(大麻)を吸うことも、言語道断であり得ない行為です。マリファナは男性ホルモンのテストステロンと精子数の両方を減少させることで知られています。[16]
  3. 3
    ストレス解消法を見つけましょう人生がどんなにストレスであふれていても、ストレスは根本的に健康に悪いという事実に真剣に向き合いましょう。ストレスホルモンは、精子生産の大部分をつかさどるテストステロンをつくり出す睾丸の機能に害を与えることが明らかになりました。[17] 射精液の減量だけでなく、ストレスは次のようなことを引き起こすことがあります。
    • ニキビや顔の赤み
    • 狭心症や心臓発作などの心臓病
    • 不眠症[18]
  4. 4
    十分に身体を動かしましょう定期的な運動が精子量の増加に良い効果があることについては多くの証拠があります。[19]そのため、 サッカーのすべり止めやスパイクを履き、蹴り上げる動きでクモの巣を落としたりするとよいでしょう。
  5. 5
    安全なセックスをしましょう安全なセックスはあなたの小さな助手たちを小さな村からローマ帝国に送るのを助けます。淋病やクラミジアのような性感染症は、治療せずに放置すると不妊につながります。常にコンドームを使いましょう。絶対的に確信を持てるように、自分も相手も不特定多数と関係を持つことをせず、信頼できる1人の相手とのみ関係を持ちましょう。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