家にあるもので車の手入れをする方法

車に使うためだけの高価な清掃用品を買い求めて、店を行ったり来たりすると時間を食うものです。しかし、車を綺麗に保つのは利点が多く、細部を綺麗に保護できるだけでなく、気分や自己認識に対しても良い影響があります。[1]高価な清掃用品ではなく、家にあるものを利用して、綺麗に手入れされた車を楽しみましょう。

パート1(全5パート):車の外装を手入れする

  1. 1
    ホースかバケツを使い、水洗いする 余分な汚れを落とすと全体的に掃除がしやすくなるため、付着した汚れをすべて取り除き、車の表面をすべて洗いましょう。清掃用品が汚れていると、塗装に傷がつくことがあります。[2]
  2. 2
    車にこびりついた塩分や汚れを、重曹で落とす 4リットル弱の温かい石鹸水に1カップ強の重曹を加えると、冬の時期の汚れに特に効果的な汚れ落としになります。
  3. 3
    樹液を変性アルコールで落とす タールや樹液は変性アルコール、もしくはピーナッツバターで取り去ることができます。ピーナッツバターか固形のショートニングを、汚れのある箇所に軽く塗り、1分間待ちます。その後、布で、汚れごと落とします。汚れを完全に取り除けるまで数回繰り返す必要があるかもしれません。
    • 変性アルコールでタールや樹液を落とせます。[3]
  4. 4
    シャンプーで車を洗う シャンプーは、車体の油や汚れを落とすのに使える、素晴らしい家庭用洗剤です。原材料がマイルドだと塗装を傷つけないため、赤ちゃん用シャンプーが理想的です。[4]
  5. 5
    小さじ2杯のシャンプーを8リットル弱の水に混ぜる 車の塗装を傷つけないように、必ず柔らかい布を使って洗います。無希釈の洗剤は車の塗装を傷めるため、シャンプーを使いすぎないようにしましょう。
  6. 6
    届かない場所の掃除のために、清潔な床掃除用モップを使う 車のルーフやボンネットなどの手の届きにくい場所には、すばらしい掃除用具です。
  7. 7
    消毒用アルコールで、フロントガラスのワイパーについた道路のほこりを落とす
  8. 8
    古布を消毒用アルコールで濡らし、ワイパーを手に取り、ラバーエッジに沿って拭く
    広告

パート2(全5パート):内装の固い表面とセンターコンソールの手入れ

  1. 1
    雑巾で内装の固い表面をすべて拭く 余分な汚れを拭き取り、汚れが座席や床にうつらないようにします。
  2. 2
    シミには歯磨き粉を使う 座席部分の革やビニールのシミは、シミの箇所を歯磨き粉で優しくこすると落とせます。
    • 染料に影響がある可能性があるので、まずは小さな部分で試してから使い始めましょう。
  3. 3
    歯磨き粉でうまくいかなかったら、消毒用アルコールを使う 消毒用アルコールが問題ないかシミの部分の小さな領域で少し試した後に、シミに軽く叩き込みます。
    • アルコールを使えば使うほど刺激になるため、車の染料の色に限らず、漂白されてしまう可能性があります。
  4. 4
    水と消毒用アルコールを1対1の割合で混ぜ、車の内装用の洗剤をつくる この洗剤を内装の硬い表面部分に吹きかけ、糸くずを残さないために、使用済みの柔軟仕上げ剤シートを使って拭きとります。
  5. 5
    酢と亜麻仁油を1対1の割合で混ぜた液体を試す 内装の汚れを取り去るためにとても良い組み合わせです。これを使うと、革のシートにツヤが出るのがちょっとした副産物です。[5]
  6. 6
    車の灰皿に重曹を振りかける 重曹が匂いを吸収し、車内の空気を新鮮に保ちます。喫煙しない場合は、空気清浄のために灰皿の中に重曹を入れておきましょう。
  7. 7
    助手席前の小物入れは赤ちゃんのおしりふきで手入れする 溜まったごみやチリを取り除きます。腐った軽食などの忘れ去られたものが置きっぱなしになっていると、実際よりずっと汚く見えてしまいます。
  8. 8
    ビニール部分や内装の硬い部分に、手作りの汚れ防止剤を塗る レモン汁とオリーブオイルを1対2の割合で小さなボウルに入れて混ぜます。ペダルやレバーなど運転中に使うところには塗らないようにしましょう。この汚れ防止剤は表面をなめらかに滑りやすくしてしまうので、運転中に使う部分に塗るのは好ましくないでしょう。[6]
  9. 9
    布に少量をとる ダッシュボードおよびプラスチックやビニールの表面に軽く塗ります。これにより、美しいツヤが出るでしょう。
    広告

