家計のやりくり方法

家計予算の管理を始めてすぐは慣れずに手こずるかもしれませんが、慣れてくるととても為になる事が分かります。 実際に家計予算を管理することによって、負債額を減らしたり、将来の家計を把握する手助けになり、さらにはあなた自身を幸せに導いてくれることになります。 そして何よりも、予算を立てることは難しい事ではありません。 将来の明るい家計の為にも、とにかく始めることが大切です。

パート1(全4パート):収入と支出を把握しましょう

  1. 1
    家計の総収入を把握しましょう。収入は毎回決まった金額のお給料ですか?自由業で毎月の収入にバラつきがありますか?収入額の目安を把握することが予算管理の成功の鍵となります。
  2. 2
    支出の内容を把握しましょう。毎月の支払はどのようなものがありますか?毎週末友達と外食したり、映画鑑賞に毎週出かけますか?どの様なものにお金を使っているか注意してみるとお金の流れを把握する手助けになります。インターネット上にお金の流れを知るのに役立つ無料ツールがあります。
  3. 3
    支出と収入を比べてみましょう。マイナス収支になってしまいますか?その場合は、身の丈を過ぎる生活をしているということになります。プラスの残額があるのであれば、その金額をいくつかのグループに分けましょう。
    Advertisement

パート2(全4パート):予算を作成する

  1. 1
    予算と家計の目標をたてましょう。目標は短期と長期のものがなくてはなりません。目標が明確になれば予算を管理しやすくなります。例えば、家を買うために貯金をしたい場合、目標を忘れないように留意して行なうとうまくいきやすくなります。 
  2. 2
    最低限必要な費目のリストを作りましょう。これらの必要経費は、例えば家賃や住宅ローン、光熱費、食費や紙おむつ代などです。こうした必要経費の合計を差し引いた後に毎月の収入がいくら残るか見てみましょう。
    • 収入のほとんどが必要経費の支払に使われていても心配しないでください。必要経費合計を減らす手立てはいくらでもありますし、収入を増やす方法もあります。大切なことは、予算を立ててそれを維持することです。こうするだけで、いまの状況から抜け出すことが可能です。
    • 必要経費を差し引いた残額に余裕があるのは良い事です。皆がそのような余裕があるわけではありません。残りの裁量支出にどのように優先順位を付けるか考えましょう。
  3. 3
    裁量支出の予算をたてましょう。裁量支出の予算は、それがどれだけ自分に価値のあるものなのかを見分けましょう。あなたがどの様な価値観を持っているのか、どの様にお金を使うと最も価値があるのかを理解していますか?詰まるところ、お金とは手段であって目的ではありません。あなた自身の為に有効にお金を使っていますか?
  4. 4
    パソコン用ソフトを使って予算を立てましょう。家計簿ソフトは最近のトレンドになりつつあります。これらのソフトには、予算作成ツールが内蔵されており、家計予算をカスタマイズ出来るだけでなく、将来の現金の流れを予測し、消費傾向を把握出来る分析機能も付いています。家計簿ソフトには以下のものがあります。
    • Mint
    • Quicken
    • Microsoft Money
    • AceMoney
    • BudgetPulse(日本語版はありません)
    Advertisement

パート3(全4パート):予算のプロになりましょう。

  1. 1
    予算をオーバーしないようにしましょう。これは、予算のたった一つの基本ルールです。当たり前のようですが、予算管理をしていても容易く予算オーバーしてしまうものです。自分の消費傾向や何にお金を使っているのかを常に気にしていましょう。
  2. 2
    家計簿を付けましょう。予算管理を始めた当初は毎日家計簿をつける様にしましょう。毎日何にお金を使っているのか記録しましょう。いくつかの費目に驚かされるかもしれません。毎朝のスタバのコーヒーなど、繰り返し買っている物で特に買う必要がないものは要注意です。
  3. 3
    贅沢品と必需品の違いを知りましょう。予算の中で必要な物と欲しい物を明らかにしましょう。 必需品の予算を優先し、予算が余るようならば、お出かけや買い物などの贅沢をしましょう。 
  4. 4
    大きな費目の金額を減らしましょう。最も嫌な方法だけれど、最も効果的に予算内でやり繰りする方法があります。毎年旅行に出かけているようであれば、今年は出かけず家にいましょう。
  5. 5
    クレジットカードを持って出かけないようにしましょう。夜遊びしている時など、クレジットカードで支払いをするとついついお金を使いすぎてしまいます。クレジットカードでの支払いは簡単に高額に積み重なり、予算を超えてしまうことになります。
    Advertisement

パート4(全4パート):予算をより有効にしましょう。

  1. 1
    税金の支払いを減らしましょう。確定申告をする際は、所得控除を申請して還付を受け取れるようにしましょう。自営業の場合は特に、領収書を保管してどうすれば還付を最大に受けれるようになるか調べてみましょう。 
  2. 2
    自宅住居の評価額を見直してもらいましょう。住宅を保有している場合、固定資産の評価額を下げる十分な根拠があるのならば、固定資産税評価額を見直してもらい固定資産税の支払い金額を下げることが出来るかもしれません。
  3. 3
    インフレーションの上昇を先取りしましょう。 時間と共にインフレーションは生活費をあげていきます。毎年3%のインフレーションで24年後の生活費は2倍になる事になります。収入が上がってきたとしてもインフレーション以上の上昇でなければ、贅沢品を買ったりしないようにしましょう。 
  4. 4
    たなぼた的な収入を当てにしないようにしましょう。ボーナスや還付金などの将来あり得るかもしれない収入は当てにしないようにしましょう。必ず収入として受け取れるものだけを予算に組み込みましょう。
  5. 5
    一週間必要なお金は週に一度引き落とすようにしましょう。一週間に2万5千円使うのであれば、月曜にATMで全額引き出しましょう。一週間分のお金が無くなってしまえばその週はそれでお終いということです。
    Advertisement






このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む134人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
Advertisement