パート3(全5パート):布地部分を手入れする

  1. 1
    掃除機を完全にかけ、できるだけチリやごみを除去する 取り切れなかったチリやごみがあると、布に汚れやシミがすり込まれ広がるため、清掃が困難になります。[7]
  2. 2
    油シミはコーンスターチでとる 油シミの上にコーンスターチを振りかけ、30分間放置します。時間がきたら、コーンスターチを掃除機で吸い取り、シミの様子を確認しましょう。[8]
  3. 3
    スプレーボトルの中で、酢と水を1対1の割合で混ぜる これをシミに吹きかけ、拭き取るまで、少しの放置しましょう。
  4. 4
    湿らせた布でシミを拭き取る これでシミが落ちなければ、ブラシなどで軽めにゴシゴシとこすってみるか、強力な洗剤を使ってみてもよいでしょう。汚れにはそれぞれ種類があり、特定の洗剤を使うとより良く落ちることがあります。インターネットでさっと調べてみると、シミを落とすのに何が一番よいかが分かります。
  5. 5
    過酸化水素で草のシミを落とす 3%の過酸化水素水をシミにつけて普通に洗い流します。[10]
    • 過酸化水素水が手に入らなかったら、ホワイトビネガー、消毒用アルコール、およびぬるま湯をそれぞれ同量ずつ混ぜて[11]、シミに直接たたき込み、通常通り洗い流します。
  6. 6
    生の玉ねぎで焦げ跡を目立たなくする 生の玉ねぎはタバコの焦げ跡に効果があります。焦げ跡に、玉ねぎの切れ端を押し当て、玉ねぎの汁が布に染み込んだら、焦げ跡が目立たなくなるようにシミの部分を水につけます。[12]
  7. 7
    強力洗剤を作る 耐久性のあるスプレーボトルに、それぞれ1カップ強の食器用洗剤、ホワイトビネガー、炭酸水を混ぜます。この液体を汚れの上に吹きかけ、ブラシでこすり、シミを浮かせて除去します。
    広告

パート4(全5パート):車内の空気を改善する

  1. 1
    殺菌および防カビ用のスプレーを作る このスプレーにより、車の換気装置を抜ける空気の質を改善します。匂いがきつくならないように、いつも新しいスプレーを軽く吹き掛けましょう。
  2. 2
    空気取り入れ口を浄化する 水と過酸化水素で作った空気清浄用のスプレーを、車の空気取り入れ口に吹きかけます。空気取り入れ口の場所は車の取扱説明書で確認できます。
  3. 3
    1カップ強の水と小さじ1杯の過酸化水素をスプレーボトルに混ぜ入れる 完全に混ざりきるまで容器を優しく振りましょう。
  4. 4
    ドアと窓を開け、換気用ファンをフル稼働させる 過酸化水素水のスプレーを車の空気取り入れ口に吹きかけましょう。これにより、車に潜む細菌やカビを殺すことができますが、たいていの製品より優しい洗浄溶液なので、肺や目を刺激しません。[13]
  5. 5
    車用の芳香剤を作る 小さな瓶に4分の1カップの重曹を入れ、蓋に数箇所の穴を開けるか、または、ガーゼで瓶に蓋をします。カップホルダー、またはドアポケットなどの見えないところに取り付けます。[14]
    • 重曹の持つ空気を爽やかにする効果に加えて、心地よい香りが漂うように、エッセンシャルオイルを数滴加えましょう。
  6. 6
    座席の下や床用マットの下、そしてドアポケットの中に乾燥機用シート型柔軟剤を忍ばせる これは、車中の頑固な匂いに対処するために使います。スポーツや体を使う活動に従事している場合、スポーツ関連で生じる強い匂いに対処するためにトランクやドアポケットの中にもこのシートを入れておきましょう。
    広告

パート5(全5パート):窓を清掃する

  1. 1
    窓は一番後に掃除する 窓を一番最初に掃除したいかもしれませんが、他の箇所を掃除するときの飛沫物や噴霧によって、清掃後の窓が曇ってしまうのを防ぐために、窓は一番後に掃除するのが多数派です。
  2. 2
    紙タオルは使用しない 新聞紙とマイクロファイバーのタオルは吸水性が高く、糸くずや繊維などがあと残りしません。布は繰り返し使え、新聞紙は紙製品より安いため、これらは紙タオルの安価な代替品です。
  3. 3
    窓は上から下に拭く これにより、水滴の跡や拭き跡をさらに拭かなければならない手間を省きます。[15]内側から拭く時と外側から拭く時に、異なる方向から拭くようにすると、拭き逃した場所を見つけやすくなります。
  4. 4
    窓ガラス用洗剤を作る 手作りすると安くつくだけではなく、環境にも優しいということに誇りを持てます。
  5. 5
    1カップの水、2分の1カップの酢、そして4分の1カップのアルコールを混ぜて窓ガラス用洗剤を作る スプレーボトルの中にすべての材料を入れて優しく振ります。すべて混ざれば、すぐに使えます。
    • アルコールが無い場合は、酢と水だけでも効果はあります。[16]
  6. 6
    窓ガラス用洗剤を窓に吹き掛ける 適切な布や紙製品で、上から下の方向に拭くようにしましょう。窓が特に汚れている場合は、2枚の布を用意し、1枚は汚れを落とすために、もう1枚は仕上げと水気を拭き取るために使いましょう。
  7. 7
    虫の死骸による頑固な汚れは、無希釈の酢で落とす 窓やフロントガラスに酢を吹き掛け、拭き取りましょう。虫の死骸による汚れが特に頑固だった場合、拭き取る前に酢につけておきましょう。
    • 炭酸水もまた、虫の死骸による汚れに数分つけておくと汚れが軟化するとされています。[17]
  8. 8
    スチールたわしを使って、頑固な水垢を落とす
  9. 9
    フロントガラスをスチールたわしで円を描くように優しくこする
  10. 10
    水洗いし、乾燥させる
    広告

ポイント

  • フロントガラスや窓は他のガラスと同様に最後に掃除しましょう。
広告

注意事項

  • 車内清掃用の混合液を作る際、消毒用アルコールもしくは水を入れすぎてはいけません。適切な割合を守るのが重要であり、割合についての説明に注意深く従うようにしましょう。
  • 環境保護法に注意しましょう。水の保護や環境保護の観点から、自分の住む場所で車を洗うのが違法であれば、定められた場所でのみ車を洗うようにしましょう。
  • ルームスプレーを車内で使うと、座席のカバーなどにシミが残ってしまう可能性があるため、車内で使ってはいけません。
広告

必要なもの

  • 赤ちゃんのおしりふき
  • 重曹
  • バケツ
  • ブラシ
  • 乾燥機用シート型柔軟剤
  • 床掃除用モップ
  • 柔軟仕上げ剤シート
  • 過酸化水素
  • シャンプー
  • 芳香剤のための小瓶
  • 亜麻仁油
  • 消毒用アルコール
  • 柔らかい布、タオル、もしくは新聞紙
  • スプレーボトル

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 自動車

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
広告